« ネコの厄日 | トップページ | ハジメテノケイケン »

2008年1月 8日 (火)

大きな栗の木

いちにのさんっ、はいっっ!

♪お~きなくりのぉ 木の下でぇ あなぁたぁとぉ わぁたぁしぃ~

なぁかぁよぉくぅ あそびましょぉ~ お~きなくりのぉ 木の下でぇ~♪

などと、誰もが幼少の頃、歌って踊った(踊らされた?)覚えもありましょう。

かと言って、子供の頃から濃尾平野、田んぼのど真ん中で育った私。
イチョウの木は身近にあったけど、そう言えば栗の木って覚えがない。
・・・アナタとワタシが仲良く遊べないのはそのせいか。(違)

たった今、この記事書くのに検索してみたら、これ、元歌は英語だとか。
題名もそのまんま、『Under the spreading chestnut tree』

 Under the spreading chestnut tree

 There we sit both you and me

 Oh how happy we will be

 Under the spreading chestnut tree.


これが奥さん。Wikiにはイギリス民謡とあるし、他の記事にはアメリカ民謡とある。
いくら作者未詳といわれても、全然かけ離れたふたつの国。どっちやねん?

・・・ま、要は英語圏の歌ってことか。(←テキトー)


 ところで、某市役所の近所の公園には、巨大な栗の木が1本ある。
あの大きさからして、結構古いんじゃないかな・・・と思う巨大な木。

なぜか表記は、「Spanish Chesnut Tree」。
別にスペイン産でなくても、栗は栗だろうに・・・。
と、これまたしつこくWiki(栗)を検索したら、スペイン種なんてないみたいですが…。

(* ̄m ̄)プッ、やるな、NZ。


 秋になると、ゴロゴロと栗のイガが転がってるその公園。
道行くKIWIは、見向くどころか全く興味ナス。MOTTAINAI!(by ルー)

そんな栗の木。一度、人生初の野生栗拾い(笑)に挑戦!とわざわざ意気込んで出かけた(←貧乏?)時には・・・既に遅く、全て拾われたあと。

ちっ、KIWIは食べなくても、中国人や韓国人も栗食べる文化だったわ。

閑話休題。
オリーブも、ビワの実も、柿もプラムもレモンもオレンジも、そして栗までも、あっちゃこっちゃの庭や街路樹や公園に、ゴロゴロと鈴なりになってるにもかかわらず、KIWIは全く興味ナス。先月、ビワに至っては、ヨソ様の庭に、そりゃもーたわわになってるにもかかわらず、鳥に突付かれまくってたので、つい旦那に、道端に出てる実を盗みにやったくらい。(おい)
・・・ま、さすがに庭の中には入りませんことよ。(笑)

これからの時期、レモン・オレンジ等ご不要の方は、ご一報下さいまし。


さて、話を戻して。

その栗の木公園(仮名)の近くにある、某市役所『すぐやる課』の1オフィス。
連日のように、スタッフがみんな口々に、
「超くっさ!」
「この臭い、たまらん!」
「なんとかならんもんか?!」
「頭痛くなってきた・・・。」
と、ブーブー。
「な、こんな臭い、たまらんよな!!」
と、同意を求められたものの・・・臭い?SATOにはさっぱり何のことやら?

「ええええぇ~~~っ?!アンタ、臭くないの?」
と、非難轟々。・・・つーか、何か臭いか?(←ボケ)

「外の栗の木よ!てか、アナタ。臭わないの?」
・・・え?じゃ、ちょっとどんな臭いか嗅いでくるわ。

と、早速フラフラと公園に出かけてクンクン( ̄∞ ̄)・・・。

あぁ、この臭いが栗の花の臭いなのね。へぇ~・・・。確かに臭いかも。

と、栗の木の歌は知ってても、栗の木と共に育ってないSATO。
臭いっ!つっても、これがこの木の臭いだと思えば我慢できないこともなくね?
別に、いい匂いがする花だけが花、ってこともないだろに。
SM○Pだって、世界にひとつだけの花、って言ってるし。(違)

と、公言(笑)してしまったので、オフィスじゃすっかりカワリモノ扱い。(笑)

だって、臭いが酷いとはいえ、季節になったら栗の実は美味しいじゃん。

・・・すると、ワラワラとヒトのこと笑ってたオフィスが、いきなりシーン・・・。

「え?食べられるの、あれ?」
「食べたことない。ニホンジンは食べるの?」
「どんな味がするの?」
「どうやって食べるの?」
と、一気に質問攻めにあう始末。

ん?え~っとぉ。味はぁ・・・うーんと・・・さつま芋とナッツの中間?(テキトー)

でもほら、イギリスだってフランスだって、栗食べるでしょ?
KIWIの大元(笑)イギリスだって、焼き栗食べるじゃん?
おふらんすじゃ、ケーキもあるし、マロングラッセも有名だし・・・。

すると、勇気ある若者が一言。
「美味しいんだ・・・。じゃ、今年はアタシ、1個だけ拾ってみようかな。」

・・・1個て!1個だけ拾ってどーすんのよっっ!!


ここで、今日の結論。(←え?)

いちにの さんっはいっっ!

♪ おおきなくりのぉ 木はくさい~♪

・・・仲良く遊んでたアナタとワタシは、くさくなかったんだろか?

Banner_01_123←いつも訪問&ブログランキング応援ありがとうございまっする。
ケーキのモンブラン。ひとつには「日本発祥」という説もあるそうな。←Wikiはこちら。
我が家の友人KIWIで、栗好きは、ヨーロッパに住んでたことのあるカポー1組のみ!
・・・ふふふ、敵は少ない方が、食い扶持は多くていいや。(笑)

|

« ネコの厄日 | トップページ | ハジメテノケイケン »

コメント

あら。昨日から↓の猫の洗濯(?)についてコメント考えているうちに更新されてました(私が遅すぎですが)。SATOさん立派に筆まめではありませんか!

栗の花は決していい匂いではないですよね。祖母の家に樹齢40年以上の栗の木がありますよ。老木ですがまだ頑張っていて、おかげで毎年純粋な栗きんとんが食べられます。見た目気にしない家族なんで、ちょっときめの粗い(裏ごししてない)きんとんです(笑)

銀杏の匂いに比べれば、栗の花の匂いなんてまだマシだと思うんですが、NZにはいちょうはないかな? この秋には中国人や韓国人に負けず、栗拾いに行ってくださいね。

ところでレモンってお友達のどなたかの家にはえていませんでしたっけ?

投稿: 包子 | 2008年1月 9日 (水) 01時04分

へえええ×20
子供時代に遠足でお芋掘りとぶどう狩りは経験あり
でも栗ひろいは未経験
栗の木って見たことないです~

投稿: mike | 2008年1月 9日 (水) 03時50分

会社の裏に栗の木があって仕事中に事務所を留守電にして栗拾いしたことあります。
茹でてスプーンでほじほじして食べました。

レモンといえばノリさんち。
庭のセツコににらまれながら採ってください。

投稿: 私もコアラ | 2008年1月 9日 (水) 12時53分

小学校の校庭に白い花の咲く木があって(栗じゃない)
その花をこすると泡が立つ、って言われてやりましたよ。
泡立ったけどくっせーのなんの。吐きそう。

大人になってなんかその臭いがするぞと思ったら栗よ、栗。
税金の関係かなんか知らないけど、
空いてる畑に栗が植えてある所が多くてもう鼻で息できない。
何故かだめなんですわ、あの臭い。
アタシも立派なKIWIになれるかしら?
あ、おいしく栗を食べるからダメかしら。

投稿: こたつ猫 | 2008年1月 9日 (水) 13時48分

モンブランが大好きです。
甘栗も大好きです。
焼き栗は… です。

もう一度言います。
モンブランが好きです。

(これぐらい言っておけばNZから送ってくれるだろう)

投稿: じんのすけ | 2008年1月 9日 (水) 15時31分

ええ~!
ぜいたくな・・。
そして、なんとKIWIの皆さん、もったいないっ!!

ワタシの今住んでいる地域は日本の物は
だいたいなんでも手に入るけど、難しいのは野菜。
欧米と共通な野菜や果物ならまだいいけど(それでもびみょ~に
味が違う)栗なんて、入手不可能に近い!
買えても高い!不味い!!

ああ、うらやましい・・・。
いますぐ、NZにいきたい・・・。

投稿: rikushi | 2008年1月 9日 (水) 15時54分

おいしそうなものが道ばたにごろごろ。すごいなー。
市役所で不要品回収?したら、一儲けできそうですね。

次回栗拾い、すぐやる課(+旦那様)のチャレンジを希望したりして。

投稿: 15can | 2008年1月 9日 (水) 16時16分

大好物です、栗!
栗おこわ、モンブラン、渋皮煮・・・美味しいです!(^^@)
もしも機会があって、絶対に捕まらなくて、最悪の場合でも
無罪放免で許してもらえるならばっ・・・
桃は直接もぎって、栗は木を揺さぶって、ガンガンに盗んで
みたいですもん。(ノ ̄▽ ̄)ノ

そうそう、桃栗3年、尻8年ってのは知ってます?(笑)

投稿: crystal | 2008年1月12日 (土) 06時42分

>包子さま、
>栗の花は決していい匂いではないですよね。祖母の家に樹齢40年以>上の栗の木がありますよ。老木ですがまだ頑張っていて、おかげで>毎年純粋な栗きんとんが食べられます。
いいなぁ、栗好きとしては羨ましい限りです。
…あ、でも臭いんだっけ?(←学習しない)
>銀杏の匂いに比べれば、栗の花の匂いなんてまだマシだと思うんで>すが、NZにはいちょうはないかな?
NZにもイチョウありますよ。
そーいや、ギンナンなってたっけ?

>mikeさま、
>子供時代に遠足でお芋掘りとぶどう狩りは経験あり
ウチの高校では、芋(さつま芋、じゃがいも、両方)作らされましたっけ。…普通科だったのにな、おかしいな。

>私もコアラさま、
>会社の裏に栗の木があって仕事中に事務所を留守電にして栗拾いし>たことあります。
仕事中にいろんなことしてません?(笑)

>レモンといえばノリさんち。
>庭のセツコににらまれながら採ってください。
セツコを触れたらさらに倍!とかないですかね?(笑)

>こたつ猫さま、
>大人になってなんかその臭いがするぞと思ったら栗よ、栗。
>税金の関係かなんか知らないけど、
>空いてる畑に栗が植えてある所が多くてもう鼻で息できない。
>何故かだめなんですわ、あの臭い。
奥さんちの近くって、牛はいるわ、栗の木はあるわ。
…関東の、一応都会扱い地域(?)ぢゃないの?
濃尾平野の、合併前『村』だった辺りを想像してしまひました。笑

>じんのすけさま、
>モンブランが大好きです。
>甘栗も大好きです。
>焼き栗は… です。
きりんさんがすきです。
でもぞうさんは、もーっとすきです。
…を思い出しました。
>もう一度言います。
>モンブランが好きです。
>(これぐらい言っておけばNZから送ってくれるだろう)
残念。やっとくっさい花が終わったばかりです。
中国人に紛れて栗拾いをしてくれたら、作ってあげてもいいです。
(これくらい言っておけば、きっと来てくれるだろう、差し入れ持って…)

>rikushiさま、
>ワタシの今住んでいる地域は日本の物は
>だいたいなんでも手に入るけど、難しいのは野菜。
>欧米と共通な野菜や果物ならまだいいけど(それでもびみょ~に
>味が違う)栗なんて、入手不可能に近い!
あら。アメリカって栗ありそうなのに。北の方なのかしら?

>ああ、うらやましい・・・。
>いますぐ、NZにいきたい・・・。
私はアメリカに行きたい…かわろっか?(え?)

>15canさま、
>おいしそうなものが道ばたにごろごろ。すごいなー。
>市役所で不要品回収?したら、一儲けできそうですね。
NZじゃ、植物が倍育つ、と言われてるそうざますよ。
多国籍な某市役所、各国の不要品は、ヨソの必需品だったりして。
…それって、ものすごくエコ生活だわね。(笑)

>crystalさま、
>大好物です、栗!
>栗おこわ、モンブラン、渋皮煮・・・美味しいです!(^^@)
ウマいですよね~、栗。
こないだKIWIの上司が、「栗は松の実と同じ味」と言い張って譲りませんでした。…ウマい栗、食べたことないんだろな。
>桃は直接もぎって、栗は木を揺さぶって、ガンガンに盗んで
>みたいですもん。(ノ ̄▽ ̄)ノ
桃!日本の桃食べたいっ!こっちの桃は、野生の味(笑)です。
…ちなみにこの栗の木、揺さぶるにも登れそうにないでかさです。
>そうそう、桃栗3年、尻8年ってのは知ってます?(笑)
…尻?尻ッ?!なんすか、それ?
…まさか8歳児の尻の話ぢゃ?(違)

投稿: SATO | 2008年1月15日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/9777914

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな栗の木:

« ネコの厄日 | トップページ | ハジメテノケイケン »