« パンが無ければケーキをお食べ | トップページ | 日本語教室初回~本章『忘却』 »

2007年10月24日 (水)

日本語教室初回~プロローグ『混沌』

昼間に更新したり、夜中に更新したり、と不規則極まりない我がブログ。
私の生活の不規則さをそのまま繁栄したかのようです。(恥)

皆様、読み忘れ、読み残しはございませんか?(笑)
私は、ってーと、自分の不規則さにコメント返し忘れの危機一髪多発中。

こんな不規則な生活で、ホントに仕事復帰できるのか?
こんな不規則な更新で、ホントにブログと仕事は両立できるか?
・・・てか何より、契約書の名前書き直して送ったきり、市役所からは音沙汰ナス。
既に24日。ホントに仕事はあるのか?

さすがの私も、若干心配になってきたりして…。

・・・ま、いっか?┐('~`;)┌ (←気持ちも、体重さえもKIWI化)



ところで。

先日予告したとおり、昨夜からいよいよ日本語教室が始まりました。

・・・(-"-;A ...ええ、大人しく始まる、とは思ってませんでしたよ。
でもね奥さん、ちょっと聞いて下さいよっ・・・。
なんせ担当窓口が、あの!Wendy(←初耳の方は、こちらこちらや、こちら「日本語教室にて」のカテで、どんなバ○担当者か、笑ってやって下さい)ですから。

授業に何を用意していいのやら、と思いながら、結局新しいヒトのレベルチェックと、ウチの旦那のような古参の学習者の復習も兼ねて、『ザ・復讐復習デー』にけてーい。

今までに勉強した文型や動詞、形容詞、時制の復習、数の復習など、どんなケースにでも対応できるように、フットワークは軽く、意気込みは熱く(←ホントか?)。

いざ出陣!

こないだ、バ○Wendyが送ってきたメールには、
「一部の教室は新しい校舎に移ります。学習者をエスコートしてあげて下さい。」
火曜のクラスは3人。メールによれば、日本語教室は前と同じ場所。

「よっしゃよっしゃ、慣れてる場所だし、みんな無事来られるはず。」
と、少し早めにいつもの日本語教室に向かう私と旦那。

・・・ガチャガチャ。
ん?

・・・ガチャガチャガチャ。
鍵閉まってる。電気も点いてない。

(ー'`ー;)ムムッ。またWendyのヤツ・・・。

と、怒髪天を衝かんばかりにイライラカリカリする私を、横で珍しく、
「まあまあ・・・落ち着くんだ。ほれ。」
と、押さえようとする旦那。
夫婦の怒りのポイントが違うってのは、必要かも。笑

「あいつ・・・。こないだのメールには、『やりたきゃやれば~?』なんて書いてあったけど、知らないところで勝手に、キャンセルしちゃいないよね?。」
Wendyのオフィスに怒鳴り込むぞ!とプリプリプンプン歩いていくと・・・新学期の生徒が集まってる。あ、Wendyもいる。

S:「ウチの教室はあるんでしょうね?」 (ーー゛)
と聞いてみた。

W:「あるわよ。今回からは△△番教室、ってメールしたでしょ?」
・・・きーてねーよ。

S:「もらったメールには、前と同じ○○番教室、って書いてあったわよ。」

W:「あら?そんなはずないわよ。送ったもん、△△番教室だって。」
・・・ねーったらねーんだよっ(怒)。

見るに見かねた旦那が一言。
旦:「俺もそのメール見たけど、○○番って書いてあったぞ。」

するとWendy。
W:「え~・・・( ̄ο ̄)。何のこと?さぱーり分からないわぁ。」(棒読み)
 
とぼけやがりましたけどっ!?とぼけやがりましたけどっ?!(2回言った)

・・・ああ、あの担当者Wendyめ。
|壁|メ▼Д▼)┳*--------------ダダダダダッ!!(;  ̄3 ̄)~♪

こうしてやりたい。(←寄るな危険) 


さて、血管切れる前に…と深呼吸(笑)。教室へ向かえば、あら?誰もいない。

「ちょっとトイレに行ってくるよ。」
とおりていったら、珍しくジャージ姿のSHさん(旧『火曜コース』生徒)にバッタリ。

あ!SHさんくるでしょ?・・・でもリストに名前無かったけど?
と聞いてみれば、

「あ・・・SATOさん、久し振りぃ~。実は、言いにくいんだけど友達と待ち合わせしてるんだ。ダンスコースに行こう、って約束しててさ、ダイエットしたいし・・・。でも後で日本語覗いてみよう、とは思ってたんだけど、火曜日はダンスにしよう、って思ってるんだよね・・・。」

・・・あっ、そーですか。orz 
だからジャージね。いつも小奇麗な服装してるのに、珍しいな、とは思ったのよ。

「だって前のターム、張り切って予約したらないっていうしさ。」
・・・はい、すみませんね。力不足ですわ。

「じゃ、後でね~。頑張ってね~。」

・・・はい、消えた。




そろそろ7時、始まりの時間。
生徒も揃った頃かしら?と教室に戻れば・・・。

え、1人だけすか?(+おまけの旦那)
少なくともリストには3人、って書いてあったじゃないの?

え~っと、アナタのお名前は?

「Aです。」(←仮名)
・・・あ、こんばんは。初めまして。
てか、もらったリストにはない名前だし。・・・Wendyめっ。(怒)

てことは、残りの3人、誰も来てない。みんなどっかで迷ってない?
おまけに3人中1人は、旧『火曜クラス』からカムバックのクレアさんのはず。

…オーイ!! L(゜□゜ L)Ξ(」゜□゜)」オーイ!!

と、探しに行きたいのはヤマヤマですが、先に来てるヒトもいることだし・・・じゃ、授業を始めましょ。

Aさん。
こんばんは、はじめまして。

A:「あ~、こんばんは。」

(英語)今日は初めてなので、この火曜日クラスで今まで学習したことを再確認したいと思います…。
(日本語)Aさん、ひらがなとカタカナは書けますか?

A:「あ~、かなダイジョブ。」

今までにどこでどのくらい日本語を勉強しましたか?(←日本語で聞いてる)

A:「・・・(英語)な~に言ってんだかさっっっぱり分からん。WHAT?」

(・・・WHATて!!てかここは無理だよ?下のクラスの方がよくね?)

(英語)どこで、日本語を勉強しましたか?

A:「あ。高校。でも出来はよくなかったし、もう忘れた。かなは書けるけど、喋れないから。ニホンジンの彼女と話せると良いな、って思って・・・。」

いい心掛けです。ちなみに、そこにいるのはウチの旦那です。話せません。

旦:「(*`◇´*)/ ハーイ♪ ずーっと初級でーっす。喋れませーん。」
・・・自慢するとこちゃうわっ、ボケ。

7時も過ぎたし、じゃ授業を始めますよ~。

・・・と思ったところに、戸が開いた。

あ!オリビアさん!!(旧『火曜コース』の生徒)
「コンバンハ~。」

リストのオリビアさんはアナタだったのね。今回、旦那さんのウォンさんは?
「あ~、ウォンさん?うふふ。ウォンさん、あ~・・・NO。」

・・・すっかり日本語忘れてるのね。(苦笑)
大丈夫、旦那も、もう真っ白に忘れてるから。
Welcome Back。ささ、今から自己紹介するところよ。

・・・と思ったら、また開いた。

あら、SHさん!ダンスはどーしたの?

「ダンス、生徒不足でキャンセルだって!!Wendy、教えてくれなかったもん。」
・・・あらま。ダメよ、Wendy当てにしたら~。

「そーだけど・・・。ま、これで日本語勉強できるからいいけどさ~。」
そうそう。アナタ、日本語勉強しないといけないんだから。


じゃ、先に進むわよ。自己紹介から行きましょう。

Aさん、残りはみんな顔見知り、というか前から来てるヒト達なので、まずは自己紹介をしてみましょう。

A:「え?!オレっ?・・・あ~、はじめましてぇ~。Aです・・・・・・。」

あら、そんだけ。
じゃ、旦那。ホレ、アンタ初級生活長いんだから(苦笑)自己紹介、飽きるほどやったでしょ?ほれ、やってみそ。

旦:「あ・・・はじめましてぇ~、ワタシのなまえはぁ~○○です。ワタシは~、南アフリカからきました~。どぞよろしく。」

そうそう。飽きるほどやっただけある・・・。
てか、私が教えた文章とはちと違うけど。ワタシはワタシは、ってウザいけど。(笑)

じゃ、Aさん。同じようにやってみようか。
A:「・・・え?全然聞いてなかった。なんっつった?」

・・・ ( ̄‥ ̄) = =3

と、ここでまた入場者。んもー!バラバラ来るんじゃないわよっ!(怒)

「すみません。おそくなりました。」(←日本語)
・・・ええ~、誰ですか?そんな素晴らしい挨拶で入ってくるヒトは?!

「はじめまして。アンナです。韓国からきました。よろしくおねがいします。」
いきなりの自己紹介、旦那よりウマい!
おまけにカワイイお姉ちゃん、と来たもんだ、こりゃ。(←とうとうオヤジ化)

これは、旦那の天敵、ジェームスくん(過去記事『月とスッポン』参照)並みか?

アンナさん、はじめまして。
日本語はどこで勉強しましたか?

「あ~・・・自分で本で勉強しました。全部でぇ~…1ヶ月くらい?」(←日本語)

SH、旦、オリビア:「オンリーイッカゲツ~~?!本で?」

SH:「アンタ、嫌いっ!」 (笑)
旦:「SH、それじゃ前回のジェームスとオレだよ。」(笑)

オリビア:「・・・同じ韓国人。ワタシ3年勉強したのに・・・。」(_ _。)・・・シュン


・・・それでもAくんは、何がなんだか全くポカーン・・・。
ついてこーい!!てか、頼む、まずヒトの話は聞こうよっ。



さてこのクラス、どうなることやら。
てか、ふと思えばこれだけ旧の顔ぶれがいるなら、先回ももしや授業できたんじゃないのか・・・?ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

と、思ったところにいい具合にチャチャ、旦那が手をあげた。

「質問。日本語ではヒトの名前に『さん』を付けるでしょ?どうして自己紹介の時には、自分の名前に『さん』をつけないの?」

・・・ちょっと待て。アンタ、真剣に聞いてるのか、それ?
「うん。なんで?ボクだって『○○さん』じゃないの?」

・・・本当に聞きたいのか?てか、何百回同じ説明させるんだ?ノート見ろよ。

「・・・聞いたことあったっけ?え?ホント?ある?」
と、ヒトに聞くな!

SHさんもオリビアさんも、新顔アンナさんも、

(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン、そんなことなら知ってるもーん。


・・・な、旦那よ。Aくんと一緒に初級クラスからやり直すか?やり直そーよ。





と、ここまでが授業開始後15分。残りは1時間45分・・・。 orz

ああ、もうやだっ!帰りたいですっ!!お願い、帰らせてっ!!


てな授業でありました。 
最終的に集まったのは、旦那を含めて5人。
クレアさんは1回休み。←と、事務所には連絡したそうだけど、私の耳には届かず。先ほど、気になったのでクレアさんに電話をして、連絡不行き届きが発覚・・・ああ、んもーっっ!Wendyめっっ!!


内容は、まだまだ先が長いので・・・明日に続きます!

後半、ドタバタ授業内容を乞うご期待っ!

Banner_01_123←今日もブログランキング参加中。疲れた私をクリックで慰めて下さい・・・。
しかし、久し振りの日本語授業、始まる前から縁起が悪いほどゴタゴタ続きでして。…しかしWendyめっ!(▼皿▼メ)ノ
さて、後半は明日UP予定。←予定・・・予定・・・予定・・・よt・・・てか予定は未定。(笑)

|

« パンが無ければケーキをお食べ | トップページ | 日本語教室初回~本章『忘却』 »

コメント

うわあ!スゴイ!面白い(失礼しました)。それにしてもアンナさん凄過ぎ!自力で本で1ヶ月で、、、。やはりやる気の問題なんでしょうか!?私のやる気は何処行ったのかなあ、、、(哀)
satoさん負けないで!!

投稿: ゆうこむ | 2007年10月25日 (木) 01時02分

あうあう…
なんと申し上げていいのやら
SATOさんの代りに自分がNZに殴りこみに行きましょうか
ああー 明日の日記がすごく楽しみだわあ(鬼発言)

投稿: mike | 2007年10月25日 (木) 02時29分

もうねっ!
Wendyはぶん殴るぐらいじゃダメ!!
ナタで頭カチ割ったるぅぅぅ~(▼皿▼メ)!!!

投稿: noelpion | 2007年10月25日 (木) 03時05分

Wendy、奥歯ガタガタいわしちゃる。
全世界のイブンカファンを敵にまわしたのよっ。
畳の上で死ねると思うなよ(いやWendyの家に畳があるとは思えないけどね)。
もういい加減にして~。
SATO教官、しんどいだろうけど頑張ってね。

投稿: こたつ猫 | 2007年10月25日 (木) 03時59分

カオスだわねえ・・・・。

でも、教室は楽しそう。
姐さんね、そんな感じの英語教室があったら
行ってみたいもんだと思うわさ。

ところで、せんせ、しつもん。
「副詞」って、なぁに?
文学部日本文学科では習わなかったんです。
いまだによくわかりません。(爆)

鯛のあらだきは、濃いめの味付けが好きです。
仕上げにあめ玉1個ぶちこむと、テリがでてうまい、ってのは
知っています。
・・・こさえたことは、ありません。
きんぴらごぼうは、作れます。(とムダに胸をはってみる)

投稿: SHIMACO | 2007年10月25日 (木) 04時32分

Wendy・・・おまへ仕事しろよ(ーー;)

今回も最後まで先行き不透明
無事に終了できるのかドキドキ
SATO先生p(・∩・)qガンバレ!

先生質問(・_・)/
毎日家の前の道路に大型犬のブツを落としていく人がやっと判明しました
教育的指導を行うには、どのような日本語が最も適切でしょうか?
(-_-)ウーム


投稿: 桃蘭 | 2007年10月25日 (木) 04時35分

あら私ったらビンゴ!賞品は桜餅?鯛のあら炊き?
仕込みならタクの新キッチンを好きに使っていただいてよろしくてよ。まだ完成してないけど。

序章からいきなり混沌って、・・しかも根っこはやっぱりアイツ。次回は受付も初回の集合場所の連絡も、SATOさん自分でやっちゃう?そうやって自分の仕事を減らすのがアイツの手口だと思うと悔しいけどさ、これじゃあんまりだわ。

今度ゆっくり話聞かせてくださいな・・

投稿: えみ | 2007年10月25日 (木) 12時43分

いやー待ってたかいがあったと思わせる内容の日本語教室^^
旦那様の日本語 いつ上達するのかしら
参加することに意味があるって思ってるのかな~
今日の続きを楽しみにしています

投稿: あきぷぅ | 2007年10月25日 (木) 12時53分

私が履修したコミニティのクラス(ノルディックウォークという野外運動)の場合は当日の朝に事務の女性から電話があって「今日からのクラス出来ることになったから、お金持って来てね」と言われたことがあります。それで指定の時間に行ってみると生徒が15人も並んで講師と一緒に事務の女性が来るのを待っていました。おそらく事務方の手違いというか連絡し忘れだったのでしょう。NZだからありなのかと納得していたのですが、やはり異常事態?だったのかな。
電動リールは私ではありません。でもブルースにはそれなりに信用されていたようで「ケンジ、あそこの客が釣れないから様子を見てくれ」なんて言われて、それって船長の仕事では?と思いながらも、お世話係をやっていました。

投稿: ケンジ | 2007年10月25日 (木) 13時06分

いい加減、とかいて、いいかげん、と読む・・けど
Windyのやつは・・。
あるまじきやつだね、ほんと。

でも・・でも、ごめんね、SATOさん、
待望の!日本語教室ネタ・・・お待ち申し上げておりました・・。
これからも楽しみにまっておりますぞよ。

投稿: rikushi | 2007年10月25日 (木) 13時39分

初回5人参加・・。

やった~♪((^▽^))ティー、ニアピン賞!(勝手に作ってる)

SATOさん、壁からだきゅーん!

楽しかった~♪(6 <)

投稿: ティー | 2007年10月25日 (木) 14時31分

いよいよ始まりましたね。私もNZの2ヶ月ですでに数人のWendyと出会っています。車の免許の実技試験で土曜の朝7時からAA前にて2時間以上待たされました。でも謝罪もなし。そして郵便、銀行、職場…。待つことに慣れました。現地の方から「なんでもいいから漢字書いてみて~!」と言われたら、必ず「忍耐」と書いてます。ふふふ。だんな様もいい味だしていらっしゃいますね。私的にはだんな様の言動や反応の方が、日本語学校生徒さんの反応の何倍も気になります。

投稿: Nao | 2007年10月25日 (木) 17時42分

SATO先生、お疲れ様です!でも待ちわびてました!

あまりにあまりなスタートですが、旧クラスの人が多いってことは、
みんな日本語教室、待っていたんですね。初日後半も楽しみです。

Wendy、いつか痛い目にあうんじゃないかと逆に心配に…

投稿: いちごかんづめ | 2007年10月25日 (木) 18時31分

まだまだ、こんなもんじゃないはず!
これが2回目、3回目…と続いていくと、更にパワーアップ!
まだ「序の口」の「序」にもいってませんよね、SATO先生!

毎週楽しみが増えました。
ありがとうございます。

投稿: じんのすけ | 2007年10月25日 (木) 19時29分

はい、いよいよ始まりました…((((_ _|||))))ドヨーン

>ゆうこむさま、
>うわあ!スゴイ!面白い(失礼しました)。
…あ、いや。正しい反応だと思います。(笑)
>それにしてもアンナさん凄過ぎ!自力で本で1ヶ月で、、、。
そーなんですよ。
今まででも3ヶ月で結構喋れる、ってヒトはいましたが。
爪の垢って効くんでしょうか?(←真剣)

>mikeさま、
>SATOさんの代りに自分がNZに殴りこみに行きましょうか
一発闇夜で鉄拳食わしてやって下さい、あのWendyに。(怒)
>ああー 明日の日記がすごく楽しみだわあ(鬼発言)
…あ。mikeさんの鬼発言まで戻ってきたわ。笑

>noelpionさま、
>Wendyはぶん殴るぐらいじゃダメ!!
>ナタで頭カチ割ったるぅぅぅ~(▼皿▼メ)!!!
頭固そうなので、ナタも効かないかもしれません…。
ナタをも返す石頭…聞く耳持ちそうにはないわな。

>こたつ猫さま、
>全世界のイブンカファンを敵にまわしたのよっ。
楽しみにしてるヒトもいるみたいですよ・・・(笑)。

>SATO教官、しんどいだろうけど頑張ってね。
ありがとー!!
せめてもの救いは、授業はほぼ(←ここ重要)楽しいことです。

>SHIMACO姐さま、
>カオスだわねえ・・・・。
・・・ふんとに。もう始まるまでが魑魅魍魎。(笑)

>でも、教室は楽しそう。
それだけが救いっす。戻ってきてくれるなんてサイコーだし。
>ところで、せんせ、しつもん。
>「副詞」って、なぁに?
…あ。あ?
「副」の「詞」ですな。(違)

手元の参考書(中学国文法、笑)には、
副詞は①状態の副詞、②程度の副詞、③陳述の副詞の三種類ある。
って書いてあるけど…余計分からんわっっ!だから文法嫌いになる、ちゅーねん。

>桃蘭さま、
>Wendy・・・おまへ仕事しろよ(ーー;)
ゆってやってくれよーっ!
>今回も最後まで先行き不透明
>無事に終了できるのかドキドキ
ま、授業は何とかごまかせるんですが…。(おい)
問題は…あの野郎!
>先生質問(・_・)/
>毎日家の前の道路に大型犬のブツを落としていく人がやっと判明し>ました
>教育的指導を行うには、どのような日本語が最も適切でしょうか?
「もし、おまいさん?こちら、お忘れぢゃーござんせんか?」
と、声をかけてみる。
…いつの時代やねん?(笑)

>えみさま、
>序章からいきなり混沌って、・・しかも根っこはやっぱりアイツ。
そーなのよ、アイツ!またアイツ!
…前よりホンの少しマシになったか?と思った途端にこれ!(怒)
>そうやって自分の仕事を減らすのがアイツの手口だと思うと悔しい>けどさ、これじゃあんまりだわ。
そう思ってるのは私だけじゃない、と思いますです。~(-゛-;)~

>あきぷぅさま、
>いやー待ってたかいがあったと思わせる内容の日本語教室^^
旦那様の日本語 いつ上達するのかしら
参加することに意味があるって思ってるのかな~
今日の続きを楽しみにしています

投稿 あきぷぅ | 2007年10月25日 (木) 12時53分
>ケンジさま、
>おそらく事務方の手違いというか連絡し忘れだったのでしょう。
きっとそうでしょうね。

ところで、いや。やはり・・・ケンジさん。
ご自身のNZ移住経験を、ブログ等で披露なさってはいかがですか?
移住希望のヒント探しとしてウチを、特にコメント欄を読む方は少ないと思います…。

>rikushiさま、
>いい加減、とかいて、いいかげん、と読む・・けど
いいえ、Wendyと読みます。(怒)
>待望の!日本語教室ネタ・・・お待ち申し上げておりました・・。
>これからも楽しみにまっておりますぞよ。
てか、こんな教室ネタってホントに面白いのか?
と、よく悩みます。だってすげー内輪ネタだし・・・。

>ティーさま、
>初回5人参加・・。
>ティー、ニアピン賞!(勝手に作ってる)
ニアピン賞て!いつの間に!!(笑)

>Naoさま、
>いよいよ始まりましたね。
始まっちゃいましたね~。( ̄s ̄; チェッ…(おい)
>私的にはだんな様の言動や反応の方が、日本語学校生徒さんの反応>の何倍も気になります。
ウケを狙ってる訳じゃないんですが、緊張すると余計に墓穴を掘って間違えるタイプのようです。(笑)
一番不安なのが、これで教師、ってことでしょうか…?(笑)

>いちごかんづめさま、
>あまりにあまりなスタートですが、旧クラスの人が多いってことは
>みんな日本語教室、待っていたんですね。初日後半も楽しみです。
そうみたいですね~。嬉しい限りです。
…だから余計に、先タームも可能だったんじゃないかと…(疑)
>Wendy、いつか痛い目にあうんじゃないかと逆に心配に…
闇夜でmikeさんがセイバイしてくれるようです。(←決定。笑)

>じんのすけさま、
>まだまだ、こんなもんじゃないはず!
>これが2回目、3回目…と続いていくと、更にパワーアップ!
>まだ「序の口」の「序」にもいってませんよね、SATO先生!
・・・ちょっと待ってください。
パワーアップするのは、教室?生徒?それともWendy?!(怒)
>毎週楽しみが増えました。
>ありがとうございます。
お役に立てて、光栄のいったりきたりでございます。(T_T)

投稿: SATO | 2007年10月26日 (金) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/8591499

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語教室初回~プロローグ『混沌』:

« パンが無ければケーキをお食べ | トップページ | 日本語教室初回~本章『忘却』 »