« 夜の訪問者 | トップページ | コーシンできませんっ! »

2008年8月25日 (月)

前略 おふくろ様、

 前略 おふくろ様、

6月のあの日と同じ、目が覚めたら一面濃い霧に包まれた今朝。

アカゴと母と私。明け方の闇の中、親子三代空港までの短いドライブ。
・・・そして、また風邪引いたアホ旦那は別に来なくてもいいのにね(鬼)・・・。でも私らこれ以上移されちゃたまらないので、当然別行動で後続車。てか、一体何ヶ月風邪引いてるんだ、つー話。・・・たるんどるっ!(笑)

あ、そうそう。
あなた知らないだろうけど、霧が晴れた今は、昨日までほぼ3ヶ月毎日続いた冷たい雨が、まるで嘘のように暖かく晴れ渡ったのよ、オークランド。・・・悔しいでしょ?(笑)

母よ、あなたは今日、とうとう機上の人となったわね。

ちなみにさっきのニュースでは、東海地方大雨だってさ。(* ̄m ̄)プッ・・・。



 信じられないほどの方向音痴の上に、私以上のヒトミシラーときてるあなた。

散々出国の流れを書き出し、現地で説明をしたにもかかわらず、それでも、
「英語が分からないから、アタシ1人でちゃんと飛行機乗れるかな・・・?」
と、とうとう緊張して夜寝られなかった母よ。どんだけ心配性だ、ってーの。そんなヒト、星の数ほどいますって。
ほら昔から、老いては子に従え、って言うでしょ。(違)

あの狭いオークランド空港で、無事飛行機に乗って、おまけにちゃんとウチまで帰れるのか、アナタの方向音痴振りを知りすぎるムスメとしては、とても心配でなりません。・・・ま、今頃サモア辺りでゆっくりくつろぐってのもヨシかもしれないけれど。(え?)


 母が来てくれた3ヶ月足らず。

本当に久し振りのムスメとしての生活、楽しかったよ。
強いて言えば、もっとお天気がよければよかったのにね、散歩も行けやしない。
例年にない雨の多さだったみたいよ、今年の冬は。頭もかびる、っつーの。
で、今日みたいな晴れは・・・片手で余るくらいだったよね。ちぇっ!だわ。

あ・・・もしや雨、あなたのせいじゃね?
ほら、アナタが今日帰る名古屋は大雨らしいし。(笑)
じゃ、こっちはもう冬も終わって晴れ続きかしらね?(失礼)



「英語が出来ないからアホみたいね、私。何の役にも立てなくてゴメンね。」
と、何度も繰り返してた母よ。何をおっさるうさぎさん。
英語出来ないことなんて1億も承知よ。
だからと言って、日本語できない旦那を送り込んだ私もどーかと思うけど。(笑)

だって、考えてもご覧なさいよ、この3ヵ月。

帝王切開で入院してた間。
死に掛けで運ばれた救急車。再入院。
そしてウチに帰ってきてからも、英語もヘッタくれも関係ない八面六臂の大活躍。

アタシもアカゴも、そいでもってアホ旦那も、どれだけ頼りにしたことやら。
・・・つーか、残念ながらアカゴは覚えてないだろけど。
・・・つーか、残念ながらアホ旦那も、アカゴ以上に忘れっぽいかも。
でも、旦那が忘れそうになったら、ぶん殴っておくから。(鬼嫁)


 そう言えばほら、先週末は大騒ぎだったわね。

週末から具合が悪くなって、結局日曜に休日診療に駆け込んだことだって、
「ごめんね、世話かけて・・・。海外で病気になんてなっちゃって・・・。」
って…。何落ち込んでるのよっ。何謝ってるのよ、水臭い。
大体、そのために旅行保険だって掛けてきたでしょ。(笑)

あたしゃほら、この3ヶ月もの間、心配も苦労もかけどおしなのよ。
だから、アナタを病気にして返す訳にはいかないのよ。
何でもするわよ、バカをお言いで無いわ。

でも、何でもなくてよかったね、本当に。本当に。



 何て思ってたら、この期に及んであなたったらっ・・・。

「昔ね・・・アンタ達が子供の頃に、ほんの一時だけ家を開けたことがあるんだわ。『必ずすぐ戻るから』って決めてはいたんだけど。上の2人はともかく、アンタはまだ赤ん坊でね・・・分かってないのよ。それでもあの時、アンタが階段に座ってる姿、目に焼きついて離れなくてねぇ・・・。今回、本当に来てよかった、あの時の借りを返せた気分・・・。これでもう心残りもなくなったわ。」
って・・・。
また!!バカをお言いで無いわよっ。

大体、アタシが覚えてもいないことで、勝手に借り作るんじゃないわよ。

よく考えてもみなさいよ、こんな端っこの国まで呼び出しておいて、危うく孫残して死に掛けるなんて、親不孝のナニモノでも無いわよ。ほ~ら、今回のアタシの借りの方が絶~っ対大きいんだからっ。(負けず嫌い)
アカゴにだって今回のアタシの借りを、返す片棒担がせる(?)んだから、そっちこそ覚えてらっさい。
大体そんないまわの際みたいなことお言いじゃないわよ、縁起でもない。

それにほら、お得意の南島に今度こそ行かなきゃいけないでしょ?

何だっけ、こないだの・・・。そうそう。アタシが、
「ほら、南から黒い雲が来てるじゃん。あっちは天気荒れてそうだね。」
って言ったら母ったら、
「あ・・・じゃ今日、南島は雪なんだね。」
って全くあなたったら・・・。よく見りゃ本気だし・・・(* ̄m ̄)プッ・・・。

この目で見えるところになんて、南島の雲がある訳ないでしょが!!
そんなに南島に行きたいのね、あなた?(笑)

よしよし、今度こそ絶対南島行こうぜ、もちろん旦那抜きでね。(本音)
あ。雨の少ない時期においでよ。
つーか、1人じゃ来られないだろうから、アタシが帰る時に一緒においでよ。

・・・だからさ。
天皇陛下と同い年(笑)の母よ。
せいぜい、そうね・・・天皇陛下よりもうんと長生きするがいいわっ(おい)。
だってほら、ひ孫よりも年若の孫が生まれたことだし・・・ね?
平成の年号も50年ぐらいになったりして・・・。(え?)

Banner_01 ←今日もブログランキングに参加中。いつもクリック応援ありがとうございます。
もしも空港で迷ってるうちの母を見かけたら、親切にしてやってください。m(__)m
・・・てな訳で、監視(?)の母がいなくなった今、ゆっくりPCに向かってみたりして。(こらっ!)

|

« 夜の訪問者 | トップページ | コーシンできませんっ! »

コメント

いつも読み逃げしてたんです…
でも、今日はコメントどうしても残さずにはいられなかった。
涙々で読みました。面白おかしく書いてらっしゃるけど、寂しさが伝わってきます。
私も海外在住で毎回母が日本に帰るたびに胸をしめつけられる思いになります。
空港に母を送った後、滝のように涙を流しながら家に戻ります。

今から母に電話しよう… そういう気持ちにさせていただきました。
ありがとうございました。

投稿: maddi | 2008年8月25日 (月) 18時08分

SATOさん、親孝行されましたね。
この三ヶ月、お母さんとの絆が深くなって心残りだった「一時」のことを埋められたんですね。
階段に座るSATOさんを置いて出るお母さんの気持ち、自分と1歳半の息子にオーバーラップさせてしまいました。
小さな子供と一緒にいられる短くて濃厚な時代の心の傷はいつまでもお母さんの心に残っていたんでしょうね。
日本から遠く離れた地で暮らすことのSATOさんの思いも感じました。
SATOさんはいつ名古屋に帰れるようになるかなぁ・・・・
娘ちゃんの成長が楽しみですね。

投稿: タロママ | 2008年8月25日 (月) 18時21分

不覚にも泣いてしもた・・・。

お母様が今度NZに来る時は南島旅行記が読めるのね。
期待してますからね。

投稿: こたつ猫 | 2008年8月25日 (月) 22時03分

母上さま、お疲れさまでした。
日本は、じうじうの煮え煮えの画期的な暑さだったのですが、
昨日あたりから、めっきり涼しくなりました。
今日なんざ、寒いくらいです。

お母さん思いのSATOさんのために、
おてんとさんも、配慮してくれたのでしょう。

どうぞ、お疲れの出ませんよう。
飛行機なんざ、乗ってしまえばこっちのもん。(ん?)
これで、もうだいじょーぶでしょう。
せっせと通って差し上げてください。娘と孫のところへ。
そして、女子3代、日本語でおしゃべりを堪能すればいいんだわ。
だーさん、焦りまくって、日本語のお勉強がすすむに違いないから。(笑)

SATOさんも、ぼちぼちやってくださいね。
身体が第一。姫のためにも、元気が一番です。

投稿: SHIMACO | 2008年8月25日 (月) 23時26分

久しぶりのコメントです。m(_ _)m

今日はSATOさんのブログを読んで、涙してしまいました…。(ρ_;)
お母様、きっとSATOさん達と過ごした約3ヶ月はとっても充実した日々だったんでしょう。
明るく書いていらっしゃいますけど、SATOさんの淋しさが伝わって来ます。

今度お母様がいらっしゃる時は、南島旅行の報告ですね。
それまでお母様には元気でいて頂かなければ!!

投稿: けろり | 2008年8月26日 (火) 03時01分

はじめまして。

子供の具合が悪くなることも、とても心配なのですが
世話をする自分自身の体調が崩れることの方が
ずっとしんどいことなのだと、子供を持って知りました。
SATOさん、どうぞ無理なさらずに。

いとおしくっていとおしくって仕方のない存在なのに
育児以外のことともあいまって
時々、なんだか無性に切なくなったりすることが
実際あります。
お母様と同じ気持ちになったこともあります。
でも、やっぱり子供は、ただただ愛おしいです。

投稿: | 2008年8月26日 (火) 04時28分

以前一度コメントさせて頂きました。 私もSATOさんと一緒。娘の出産後、生後6週間からどうしても保育園に預けられなくて、母に3ヶ月間娘の世話を頼み、今回双子の出産に際しては、特別6ヶ月ビザを取得してもらい手助けに来てくれました。 3歳半の娘を連れて、母が帰国の時は空港に見送りに行ったのですが、帰りの車の中で思わず不安が抑えられなくて涙がでてきた。3歳半の娘は母親が泣いているのでニヤニヤして(←おいっ)慰めてくれたっけ。沢山沢山感謝してもしきれないのに、言葉にも態度にも上手に表すことができなかった。きっと余裕ができてやっと母に感謝を伝えようとする時には親はいないのかな~、って、もの凄く親不孝ものなのを感じます。でもね、お母さん達は娘の役に立ったことがとっても嬉しいんだと思う。だって私も将来娘が私を必要としていたら文句タラタラいいながら(?)やっぱり張り切って手伝いに行くと思うもん。「母親」って凄いね。

投稿: Smiley | 2008年8月26日 (火) 08時31分

いやーん 朝からほろりとしてしまいますた。。
SATOママさん
まだまだ753とか(NZにあるのか753?)入学式とか
お孫さんの晴れ姿はこれから目白押しです。
元気でまたNZの地を踏んでくださいましね

そしてママが去ったSATOさんファミリー
ダーリンをうまく使って楽してね 奥さん!!!

投稿: mike | 2008年8月26日 (火) 09時41分

なんつーか、SATOさんの
人柄がぎゅっ!と凝縮されている
今日の記事。
切なく、温かく読ませてもらったよ♪

名古屋近郊、今日はくもり。
雨も昨日はそこそこだったよ。
お母さんにおかえりなさい~かな??(笑)

なんかね、お母さんの気持ちが
すっごくわかっちゃったよ、ワタシ。
親ってこんな風に思っちゃうもんだと思う。
コドモのこと、深く深く思っているからこそ。

これからはSATO家の姫の成長が
きっとお母様の励みになるんだよ。
いっぱい写真送ってあげるんだよ~!!

そして、もし南島への訪問時に
名古屋からの出発がご心配な場合は
ワタシに連絡クダサーイ。
一緒に行きますよ~(笑)

投稿: rikushi | 2008年8月26日 (火) 11時16分

そうそう 名古屋の雨はそんなにひどくないですよ
それは。。。お母様がまだ着いていないから?
お母様が名古屋に着いたら 大雨かしら?^m^

お母様は このブログを眼にすることがあるんでしょうか?
気持ちが伝わってくるブログ 読んでくれると良いなぁと思いました

投稿: ごえもん | 2008年8月26日 (火) 12時23分

SATOさんのキャラを出しつつ、お母様に娘としての愛と感謝があふれてて涙ポロポロだわよ。
お母様、次は南島制覇ですわよ!

投稿: 私もコアラ | 2008年8月26日 (火) 13時28分

昨日から今日にかけての常滑の空
雨は降りましたが、荒れてはいません。
20日に久しぶりの雨が降ってから涼風が吹くようになり
今は汗が流れる事はありません。
お母様、好い避暑ができたのでは?
忘れられない、掛け替えの無い夏(そちらは冬)を過ごせたのだと思います。

投稿: ちーちゃんw | 2008年8月26日 (火) 13時35分

ッントニッ モォーッ!!!!
大して大ッきくもない目が大洪水、ドーしてくれるの!!!

でもね、satoちゃん良いのよ、順ぐりだもの。
親が子を育てて、子が親になり、営々と何万年も続いてきたことだもの。
親は子が健康で幸せならば、どこで何をしてたって良いの。
子が健康をそこねたり、不幸になりそうになったら、英語ができなくても、季節が逆でも行くのが親。
だって我が子の不幸が何よりつらいのが親なんだから。
だからね、親孝行は元気でいること。
親はいくつになっても親だし、子は子だもの。

ガンバレsato!
あなたも親だ。
親は容色や才能の前に体力だよ。
食べなさい。

投稿: Futa-bar | 2008年8月26日 (火) 18時03分

crying

投稿: momo | 2008年8月26日 (火) 20時12分

最近忙しくて鬼嫁度に磨きがかかった私にも
“鬼の目にも涙” だったわよ==.

私も色んな意味でいまだに親に心配掛けたりして・・
それが分かってるから余計に親を大事にしないといけないのに
変に気を使ってなかなか実家に寄り付かなかったりして・・

母親はいつでも娘の事が心配なんだ、
なんて有りがたいんだと結婚して離れて初めて分かることばかり。

へんな遠慮なんて捨てて肩でも揉みに帰りましょうかね。。。

投稿: ひさみん | 2008年8月26日 (火) 22時13分

出勤前に泣かせてくれましたね。

SATOさんのお母様を思う気持ちが伝わって、
状況が目に浮かびます。

うちは(勘当された兄以外)ひ孫どころか孫さえ抱かせてないので、
親不孝だなって思っているのですが、
何だか頑張ろう…って思います。
何ごとにも…頑張ります。ありがとう。

投稿: keiko | 2008年8月28日 (木) 13時51分

お久しぶりです。SATOさんのお母様を思うお気持ち、お母様のSATOさんを思う気持ち、じわりじわりと胸に響きます。最近、自分のことにかまけて家族を大切にしていなかったと反省しました。気づかせてくれて、本当にありがとう。

どうぞお体にお気をつけください。そして娘ちゃんと元気に里帰りなさって、母娘3代、日本語でおしゃべりし倒して下さい。旦那様の風邪も心配です。どうぞ早く治って、こき使われることができますように(コラ)。

投稿: 15can | 2008年8月28日 (木) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/23235613

この記事へのトラックバック一覧です: 前略 おふくろ様、:

« 夜の訪問者 | トップページ | コーシンできませんっ! »