« 知らぬが仏。 | トップページ | 切なる願い »

2008年7月31日 (木)

NZ的とある医療現場~その2

日本じゃまるで、肺炎並み(!)の気温が続く今日この頃。
・・・皆様、お疲れ様です。(違)

かたや、連日連夜大荒れの天気が続くオークランド・・・いや、NZ全土。

昨夜は、街灯と道向いの一帯が真っ暗・・・。
明日は・・・じゃなくて、先週は我が身。

というのも過去10年で最大の大嵐に見舞われた、先週末のオークランド。

「そーいや今年はまだだわね・・・。」
と、思った途端にやってきた、NZ恒例の『停電』。夕方~夜、そして翌朝と、2度も見舞われた先週土曜~日曜朝@我が家。
近所でも停電しなかった家はあるのに。あるのに。(2回言った)

やむなくロウソクで、ろまんちっく(?)な夕飯(作れず持ち帰り)を囲んだ食卓。

子守りと家守り(?)のためにNZ訪問、とは実は名目で、
「日本の酷暑を避けたいんじゃー!!。」
という気分が、バレバレのSATO母(昭和一桁、まだNZ滞在中)が一言、

「・・・まるで空襲警報みたいね。」 ┐('~`;)┌

さすが経験者語る。てか私ら知らないし。(笑)

ついでに言えば、ガタが来てる私のラップトップ。充電池はとうに役立たず。
・・・おかげで書きかけの記事が停電でぶっ飛んだのはおまけの話。
 
 
 さて、先日に引き続き、病院ネタを1つ。

 私が入院したのは、とある公立病院。

もちろん、公立、私立、自宅出産などなど、オプションは選べるのですが、なんせほら、自称24歳とは言え(おい)高齢出産なので、医者には、
「何はさておき、高齢だし。病院行きを勧めます。ただし公立私立は選択可。」
と、言われました。

「ほら、多くの私立の医者ってのは、公立と掛け持ちで働いてたりするから、公立でも別に悪くは無いと思うわよ~。」
といわれ、選択したのは公立病院。

最大の理由は、ウチから近い。

何かがあった時に、通いやすい、と思ったのと、近所の私立病院ってどこだっけ・・・?というのもその理由。
おまけにその公立病院、救急車の詰め所(NZの救急車は私立&有料)が、病院の真裏。←まさか本当に使うことになるとは思わなかったけど。(汗)


 帝王切開手術後、当然全く動けない私が最初に入院した部屋は、ケアが必要なヒトが泊まる2人部屋。

「まずは何よりゆっくり休むこと。しっかり睡眠をとりなさい。」
と、再三再四言われても、相部屋の女性は、てーと・・・機関車(!)のような地響きするほどの高いびき。そして、彼女の新生児も、『遺伝?』と思うほど、オッサンのような高いびき。おまけに彼女、その子供が真横でぎゃーぎゃー泣いてても、へっきのへーの高いびき。

・・・どーすれば睡眠取れるんですかっっ!?

と、寝不足&酷い頭痛で訴え続け、やっとゲットした個室。v( ̄ー ̄)v
ああ、チビは泣くけど1人って素晴らしい・・・。


「さて、今日は赤ちゃんに沐浴させましょうね。」
とやってきたのは、私の担当ミッドワイフ。

「初めてのことだから、アナタも練習しなきゃね。」
と、部屋に備え付けの手洗い(洗面?)ボールを覗き込む彼女。

「まずはここにお湯をためて・・・。ん?栓はどこ?」
探せど探せど見つからず。その前の日はあったのに。

ズカズカとイラついた足音も高らかに、彼女が出て行ってしばし。
これまた高らかな足音と共に、怒り心頭チック(?)に帰還。

「・・・ったくやんなっちゃうわっ!この病棟の消毒システムが故障したらしくって、消毒用に全室の洗面所の栓、回収したままらしいのよっ。ありえないっ!」

・・・じゃ、どうするのよ?てか、どうなるの?

「システム直るのに6週間くらいかかるそうだわ。だから沐浴は無理ねっ。」

・・・6週間て!!! (゜Д゜)

「この子を風呂に入れたかったら、旦那にベビーバスでも持ってきてもらうことね。」
と、これまた足音高らかにご退場・・・。

なんじゃそりゃー!!

・・・ま、何日か風呂に入ってなくてもいっか。冬だし。(おい)
それに、6週間の間には、いつかはこの子も風呂入れるだろうし。(こら)

とは言っても、まだ入院半ば。しょうがないので旦那に風呂持ってきてもらうように頼んだところに、部屋付きの担当がノックノック。

「病院の消毒壊れちゃったのよ~。だから、何か消毒の必要なものあったら、これに漬けてね~。じゃ。」

と置いてったのは・・・
1069←タッパー?
食パンや野菜専用の、長い保存容器(新品の模様)に入った謎の液体。

蓋を開けると・・・こ、これは!!プールの臭い?!

そう、この物体が消毒液だそう。てか、各部屋にこれを買うくらいなら、マシな修理が出来そうなものを。┐('~`;)┌

・・・ま、いっか。6週間もいないことだし。(←結局SATO、10日ほどいたけど)

と、半分呆れてトイレに行けば、隣りのシャワーにはこんな張り紙はけーん。

Photo ・・・。

念のため、意訳満載で・・・↑

※シャワー使う時は気をつけてね。
(温度表示の部品が壊れてるから、温度表示の数字は無視して)12時の位置(真上)にハンドル合わせれば、温かいのよん。部品は今、取り寄せ中よ~ん。

07年1月30日



・・・てっっ!!!
1年半前かよっ!直す気無いのかっ?!
誰も文句言わないのかよっ!(←アタシ含む)

このブログ読んだヒトの中にも、この張り紙見たヒトがいたりして・・・?(;^_^A


そして、え~っと・・・。私の退院からほぼ4週間経過。

某公立病院産婦人科の皆様。

シャワーも、洗面の栓も、無事直ってますか?(多分無理だろな・・・)
『出産の際は風呂持参』てな注意書き、新しく出回ってませんか?



ここで緊急連絡。

もしも、今後某病院で出産なさる方へ。
R病室のシャワー室、その後の一報ご連絡ください。(笑)

Banner_01 ←7月最後もブログランキング参加中。クリック応援ありがとうございます。
さて、小ネタ満載でお送りした『医療現場②』。いかがでしたでしょうか?(笑) ちなみに、①の医療現場はこちらから。・・・ったく、どうにもSATO、病院運が悪い模様。(←今回は特に)
あ、でも・・・別に、NZの病院全部がこうじゃないはずよ、信じて、奥さんっ!!

|

« 知らぬが仏。 | トップページ | 切なる願い »

コメント

そ、それはその病院がドはずれど真ん中なだけですよね?
す、すごいなあ
なんともいえません
よくぞ生還してくださいました!!

投稿: mike | 2008年7月31日 (木) 09時19分

SATOさ~ん、

なんてすごい、産院体験・・・・((( ̄▽ ̄;)
・・・絶対!神様(?)はいつかきっと!
SATOさんに埋め合わせの
ビッグなプレゼントpresentを、ご用意しててくださっていますよ~♪

(たとえば次の、産院時にとか♪)笑vv

素敵なレポートプレゼントをありがとうございます~(^◇^)
でもどうぞ、お目をご自愛くださいませね。

投稿: ティー | 2008年7月31日 (木) 11時04分

うん、なんかすんごく大当たり~な感じが溢れてますね。
プールの臭いの消毒液って塩素?
ミルトンとかじゃないの?(てミルトンの成分知らないけど)。

なんか入院するのも命がけだわね・・・。

投稿: こたつ猫 | 2008年7月31日 (木) 12時37分

一人目の時にハズレの病院に当たっとけば、2人目、3人目、4人目の時は「ココいい病院だわ~」と思えますから。
大丈夫ですから。

ところでピカハナちゃん達は、きちんと子守りできてますか?

投稿: じんのすけ | 2008年7月31日 (木) 13時02分

以前きなこさんのところで私立病院のレポを読ませていただいたことがありましたが、公立病院とはだいぶ様子が違うようですね。

病院の消毒システムが6週間も直らないって、病院にとっては致命的ではないのでしょうかねぇ?
シャワーの部品取り寄せに1年以上かかったり、修理に時間がかかるのはもしや、公立の病院のため修理もお役所仕事だから?

投稿: 包子 | 2008年7月31日 (木) 21時37分

いつもコメントありがとうございます。
8月になったことですし、コメ返しなぞ・・・。

>mikeさま、
>そ、それはその病院がドはずれど真ん中なだけですよね?
多分私の担当&私だけがどはずれど真ん中に当たっただけかと…。
いや~、泣けてきましたよ、マジで。(笑)

>ティーさま、
>・・・絶対!神様(?)はいつかきっと!
>SATOさんに埋め合わせの
>ビッグなプレゼントを、ご用意しててくださっていますよ~♪
・・・そーですよね?そーですよね?
じゃ宝くじでも買ってみますか?当たる?当たる?(おい)

>こたつ猫さま、
>プールの臭いの消毒液って塩素?
そうなの。なんかそんな臭いなのよ、奥さん。
いいのか?って思うじゃないですか。つーかホントにいいのか?
>なんか入院するのも命がけだわね・・・。
はい、おかげで2度目もあり、ってことで・・・。┐('~`;)┌

>じんのすけさま、
>一人目の時にハズレの病院に当たっとけば、2人目、3人目、4人>目の時は「ココいい病院だわ~」と思えますから。
じんのすけさんとこの猫ちゃん達のような増加はありませんから!

>ところでピカハナちゃん達は、きちんと子守りできてますか?
・・・赤子が泣くたび逃げてました。(マジ)ピカソはともかくハナは未だに、臭いを嗅いでは逃げてます。(マジ)

>包子さま、
>以前きなこさんのところで私立病院のレポを読ませていただいたこ>とがありましたが、公立病院とはだいぶ様子が違うようですね。
やはりそこはほら、金の差。(きぱーり)

>シャワーの部品取り寄せに1年以上かかったり、修理に時間がかか>るのはもしや、公立の病院のため修理もお役所仕事だから?
どうなんでしょ?
でも、SATOの職場、某市役所では、修理がとっとと終わるとこを見ると、ただ単に忘れてるだけとか・・・でなくて?と思われます。

投稿: SATO | 2008年8月 1日 (金) 21時54分

あっ!SATOちゃん、よみがえってるっっっ!(笑)

やっぱ世の中、金なのねー、っと妙に納得。

塩素のニホヒって、漂白剤っすよね?
・・・まな板、浸けてみる?茶渋のついた茶碗とか。
オペ室の消毒は、だいじょーぶだったんだろなっ!
と、恫喝したくなりますよねー。
ま、赤さんが無事だったから、結果オーライってことで。

よし!今度からその病院は、オークランド野戦病院と
呼ばせていただきませう。(笑)

投稿: SHIMACO | 2008年8月 2日 (土) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/22591084

この記事へのトラックバック一覧です: NZ的とある医療現場~その2:

« 知らぬが仏。 | トップページ | 切なる願い »