« SATO、でびゅーなるか?! | トップページ | 32歳、オトコの悩み »

2007年12月17日 (月)

聞きまつがい

 え~・・・皆様、ようこそのお運びで。厚く御礼申し上げます。

・・・と、朝ドラ『ちりとてちん』の見過ぎ、SATOです。
ドラマの中の渡瀬恒彦氏。いい味出しすぎ。ウチの仕事場にも1人いないかなぁ~・・・などと思ってしまいます。英語圏だけど。

・・・え?会話がマニアック?だってほら、NHKしかないですから、チャンネル。(T_T)
恋しい民法、ドラマにお笑い、年末と言えばM-1ぐらんぷりが見たいです・・・ちっ。


ま、そんなことは置いといて。

あちらでは言いまつがいフェア開催中(違)のようですが、こちらはSATOの聞きまつがいのお話。それも、今日採れたて(?)のホヤホヤ。

これで当分、オフィスの人気者笑いものにけてーい!・・・トホホ

でも我ながらあまりの可笑しさに、早く誰かに言いたくて、車で1人ほくそえみながら帰宅しました。

…はっ?!ああ、よかった。バスだったら危ないヒトになるとこでした。(笑)


さて、と・・・。

いつものように『すぐやる課』(仮名)は、他の多くの『すぐやらない課』(失礼)とは異なり、毎日毎日相変わらずいろいろな人がやってきます。いろんな国籍、いろんな肌の色、いろんな英語・・・まるで多国籍オークランドを象徴するかのような毎日。

日本にいた時から、幸か不幸か、旦那を含め、かなりの種類の英語を聞き、訛り英語と格闘(?!)してきた私ですが、先日は、それでも全然聞き取れない、ものすごく強いインド訛りの男性に、
「NZで英語を教える仕事を探してるんだけど、どうすればいい?」
との我が身知らずな質問をされ、3回くらい聞きなおしてやっと理解できた時には、
「ちゃんちゃらオカシくてヘソが茶を沸かすとはこのこった!おとといきやがれ!」
と言いたくて・・・(失礼)。
一応、間一髪で飲み込みましたけど。(おい)

ま、ちなみにこんな質問も、本来の業務とはぜ~んぜん関係ない仕事場です。

・・・なんでこんな知りもせんもんまで答えならんのん?
という疑問も隠して笑顔笑顔。全てごまかしてしまえばこっちのもん。(おい)


今日の話題は、昼過ぎにフラフラ・・・と1人で入ってきたオッサン。
年の頃は60過ぎ(予測)。細身で長身、190センチ近い。白髪にスーツ姿。
ここまでは、結構ロマンスグレーっぽい響きだけど、その全てを打ち砕くほど、いまどき珍しい牛乳瓶の底メガネ(古!)を着用。

そして、最初に目が合った私に、コッソリ近寄ってきて囁くように耳打ちを・・・。

「ねぇ、ジャンはどこ?」 (///∇//)テレテレ

はい、私にははっきりと『ジャン』と聞こえましたの。それはもうはっきりと。
と言うのも、隣りの課には『ジャン』さん(女性)と『ジョン』さん(男性)がいるのです。

こんなにコッソリ耳打ちするし、照れてるし・・・(ー'`ー;)ムムッ?オトナの関係?(違)
ここは1つ、ヒトの私生活に深く突っ込まないよう、冷静に対応すべきよね、やっぱ?

と、あっさり『ジャン』さんに取り次ごうとしたのですが・・・。

・・・あん?ちょっと待てよ?さっきジャンは出かけちゃったわよ?

「ねぇ、ジョン?ジャンはもういないわよね、今日?」
と、隣の課のジョンに聞いてみました。

「ジャン?ああ、彼女の事務所は閉まってるみたいだね。」
「あら、ジャンならさっき会議があるから、って出てったわよ。」
と、同じく隣の課のヘレン。

「この紳士がジャンに用事のようなんだけど、聞いてあげてくれないかしら?」
と、お隣の課にこのジェントルマンをご案内し・・・。

・・・しかし、このオッサン、すげー酒臭いなぁ~。

などと思いながら、自分の仕事に戻っておりました。

戸締り用心、一日一善。(古)
いいことするって素晴らしい・・・。(違)


数分後、オッサンは先ほど来た時となんら変わらず、またフラフラと出て行き、
「ジャンに会えなくて残念だったわね、おじさん・・・。」
と、黄昏た後姿に哀愁を見出してたとこに聞こえてきたのは、お隣りの課の、ジョンとヘレンの高笑い。

「アンタ!彼が探してたのは、『ジャン』じゃなくて『ジョン」だったのよっ!」

あら、そーなの?ジョンに用事だったのかぁ~。
嫌だわ~、アタシったら聞きまつがいだなんて・・・。
ま、それなら話が早かったじゃない?

「違う違う。あのアメリカ人が探してたのは『ジョン』、トイレよ!」

・・・て。

エェ~~~ッ!? (* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜ 

そう言えば、口語で男子トイレはJOHNだわよ。それもKIWI英語じゃまずお目にお耳にかからない単語の1つ。それに発音が、久し振りに聞く米語だったから、『ジャーン』に聞こえたんだわ。

アメリカ英語じゃ、『TOILET』とは言わないしね。
・・・そういや、むかしむかし自分でブログで書いてたわ。(恥)←過去記事はこちら

オッサン、ごめんよぉ~。道理で恥ずかしそうにしてるわけだ。
おまけにすごく酒臭かったから、よっぽど我慢してたんだろな・・・。(妄想ちう)

米語なら米語らしく、バスルームとかウォッシュルーム、て言ってくれれば、SATO分かってやったのに・・・。(←なぜ高飛車?)

そのオッサンが去っていった後、
「スラングは困るわよね~・・・。」
「アメリカ英語で言われてもね~・・・。」
「アレは、誰でも間違えるわよね~・・・。」
などと、口々に慰められるものの、(。・m・)クス・・・という笑いが含まれており・・・。

そんな赤恥の中で、ふと遠い昔の聞きまつがいを思い出したのでありました。
それはね・・・。↓下記参照。(恥)

Banner_01_123←いつも訪問&ブログランキング 応援クリックありがとうございます。
あれは昔。派遣で働いていた時、上司宛(♀)にかかってきた電話。
「あ~もしもし、ユージですけど○○さんいますか?」と、高飛車且つ投げやりな男性。・・・ユージ?これは、この仕事場の暗黙のルールで、きっと上司の彼なのね。コソっと教えてあげなきゃ・・・と、わざわざ上司にこっそり耳打ち。「ユージさんって方、お電話入ってますよ。」( ̄o ̄;)ボソッ・・・。その後電話を切った上司、「アレは上地(ウエジ)さんっ!それに私には、ユージなんて名乗る、そんな失礼なオトコはおらん!」(怒)
これも、ずっとネタにされましたっけ・・・。てか、ウエジさんがはっきり喋らないからいけないのよっ!

|

« SATO、でびゅーなるか?! | トップページ | 32歳、オトコの悩み »

コメント

昔昔、とんちんかんな新人が会社におりまして
「あのお…やくざからお電話です」と言われてびびりました。
勇気を出して電話を代ったら…「薬剤師」の方でした。
その新人は1週間働いてそして消えていきました…
働く気がないなら就職するなぁー

投稿: mike | 2007年12月18日 (火) 02時49分

↑ じんの字、お呼びですよぅ!(違っ)

昔、インドのさぶい地方に行きまして、
湖にちんまいボートを浮かべて暮らしてる
おっさんたちがおりまして、
ポンチョというか、でっかいマントを着ておるのです。
で、座ってる足の間になんぞ置いてるのですね。
そりは何かね?とたずねると「れんたる わいふ」と
おっしゃるわけで。
こたつというか火鉢なんですけど、
股ぐらに借りものの嫁さん?
と、まあ確かにぬくそうだわい、とわいわい言ってたのですけど、
後ほど気がつきました。
インドのみなさんRを発音なさいます。
で、ういんたーわいふ、が、ういんたるわいふになっておったと。

どっちにしても、嫁を股ぐr・・・

ああ、聞きまつがい。

投稿: SHIMACO | 2007年12月18日 (火) 03時13分

クククククッ
そーなんだ、へぇ~って思っちゃいました。
確かにバスルームで習ったなー。
でも、日本ではToiletって書かれるのがほとんどでしょ?
なんだか矛盾が・・・不思議。

でもそれよか「かわや」って表現の方がびっくりした記憶がある。
・・・ジョンが男性?なら女性用は???

投稿: keiko | 2007年12月18日 (火) 14時41分

あらあら、そのビン底メガネ目紳士どうしたのかしら?
我慢できず結局、駐車場の隅にでもジョ~ンジョンしちゃったしりて???
なんつって~( ̄ー ̄)♪

投稿: noelpion | 2007年12月18日 (火) 14時51分

逆にNZでLavatoryが通じないために、
ウエリントンの街を右往左往した経験あります。
聞きまつがいもいろいろしてるはずなんだけど、
ぜーんぶ忘れちまいました。ええ、きれいさっぱり。
ネタになるなら、覚えとけばよかったな。

投稿: えみ | 2007年12月18日 (火) 14時57分

呼んだ?
どうも「本職」です。

うちに来られる方で、メチャクチャ耳の遠い方がいます。
どれぐいらい遠いかと言うと、耳の横で大声で「今日はどうされました?」と叫んでも(本気で叫んでます)「あぁあぁ、で薬代はいくら?」と返ってきます。
車を自分で運転してきます。
危ないです。
でもここまでくると「聞きまつがい」なんかないんだろうな~。

追伸:先日お願いしたサンタ。
   『2月のチケットが取れた!』のでこたつ猫さまのところへ送っておいてください。

投稿: じんのすけ | 2007年12月18日 (火) 15時24分

奥さん、そうやって日々伝説を作っていくのね。
かっこえぇわぁ~(そーゆー問題か?)。

昔、職場に長島さん(社長)と中嶋さん(課長)がおりました。
電話で『ながしまさんお願いします』と言うので社長に取次ぐとすぐ
中嶋さんに電話を代わりました(私は聞き違えてはいない)。
社長曰く『名古屋の人は“なかじま”が“ながしま”になるんですよ』と。
ホントかよ?と思ったあの夏の日(だったかな?)。

追伸:サンタ至急送ってください。
   昨日オークションで安いのを逃しました。むきぃ~っ。

投稿: こたつ猫 | 2007年12月18日 (火) 16時13分

へぇ~、ジョンってそんな意味があるんですね。どうしてジョンなんでしょうね?

私の職場も年配のお客さんが多いので、じんのすけ様のような経験はよくあります。訛りの強い方や、ろれつの回らない方もいますのでね、時にお互い言っていることがわからずに終わっていることも…(苦笑)

投稿: 包子 | 2007年12月18日 (火) 17時09分

皆の衆。
腰痛&肩凝りでPC離れをしておりました。
コメ返しも今更ですが…読んでくれる?(恥)

>mikeさま、
>昔昔、とんちんかんな新人が会社におりまして
>「あのお…やくざからお電話です」と言われてびびりました。
>勇気を出して電話を代ったら…「薬剤師」の方でした。
昔の同僚は、何をどう聞き間違えたのか、
「課長、キラーマンさんから電話です。」
と取り次いだそう。…キラーマンて!

>SHIMACOさま、
>そりは何かね?とたずねると「れんたる わいふ」と
>おっしゃるわけで。
>こたつというか火鉢なんですけど、
>股ぐらに借りものの嫁さん?
>と、まあ確かにぬくそうだわい、とわいわい言ってたのですけど、
>後ほど気がつきました。
>で、ういんたーわいふ、が、ういんたるわいふになっておったと。
>どっちにしても、嫁を股ぐr・・・
分かります分かります。
昔の日本語教室のRAさんといい、こないだのインド人といい、聞き辛い聞き辛い…。それで思い出したのは、はるか昔。
ナイジェリア人にナンパをされたことがありまして。(笑)
「ぷりちーぎる。」
と言われ…私の脳内は、「なぜ小さいウロコ?」の大行列。
…ぎるではなくて、ガールだったそうな。
つーか、んなもん分かるかっっ!!

>keikoさま、
>確かにバスルームで習ったなー。
>でも、日本ではToiletって書かれるのがほとんどでしょ?
>なんだか矛盾が・・・不思議。
そうなんですよね~。バスルームはKIWIにゃ通じませんでした。
「つーか、何アメリカかぶれしてるんだよ!」
みたいな態度で見られがち…(笑)。

>・・・ジョンが男性?なら女性用は???
辞書を引く限りでは、「Jane」と書いてありました。
ちなみにアメリカでもNZでも、今んとこ聞いたことはありません。

>noelpionさま、
>あらあら、そのビン底メガネ目紳士どうしたのかしら?
>我慢できず結局、駐車場の隅にでもジョ~ンジョンしちゃったしり>て???
奥さん!昭和の時代のオヤジギャグになってきてるわよ!(笑)
…で、その駐車場にはサンタクロースが違法駐車中。(笑)

>えみさま、
>逆にNZでLavatoryが通じないために、
>ウエリントンの街を右往左往した経験あります。
Lavatoryを覚えてるだけ偉いわよ、奥さん。
私なんてバスルームのみ。たまに通じなければウォッシュルーム。
それでも通じなかったら…ヒトに頼らん!
自力でたどり着きます。(笑)

>「やくざ…」までは一緒のじんのすけさま、
>うちに来られる方で、メチャクチャ耳の遠い方がいます。
>どれぐいらい遠いかと言うと、耳の横で大声で「今日はどうされま>した?」と叫んでも(本気で叫んでます)「あぁあぁ、で薬代はい>くら?」と返ってきます。
>車を自分で運転してきます。
>危ないです。
…社会のためにはよくないと思います。
ウチの死んだ婆ちゃん、90を過ぎて、耳が遠くなった頃、電話で
「ごめんな~。耳が最近ときどき、アメリカの方へ行くんさ…。」
と、言っとりました。
婆ちゃん、ブログ書いたらよかったのに。(え?)

>追伸:先日お願いしたサンタ。
>   『2月のチケットが取れた!』のでこたつ猫さまのところへ>送っておいてください。
先日、また同じシルバーのセダンで、今度は運転中を見かけました。今夜が最後のチャンス。煙突持って(?)生け捕りにします。

>こたつ猫さま、
>奥さん、そうやって日々伝説を作っていくのね。
>かっこえぇわぁ~(そーゆー問題か?)。
…はい、そーゆー問題でーす。(バカ)

>昔、職場に長島さん(社長)と中嶋さん(課長)がおりました。
>電話で『ながしまさんお願いします』と言うので社長に取次ぐとす>ぐ中嶋さんに電話を代わりました(私は聞き違えてはいない)。
>社長曰く『名古屋の人は“なかじま”が“ながしま”になるんです>よ』と。
>ホントかよ?と思ったあの夏の日(だったかな?)。
社長、ここに連れてきてください。
ぼっこぼこにしてやります。
”なかじま”と”なかしま”の差はあれど、漢字は変わらん!

>追伸:サンタ至急送ってください。
>   昨日オークションで安いのを逃しました。むきぃ~っ。
今晩が生け捕りのチャンス!頑張りますっ。
…その後は、着払いで行きます。よろしく。

>包子さま、
>へぇ~、ジョンってそんな意味があるんですね。どうしてジョンな>んでしょうね?
ねぇ~。他にも「jakes」が便所(英国圏by旦那)、辞書には、「Jane」は女子用、とありました。…てか、ホントか?

>訛りの強い方や、ろれつの回らない方もいますのでね、時にお互い>言っていることがわからずに終わっていることも…(苦笑)
ウチの課でも、字幕スーパー欲しいときあります。(笑)

投稿: SATO | 2007年12月24日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/9444558

この記事へのトラックバック一覧です: 聞きまつがい:

« SATO、でびゅーなるか?! | トップページ | 32歳、オトコの悩み »