« ちょいとおまいさん! | トップページ | 感動の1シーン »

2007年9月19日 (水)

涙の就活物語。

 またまたポンワカ花曇だった今日のオークランド。

前回の記事のように、また陽だまりでゴロペロボー(笑)のピカソをたたき起こしてブラッシングをしたら、抜けるわ抜けるわ・・・。で、鼻と顔が超痒い、相変わらずの猫アレルギー(バカ)SATOです。

おかげで辛うじて鼻呼吸(笑)が可能。なんつーの、ほれ、一部開通?(笑)
かくして、全面開通全快にはもう少し。・・・あ、痛っ。
もう大丈夫です。久し振りのビリーさんも、何とか無事終わりましたし・・・。

・・・え?はい、(^O^)/バカでーす!(←死んでも治らない系)

たかが風邪でございますが、皆様、ご心配をおかけしました。m(__)m

そんな中、一応昨日は、仕事を放棄して久しいシナプス(脳の神経伝達細胞)達を総動員。無職の癖して、一人前に『働くオンナ』の格好(だけ)して出かけた先は・・・。

じゃじゃーん!!



w( ̄△ ̄;)w ナント面接!!

・・・もちろん、まだ結果は来てません。
ってか、来ても言いません。(おい) だってショックだもん・・・(ちと弱気)。

実は、今までもナイショで(笑)面接に行ったり、バイトをしたり、はしてるんですが・・・仕事やってみては断ったり、面接で断られたり。ま、本腰入れて探してない、っつーのも、室内猫怠け癖ヒッキーSATOならでは。(おい)

昨日、久し振りにひょっこり出かけた面接は、何を血迷ったか、市役所!

絶対公務員なんて向いてない!と自分で気付いてはいますが、ま、NZの市役所ですから・・・猫でさえ公務員だし(笑)。というか、NZ全土が、自分の担当以外は全くやる気ナス、調べる気もナス、残業なんて当然ナス、と、公務員気質以前の問題ですが。

課にもよるしね~♪(←わが身知らず)


ってな訳で、今日はお役立ち情報・・・かどーかは合格してから言えよ、自分。

~~NZで面接にこぎつけるには~~っ!! 

NZの履歴書は、C.V.(=Curriculum Vitae)と呼ばれます。ちなみにこれは英国語。米語ではResume。

日本の履歴書とは異なり、顔写真もナシ、年齢も性別も書く決まりはナシ。これで判断することは違法だから。もちろん、面接に行けば顔も性別も分かるのですが、今までのところ、面接の時点でパスポートなど身分証明の提示を求められたことはナス。てことは、アタシ若作り?ヾ(--;)ぉぃぉぃ

日本の履歴書の書き方は、ってーと・・・。

出身小学校/中学校から書かなきゃいけない。←身元調査は、表面上は禁止なのでしょうが、やはり出身地域を見るため・・・?私見ですが。

大体、昭和何年に小学校を卒業したか?覚えちゃいない。...( = =) トオイメ
ってな訳で、たいてい指折り数えることになります。(笑)

そして、学校の羅列が終われば、今度は仕事経験・・・いつ辞めただの、いつ入っただの、とまるで職歴のデパートには、欄が足りなかったりして。(恥)

石の上にも3年。

例え、少なくても3年は頑張ったとしても、24歳○周年記念のSATO(笑)には、あの小さい規定の履歴書用紙に、『入社』『退社』『入社』『退社』・・・と書くには狭すぎ(恥)。

そんな意味もない(ような)昔のことばかりほじくり返す日本の履歴書は、まるで、邪馬台国から教えはするけど、近代史になると茶を濁して教えもしない、日本の社会科教育と同じ。(笑)←政府のお偉いさん方。繊細な話題なのは分かります。でも世界に出る人材を育てるためには、『臭いものに蓋』教育では、近代社会、特に世界とのつながりを知らない、若者をこれ以上出してはいけません(経験者の叫び)。

最近は、日本の会社でも、『職務経歴書』なるものの提示を求められることが少なくないようで、これはヨシだと思う。どこで何をやったか、何ができる、とか、自分は会社のためになるニンゲンでっせ、とか、別途PRができます。でも、やはり日本は『沈黙は金』。慣れない物を書くこと自体が難しい。あまり書きすぎると、逆効果だろし。
と、ネットで見本を見ると、多くは西暦だったりして・・・と、今度は履歴書で折角書いた昭和を、西暦に変換・・・て、私の指、両手じゃたりないし?(笑)

NZ式、いや、概して西洋式は、てーと。

自分の歴史に近いところから必要だと思うことだけ書いてヨシ。
遠いとこから書きたきゃそれもヨシ。
書式も決まりも、自由自在。

逆に言えば、そんなCV作成も個人の能力の1つとしてくみ取られたりして。

自分の遠いところから書いてもヨシ、ではありますが、たいていCVそのものが、
「今の自分ったら、こんなことができるのよ、こんなにすごいのよ!」
と、PRするための書式なので、過去の全部を書き出す必要は全くナス。
私は、近いところから書く派。はるか昔の、最初に入った職場が上場企業で時代の先を行く企業だったかどーかなんて、語る必要も意味もぜ~んぜんナスだし。英語生活には関係ないし。

もちろん、以前働いた会社のポジションで、どんな仕事、そして何をしたか、何を任されていたか、業績はどうだった・・・などなど、自分の利点になりそうなことはバンバン書く。ウザいくらいに書く。

英語能力を示すテスト結果を持ってれば、もちろんだけど、ないなら書けない。
それなら、と言うよりは、それがあってもなくても、重要なのが、とにかく人目に留まる、興味を持ってもらえる、気にかけてもらえる立派なカバーレター(=職務経歴書)を書いて、
「おおっ?ちょっとコイツよくね?」
と、思わせること・・・らしい。(伝聞)だから、カバーレターは、自分が応募する部署に合わせて毎回違う内容。ちと面倒。(おい)

どれだけ一所懸命に書いて送っても、先方からは無しのつぶて、ってことはKIWIや他の英語圏のヒトでも山ほど。ましてや移民で、第1言語が英語じゃない、てのはハンデ以外のナニモノでもない。
「締め切りました。」
「残念でした。」
「今は募集してません。」
などと、ご丁寧に送って来る会社の方が少ないのは確か。

面接までこぎつければ、めっちゃラッキー、儲けモノ。

そして、張り切って面接に行き・・・。


(予想図)
「くっそー・・・。相手の反応はあんなによかったのに。」 …i||i||||i_| ̄|○i|||i|||i

と、ご丁寧に毎度毎度、凹んでしまって、
「よっしゃ、じゃこの勢いで次いくぞ、次!」
と、はしご酒のようには(おい)進めないのよね~。

1つ送って凹み、ふたつ断られてはまた凹み・・・。
それでも、折角だからNZ社会で働きたい(=もうサービス残業は嫌よ)ってのが本音。だって、KIWIの働き方って楽そうだし・・・(笑)。一度でいいから、
「アタシの担当じゃないから知らないもーん。」 ┐('~`;)┌
と、KIWIみたいに言ってみたい。(おい)

でも既に、凹みすぎて月面以上にボコスコ、クレーターだらけのSATO。

・・・ ( ̄‥ ̄) = =3

今年は、無事に年越せるのかな・・・。\(;゜∇゜)/

Photo_2
ブログランキング参加中。いつもありがとうございます。
就職祈願!あの茶トラ(←こちらの過去記事)も応援中


ね、かさ地蔵さん達、今年も(←も?)来てくれるかな・・・。(他力本願)

|

« ちょいとおまいさん! | トップページ | 感動の1シーン »

コメント

おお、面接でしたか!ひとごとながら嬉しいです。
ほんと面接にこぎつけるのも苦労の連続だものねえ・・・
実は私も市役所だしたことあるの。音沙汰なしだったけど。
いい返事がかえってきますように!

投稿: えみ | 2007年9月20日 (木) 00時14分

風邪で寝込んでいらっしゃったかと思ったら、面接だったとは。
良いお返事が来るといいですねぇ。

投稿: 包子 | 2007年9月20日 (木) 00時45分

いい職場にめぐり合えますように…
いやそれと「日本語クラスよ 復活してくれーー」

投稿: mike | 2007年9月20日 (木) 00時55分

えぇ~SATOさん就職しちゃうの~!?
一緒に「グ~タラひっきー主婦道」極めようよ~(T▽T)
あ、でも市役所とは良いところに目をつけましたね、流石はSATOさん!!
上手くもぐり込めるよう(←失礼)祈ってます(-人-)
風邪はこじらせないように大事にしてね。

投稿: noelpion | 2007年9月20日 (木) 10時25分

風邪はもうホントに大丈夫なんですか?
てか、なんで治りかけでビリーやるかなぁ。
なんかこのおっさんまた日本に来てるけど。

さんざん計算したのに卒業した年を1年間違えて履歴書に書いたのは
ウチのだんなです。年度とごっちゃになったらしい。
趣味とかも困るんですよねー。「犬猫」とか書けないし。
自分を売り込む形式の書類は、日本では引かれちゃうかもですな。

面接に無事合格して仕事に行くようになったら、日本語クラスはどーなるの?

投稿: こたつ猫 | 2007年9月20日 (木) 10時35分

SATOさんの年齢だと昭和に小学校を卒業なんてあり得ないですよね(笑)。ともあれ、知り合いのワーホリの女の子が、面接に行って担当者から「今回は採用するつもりが無いんだ」なんて失礼なことを言われて泣いていたことを思い出します。
市役所の職員にはいつもたらい回しされて腹を立てていましたので、SATOさんが採用されれば住民から感謝されること請け合いです。

投稿: ケンジ | 2007年9月20日 (木) 11時59分

最近は履歴書書いてないです。
もうできれば書きたくないですね。
何でって、履歴書に付いてる生年月日で「卒業年月」がわかる一覧、役に立たないんです。
理由は大学入るまで「ちょっと遊んでいた」のと、入ってからも「ちょっと遊んでいた」から計算が合わないんです。
いいんです、いいんです。
それでもしっかり生きてますから!

今年の日本語クラスはナシですね?

投稿: じんのすけ | 2007年9月20日 (木) 12時35分

アメリカもいっしょだよ~。
セクハラだもんね、年齢、性別(?)聞くの。

「you tube」面接なんてーのもあるくらいだもん。
自由すぎるよねぇ~。

しかし、SATOさん、正社員になっちゃうの??
はったらきものになっちゃうのね~。

面接、うかるといいね。

投稿: rikushi | 2007年9月20日 (木) 16時09分

ななななんと!今着きましたっ。
エコバッグ
なんか、ちょーはやくね?てなかんじです。←かなりこーふんしてます。感激です。感謝感激あめあられ。ああ、あられ食べたい。
なんか今朝ね、花丸マーケットでI'm not a plastic bagの話してたんですわ。ネットオークションで上は二十万から下は二万円とかででてるって。エコバッグなのに。ばかでーとか、それ観てて私笑ってたんですわ。
はーー嬉しいです。私、果報者です。果報は寝て待て。いえ、本当に寝てたんですけどね(こらこらこら)

投稿: こいぬ | 2007年9月20日 (木) 17時09分

病み上がりでビリーやりますか?
ドSなんだかMなんだかわかんないですね。
そちらの場合はすごく自分をアピールしなきゃいけないんですね。
私みたいに特技:年寄りとすぐ仲良しになれる 趣味:肉球モミモミ ではどこも雇ってくれないな。
社長~こんな私を使ってくれてありがとう。「こんな会社もう辞めてやる!」なんて言いません。多分。

投稿: 私もコアラ | 2007年9月20日 (木) 19時25分

 企画モノ大好き「ペ・ヤング」です(・∀・)ノィョ-ゥ

SATOさんの手作りパンやお菓子画像によだれたらしてるのも私だけじゃないハズ。

 いっそのことお店開業しちゃいなYO。
 ベーカリー「SATO」
 SWEET「SATO」
 定食屋「SATO」…どうYO?
今、定食屋って入力したら「定職」と変換されたYO(~_~;)現実厳しい…

 面接めげずに頑張って!


投稿: ペ・ヤング | 2007年9月20日 (木) 22時53分

SATOさん、頑張れ~!!

私、ある会社の面接に行って、最後の最後に目の前でシャッチョサンに
大あくびかまされた事あります。
重い腰をあげて気合を入れて行っただけに、すごくガックリしました。
企業にとって労働者は本当にただの駒なんだなぁ、と、思いました。


…オチはないです、ゴメンナサイ…

投稿: ばけ | 2007年9月21日 (金) 00時46分

おお、就活ですか。
いいとこ見つかるといいですねえ。
履歴書は、うんと売り込むがいいですよ。
自分を商品だと思ったらだいじょーぶ!
たぶん、やったらできるんでないかなー、ってのも
「できますっ!」で、ええのです。
やったらできる子だと、信じるのです。

面接はね、気合いと気迫。
弱気を出したら、負けだっせ。
選ぶのは、こっちなのだ!うははは!
と、思っているとドキドキしませんです。

ファイト!

投稿: SHIMACO | 2007年9月21日 (金) 02時05分

もうお返事遅れまくりですみません・・・。

>えみさま、
>おお、面接でしたか!ひとごとながら嬉しいです。
ああ~ん、奥さん(号泣)。
>実は私も市役所だしたことあるの。音沙汰なしだったけど。
あら。ご丁寧にメールも電話も、面接のコンファームまで来たのは…暇だったのか?それともこっちは人口少ないからか?(笑)
>いい返事がかえってきますように!
ありがとー。ドキドキ。

>包子さま、
>風邪で寝込んでいらっしゃったかと思ったら、面接だったとは。
面接1つまでの道のりが長くって…。
いつどこに履歴書送ったか忘れますね、これじゃ。
>良いお返事が来るといいですねぇ。
ありがとうございます。

>mikeさま、
>いい職場にめぐり合えますように…
いえ、『今度こそ!』いい職場にめぐり合えますように…。(笑)
>いやそれと「日本語クラスよ 復活してくれーー」
あ、それね~。どーなんでしょ。
また募集は出てたみたいですよ、私にまた無断で…ったく。orz

>noelpionさま、
>えぇ~SATOさん就職しちゃうの~!?
>一緒に「グ~タラひっきー主婦道」極めようよ~(T▽T)
え~・・・?じゃ、お宅のご主人が、食べさせてくれる?(おい)
>上手くもぐり込めるよう(←失礼)祈ってます(-人-)
潜り込んだらこっちのもの。情報をがっつり頂いて…。(違)
ありがと。ちゅっ。

>こたつ猫さま、
>風邪はもうホントに大丈夫なんですか?
>てか、なんで治りかけでビリーやるかなぁ。
てへ。やったらどーなるかな?という実験気分。で、ヘロヘロ。笑

>趣味とかも困るんですよねー。「犬猫」とか書けないし。
困る困る!「ブログで愚痴」、「旦那いびり」とは書けないし、
「旅行」って書いても、基本はヒッキーだし。( ̄‥ ̄) = =3
>面接に無事合格して仕事に行くようになったら、日本語クラスはど>ーなるの?
無事潜り込めたら、基本的に残業ないのよ。だから授業は可。
問題は、生徒がいるかどうか・・・。てか、それが最大。

>ケンジさま、
>SATOさんの年齢だと昭和に小学校を卒業なんてあり得ないですよね
はい、大正です。(笑)
>知り合いのワーホリの女の子が、面接に行って担当者から「今回は>採用するつもりが無いんだ」なんて失礼なことを言われて泣いてい>たことを思い出します。
既に採用決定のヒトのワークビザを出すために、釣るしで広告を出す、ってのもよくありますからね。
…まさか市役所のは違うやろな?(~_~;)
>SATOさんが採用されれば住民から感謝されること請け合いです。
いやいや…市民のお役に立てる部署ではないと思いますよ。(笑)

>じんのすけさま、
>最近は履歴書書いてないです。
>もうできれば書きたくないですね。
あまり書きたいものじゃないですよね~、ク○面倒くさいし。

あ…。じゃ、あのメールアドレスに返信したら。( ̄▽ ̄) ニヤ
また履歴書書けますか?
履歴書書きたい気分になったら、いつでも教えて下さい。笑
>今年の日本語クラスはナシですね?
なんか、私に無断でまた広告は載ってましたよ。生徒いるのかな?

>rikushiさま、
>アメリカもいっしょだよ~。
>セクハラだもんね、年齢、性別(?)聞くの。
アメリカ、特に西海岸側、性別分かりにくいのも多そうだね。笑

>しかし、SATOさん、正社員になっちゃうの??
>はったらきものになっちゃうのね~。
何をおっさる?
私は、泣く子も黙るはったらきものですっ。
今は、毎日専業ブロガー…。←問題は、全く金にならないこと。
>面接、うかるといいね。
ありがとう。ドキドキ。

>こいぬさま、
>ななななんと!今着きましたっ。
>エコバッグ
>なんか、ちょーはやくね?てなかんじです。
超早いです。まさか、ウチの隣町に住んでたりしませんよね?笑
>花丸マーケットでI'm not a plastic bagの話してたんですわ。>ネットオークションで上は二十万から下は二万円とかででてるっ
>て。エコバッグなのに。
…やくまる、いや、はなまる…。今頃、私の記事読みやがったな?
レア度はアレよりも高いはずです。(笑)

>私もコアラさま、
>病み上がりでビリーやりますか?
>ドSなんだかMなんだかわかんないですね。
ふふ。ひ弱な体育会系です。

>そちらの場合はすごく自分をアピールしなきゃいけないんですね。
そーなんですよ。慣れないことは疲れます。
面接終わったら、作り笑いじわなんて出来ちゃって…。笑

>ぺ・ヤングさま、
> いっそのことお店開業しちゃいなYO。
> ベーカリー「SATO」
> SWEET「SATO」
> 定食屋「SATO」…どうYO?
同じものを作るのがつまんないSATO、
メニューが日替わり、気分次第の菓子屋、パン屋になりますが?
あ、定食屋なら、Futa-barさんが手伝いに来てくれるはず…。笑

> 面接めげずに頑張って!
ありがとうございますっ。

>ばけさま、
>ある会社の面接に行って、最後の最後に目の前でシャッチョサンに
>大あくびかまされた事あります。
>重い腰をあげて気合を入れて行っただけに、すごくガックリしまし>た。
ああ、ムカつく!逆に質問し返してやれ、そんなヤツ!
「オタクに聞いてるんですが?」って、ああ、凄みたい。(危険)
>企業にとって労働者は本当にただの駒なんだなぁ、と、思いまし
>た。
それは、退職するたびに思いますね~。
「辞めないで。」「残念だよ。」とか言われても、翌日から何もなかったように会社は回るんです。『歩』以上にはなりたいな。

>SHIMACOさま、
>おお、就活ですか。
>いいとこ見つかるといいですねえ。
ありがとー、姐さん。
そろそろお小遣い稼がないとね~、一時帰国が出来ませんから…。
>たぶん、やったらできるんでないかなー、ってのも
>「できますっ!」で、ええのです。
>やったらできる子だと、信じるのです。
KIWI、そんなんばっか。
日本語できます!って上のクラスに入ってきても、
「あ~、う~・・・。」てどこぞの故首相みたいなヒトだらけ。
「こにちわー。」は日本語できる程度じゃないっつーの、ボケ!

>面接はね、気合いと気迫。
ホイ来た。メモメモ...φ(._.*)y-。o0
前日の夜は、面接を想定だの想像だのしてると寝られなかったりするんですが、本番は結構ドキドキしない。でも落ちる…。
居直りすぎですやろか?(笑)
その点では、アホみたい(笑)に売り込みができる英語の面接の方が気楽なようです、私。

>ファイト!
(○`ε´○)ノおう!

投稿: SATO | 2007年9月22日 (土) 11時06分

私の職務経歴書なんて、古くから書いてあり、
自分で読んでも何がなんだか・・・。
いつか書き直さないかん!と思って、早何年?
SATOさんの記事を機に書きなおしてみよーっと。

投稿: keiko | 2007年9月22日 (土) 19時50分

>keikoさま、
私の履歴書も、NZに来た五年前から殆ど変わらず。
落ちてばかりでは縁起悪い(笑)!と今回、ホンの少しだけ手を加えてみましたが…大差ナス。
まだ返事は来てません。ドキドキ。

投稿: SATO | 2007年9月23日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/8014011

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の就活物語。:

« ちょいとおまいさん! | トップページ | 感動の1シーン »