« NZ的とある医療現場~その2 | トップページ | 『故障の際は・・・』 »

2008年8月 1日 (金)

切なる願い

 今日から、全国的に(違)8月。

うだるような暑さの日本を尻目に、冷たい雨、嵐続きのNZに、我がママ・・・いや、我が母がやってきて、早2ヶ月。

 私と母との久し振りの同居生活は、当初かなりギクシャクするか、と思ったものの、それなりに懐かしく、面白く、親子喧嘩なども派手に(!)繰り広げながら、当然のように日本語の生活。

 さすがに母は、カタカナがチラホラ出ては来るものの、さぱーり英語はできず。当然、旦那相手にも容赦なく日本語。それも、普段どおり。(笑)

かたや旦那はってーと・・・皆様、覚えておいでだろうか?
以前、私の初級日本語クラスで、毎回毎回さんざっぱら同じレッスンを繰り広げた我が旦那。(←教室内でのアホさ加減は、『日本語教室にて』カテ参照)
何故に、あれだけ勉強して母の英語と同じレベルなのか?いくらなんでも会話文くらいは覚えてるだろう・・・と思いきや、見るも無残、語るも涙の物語。┐('~`;)┌
それでも笑い声すら上がるので、通じてるかと思いきや、時には2人、野球のブロックサイン並みの身振り手振りだったりするから大笑い。(* ̄m ̄)

お金の単位ならともかく、数字や時間くらいは通じてるだろう・・・と思いきや、私が読み上げた電話番号すらメモ取れず、ってのはいかがなものか?(←母がかけなきゃいけない電話・・・番号が間違ってるため、当然電話は通じず、というオチ付き)

ここまで来ると、センスが無い以外のナニモノでもない、と思われます。(本音)

 


ところで。

私が思うに(偉そうに)、他の言語、特に会話や発音の習得には、音楽的センスや耳の良さってのは欠かせないんじゃないか、と思う今日この頃。

他の言語に関してはよく知らないけれど、こと日本語の発音は、音の高低のコンビネーションで成り立ってるので、今まで会った中でもやはり、何度か聴いた音楽はすぐ口ずさめる、なんていうヒトは、言語に関しても高い音、低い音を即座に聞き分けるし、当然発音もスムーズだったりする。
それは英語をはじめとした他の言語でもしかり、だと思う。

・・・え?なぜ突然そんな話をしてるのか、って?

え~っとぉ、以前に書いたかもしれないけれど、我が旦那は、SATOが知る限り、最大級のクソ音痴。音感がずれてるヒト、リズムが取れないヒト、ってのは時々いるけれど、その2つともを思う存分持ち合わせて余りあるほど。(* ̄m ̄)
ちなみにSATO、音楽的教養はないけど、耳の良さには結構定評あり。<( ̄^ ̄)>
・・・地獄耳、ってこととは違いますのよっ。(笑)

「しかしどうしてアンタ、そんなにリズム取れないかね?」
と、素朴な質問を投げかけてみたことがあるけれど、返ってきた答えは、
「オレにリズム感があったら、空手じゃなくて他の格闘技やってるよ。でも、空手だったら、自分のリズムで出来るし、ほら、相手にオレのテンポが読まれないでしょ?」

・・・ごもっともなような、何か違うような。

旦那の出身南アフリカ。
彼曰く、音楽の授業が無かった、というのは幸なのか不幸なのか。

いまや、♪ハッピーバースデー♪を歌うことすら、家族に禁じられてる(笑)旦那のトラウマは、
「子供の頃にさ、兄貴と一緒に近所の合唱団に入ってたんだ。オレはオレなりに一生懸命歌ってたんだけど、ある日指揮者がパタッ!て指揮の手を止めてたんだよね。で、気付かなくってさ・・・。『やっぱりお前か、はずれてるのは!!』って、その場で指摘されて・・・。『お前はもう歌わなくていいから、これ担当。』って、渡されたんだ・・・トライアングルを。」

・・・チーン、かよ。┐('~`;)┌

 
 我が子を腕に抱きながら、ゆらゆらのはずが、ギクシャクギクシャクとロボコップよりも数段ぎこちなく、ポンポンと背中を叩いて寝かしたりあやしたりする姿でさえも、何だか三三七拍子(←余計に起きる、っつーの)よりもっと不規則で、寝るに寝られない気の毒なアカゴを見ていると、

『旦那の音楽的センスだけは遺伝してませんように・・・!!』

と、切に願って止まないSATOなのでありました。(笑、でも切実)


そんな我が家のアホ旦那、明日2日が誕生日・・・。

Banner_01 ←てな訳で、8月もブログランキング参加中。お祝いクリックはこちらから。

あ・・・昨日買い物に行ったのに、すかーりプレゼント忘れてたよ(マジ)。
赤子におリボンつけて、『ほ~ら、こんなステキなプレゼントっ!』って、明日1日子守させるとするか。で、私は母とお出かけに・・・。(鬼)

|

« NZ的とある医療現場~その2 | トップページ | 『故障の際は・・・』 »

コメント

あ、またまたお誕生日でしたか(笑)

まあ、確かに旦那様の二世は、旦那様にとっての最大級のプレゼントにはちがいありませんが。
がしかし、その子守ってのがプレゼントかどうかてのは、そこはそれ、人によりけりってことで(笑)
なにはともあれ、おめでとうございまーすvvv

投稿: こいぬ | 2008年8月 1日 (金) 23時25分

ちょびっとお久しぶりです、こんばんは。

ワタクシも地獄耳ですのよ、SATOさんと同じく。でも、音楽的センスは・・・以前、ヴァイオリンの先生に「ソの#が解ってないのね」と言われてしまいました(;´д`)マルチリンガルへの道は険しい(←厚かましいぜ)

旦那ちゃん、お誕生日おめでとうございます。ホント、お嬢さんが何よりの天からのプレゼントですよね。子守りも楽しんでもらえますよ、きっと。

SATOさんとSATOママさんも親子水入らずでお出掛け楽しんで来て下さい。

投稿: 秘書 | 2008年8月 1日 (金) 23時42分

二回目です。

ワタクシが子供の頃にテレビでボイストレーナー(?)の人が話していた、音痴の定義を思い出したので。

その方曰く「音痴とは、耳から聞こえる音と、自分が発する音(=声)が違っていることを認識出来ない人」だそうで、「外れているのが解っても合わせられないのは、音痴ではなく、単に歌が下手なだけ」だそうです。

小学校の同級生にKくんというとてつもない音痴の男の子がいました。正にジャイアン級。皆に笑われると「えっ、僕、音程外れてる?」と尋ねる、正真正銘の音痴くんでした。

懐かしいなぁ(←遠い目)

投稿: 秘書 | 2008年8月 2日 (土) 01時06分

確かにっ。

歌のうまい人は、語学も強いと聞いたことがあります。
よく俳優さんがですね、役で方言を使ってらっさること、
ございましょう?
もーんのすごく、キモチの悪い関西弁を使う役者を見るたびに、
「おめえ、音痴だな?」と罵倒しております。

赤さんは、SATOさんへの最高のバースデイプレゼントであり、
だーさんには、究極バースデイプレゼントでありまする。
りぼんつけて差し上げませう。
もう少ししたら、敬老の日がやってまいります。
したらば、またリボンをつけて、母上に・・・。

使い回しなどと、決して考えてはいけません。

えーっと・・・
だーさん、おたんじょうび、おめでとうっ!
ひめとなかよく、おるすばんしてくださいっ!

投稿: SHIMACO | 2008年8月 2日 (土) 03時13分

音感と語学力、何となくわかるような気がしますよ。

ご主人、お誕生日おめでとうございます!
そうそう、我が地元の花火大会の日と同じなんですよね。
是非お見せしたいところですが、全国放送の中継はさすがにない(ローカルニュースではちょろっと出るんですよ)ので、ご主人のかわりに堪能しておきます(笑)

お嬢ちゃんはご主人にとって最高のプレゼントに間違いないではないですか! 是非リボンをつけてお守りをしてもらってください。

投稿: 包子 | 2008年8月 2日 (土) 09時43分

ダーさま お誕生日おめでとうございます☆
あー 確かに空手は自分のテンポで出来ますね
個人戦だし勝ち負けも自分のみにかかわるし
自分も音痴だし他人事とは思えません。
なんかダーさまに親近感☆☆☆

投稿: mike | 2008年8月 2日 (土) 10時49分

ではでは、
「中学まで鍵盤を叩いていて、高校は吹奏楽部、大学時代はカラオケBOXでバイト、のちにプチ店長に昇格、現在は某ライブで別人に変化、だからと言って決して歌はうまくない…」
の私からダンナさまへ。

♪HAPPI BA~SUDE~ TU~YU~
(ローマ字読みで、これなら読めるでしょ)

投稿: じんのすけ | 2008年8月 2日 (土) 13時13分

え マジで本当にそうなのですかっ!!??
ていうか 音感のなさ リズム感のなさっていうのはもしかして南ア男の国民性!!??? うちのおっさんもかなりのレベルです。しかもソレに加えて 色盲 という いろんなセンスがやばい。鼻歌もなにがなんだかわからんし 歌に合わせて歌っとるのに全然音程が違うわ!!ここまで音痴な人っているんだ としみじみ感じましたがそうか 国民性なのか・・・

日本語もまったくおぼえられません。
犬のコマンドですらまともにいえません。
そんなうちに来週からまったく英語の話せないハハがきます。
もうSATOさんのところに負けないくらいのジェスチャー大会が催されそうですわ

投稿: keiks | 2008年8月 2日 (土) 14時12分

(パチン!)納得!ありがと~
ワタクシ英語が苦手です。
そして、音痴です。
常々、語学力は耳の良し悪しと関係がある!と思ってはいたけど、音痴とも関係あるかぁ~
納得、納得 
頭ではイメージ出来るけど、口から出るのは見当ハズレな音・・・
じゃあ、がんばっても無理なんちゃう?
と、言い訳が出来てラッキ~ ドモでぇす。

投稿: Josh&Kai’sMum | 2008年8月 2日 (土) 16時59分

うんうん。耳のいい人は語学の上達が速いと思いまする。
でも・・・リズム感の良し悪しはどうなんだろ?

と、とにかくご主人お誕生日おめでとうございます。
プレゼントは50音表とかどう?

投稿: こたつ猫 | 2008年8月 2日 (土) 17時10分

サイバラの元旦那の鴨ちゃんも歌が上手くてどんな言語も聞いてすぐ自分のものにしてたって書いてあったわ。
リズム感はわかんないけど。
音痴の私は英会話の先生に「コアラちゃんはもういいよ。」と言われた過去あり。
えぇ米人のお世話した時もゼスチャー大会だったわ。

うちの母と同じお誕生日の旦那ちゃんへ。
「はっぴーばーすでぇ!」

投稿: 私もコアラ | 2008年8月 2日 (土) 19時27分

家は遺伝してしまいました~
でもうちの場合は 夫婦で おんちなんで どっちに転んでも結果は同じだったんですけどねぇ

投稿: Kay | 2008年8月 2日 (土) 21時07分

遅れてしまいましたが、旦那さん、お誕生日おめでとうござます!
今日は空手の奥義を聞いてしまったような気がしました。

えっとそちらでは自分の誕生日にケーキを振舞ったりするそうではないですか。そんな感じでハハムスメの団欒のためにも、リボンをかけて子守の日をチチムスメに贈りましょ。
とにかくみなさんが健康で楽しく暮らせますように。

投稿: 15can | 2008年8月 3日 (日) 16時21分

SATOさんのご主人様、お誕生日おめでとうございます。

で、(^◇^)お嬢様とのラヴラヴ・デート♪は
実現なさったんでしょうか~???

音楽・音感・・・
ソコ!だったんですね~・・うちの敗因は・・( ̄  ̄;)

投稿: ティー | 2008年8月 4日 (月) 02時21分

SATOちゃん、お久~!

日本に帰ってきたよ、ワタクシ。
昨日やっとネットがつながって遊びにこれたよ!
元気かな?
元気そうだね。なによりだよ!

おじょうちゃん、お母ちゃん、ハズくん、も!
またこれからもよろしくっすよ~♪

投稿: rikushi | 2008年8月 4日 (月) 22時08分

・・・8月に入ったらコメ返しするのだよと思ってたのに、
旦那の風邪がみんなに移ってさあ大変・・・。(いい訳)

とにかく今更返してみたりして…(汗)

>こいぬさま、
>まあ、確かに旦那様の二世は、旦那様にとっての最大級のプレゼン>トにはちがいありませんが。
>がしかし、その子守ってのがプレゼントかどうかてのは、そこはそ>れ、人によりけりってことで(笑)
それはそれで楽しんでいたようです。(←ホントにやったのか?)
問題は…旦那が抱くと、いとも簡単にアカゴが泣く、ってことくらいで。(笑)

>秘書さま、
>ワタクシも地獄耳ですのよ、SATOさんと同じく。
え?アタクシが地獄耳?!そそそんなはずはっ?!(笑)

>でも、音楽的センスは・・・以前、ヴァイオリンの先生に「ソの#>が解ってないのね」と言われてしまいました(;´д`)
つーかヴァイオリンの先生って。弾いてみたい楽器の1つ。(羨)

>秘書さまその2
>その方曰く「音痴とは、耳から聞こえる音と、自分が発する音(=
>声)が違っていることを認識出来ない人」だそうで、「外れている
>のが解っても合わせられないのは、音痴ではなく、単に歌が下手な>だけ」だそうです。
その定義によれば間違いなく真性の音痴です、旦那。
…いや、マジで遺伝してませんように!(汗)

>SHIMACO姐さま、
>よく俳優さんがですね、役で方言を使ってらっさること、
>ございましょう?
>もーんのすごく、キモチの悪い関西弁を使う役者を見るたびに、
>「おめえ、音痴だな?」と罵倒しております。
あ。わかるわかるぅ~。
『赤カブ検事』シリーズの名古屋弁は許せませんでした。
その点、故植木等氏の『名古屋嫁入り物語』は、ほんまモン。
…てかあのヒト、ミュージシャン以前に愛知県人だったわね。(笑)

>包子さま、
>そうそう、我が地元の花火大会の日と同じなんですよね。
>是非お見せしたいところですが、全国放送の中継はさすがにない
>(ローカルニュースではちょろっと出るんですよ)ので、ご主人の>かわりに堪能しておきます(笑)
あ~ん、花火大会見たい見たい~。
でも、こっちの冬からそっちの、特にクソ暑い夏に帰国するにはどうにも勇気がいるので、なかなか…。ちっ。(こら)

>mikeさま、
>あー 確かに空手は自分のテンポで出来ますね
>個人戦だし勝ち負けも自分のみにかかわるし
>自分も音痴だし他人事とは思えません。
>なんかダーさまに親近感☆☆☆
あら。mikeさんも音痴?(失礼)
でも音痴対決個人戦は、オリンピック級ですよ、旦那…。

>じんのすけさま、
>「中学まで鍵盤を叩いていて、高校は吹奏楽部、大学時代はカラオ>ケBOXでバイト、のちにプチ店長に昇格、現在は某ライブで別人>に変化、だからと言って決して歌はうまくない…」
某ライブでの別人のお姿、こたつ猫さんに聞かなくちゃ。笑
>の私からダンナさまへ。
>♪HAPPI BA~SUDE~ TU~YU~
>(ローマ字読みで、これなら読めるでしょ)
・・・どうしよう、読めても意味忘れてたら?(;^_^A

>keiksさま、
>え マジで本当にそうなのですかっ!!??
>ていうか 音感のなさ リズム感のなさっていうのはもしかして南>ア男の国民性!!??? うちのおっさんもかなりのレベルです。>しかもソレに加えて 色盲 という いろんなセンスがやばい。鼻>歌もなにがなんだかわからんし 歌に合わせて歌っとるのに全然音>程が違うわ!!ここまで音痴な人っているんだ としみじみ感じま>したがそうか 国民性なのか・・・
ウチの旦那の兄貴は色盲で、旦那が超音痴。
もしや、旦那と兄弟ですか?(笑)
「こーゆー歌、聞いたことある?」
と、意味不明の音感を並べられることありませんか?
あれが苦痛で…(笑)

>日本語もまったくおぼえられません。
>犬のコマンドですらまともにいえません。
>そんなうちに来週からまったく英語の話せないハハがきます。
>もうSATOさんのところに負けないくらいのジェスチャー大会が催さ>れそうですわ
ふふふ。想像できます。てか、我が家を見るようだわ。

>Josh&Kai’sMumさま、
>(パチン!)納得!ありがと~
納得いただけたようで何よりです…(ナニサマだよ、アタシ?)
>頭ではイメージ出来るけど、口から出るのは見当ハズレな音・・・
>じゃあ、がんばっても無理なんちゃう?
>と、言い訳が出来てラッキ~ ドモでぇす。
そうそう、言ったもん勝ちですってば。(違)

>こたつ猫さま、
>うんうん。耳のいい人は語学の上達が速いと思いまする。
>でも・・・リズム感の良し悪しはどうなんだろ?
ほら、日本語だと促音だとか長音だとかあるじゃないですか?
あれが旦那には、どれだけ長いか短いかすら分からないそうです。
「これでもやってるつもりなんだよ!」
と、家では逆切れしますので、その分教室では苛めてます。(笑)

>私もコアラさま、
>音痴の私は英会話の先生に「コアラちゃんはもういいよ。」と言わ>れた過去あり。
んまー、そんなこと言う先生いるの?!
…アタシも教室で、一度でいいから言ってみたい。(そこかよ)

>Kayさま、
>家は遺伝してしまいました~
あらま、奥様。
>でもうちの場合は 夫婦で おんちなんで どっちに転んでも結果>は同じだったんですけどねぇ
NZの学校って、音楽の授業あるんでしょうか?(ドキドキ、笑)

>15canさま、
>今日は空手の奥義を聞いてしまったような気がしました。
つーか、いい訳大魔王のいい訳にしか過ぎないです、きっと。

>えっとそちらでは自分の誕生日にケーキを振舞ったりするそうでは>ないですか。
…そーでしたね。忘れてました。
あん?あ、きっと土曜日だから持ってかなくてもよかったんだ。
そう思うことにします、はい。(笑)

>ティーさま、
>で、(^◇^)お嬢様とのラヴラヴ・デート♪は
>実現なさったんでしょうか~???
はい、帰ってきたら散々泣かれて引きつった顔の旦那がいました。
…(* ̄m ̄)プッ

>rikushiさま、
>日本に帰ってきたよ、ワタクシ。
>昨日やっとネットがつながって遊びにこれたよ!
いや~ん、気になってたのよ~、帰国。
こっちもあれこれ大変で、どこにもお邪魔できてなかったから。

お引越し、お疲れ様~。
久し振りの愛知県はいかが?
アタシは…いつ帰れるんだろ?汗

投稿: SATO | 2008年8月26日 (火) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/22707284

この記事へのトラックバック一覧です: 切なる願い:

« NZ的とある医療現場~その2 | トップページ | 『故障の際は・・・』 »