« ケモノの本能 | トップページ | ♪ああ~ 川の流れのように~♪ »

2007年11月16日 (金)

涙の日本語教室~現状

 ケモノは、傷や病気の時には寝て過ごすそうじゃないですか?
ニンゲンだってケモノ動物、やはり、傷を癒すには睡眠が一番。

と、昨日の宣言どおり?に、結局ゴロゴロしておったSATOです。

・・・あ、懲りずに(笑)夕飯は作ったのよ。マッシュルームの和風スパ。

もちろん洗ったのは旦那だけど。
でも恐る恐るぺティナイフで野菜もベーコンも切った、ってのはここだけの話。


パフパフ!!SATOの『今日の諺体感コーナー!!』(←え?)

羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く、とはこのことです。



 さて本題。

今日は、久し振りに日本語教室の話なんてしてみようかしら?と思います。

実はね・・・。
ヘロヘロの理由の1つが、突然月曜日のクラスも降って沸いてるんです、今月。
ま、誰のせい、っちゃー・・・アイツ1人しかおりませんが。
・・・な、Wendyよっ!(怒)

それもね、毎週増えてるんですよ、ニンゲン。

火曜クラスは、ある程度習ったことのある人達(出来不出来は別)が来てるので、授業は新しいことの説明や練習などがほとんど。頭を抱えたくなるような脱線(笑)も、おかげで少なくなりました。
今、火曜クラスは動詞の活用練習が始まったところ。

♪思えばぁ~ 遠ぉ~くへぇ~ 来たぁ~もんだぁ~・・・♪
喋れる、喋れない、は別として(笑)、よくここまで進んだな・・・と感無量。


月曜は、ってーと、相変わらずのド初心者の集まり。
これが、週が進むとともに、人数が減るどころか増える、てーのは困りモン。
もう、ありがたい悲鳴を通り越しているのが事実・・・。

当初5人でスタートするはずが、いまや9人!!倍に増えてます。
頼む。もう増殖せんでくれ!!

授業内容は、今まで書いてきた初級クラスと同じテキストを使ってるので、大差なし。最初にひらがなを練習して、それから挨拶練習したり、数字の練習したりの月曜です。

口ではやる気を全面的にアピールして、『どうしても参加したいのよっっ!』と、遅れてコースに加わったにもかかわらず、勉強する、しない以上に、書き取り練習もワケワカメ(古っ)、テキストはいつも真っ白、今練習したばかりのひらがなが読めない女性(涙)とか、例の火曜クラスから『オレ・・・こっちにしようかな?』と初級に残った、『自分は出来るコ!』と思って人の話をコバカにしながら聞いてるくせに、結局何一つ理解できていないAくん(覚えておいでですか?)とか、口数も少なきゃ理解も出来てないけど、ひらがなだけは楽しそうに練習してるおっさんとか・・・。とにかくより一層大変な顔ぶれなわけですよ。

一見おバカそう(←失礼)だけど、さすがに若さゆえなのか、覚えのいい兄ちゃん(推定:大学生)も2人参加中。

初級、ってのはとにかく身振り手振りオーバーアクション、まずは興味を持ってもらわないと!と声も表情もでかくなる、つーの!!・・・とSATOの気力体力とは裏腹に、気合だけで続けている、相変わらず混沌とした(笑)教室なわけです。

でもね。
1人、お喋りなイタリア人(♂)がいるのよ、クラスに。こいつがネック。

例えば、初回の授業、挨拶の練習中の話。

『おはようございます(OHAYO GOZAIMASU、ただしOには伸ばす記しつき)』
と、ボードに書いて、

さー、声に出して読んで見ましょー!

と、練習してたんです。初回だし、ひらがな読めないから、全てローマ字で振り仮名付きでね・・・。

「はい、質問。」

何かしら?(←最初の授業だから、まだ丁寧)

「『GOZAIMASU』って書いてあるけど、『GOZAIMASU』なのか、『GOZAIMAS』なのか、どっちよ?」
・・・この手の質問、キタ━━━━(゜∇゜;)━━━━ !!!!!

ニホンジンは、こんなもんスッカリ気付かずに大きくなります。
私も、ヒトに指摘されて気付いたのは、英語の勉強を始めてから。

「地方によっても、ヒトによっても、喋るスピードによっても、違ってきます。今のところは、どちらでもおっけ、って覚えておいて下さい。というのも、今、アルファベットで書いてるからそういう疑問が起きてるのだろうけど、ひらがなで読めるようになったら、自分でもきっと分かるようになってきますよ。」

などと、テキトー(笑)なことを言ってみたものの、返ってきた質問は、
「どんなルールで決まるの?」

・・・ルール、て!
そんなもん知ってたら、こんな場末(←おい)で日本語教えてない、つーのっ!

「関西弁と、いわゆる標準語だけを単純に比べても発音もイントネーションも、語彙も全然違うんです。日本語は、とても数多くの方言があって、どんなルールがそうさせるのか、までは私は知りません。てことで、先に進めてもいいですか?」

と、これまたテキトーにくっちゃべって、先に進めておりました。


じゃ、皆さん。自己紹介を練習しましょう。

 こんにちは。 KONNICHIWA。

 わたしは ○○です。 WATASHIWA ○○DESU。

 △△から きました。 △△KARA KIMASHITA。

 どうぞ よろしく。 DO-ZO YOROSHIKU。

と、いつものようにひらがなと並行してボードに書きました。

すると、手が上がったイタリア人。

「『○○DESU』って書いてあるけど、『○○DESU』なのか、『○○DES』なのか、どっちよ?」

・・・と、たった5分前に終わった会話が再燃・・・これはでじゃぶ?

「・・・あのね、さっきも聞いたことだよね?おかげで授業進まないんだけど。」

「でも分かんないもんは分かんないんだもん。」 (○`ε´○)

・・・んもー、時間の無駄!
先進めるわよっ!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

と、最初の週が終わりました。 ( ̄‥ ̄) = =3




で、次の週。

これは ○○です。

あれは なんですか?

と、はじめた途端・・・。

もうお気づきですね?


はい、また手が上がったイタリア人。

「今日のは、『KOREWA ○○DESU』って書いてあるけど、『○○DESU』なのか、『○○DES』なのか、どっちよ?」

・・・ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ やり難いったらありゃしないっっ!

「あのさ、先週も聞いたよね?毎週聞いても答えは同じ。先回言ったとおり。でもってルールについては、あたしゃ知りません。」

先に行くわよっ!!

 これは いくらですか? KOREWA IKURA DESUKA?

と、練習してみれば・・・。

手が上がったイタリア人。

「『DESU』についてはもう聞くのやめとくよ。でもね・・・『IKURA』って書いてあるけど、『IKURA』なのか、『IKRA』なのか、どっちよ?」

・・・ワシ、そんな発音しとりませんがな・・・。i||i||||i_| ̄|○i|||i|||i 
(▼皿▼メ)ノ コイツ、一発殴ってもいいですか?(怒)


と毎週こんな感じです。下らない同じ質問を、5万回くらい(え?)繰り返して聞いてくるヤツです。その癖、ひらがなの練習中には、知ってる単語を並べるならともかく、

MAKIKO
MITSUKO
MIKAKO
KAZUKO
ITO-SAN

・・・などと、なぜか主に女性の名前ばかりを覚えてる。

ニホンジン女性の皆様、コイツにはお気をつけ下さい。
…かなりしつこそうですよ。(←おい)



やや平和な週末。でもそれも長くは続かない・・・。

また月曜、そして火曜がやってきます。

来週明けは、月・火のどちらも仕事。
ってことは、朝の8時半からまた夜9時までぶっ通しの2日間?!

げぇ・・・i||i||||i_| ̄|○i|||i|||i 

日本語、残り何週だっけ・・・もう考えたくもありません。(涙)


Banner_01_123←今日もブログランキング参加中。いつもクリックありがとうございます。
『関西弁との違いはね・・・』と、くどい(笑)イタリア人に向かって話をしはじめると、いつも乗ってくるのが、先に書いた『やる気のアピールだけは人一倍!』のD女史。「アイ ラブ キャンサーイ。」・・・他の時にはカノジョ、指しても貝のように口を閉ざしてるのですが…。つーか、話ちゃうしっ!キャンサーイがどれだけよかったか、ってキャンサーイエアポートしか知らんヤツがゆーなっっ。

|

« ケモノの本能 | トップページ | ♪ああ~ 川の流れのように~♪ »

コメント

生まれも育ちも神奈川県は川崎市>自分。「です」は DES と発音しているけど、「いくら」はIKRAとは発音していないなぁ。ちゃんと U の音が入っていますよ。
イタリア人さんにはそういうふうに聞こえたのでしょうかねぇ。お疲れ様です m(_"_)m

投稿: mi | 2007年11月17日 (土) 01時25分

な、なんですかそのイタリア男性は!!
日本女子をナンパするのが目的なんでしょうか?
SATOさん 強く強く生きてください!
来週が楽しみでもあり心配でもあります…

投稿: mike | 2007年11月17日 (土) 01時58分

そいつ、ちょっと連れてきてください。
本場の関西弁を体で覚えさせてやります。
とりあえずヨシモトから始めて、冬は京都の禅寺で修行、夏は甲子園でビールの売り子、春は奈良で鹿のフン掃除、秋の終わりは日本海でカニ漁。
5年ぐらいで関西人に仕上げますけど。
どないだ?

投稿: じんのすけ | 2007年11月17日 (土) 13時56分

じんのすけさん琵琶湖でブラックバス退治も追加お願いします。
いつも忘れられるみそっかす滋賀県・・。


投稿: 私もコアラ | 2007年11月17日 (土) 16時26分

あー、だからこそひらがな覚えるのって
絶対必要なのよね、せんせ。
そこ分かってなくて「会話だけやりたいんだよ」とかいう
人多いよね。ぷっ。(笑)

投稿: ノリ | 2007年11月17日 (土) 17時19分

ITO-SANて・・・?
そいつの書いた名前の中に私と同じのがなくてよかった~。
今度しょうもない質問したらタスマニア海にしず・・・。
めげないで頑張ってください。

投稿: こたつ猫 | 2007年11月17日 (土) 17時58分

知らないうちに月曜コースって大変なことになっていたんですね。
イタリア人男さんってのは皆さんそんな感じなんでしょうかねぇ。女性の名前ばっかり覚えるなんて。

月、火で1週間分の気力、体力を使い果たしそうなスケジュールですね(笑) 雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ来週も強く生きてくださいね。

投稿: 包子 | 2007年11月17日 (土) 18時42分

イタリア人てやっぱりしつこいのかしら?(差別発言?笑)
日本人より細かくて念入りでまめだから女性に好かれるのね、きっと(笑)

お手手、だいじょぶですか?
ニャンコさんたち、血のニオイで寄ってくるなんて。。。(泣)
ちなみにふーたは生肉に興味なしです(笑)

投稿: ふーたまま | 2007年11月17日 (土) 19時24分

>>ニホンジン女性の皆様、コイツにはお気をつけ下さい。

はい、気をつけます(笑)。一回こづいてやろか!って思いましたよ。SATOさん負けないで!

投稿: ひつじ | 2007年11月17日 (土) 21時02分

ここ数日のsatoさんのブログねたといったら、痛い。痛すぎるわ!
が、それに反比例するかのように私的には面白すぎる。
というか、むしろ興味をそそられてしまう。(あ、今、ここにいらっしゃる皆さんを敵に回してしまったような気がするわ、なぜかしら…)
satoさん、来週のねたを今からいろんな意味で期待してますから。
しばしのご休息を。

投稿: こいぬ | 2007年11月17日 (土) 22時34分

だいたい、日本語はアルファベットで書かねえんだよっ!
SUだかSだか、
KUだかKだか、
てめえの耳で判断しやがれい!
ってのはどう?

・・・せんせって、大変っすねえ。

投稿: SHIMACO | 2007年11月18日 (日) 13時58分

>miさま、
>「です」は DES と発音しているけど、「いくら」はIKRAとは発音>していないなぁ。ちゃんと U の音が入っていますよ。
さすがに「IKRA」と聞かれた時には、『この授業妨害野郎!』と思いました…。そんなんゆーてないしっ。
>イタリア人さんにはそういうふうに聞こえたのでしょうかねぇ。
何かと、知ったかぶり、且つ日本通気取りオトコなのです。
かと言って、口から出るのは女の名前とアニメのセリフばかり…。
・・・ご退場願いたいNo.1です。(本音)

>mikeさま、
>な、なんですかそのイタリア男性は!!
>日本女子をナンパするのが目的なんでしょうか?
引っかかるのがいるから余計にいかん。そー思います。
>来週が楽しみでもあり心配でもあります…
…あ。

>じんのすけさま、
>本場の関西弁を体で覚えさせてやります。
>とりあえずヨシモトから始めて、冬は京都の禅寺で修行、夏は甲子>園でビールの売り子、春は奈良で鹿のフン掃除、秋の終わりは日本>海でカニ漁。
>5年ぐらいで関西人に仕上げますけど。
>どないだ?
甲子園は、真夏のかち割り氷売りにしてやって下さい。
ビールなら、喜んで飲んでそうだし。
カニは、採れた分をSATOに上納、それでどないだっ?!
つーか、彼だけ他国に拿捕されてしまえっ!(おい)

>私もコアラさま、
>じんのすけさん琵琶湖でブラックバス退治も追加お願いします。
あら。ブラックバスなら、NZから釣り人導入しますか?
>いつも忘れられるみそっかす滋賀県・・。
私の出身、三重県は、愛知県では『東海地方』、関西ではどうやら『近畿』呼ばわりされます…。文化・言語は関西域だと思うのですが…てかホントは何地方?

>ノリPちゃん、
>あー、だからこそひらがな覚えるのって
>絶対必要なのよね、せんせ。
>そこ分かってなくて「会話だけやりたいんだよ」とかいう
>人多いよね。ぷっ。(笑)
ったくね~・・・。
一応授業の最初に言うんだけど、んなもん聞いてねーらしいわ。
大体『会話』だけ習いたいって・・・どーなのよ?

>こたつ猫さま、
>そいつの書いた名前の中に私と同じのがなくてよかった~。
そーいや、ありそでなさそでうっふん(え?)ですな。
>今度しょうもない質問したらタスマニア海にしず・・・。
中村主税にでも頼みたいものです、はい。
・・・フー ( ̄‥ ̄) = =3

>包子さま、
>知らないうちに月曜コースって大変なことになっていたんですね。
そうなんですよ、気力も体力も時間も無くて書けませんでしたが。
>イタリア人男さんってのは皆さんそんな感じなんでしょうかねぇ。>女性の名前ばっかり覚えるなんて。
…多分コイツだけだと思いますよ。てかコイツは全面的に変。

>月、火で1週間分の気力、体力を使い果たしそうなスケジュールで>すね(笑)
そうなんです。
日本語と掛け持ちでもだいじょぶさ~…なんて思った私が間違いでした。つーか、事の発端は、当初『月・木』にしてくれ、と頼んだのに、『月・火』の連ちゃんにし、その後、ヒトにお伺いもなく、無断で更新し続けるWendyのせいなんですが…。
ThursdayとTuesday…Tしか合ってないじゃんかっっ!!(怒)

>ふーたままさま、
>イタリア人てやっぱりしつこいのかしら?(差別発言?笑)
・・・なんか響きがオトナ?(おい)
つーか、コイツは特に、でしょうな。なんつーか…大風呂敷野郎?

>お手手、だいじょぶですか?
>ニャンコさんたち、血のニオイで寄ってくるなんて。。。(泣)
ありがとうございます。
どうやら『SATOの血は生臭い?』と、猫も気付いたのか。(え?)
>ちなみにふーたは生肉に興味なしです(笑)
NZのスーパーには、犬用、猫用の生肉!売ってます。
ちなみに魚ではなく生肉!!
でもウチの2匹の食生活は、どうやらわたし似…(笑)。

>ひつじさま、
>>>ニホンジン女性の皆様、コイツにはお気をつけ下さい。
>はい、気をつけます(笑)。
ホントに。ブログにお尋ね者手配写真でも載せますか?笑
>一回こづいてやろか!って思いましたよ。
ったくムカつくんですよ、コイツ。
無視してもてウザいんで困ります。
ホント、お気をつけ下さい。(どうやって?笑)

>こいぬさま、
>ここ数日のsatoさんのブログねたといったら、痛い。痛すぎる>わ!
・・・痛い、て、どう痛いのかが気になってきました…。
そんなにイタイですか、私のブログ?(違)

>が、それに反比例するかのように私的には面白すぎる。
つーか、昔っからそんなもんです。
昔AUSに住んでる若者にも、『読んでて気の毒だけど笑えてしまう、お笑い系ブログ』と呼ばれました…。
本人至って真面目に、日常生活を綴っているのですが。(~_~;)

>SHIMACOさま、
>だいたい、日本語はアルファベットで書かねえんだよっ!
>SUだかSだか、
>KUだかKだか、
>てめえの耳で判断しやがれい!
>ってのはどう?
ふふ。そうやっていってやりました。
それもね…機関銃のように捲くし立てちゃいました。(ホント)

でもさ・・・。
ほれ、英語の語尾って日本語みたいに『てやんでーべらんめー!』の表現(え?)がないもんですから詰まんないわ~。
つーか、おかげで最小限の威厳だけは崩さず済んでるのか。(笑)

投稿: SATO | 2007年11月18日 (日) 19時56分

>私もコアラさま
決して忘れた訳ではないです。
(元)京都人は滋賀県がないと生きていけないですから。
琵琶湖様、様ですから。

投稿: じんのすけ | 2007年11月21日 (水) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/8947941

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の日本語教室~現状:

« ケモノの本能 | トップページ | ♪ああ~ 川の流れのように~♪ »