« 涙の就活物語。 | トップページ | お留守番。 »

2007年9月20日 (木)

感動の1シーン

今日は朝っぱらから、ブーン!とひとっ走り。

用があって、こんなところにおりました・・・。
Akl

NZ、特にオークランドに到着し、入管、検疫、税関と、面倒くさい手続きをやっとこさで全て終え、いよいよ入国!と最初に見る光景は、
Akl_2 これ。
ほら、もう全面的にNZ大歓迎ムードが漂ってるでしょ?(棒読み)

私が6年前に初めて見た光景もこれ。
ついこないだ、NZにいらっさった社長秘書さんも多分見た光景。

多少のリニューアルや店の入れ替わりはあるけど、殆ど変わりなし。

ツアーで来たヒトは、ここでガイドや運転手がお出迎えし、
私は、ここでパスポートを忘れ、←大恥大賞さくしん
家族を待つヒトは、ここで大きなHUGをし、
恋人や夫婦は・・・ご想像にお任せします。(笑)
ま、公衆の面前ですからね、(;^_^A・・・あ、ただしウチはドライなモンです。(事実)

ここから乗り換え、乗継などなど、数々の用途を満たす空港は、Akl_5 ・・・地味。
どうやら待ってる人達の暇つぶしに優しいつくり。(笑)

空港内に立ち並ぶ免税品店の華やかさを抜け、さあ!と期待を胸に一歩出ると、こんな感じです。これがオークランドなのか?と早速落胆すること請け合い。・・・人生、期待しすぎるとロクなことがありません。(笑)

一応、(一応?)
Akl_6 通行人、邪魔!
もご用意してあります。
派手な出迎え歓迎にもってこい!の花屋や、トイレ(当然だろ?)もあるでよ。

そして、1歩自動ドアを出ると、
Akl_4・・・閑散期。
ちなみに、空港⇔市中心部行きの直行バスをご利用のお客様は、この光景を見かけたら回れ右をするように・・・。こんな方向音痴の案内で、無事着いたらある意味すごい。ご褒美に何か差し上げます・・・てホントかよ?(ウソ)

と、こうやって時間をつぶしてたのは、ヒトを迎えに来てたから。

もちろん、飛行機が着いて出てくるまでの間に時間があることだし・・・とゆっくりめに来たけど、まだ時間がありました。

NZに住んでた友人2人が、仕事の休みを利用して、短期間ではあるけれど久し振りにオークランドに戻ってくる。

そんな連絡を受けていた、おじさん・・・。
彼女たち、そして私も含めてまるで親代わりのようにお世話になった(ている)彼、どうやら居ても立ってもいられなかったようで、自分の仕事の合間を抜け出して、迎え担当の指名を受けたSATOよりも早く待機中。←アタシ、遅刻じゃないわよね!\(;゜∇゜)/

そわそわそわそわ・・・。まるで分娩室前のように、もしくは動物園のクマのように(おい)一番落ち着きないのは、おじさん。

「おじさん来るなんて思ってないから絶対驚くね~、楽しみだね~。」
とおじさんと2人でほくそえんでたところに、やってきた二人。

激写!
Akl_7写真は無断で使用中。m(__)m
驚きの表情が分かる程度に、顔をぼかしたさくしん。←ばれる前に白状しとかなきゃ。

「久し振りに戻ってきたはずなのに、NZったら全然変わらないね。」
「特に郊外は全然変わってない。懐かしい、ってか昨日もいた感じ。」
と、早速ぺちゃくちゃ。市中心部へ向かう車中で話も弾む。
そんな会話も、まるで昨日のよう。
オフィスで、机並べて仕事してた時となんら変わりない。

海外で生活してるKIWIが故郷に帰ってきても、同じように思うのかな。
私がこっちに来てから出来たセントレア(中部国際空港)には、お帰り感は感じない私。で、名鉄電車に乗って田んぼを見ると、ああ、帰ってきたな・・・とは思うけど、これまたビルも町並みもすっかり変わって新しくなりすぎた名古屋駅界隈は、今の私にはヨソの町。

扉を開けたばかりの空港の表情が変わらない、ってのは、
「おかえり。」
ってヒトには温かいよね。

それはそれで、、田舎の変わらないNZっていいことなんだね。

そんなことを思った一日でした。

Banner_01_123←人気ブログランキング参加中。いつもありがとうございます。
私の出迎えは旅行代金には含まれてません。申込は別途オプショナル。(ウソ)

|

« 涙の就活物語。 | トップページ | お留守番。 »

コメント

お友達との再会は嬉しいですね
思い切り喋り倒してくらさい

投稿: mike | 2007年9月21日 (金) 00時59分

いや〜ん、ワタクシもSATOさんのお出迎えオプションつけたかったです(*^^*)
お財布と相談ですけど。

この写真は何時頃に撮影されたのでしょうか?なんでこんなに閑散としてるのかしら?

まだ二週間も経たないのに、NZ滞在は遥か昔のことのようです・・

投稿: 社長秘書 | 2007年9月21日 (金) 01時01分

成田空港から電車でカタコト揺られて、車窓の外に
新宿のネオン街が見えてくると「日本に帰ってきたわ~」と実感します。

実家は新宿でも周辺の町でもありません。
かつて歌舞伎町で夜のお姉さんしていたわけでもありません。
でも、あのぎらぎらと輝くネオンにアジアというか日本を感じるのよね~。

投稿: ぴぎー | 2007年9月21日 (金) 01時50分

私ももう一度ニュージーランドに行って懐かしい人達にあいたいなぁ~。ニュージーはいつまでたっても変わらないニュージーで私は大好きで~す。

投稿: | 2007年9月21日 (金) 11時19分

「お帰り感がない」って言い得て妙!
何であたしに無断なのよって、公共物ながら?思っちゃったりしますよね。

おじさんの歓迎ぶりが、ぼかした写真(後頭部)から見えるようです。
お友達との再会でぜひ風邪のダメージを補填してくださいねー。

投稿: いちごかんづめ | 2007年9月21日 (金) 14時59分

わたしもたしかNZ入りはオークランドだったはず。
全然覚えてない(笑)

名鉄なつかし~!
名鉄といえばメルサ。(笑)
なつかし~!!

投稿: ふーたまま | 2007年9月21日 (金) 17時20分

お友達との再会、楽しんでいらっしゃるのかしら?
それでピカ・ハナさんがお留守番?

私もNZ上陸は予定外にオークランドだったですが(CHCHのはずが、エンジントラブルで降ろされたので)、こんなに明るくなかったような?? まぁ、私の場合はオリンピック5回分より前なので、変わっていてもおかしくないのですが… もしかして、建物そのものが変わっていたりして?

投稿: 包子 | 2007年9月21日 (金) 23時59分

>mikeさま、
>お友達との再会は嬉しいですね
>思い切り喋り倒してくらさい
はい。限られた時間ですから散々ぱら飲んで食べて喋って…。
↑激写、早速見せびらかしておきました。(笑)

>社長秘書さま、
>ワタクシもSATOさんのお出迎えオプションつけたかったです
>お財布と相談ですけど。
はい、ぼったくりまっせ。(笑)
>この写真は何時頃に撮影されたのでしょうか?
>なんでこんなに閑散としてるのかしら?
これで・・・外は9時半ごろ、中は11時かな?
日本便は遅れてて、先に着いた経由便の、大半がもう市内に向かって行っちゃったあとなんです。昔に比べたら減りましたよ~。
>まだ二週間も経たないのに、NZ滞在は遥か昔のことのようです・・
で、次回のお戻りはいつ頃ですか?(笑)

>ぴぎーさま、
>成田空港から電車でカタコト揺られて、車窓の外に
>新宿のネオン街が見えてくると「日本に帰ってきたわ~」と実感し>ます。
いいなー、東京。ネオン街で。
ウチなんてセントレア帰りの車窓は、民家、田んぼ、パチンコ屋。
それをしばらく繰り返すと、名古屋駅の地下に入ります。笑
>あのぎらぎらと輝くネオンにアジアというか日本を感じるのよね
あ、それはあるかも。
てか、ネオンチカチカ!日本といえばネオンチカチカ!
オークランドはチカチカ禁止のはず。
海外で、点滅はあまり見ないですよね~。

>お名前ナシさま、
>私ももう一度ニュージーランドに行って懐かしい人達にあいたいな>ぁ~。
あら、いつ頃ですか、いらっさったのは?
>ニュージーはいつまでたっても変わらないニュージーで私は大好き>で~す。
Queen辺りは随分掘り返されてますが、あとは変わらないですよ。
ウチの近所は、変えちゃいけない、て法律が出来たようで。笑

>いちごかんづめさま、
>何であたしに無断なのよって、公共物ながら?思っちゃったりしま>すよね。
そーそー。
「電話ぐらいしてこい!」って思ったりして。(←ナニサマ?笑)
>おじさんの歓迎ぶりが、ぼかした写真(後頭部)から見えるようで>す。
セピアにしたら、明るめの後頭部は目立たなくなってるみたい。笑
暖かくて、サンタクロースみたいなおじさんなんですよ。

>ふーたままさま、
>わたしもたしかNZ入りはオークランドだったはず。
>全然覚えてない(笑)
え~っと・・・昭和の話?(笑)
>名鉄なつかし~!
>名鉄といえばメルサ。(笑)
なつかし~!!
ってか、渋いところを・・・(笑)
じゃ奥さん。名鉄セブンのナナちゃんはご存知?(ローカル)

>包子さま、
>私もNZ上陸は予定外にオークランドだったですが(CHCHのはず
>が、エンジントラブルで降ろされたので)、こんなに明るくなかっ>たような??
エンジントラブルで、まだNZ国内ならよかったですよ。
稀に、ヌーメアとかAUSに臨時着陸したりしますから…。(笑)
>もしかして、建物そのものが変わっていたりして?
あ。5回のオリンピックの間なら、その可能性はあるかも?笑

投稿: SATO | 2007年9月22日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/8034127

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の1シーン:

« 涙の就活物語。 | トップページ | お留守番。 »