« ゲイジツのモリ | トップページ | ピタゴラピカソ »

2006年11月 7日 (火)

日本語vol.12はお医者さんごっこ!

 昨日の月曜。恒例の日本語クラスの日。カモもおらず、静か。

珍しく嵐でも雨じゃない月曜日(苦笑)。アメフラシは誰かしら?

 先回の7回コースの授業とは違い、げっ、長過ぎだろっ?!と思った14回のコースも余すところ、今回を入れてあと3回のみ・・・時の経つのは早いもの。14回全部終わらないとお給料もらえない私の懐だけが、ちっ、まだかよ?って文句を言ってるけど・・・あはは・・は・・・。

 さてマニア(笑)の皆様、お待たせしました。後3回、張り切っていきまっしょ。

 11月6日、昨日の出席は・・・少なくってねぇ(涙)。

第12回の出席は・・・。

男性陣は、一番乗りのジョン爺は当然。それから『カルロス・ゴーン』似のマークさん、ウチの旦那。RAさんは先週からの宣言通りにお休み。歯医者?

女性陣は、皆勤の中華美人SHさん・・・だけ?!PHさんが来てないわ、どうしたのかしら?12月に日本行きが決まってる、一番切羽詰ってるのは彼女なのに・・・。あらま・・・。

そこにVIさんが登場。
「オラぁよ~、今日はお詫びに来た。またベビーシッターが見つかんなくってさ、オレがお守りなんだ。だから授業に座ってられなくって。でもよぉ、先週もこられなかったのによぉ~~っっ!その分、テキストだけもらってもいいかな?・・・息子連れてこよっかな?と思ったけどさ、9時までには寝かせなきゃいけないし、飽きてみんなに迷惑かけちゃいかんし・・・。ゴメン、今度こそシッター探してくるから!!ほな、車に息子待たせてるんだ。急いで帰るわ。じゃぁ~~っ!!」
と、帰っていきました・・・。残念だけど、わざわざそれを言いに来てくれたVIさん、ありがとう。後2回、頑張るのよ・・・。

って訳で、月曜夜のベビーシッター急募!2週間!

と、たったの4人。このターム、最少人数・・・淋しぃ~~っ。

でもしょうがない、始めますか。


今日はお医者さんごっこ 日本で病気になった時の会話を練習デス。

今日はまだ習ってない文型がたくさん出てきます。でも詳しい文法の説明は、この初級クラスでは難しく、今日の2時間だけでは絶対終わらないので、今日の決まり文句はそのまま覚えちゃうようにしましょ~。

まずは、身体の部位の名前から覚えていきましょ。

あたま、かお、みみ、め、はな、くち、は・・・。
かた、うで、ひじ、て、ゆび・・・。
おなか、こし、おしり、せなか・・・。
あし、ひざ・・・。

私が指した部位を次々答えてもらう。そしてテンポ良く大声で繰り返す。もちろんアンチョコ見てよし。頭の中で英語と対比しながら、バシバシ書き込んでくれてる。よしよし。

そして、病院、医者、看護士、の単語。
「医者はお仕事の名前です。呼ぶ時は敬って、『お医者さん』とも言います。」

「メディカルドクターを、『SATO医者』とは呼びません。呼ぶ時は『SATO先生』、ティーチャーと同じ、『先生』という呼び名を使います、いいですか~。でも『医者!』と呼び捨てにすると注射の数が増えますから注意してください。」
「ええぇ~~っ!?」
と、全く素直な反応。ぷっ、ウソに決まってるでしょ、そんなの。

「でも、看護士を呼ぶ時は『看護士さん』。助手でも先生のお手伝いでもなく、看護士さん。いいですか?」
・・・あ、もう混乱してる・・・。とにかく覚えればいいから、今日は。ね?

旦那が挙手。なによっ。
「昔、西洋では手術はね、剃刀の取り扱いが上手だからって床屋がやってたんだよ。だから今でも手術担当は、ドクターじゃなくて、ミスターって呼ぶんだ。知ってた?」
・・・知るか。ってか今関係ないじゃん(怒)。また横道反らしたわね・・・ギロっ。

すると、マークさんもジョンさんも、「そーだそーだ」。
私とSHさん、アジア勢はえぇ~~っ?!と苦笑い中・・・。んもう、多数決で負けたら(←無意味な競争心)無視できないじゃないの、突っ込めってこと?!(←勘違い)

西洋では手術は切る時は床屋、それは分かった。
じゃ何か?、患部の処置をしてその後は、縫う専門で仕立て屋でも呼ぶのか?ミシンでもかけるのか?

「いや、縫わなかったよ。だって昔むかしの話だもん。」

曖昧だから旦那の負け。次回までに詳しく調べといてください。宿題(笑)!


先行くわよ、いい?次は症状。

いつも、どうしようか迷うところなのだけど、医者に行く時の練習なのだから、悩んだ結果、結局またいつもの『です』形よりもっと強調、主張型の『~んです』を説明することに。

~がいたい、ねつがある、はいた、しょくよくがない、せきがでる、など

極々一般的な症状を、大袈裟に身振り手振り、そして演技付き(←初級の授業は、『アタシ女優よ』気分、笑)で解説。そして、『+んです』で、練習してみましょ。

ジョンさん、
「はいたんです。」
おお、・・・ウィスキーの飲みすぎですな。
「ハイっ。」
ぷっ、そんなに素直に返事されても・・・可愛い(笑)。

マークさん、
「ひざが いたいんです。」
これは、間違いなくダンスのし過ぎ。

旦那、
「うでが いたいんです。」 (←事実)
オーブンでジュッて焼くから(←事実)。すぐ冷やさなかったから悪い(←鬼嫁)

SHさん、
「せきが でるんです。」
ツンツルテンのミニワンピにビーサンで来たから(←事実)風邪引いたのね。

と、皆さん症状の説明もおっけ。私も突っ込みやすくっておっけ。

ん?旦那、どした?
「『ゲル』ってど~ゆ~意味?」
・・・げる?なによ、ゲルって。GEL?
「違う違う。げる。ほら、そこの『せきがげる』。」
・・・・落ち着いて読もうよ・・・ほれ。げるじゃない、『でる』だから。

ここはマークの辞書が登場して一件落着。でそ、辞書は便利なのよ、みんな。


はいはい、では先に先に。すぐ反れるからね、クラスも私も(反省)。

じゃ医者はなんと聞くか、と言えば・・・。

「どうしましたか?」
「いつからですか?」

『~から、まえ』はもう勉強してるので、医者の質問には答えられるように(←スパルタ)。ほぼお決まりのこれらのセリフは、世界共通だしね。皆さんは医者じゃないので、セリフを覚えなくていいけど、意味が理解できるようにだけしときましょね。

病院に行くと、NZでも受付で書類を書きますよね。日本のには、

住所、氏名、生年月日・・・、

などと書いてありますから、振り仮名なくても記入出来るようにね。

と、読んでいると突然ゲラゲラ笑い始めるSHさん。ん?どしたの?
「なんか、下手なガイジンの中国語みたいぃ~!」

・・・ヘタ?ガイジン?むむぅ、聞き捨てならないわねっ。

「だって、中国語だと、ジューソ、シミェンっていうのよ。」
あ、・・・そゆこと。じゃ、許してあげてもよくってよ。・・・え?


お医者さんでは次に起きうることは?
そう、「~てください」の形。これもNZでも中国でも決まり文句ね。

すわって ください。
くちをあけて ください。
うしろをむいて ください。
よこになって ください。

もちろんSATOのアクション付き(※注:ガッコの机に寝そべってはいけません)。

次の形は、
「~てもいいですか?」

シャワーをあびても いいですか
たばこをすっても いいですか
ビールをのんでも いいですか
かえっても いいですか

・・・SHさんがひとこと。
「帰っちゃダメだよ。まだ金払ってないじゃん。」
ぷぷっ、しっかりしてるわ、アナタ。

マークさんからの質問は、
「タバコはなぜカタカナじゃないの?英国圏でも200年位の歴史なのに。」
え、そなの?英国圏だとたったそんだけ?(※マークさん説。真偽は不明)
煙草は多分天ぷらと同じ頃日本に来たはず。昔っから既に日本語。

「おおぉ、ソーリー。日本の方が古いのか。そっかそっか・・・。」
と、恐縮されちゃいましたが・・・日本はタバコ先進国?な訳ないか。


はい、ここまで色んな形あるけど、じゃ、練習ですっ。

センセやりたいヒト?

患者やりたいヒト!

少ないから淋しいな、って思ったけど心配なす。みんな積極的。すごいぞっ。

これ読んでる方々も、バーチャルロールプレイで参加しちゃう?
アナタなら誰と組みたい?アタシは・・・旦那とは嫌だな、ゲルオトコ。ぷっ。


 今日出てきた形は、今まで勉強した言葉と組み合わせれば、お医者さんだけでなくってコミュニケーションでも役に立ちますよね。

「でんわを かけても いいですか?」
と、早速マークさん。
「はい。BUT 主人がいます。」
「・・・ああ、じゃいいです。」
むきぃ~~っ、いいじゃんか。ダンス行ってやらないっ!

「のみてもいいですか?」
う~ん、旦那。惜しいっ。
皆さん、さっき出てきた「のんでも」の形を今は丸ごと覚えといてねぇ。旦那は使えないだろけどさ。あ、ところで旦那・・・キミは来年、また初級やるの?
「SHUT UP。」
へへへ、怒らりちゃった・・・(←減らず口SATO)

「らいしゅう またきてください。」
そうそう、ジョンさん、その調子。ってか、言われなくてもまた来ますけどね。みんなこそ残り2回、休まず来て下さいねぇ~。

今日は人数が少ないせいか、ジョン爺さんが恥ずかしがらずに口を開く。ものすごく勉強してるから、もう自習のノートはバインダー1冊分くらいの厚さなんだけどな・・・。
「STUDYはしてるんだけど、LEARNが出来ないんじゃ。若くないし。」

んなことないわよ、じいさん・・・。だって覚わらないのは、多分旦那とどっこいどっこい?(←結構マジ、ちなみに、もちろん旦那の方が若いはずなのに・・・(T_T))

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。毎日励みになってます。
最初は心配だったこのクラス、みんなとってもやる気もあり、結束が固く、すごくいいクラスになりました。すっかり卒業間近の金八先生の気分。

来年、どうなるかは全く分からないですが、例えクラスはなくなっても、どこかでこのままのやる気を持ってて欲しいな・・・なんて思ってたらジョン爺が、「来年はフランス語を勉強するつもり。だって覚わんないし・・・。」ですって・・・。そう、NZだと使うところがないのです。だから所詮そんなものよね・・・しょぼーん。ってか、ジョンさんフランス語も使わないでそ、バカチンがー?

|

« ゲイジツのモリ | トップページ | ピタゴラピカソ »

コメント

♪送る~言葉~♪ですね~~。
何回って決まっているのは、
大変な方が多い。。。ですか?
コーラス指導とかの場合、果てしなく続くようで、
私は時々不安になります。。(^^;)

あっでもお医者さんごっこ、大事ですよね。
外国で何が不安って病気ですもん。
皆さん、これで安心(^▽^;)

投稿: sop | 2006年11月 7日 (火) 17時20分

みなさん上手上手。
しかし10回ぐらいでここまでできるようになるなんて
SATO先生の教え方が上手なんでしょうね!
わたしも教えてもらいたい(違)

投稿: ふーたまま | 2006年11月 7日 (火) 18時51分

クラス、楽しそうだなあ。あたしの英会話もこれくらい楽しければ挫折しなかったかも???

たばこについて、確か日本語ではないなあと思って調べてみました。
たばこの日本語の語源はポルトガル語のTobaccoから由来しているということですが(ポルトガルから持ち込まれているということで)、英語でも「Tobacco」フランス語では「TABAC」と書くそうで、おおもとの語源は不詳だとか。
たばこの元になる草ニコチアナの原産は南米、儀式用に使われたのがはじめのようです。
その後、1497年コロンブスの第2次航海の時に、ヨーロッパに持ち帰ったとか。
日本では16世紀末に持ち込まれ、栽培が始まりタバコブームが起きたとか、1612年にはさっそく最初の禁止令が出ているんですって。

しかし、マークさん英語圏だって歴史はもっと長いでしょう(^^;
16世紀後半にはイギリスにも広まってたみたいですよ。

って、おや?私は日本語クラスのコメントをかいていたのではなかったか??

投稿: hiyochan | 2006年11月 7日 (火) 19時41分

タイトルを見て、『えぇっ、今回のセンセはケーシー高峰なの?』
・・・なんてさすがの私も思いませんから。(いや顔は浮かんだけど)

VIさん、わざわざ来てくれたんですね。
ベビーシッター行ってあげたいけど、子供苦手だし、旅費もないしなぁ。

『せきがげる』で、もんのすご~い場面を想像したのはまたもやアタシだけ?
咳き込んでゲホって・・・(自粛)。

あと2回ですか。う~ん、もっと続けて欲しい。
てかアタシがSATOさんに教わりたいです、イロイロと(いろいろ?)

投稿: こたつ猫 | 2006年11月 7日 (火) 21時18分

SATOさんと、SHさんがナースの格好になると、皆覚えが早いのではないでしょうかぁ?
あはぁ♪>モナカ君の真似しとこ

投稿: まりりん@東京 | 2006年11月 7日 (火) 22時48分

『お医者さんごっこ』というタイトル見て
「フフ、今日は日本の伝統的遊びのお勉強♪」と思ってしまった私はおませサ~ン♪♪♪
日本語、NZでは使う場所無いんだぁ。
私が13年前に旅行した時は「NZでは今、日本語を第一外国語として学ぼうという話も出てるます。フランス語勉強してもあんまり役に立たないから」的なこと言われたんだけど、状況変わっちゃったのかな。それとも私が聞いた話がそもそもガセだったのかな.....。
それ聞いてすっごくNZに親しみ持ったから、なんかちょっと残念ね (T_T)

投稿: noelpion | 2006年11月 8日 (水) 00時54分

あっ、ちょっと遅刻した感あり?!
SATO先生今回だけは「見逃してくれよ~♪」(キョンキョン風)

しかしご主人は、なかなか笑いの引き出しを沢山お持ちのようで?! 毎回微妙に間違ってるあたりが渋いです(笑)
ですからあえてバーチャルロールプレイの相手はゲルオ君でお願いします♪
若輩者ゆえ、げる=でる なかなか予想が付きませんでした(汗)
ここはひとつ、笑の修行も兼ねて是非ゲルオ君のお手並み拝見させて頂きたいです!!

投稿: take | 2006年11月 8日 (水) 01時03分

SATOさんこんばんは~。(^◇^ )
少人数だとものすごくアットホームな感じがしますね~。

こうして時々拝見させていただいておりますと
生徒さん方の生き方とかも垣間見せていただいているようで、
いつの間にか、(勝手に♪)親近感を持っております。

こっちは今日すごい風が吹きました。木枯らし?
そろそろ寒くなりだしました。

投稿: ティー | 2006年11月 8日 (水) 01時35分

先生!↑の私の日本語、変でした。。
「大変なことのほうが」でした(^^;)

投稿: sop | 2006年11月 8日 (水) 10時54分

今回の日本語クラス、乗り遅れて登場人物が把握できなくって
落ちこぼれ感味わってますが。。。
なにより旦那さんが続いてるのがビックリ(怒られる?)
旦那さんの実力も相当上がったのでしょう。
そうよ、上がってるに違いないわ!!!!

投稿: ひさみん | 2006年11月 8日 (水) 13時16分

「せきがげる」風邪を引いて、咳が出て
その上、お腹に来ちゃってぇ~~『げる(T_T)』
・・と即座に考えついたのは、わたしだけでしょうか?(笑)

投稿: しましま | 2006年11月 8日 (水) 14時54分

シェイクスピア劇にタバコは登場せず、バッハにはタバコカンタータがあるというのは有名な話しですので、その間にヨーロッパで普及したのでしょう。ということは、17世紀、つまり遅くとも300年前ということですね。結論はhiyochanと同じです。
もともとは、1492年にコロンブスが最初にアメリカ大陸で現地人の喫煙に接したそうでその2年後に、梅毒と一緒にスペインに上陸したのだそうです。それが、ナポリ戦争で包囲した、フランス軍兵士に広がり、イギリス軍が全世界に広げたとか。羊の腸を使うという発明はイギリス人医師のCondoreだという話しもあるそうですが、現在使われているラテックス製品は日本人の発明だそうです。最近、イチゴ味とか、チョコレート味のものもインドで出ているそうで、エイズ予防のために普及させるためという苦肉の策とか…

投稿: トマ | 2006年11月 8日 (水) 14時57分

お医者さんごっこ。
小さい頃、やった記憶無いんです。病院通いばかりだったから?
すぐ、ここ痛い、あそこ痛い・・・の連続女で、病弱と思われていた私。
単に忍耐弱いだけなんですけどね(^^ゞ
残り2回ですか!! 感慨無量ですね。ん、使い方あってる?
私は以前、18回だった講座が、急に35回になった時、逃げ出したい気持ちでした(笑)
何とか3クール終わらせましたけど、ほんと、きつかったぁ(ノ_・。)
ラストスパート頑張ってくださーいっ。

投稿: keiko | 2006年11月 8日 (水) 17時59分

>sopさま、
>何回って決まっているのは、
>「大変なことのほうが」多い。。。ですか?
(ふふふ、こっちを貼り付けましたよ)
そ~ですねぇ。回数が決まってると、
「次は何をしたらいいの、あと○回だし・・・?」
と考える分、私は面倒ですね(←回答が直球過ぎですね、笑)。
エンドレスだとテキストを前からやっつけてけばいいので、ワタシ的には準備も多少楽かも・・・です。
あ、でも準備の面倒さは一緒か?

>コーラス指導とかの場合、果てしなく続くようで、
>私は時々不安になります。。(^^;)
コーラスは上達したら終わり、って訳ではないですもんね。
いや~、お疲れ様です。

>ふーたままさま、
>みなさん上手上手。
>しかし10回ぐらいでここまでできるようになるなんて
すごいでしょ?上達しないのは我が家の誰かさんぐらいでしょか?

>わたしも教えてもらいたい(違)
じゃ、名古屋弁と神戸弁のエクスチェンジってことで(←違っ)。

>hiyochanさま、
>って、おや?私は日本語クラスのコメントをかいていたのではな
>かったか??
・・・ふふ。お疲れ様でした・・・。
タバコが天ぷらと同じ頃、ってのは覚えてたので、それで茶を濁しました。でないとほら、「日本語雑学委員会」みたくなっちゃうから、教室が・・・。

>こたつ猫さま、
>『えぇっ、今回のセンセはケーシー高峰なの?』
あたしぃ、ナウなヤングだからわかんな~い。

>VIさん、わざわざ来てくれたんですね。
>ベビーシッター行ってあげたいけど、子供苦手だし、旅費もない
>しなぁ。
そうなんです。来てくれただけで嬉しがってちゃダメかしらね?


>アタシがSATOさんに教わりたいです、イロイロと(いろい
>ろ?)
いろいろ?え~っ、あたしぃ困っちゃうぅ~~。(←なぜ?)

>まりりんさま@東京
ってか、なぜ今東京に?別の人かと思っちゃいましたよ~。
>SATOさんと、SHさんがナースの格好になると、皆覚えが早いので
>はないでしょうかぁ?
あ・・・じゃ写真添付しちゃおっかな~。見たい?
アクセスものすごく激減したりして・・・(T_T)。

>noelpionさま、
>「フフ、今日は日本の伝統的遊びのお勉強♪」と思ってしまった私
間違いなくおませさんですっ。ってオトナだし。
そ~いや西洋もお医者さんごっこするのかしらね(笑)?

>「NZでは今、日本語を第一外国語として学ぼうという話も出てるます。フランス語勉強してもあんまり役に立たないから」
一応、マオリ、フランス、ドイツ、スペイン、中国などなどと並んで、日本語も選択科目としてはあるんですよ。ま、ガッコにもよるけど。でもほら、ガイジン@日本のように必要に迫られることないから、ガッコで教えるのも初級まで。なんせセンセが間違えてましたから(苦笑)。

>takeさま、
takeく~ん。二枚目がいないと遅刻気味だね(笑)。
>「見逃してくれよ~♪」(キョンキョン風)
これが懐かしいので、センセはすぐに許しちゃうよ~(*^_^*)。

>バーチャルロールプレイの相手はゲルオ君でお願いします♪
おおぉ~~、ゲル男さ~ん、ご指名よ~っ。
返品、クレームは受け付けませんから、じっくりゲルって下さい(笑)。

>ティーさま、
お久し振りです、ティーさん。
そちらは寒くなりましたか?

>こうして時々拝見させていただいておりますと
>生徒さん方の生き方とかも垣間見せていただいているようで、
>いつの間にか、(勝手に♪)親近感を持っております。
ふふふ。やっぱり14回シリーズだからかしら?
もっといろんなことは起きてるのですが、詳しく書き下すと1週間全ての記事になりそうで、掻い摘んでます。
それもあと2回・・・。来年はど~なるのかしら?です。

>ひさみんさま、
>今回の日本語クラス、乗り遅れて登場人物が把握できなくって
>落ちこぼれ感味わってますが。。。
あらま。減ったとはいえ、人数多いですからね~、今回。

>なにより旦那さんが続いてるのがビックリ(怒られる?)
いや、私が一番ビックリです。でもね・・・
>旦那さんの実力も相当上がったのでしょう。
>そうよ、上がってるに違いないわ!!!!
そう思わせておいて、全く今年の頭から上達してないのがもっとビックリ!また来年も初級クラスかしら~(笑)?

>しましまさま、
>「せきがげる」風邪を引いて、咳が出て
>その上、お腹に来ちゃってぇ~~『げる(T_T)』
おおぉ、なるほど。胃腸風邪ですね、『げる』は。
「げらない、げります、げる、げる時、げれば、げろ~・・・。」
・・・げろ~???
違う方向に行きそうですね。失礼しました(笑)。

>トマさま、
え~っと・・・タバコの話からいろいろお調べ下さったのですね。

授業に関する記述で、タバコに関してはマークさんもうろ覚え、私も、『ひらがなかカタカナか』以外は必要なかったので、簡略な説明で終わらせてます。その授業の様子をもっと簡略に書いたのがこのブログなので、突き詰めて書いてはいません。

というのも、今の日本語の教室、好奇心旺盛なヒトが多いのはいいのですが、どんどん話が予想外の展開になっていってしまう。となると、真面目に日本語の勉強をしたいヒトと、雑学大魔王(笑)との戦い?になってしまうのであまりいらん説明を授業でしたくなくって・・・(笑)。

>梅毒と一緒にスペインに上陸したのだそうです。
あ・・・梅毒に関して、ですか(苦笑)。
一部には梅毒は古代ローマの遺跡から発掘された骨に、梅毒の形跡がある、と言われてるそうで、アメリカから来たのか、それともコロンブスがアメリカに持ち込んだのか、が議論の争点だそうです。

>現在使われているラテックス製品は日本人の発明だそうです。
こちらは・・・もしや先日の話の続きですね・・・フランス語?

>keikoさま、
>お医者さんごっこ。小さい頃、やった記憶無いんです。
>病院通いばかりだったから?
私もお医者さんといえば、『ごっこ』よりいつも本物(笑)でした。
私は身体が丈夫でなかった分、口が達者になりましたが(苦笑)。

>私は以前、18回だった講座が、急に35回になった時、逃げ出した>い気持ちでした(笑)
わかりますわかりますっ。7回だったのが14回だった今回、すんごい嫌でしたもん、ハンサムもいないし・・・(笑)。え?

>ラストスパート頑張ってくださーいっ。
ありがとうございます。keikoさんも頑張ってくださいねぇ~!

投稿: SATO | 2006年11月 8日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4094720

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語vol.12はお医者さんごっこ!:

« ゲイジツのモリ | トップページ | ピタゴラピカソ »