« ぬーじー恋しぐれ | トップページ | オトナの愉しみ »

2008年2月14日 (木)

思い立ったが吉日

今日は、そーいやバレンタインデー。
皆様のお宅は、いかがお過ごしですのん?(←デバガメ)

女性からチョコを送る、なんて習慣から無視して遠ざかってしばし。
我が家では旦那は、またいつものように飽きもせず、ジェリービーンズ買ってくるのか、と思いきや、なんとチョコを貰いました。

・・・たまには、もちっといいモノをくれ。(おい)

近所の花屋には、『バレンタインデー!配達します!!』と手書きの看板。
旦那の学校(もちろん生徒間)では、あちこちで花束が飛び交い、プレゼントやカードの花盛り。マセガキどもがっ!普段はダントツの問題児も、
「母に金借りて、バレンタインのカードを買った。」
そうでして・・・んまー、らぶりーじゃないの!!と思っていたら、他の生徒の財布から金をまた(!)盗んだ、ってのはおまけの話。プレゼントに使ったんだろな・・・。

 
 さて、話は変わって。

私がNZに行く、と決めた6年前。
「アンタに何がおきても、あたしゃNZなんて迎えに行ってやらないからっっ!」
と言い張ってた頑固一徹、でも気弱(どっちやねん?)の昭和一桁の母。
最近、何をとち狂ったのか、
「一度行ってみようかな~・・・でもな~・・・どっしよっかなぁ~・・・。」
と、悩んでる。

いや、悩んでる・・・と言いながら、
「セールで機内持ち込み用トランクての買っちゃった。で、何入れればいい?」
とか、
「NZは紫外線が強いっていうから、サングラスはいるのかしら?」
と、どこかやる気満々な響きの母。

何かが違うぞ、2008年。

それを聞いた姉達は、
「ま、折角思い立ったんだし、冥土の土産にいいんじゃね?」
などとぶっこいてるそうな。・・・てか、冥土の土産て!!
はい、我が家は軽口一家というか、毒舌一家というか・・・(恥)。

コンサバ且つ、怖がり、でも毒舌(笑)の母にとっては、もちろん初の海外旅行。
姉達も家庭&仕事の都合で来られず。
ウチは母だけなので、夫婦2人旅って訳にもいかず。

来て何をするかより、問題は、英語も出来ない彼女をどう飛行機に乗せるか。

・・・と昨今、SATOはと~~~っても頭を悩めております。
ああ、母に憑依でも出来たらいいのに。(え?)

「でもね、アタシも年だから・・・。」
を、長年言い訳にしてた母に、すげーニュースが!!

NZ最高齢102歳の移民 北島ウェリントンに到着(日本語)
(2月13日付 ザッツ・ニュージーニュースより)

New Zealand's oldest immigrant arrives in Wellington←英語版はこちら

102歳のご主人(イギリス人)と、89歳の奥さん(NZ出身)が、
「ウチのワイフが極度のホームシックになって・・・。」
と、NZ移住を決めた、というお達者くらぶ(?)。

それよりなにより、このお2人、結婚したのが12年前。
ご主人90歳、奥さん77歳の時、てんだから、これまたステキ。

「何事も、思い立ったが吉日。自分が105歳になったときに、『あん時(102歳の時)に、違う世界に引っ越しとけばよかったなぁ~・・・。』て思わないことが大切だよな。」
と、超人的な前向き発言のご主人。
奥さんは幸せだろな~・・・。


母よ、聞いたか?
「アタシ、年だから~・・・。」
なんて言ってるバヤイじゃないぞっ。
思い立ったが吉日。人生まだまだこれからだっ!

だから、アナタにも、今後出会いがあるかもよ?!(違)
どうせなら私が楽したいので、金持ちと出会ってk・・・。(以下自粛)

Banner_01_123←バレンタインデー。愛たぷーりのブログランキング応援、ありがとう!ちゅっ♡

|

« ぬーじー恋しぐれ | トップページ | オトナの愉しみ »

コメント

102歳って、凄いな!マジで尊敬します。90歳で結婚するのも凄いよね。

私も年下男子(歳の差ぎりぎり一桁)とお食事会で頑張らねば!っていう気になりました(^.^)

良ければアテンドしますわ、お母様。セントレア(名古屋国際空港)でしたかしら?イツデモどぞ、お気軽にお電話クダサイ。(←怪し過ぎ)

投稿: 社長秘書 | 2008年2月15日 (金) 00時05分

102歳になって、奥様のために外国に移住するなんて、スバラシイご主人ですね。90歳で結婚、102歳で移住。そのパワーは尊敬に値します! 少し分けていただきたいくらい。

せっかく思い立って鞄まで用意されたのですから、御母様、NZ上陸できると良いですねぇ。個人的には飛行機に乗ることより、降りた後の方(税関を通ること込み)が不安を感じますが。

投稿: 包子 | 2008年2月15日 (金) 01時28分

SATOさんママンが無事到着しますように
NZで恋に落ちて「もうここに住む」と宣言されたら…
うう 想像しただけで面白そう いえ大変そう

投稿: mike | 2008年2月15日 (金) 10時46分

とにもかくにも元気が一番!!
モジモジしながらも「NZに行こう」と思い立った母上に拍手~♪
自ら言い出したくらいなら
飛行機も入国審査もなんとな~くクリアできるのではないでしょうか?
ワタクシでよろしければSATO実家→SATO現住所までお供いたしますわぁ~
(もちろん実費支給で...)

投稿: noelpion | 2008年2月15日 (金) 11時42分

やっぱりほら、娘の事が心配なんでしょうね~。
ありがたいな、親って。

飛行機から降りた後、どーするかですよね。
って、もう来る事決定したような流れに・・・。
かりんとうの袋を握りしめて迷子になっても困るしね(ならないって)。
ご主人に迎えに行ってもらう・・・のは余計危ないかな(笑)。

77歳で再婚するなら絶対年下がいいわ。岡田くん似の。
あ、聞いてないですか。そーですか。

投稿: こたつ猫 | 2008年2月15日 (金) 13時23分

そうよ!冥土のみやげよっ。
うちも母が何かやりたいと言うたびにそう励まして(?)賛成してます。
ママはSATOさんの「来て来て~」って言葉を待ってるのかもね。
ママにはぜひNZ行っていただきたいわ。
で、土地成金のジジイをゲットしてもらわなきゃ。

投稿: 私もコアラ | 2008年2月15日 (金) 15時21分

月末に「今空港着いた。 ここからどうやって行けばいいの?」って電話がいきなりかかってくる、に1000点。
いや、2000点!

で迎えに行ったら、隣に男の人。
「あっ、飛行機の中で知り合った人。 結婚するわ。」に5000点。

おめでとうございます!

投稿: じんのすけ | 2008年2月15日 (金) 19時18分

SATOさんのお母様ですもの、やればできる方ですわ!

「母が税関通るのでよろしく♪」手紙 in EinglishとSATOさん&旦那さん&ピカハナたんお写真を送って、それを握りしめて飛行機に乗っていただきましょう!

NZでお金持ちにであってもらうと、もっと素敵?

投稿: 15can | 2008年2月15日 (金) 21時57分

やればできる子、SATOさんを育てた方ですもの、
だーいじょーぶだあ。

「おいで、おいで。」って言ってくれるの、
待ってはるのかもよ~。

できれば、ぷーをしている間に来てくれはったら
よかったのにねー。滞在中がどーするかだなあ。
「すぐやる課」に
「母が来てますので休みます届」出しちゃえ。

アカンかったら、ほらご近所にプロがいらっさるでは。
あ、お引っ越しか。

投稿: SHIMACO | 2008年2月16日 (土) 05時08分

自力で飛行機にのってNZに来ようとされているSATOさんのお母様、すばらしい!
何度飛行機に乗っても手順が覚えられず一人では旅行にいけないうちの母に爪の垢でも飲ませていただきたいです。

投稿: MAMI | 2008年2月16日 (土) 20時24分

「マミィが心配だから、お迎えにいってあげよーっと。」
てのを理由に、SATOさんが日本まで飛行機でびゅーっと
ひとっ飛びしていき、お母様といっしょにNZまで来る・・・

つーのは、いかがでやんしょ?
Perfect excuse・・・だと思うんざんすが。

この飛行機代ほかの経費は
おかあさまがリッチな殿方と再婚なさった暁に
倍額請求・・・ということで。

あーーー、なんてかしこいんざんしょ、あっしったら・・・。

投稿: m*doggie | 2008年2月18日 (月) 00時37分

>社長秘書さま、
>102歳って、凄いな!マジで尊敬します。
>90歳で結婚するのも凄いよね。
カッコいいですよね~、そんなぢいさん。
金持ってりゃ尚ステキ。(おい)
>私も年下男子(歳の差ぎりぎり一桁)とお食事会で頑張らねば!って>いう気になりました(^.^)
いいなぁ~、年下。羨ましいな~、年下。
…なんで(手がかかる癖に)年上の旦那にしたんだろ?(おい)

>包子さま、
>せっかく思い立って鞄まで用意されたのですから、御母様、NZ上陸>できると良いですねぇ。
やる気だけはあるSATO家です。空回りするのが玉にキズ。(笑)
>個人的には飛行機に乗ることより、降りた後の方(税関を通ること>込み)が不安を感じますが。
私個人的には、Air NZがまともに飛ぶか、直前でルート変更しないか、も不安…(よくあるんです、変更されることも)。

>mikeさま、
>NZで恋に落ちて「もうここに住む」と宣言されたら…
>うう 想像しただけで面白そう いえ大変そう
…私もちょっと期待。笑
母よ、捕まえるなら金持ちにしてくれ。(おい)
娘は、貧乏人の教師相手に大変なんだから。(おい)

>noelpionさま、
>モジモジしながらも「NZに行こう」と思い立った母上に拍手~♪
よーやくですよ…。コレを言い出すまでに6年かかりました。
…たく、強情は誰に似たんだか。(え?)
>ワタクシでよろしければSATO実家→SATO現住所までお供いたしま
>すわぁ~
>(もちろん実費支給で...)
あのぉ~、金持ち見つけてからの後日支払い、ってのはダメ?(笑)

>こたつ猫さま、
>やっぱりほら、娘の事が心配なんでしょうね~。
冥土の土産ですってば、冥土。
…あ。来た後でホントに冥土になっちゃ困るから取消っっ!(遅)

>ご主人に迎えに行ってもらう・・・のは余計危ないかな(笑)。
ま、飛行機には乗せられても、機内の会話が…ナスでしょな。(笑)
>77歳で再婚するなら絶対年下がいいわ。岡田くん似の。
…奥さんっっ。そりゃひ孫!!そこまで年下は犯罪!(違)

>私もコアラさま、
>そうよ!冥土のみやげよっ。
>うちも母が何かやりたいと言うたびにそう励まして(?)賛成して>ます。
あ。ここにも辛口一家(笑)がいらっさったわ~。

>ママはSATOさんの「来て来て~」って言葉を待ってるのかも
>ね。
いやいや、ずっと言ってるんです、「いつでもおいで。」って。
…全く強情なんだから、母。誰に似たんだか。(おい)

>じんのすけさま、
>月末に「今空港着いた。 ここからどうやって行けばいいの?」っ>て電話がいきなりかかってくる、に1000点。
>いや、2000点!
電話のかけ方わからない、に全部!
>で迎えに行ったら、隣に男の人。
>「あっ、飛行機の中で知り合った人。 結婚するわ。」に5000>点。
あ。もう相手が横にいるならダイジョブか?(違)

>15canさま、
>「母が税関通るのでよろしく♪」手紙 in EinglishとSATOさん&>旦那さん&ピカハナたんお写真を送って、それを握りしめて飛行機>に乗っていただきましょう!
マハラジャ家にAKL空港係員恫喝してもらいますか?
…あ、引越しか。

>SHIMACOさま、
>できれば、ぷーをしている間に来てくれはったら
>よかったのにねー。
そーなのよ、姐さん。全く強情なんだから、母ぁ~。
>「すぐやる課」に
>「母が来てますので休みます届」出しちゃえ。
多分休みおっけ、パートだし。こないだ6週間休んだ人いたし。
姐さんもいらっさいませんか?( ̄▽ ̄) ニヤ(おい)
>アカンかったら、ほらご近所にプロがいらっさるでは。
>あ、お引っ越しか。
そうなんです、空港恫喝もお願いできゃしない。(え?)

>MAMIさま、
>自力で飛行機にのってNZに来ようとされているSATOさんのお母
>様、すばらしい!
いやいや、自力でなく、後はSATOの他力によるものです。
…遠隔操作、ともいいます。(笑)
>何度飛行機に乗っても手順が覚えられず一人では旅行にいけないう>ちの母に爪の垢でも飲ませていただきたいです。
いえいえ、ウチの母は京都でさえ迷ったオンナ。
…AKL空港閉鎖でもするか?(おい)

>m*doggieさま、
>「マミィが心配だから、お迎えにいってあげよーっと。」
>てのを理由に、SATOさんが日本まで飛行機でびゅーっと
>ひとっ飛びしていき、お母様といっしょにNZまで来る・・・
それが一番なんざんすけどね~、諸事情がござりまして…。
ほら、可愛い母には旅をさせろ、っていうぢゃないですか。(違)

>この飛行機代ほかの経費は
>おかあさまがリッチな殿方と再婚なさった暁に
>倍額請求・・・ということで。
後はリッチな殿方用罠を張る、ってことで、細工は流々、仕上げをごろうじろ、ってことだな、越後屋よ。(誰?)

投稿: SATO | 2008年2月19日 (火) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/10504643

この記事へのトラックバック一覧です: 思い立ったが吉日:

« ぬーじー恋しぐれ | トップページ | オトナの愉しみ »