« 私はアニータ?! | トップページ | 10年前。 »

2006年11月21日 (火)

ありがとう!日本語最終回!

・・・とうとう終わっちゃいました、14回。

ホッとしたような、力抜けたような、不思議な感覚。灰になった矢吹ジョーのよう?


実は、先週のレッスンの終わりに、
「今度の月曜は仕事が入っちゃって来られんのだ。残念だよ。」
といったのはここまで皆勤だったジョン爺さん。

「18日早朝の飛行機で中国に帰るの。19日は香港。いや~ん残念!」
と、言ったのは同じく皆勤の中華美人SHさん。家族とお正月らしい。
「年明けて帰ってきたら、今度はもう少し上の勉強したいの。またお願いね。」
と、帰っていきました。最少人数5人連れて来るんだぜっ。

そして・・・先週末、土曜のこと@スーパーマーケット。偶然マークさんに遭遇。
「あ~、ここで会えて良かった。どうやって連絡しようか、と思ってたんだ。実は、最後の授業だけど、月・火と出張になって、行けないんだよ・・・。ゴメンよ。でもさ、12月中に一度みんなでパーティーしようよ!あのクラス楽しかったもん。あ、それに最後のテキストも欲しいから、電話もらえる?」
と、山ほどの食材を、その日の誕生日&サルサパーティーのため(←あ、やっぱり・・・)に買い込んでいたマークさん。彼が腕振るうのかな?着いてきゃよかった・・・(笑)。

と、もう3人抜けるのは決定してたの、昨日(涙)。用事だからしょうがない・・・。

でも残りの4人はしっかり来てくれました!(嬉)

VIさん、RAさん、PHさん、そしておまけの旦那。

VIさん、今日ベビーシッターは?と聞いたら、
「今日はオレ、絶対教室に行く!!って子守断って、アイツの仕事場に連れてかせてやった。ふんっ!」
と、鼻息も荒い(笑)。・・・え、アイツ?ってか、そりは誰のコ(笑)?


 今日の日本語は、コミュニケーションの総まとめ。ヒトを誘うこと。

「どうぶつえんへ いきませんか。」

このテキスト、あくまでもド初級のコミュニケーション用。文法よりは、失礼がないように日本人と話すことに重きが置かれてる。特に断る際、前も出てきたように(←11回)、NOとはっきり言いすぎると友達は出来ませんっ!いいですか(笑)?

「~へ いきませんか。」

「ええ、いいですね。」/ 「~は ちょっと・・・。」

YESの時の、「いいですね。」は、「ね」がないと、断りに聞こえてしまいます!はっきり、楽しそうに、軽く念押しの「ね」をくっつけて、「SOUNDS GOOD!」と、ノリノリ(←死語)になること!そしてNOの時は、この「ちょっと・・・。」の後は、声のトーンも顔も、”申し訳なさそうに”が重要です。

と、尤もらしく且つテキトーな(笑)説明を加えながら、顔の表情も朗らかに!と、人数少ない分、声を余計に張り上げてやってるけど・・・。教室に入る直前まで、実は旦那とワーワー喧嘩をしてました・・・(恥)。たった5人しかいない教室で、ドロドロしてるのが私ら2人・・・ってな訳にはいかないので、まるで女優のように(笑)授業中いつもに増してテンション高めな私。因果な商売だわ・・・(苦笑)。
こんなん面倒だから今度からクラスに来るなっ(←ムカムカ継続中)!ってか、もう最後か。



どうぶつえんへ いきませんか。

と、繰り返していたら、VIさんが挙手。

「今日さ~、『どうぶつえんへ いきます』って使えたんだぜ、日本人のお客さんに。すっげぇ嬉しかったな~!」
と言い出す彼は、循環バスの運転手さん。
「だってよ~、どうやらそのオバちゃん、間違ってたんだ、乗るバス。」
・・・よくぞ教えてあげました、ってか、よくぞここまで育ってくれて・・・(号泣)。

おはなみに いきませんか。

って、もう時期が遅いけどね・・・。お花見ってのは、日本人の恒例行事で、桜の花の下、花を愛でながら集うのよ、酒もご飯もあったりするけど・・・。

すると、RAさん。
「さくらって、どんな花?」
ん?オークランドも、こないだまでそこら中で咲いてたのに知らないのね?どうやら彼の国には無かったのか、それともただ単に興味がないのか・・・。

VIさんは、
「こないだまでローズガーデンフェスティバルやってたけど、日本人はバラとか他の花は『HANAMI』はしないの?さくらだけ?」
「そうだね~。さくらにしか使わないね、お花見って言葉は。」

あ、そうだ!PHさん、今度の春には日本でお花見できるね。
と、話題をそらし、また墓穴を掘りそうになったのを本題に戻し・・・。


今まで習った動詞を使って誘う形を勉強しましょ。

えいがをみに いきませんか。

おすしをたべに いきませんか。

のみに いきませんか。

前に習った形を覚えてますか?えいがをみます、おすしをたべます・・・。あれの『ます』だけ外して、あとの文をくっつけてね。それから、動詞の時に『コーヒーをのみます、おさけをのみます』、と習ったけど、ここは英語と一緒で、動詞の『のみます』だけならアルコールのことを指します。

飲まないヒトもいるこのクラス、じゃ、練習しましょ。返事してね。

甘党のRAさん、おすしを食べにいきませんか。
「はい、いいですね。」 チョー即答。
「SATOさん、すしすし言うのもう止めないか。腹へってしょうがない。」
ぷぷっ、RAさんったら・・・いつも遠くから来てくれてるものね。待っててね。

飲兵衛のPHさん、のみに いきませんか。
「はい、いいですね。」 こちらも チョー即答。ノンベ!

VIさん、どうぶつえんへ いきませんか。
「あ~、どうぶつえんは ちょっと・・・。」 毎日行ってるもんな(笑)。

口利きたくないけど(笑)旦那・・・やっぱ止めたったわ、ふんっ!


約束を取り付けるには、誘うだけでは成り立たず。日にち、時間、場所の聞き方、相槌の形を練習。
「オラー、頭悪ぃからよ、日にちとか時間とか、全部覚わっとらん。」
と、VIさん。
横からPHさんが、
「アンタだけじゃないわよ。アタシ、メモ持って歩かなきゃ、日本に行ったら。」
・・・大丈夫よ。数字覚えるのが嫌なのはみ~んな。このクラスだけじゃないわ。

そして、いよいよ最後のページ。家に呼ぶこと。

~さん、うちへ あそびにきませんか。

知らない国に来て、違う言語のヒトと友達になって、御呼ばれしたりされたりが出来るようになったらもう安心、1人じゃない。それは私が見て、感じたこと。
たとえ言葉が片言だろうが下手っぴだろうが、熱意と愛情、そしてその人の言葉を話そうとしてる努力が伝われば、自然と仲間は増えてくる。そして自信もついてくる。もっともっと興味が湧けば、もっともっと知りたくなる。

そんな楽しい勉強をして欲しかった。
そんなクラスにしたかった。

そんな気持ちを込めて(←どんな?笑)、今回はツナマヨの巻き寿司とお稲荷さん(ベジタリアンRAさん用)を少し、そしてまた!マドレーヌを夕方急遽作って、最後の30分を雑談&質問会にすることにしました。お酒はないけど、コーラとフルーツジュースで乾杯!さっきまで腹減った!と騒いでたRAさんの目ん玉、こぼれそう(笑)。あ、ほっぺたも?よっしゃよっしゃ・・・。

ホントに14回の長丁場、お疲れ様でした、そして今まで来てくれてありがとう。


最初はギクシャクしてたこのクラス、今日はたった4人でもワイワイガヤガヤ。

特に初めてのお稲荷さんに侃々諤々。お稲荷さんはキツネの神様というと、
「キツネが神様?」
「エジプトにはいただろ、キツネの神様。」
「インドはどうよ?」
「何でキツネの神様が、豆腐の揚げたのなの?」
と、最後の最後までこの調子。良かった~、授業終わった後で(笑)。

 口数の少ない(でも変な質問は最多、笑)のRAさんがまず口を開いた。
「ボクね、色んなクラスで勉強してきたけど、家で復習をしようと思ったのは初めて。覚えるのが楽しくって、来週はどんなのかな?って思うと、復習しとかないとついてけないからさ。病気で休んだ以外は全部来たでしょ?」
そうそう。用事以外は全部来てくれたよ。来なかったら心配になったもん。
どうして日本語を?
「面白そうだったから。機会があれば日本も見てみたくなったよ、今は。」

VIさんがひと言。
「日本人のお客も相手にするけど、こないだみたいに、日本語で返せて嬉しかったのは初めて。それにな、オレ最近、今までぜ~んぜん興味なかったのに、日本のニュースとか話とかが気になって読むようになったんだ。北朝鮮の拉致の話とか、新しい総理のこととかも読んだよ。」
「オレ、もっと来たかったよ。ガキのせいで、オレ自身は休んではないぜ<(`^´)>」
って、自慢するとこか(笑)?忙しいのに時間を作ってくれてありがとう。

PHさんからは、
「日本に行った時には・・・っていう楽しみと期待が増えたの。日本語はまだまだ不充分だけど、もっと出発までに勉強しなきゃね。」
2月には出発予定。今は日本での仕事、面接の返事待ちのPHさん。いい返事が来るといいね。ダメだったら・・・またここにおいでよ、来年も(笑)。←ってか、来年もあるのか、クラス?

旦那は・・・。
また日本に行って、前の生活ゼロからやり直す?今度は、友達少しだけは出来るかもよ(笑)。


Banner_01_111←今日も来てくださった皆さん、コメント頂いてる皆さん、そしてクリック応援、いつもありがとうございます。さてさて、日本語シリーズ2006(笑)はこれにて終了。そして来年は未定。

本当に印象の濃い(笑)クラスでした。インド人のRAさん、ギリシャ人のマークさん、イギリス人のPHさん、JAさんはトルコ、中国北部からビビアンさん、同じく中国南部からSHさん、南アの旦那、そしてVIさん、ジョンさん、キャリンさんがKIWI。1度しか来なかったLAさんは、多分オランダ系?訛りの多い様々な英語に苦戦もし、口々の質問に思いっきり辟易もしたけど(笑)、でもバラバラだったクラスのみんなから、最後にこんな嬉しい言葉を貰って感無量のSATO。
私も14回、しっかり楽しみました、ありがとう!!

|

« 私はアニータ?! | トップページ | 10年前。 »

コメント

Sato先生、お疲れ様でした!
最初はこのメンバーでいったいどうするんだろう?と(余計なお世話ですが)気をもんだものでしたが、なんか、最後はじ~んときました。
下手な例えだけど、先生がせっせと耕し、世話をした畑で、いろんな種が芽生えて育ち始めているような、そんな印象を受けました。
これから皆さんが自力でどんな花を開くのか、どんな実を結ぶのか楽しみですね。
私もこんな風に英語に出会えていたらな~、なんて思ったりして。
いや、こんな先生に出会えていたら、かな。


投稿: えみ | 2006年11月21日 (火) 16時10分

実は日本語シリーズずっと読んでました。でもコメントするのは初めてです。ごめんなさい読み逃げしていて。ただ今日のブログ読んでなんだか人事ながらちょとウルッときてしまい(何に?)思わずコメントせずにいられなくなり・・
SATOさんお疲れさまでした。私は今LA在住で、来た当時はESLに通ってたんですが、なーんかその頃を思い出させたんですよSATOさんの記事。私も好きなクラスは真面目に出席してたなーと思って。
SATOさんきっといい先生だったんですね。
来年も期待してまーす。

投稿: じゅかりん | 2006年11月21日 (火) 16時33分

初めまして♪
いつも読ませていただいていましたがコメント初です。
私もウルっときてしましました。(年のせいか。。。)
異国で(古い)しっかり生きていってるんだな~♪
ガンバレ!! と思いました。
風邪ひかないように・・・って夏になるんですね・・・
お元気で(^^)/

投稿: ctmc | 2006年11月21日 (火) 16時46分

SATO先生、とても良い授業でした!
ずっと日本語シリーズを楽しみにしていました。

学習意欲が持続する、楽しい授業だったんだろうなと思います。準備&当日の演技(?)、ご苦労様でした。

このシリーズを読むとクラス(SATO先生?)の熱が伝わるのか、私も前向きにがんばろうと思うことが出来ました。火曜日のだるさにカツを入れてくれてありがとう!ああっ、来週からどうしよう…

苺缶詰に感動した者より。ポチリ。

投稿: とおりすがり | 2006年11月21日 (火) 16時53分

とうとう終わっちゃったのね、日本語クラス。
なかなか個性的なキャラクターが多くて楽しませていただきました。
14回本当にお疲れ様でした。
日本語のみならず、日本の文化、国にまで興味持ってもらえたなんて大成功じゃ有りませんの。
これもひとえにSATOさんの努力の賜物です。
ああ、でも次回から日本語クラス読めないって寂しいわ。
来年、中級是非やって欲しいわ~、と読者は勝手に願っておりますです。

投稿: hiyochan | 2006年11月21日 (火) 17時36分

あっあ~最終回なのに出遅れちゃった~!!
SATO先生、14回本当にお疲れ様でしたm(_)m
最初は「クスクス笑っちゃうから好き」って感じで読んでました、私。 でも、回を重ねるごとに“イブンカ”に触れるということ、そして他人とコミュニケーションをとるということの意味をちょっと考えるようになりました。そういう意味で私もSATOさんの生徒だったかも...。
SATO先生、これからもビシビシご指導願います!

生徒さんみんな立派な大人なのに、まっさらな状態から外国語を学ぼうとする姿勢、尊敬に値しますね。そしてその人たちの意欲を上手に伸ばしていったSATOさんもやっぱり凄い人です!!来年も日本語クラスあるといいなぁ~

ジョン爺さんにきちんとお別れ出来なかったのが悲しいです(泣)

投稿: noelpion | 2006年11月21日 (火) 18時15分

SATO先生 お疲れ様。
最後の最後でマジ感動しちゃいました(:;)

~さん、うちへ遊びにきませんか? 以下の一説。
ホントそうなんです!熱意と情熱!!伝えたい気持ち!!
やっぱりSATO先生はわかってらっしゃる!!

来期も是非!!と数千キロ離れた地より熱望いたします!!
"You'r  the  special  teacher  for  us"
(最後になんちゃってイングリッシュ♪笑)
けど、あってるかしら・・・・あは(汗)。

投稿: take | 2006年11月21日 (火) 18時22分

とうとう終わってしまったのですね・・・。
私も今日は読んでいてウルウルしてしまいました。
来年も是非。で勢いで(勢い?)本も出しちゃってください(え?)

ところで夫婦喧嘩はどうなっちゃったんでしょうか。
まさか・・・(現在妄想中)・・・えぇ~?
仲良くしてくださいませ。

投稿: こたつ猫 | 2006年11月21日 (火) 19時40分

14回、お疲れ様でした。
私、個人的には来年も、また日本語クラスを是非!!

私もこの間、初めて生徒さんたちと親睦会を。。
やはり、普段レッスンの時には聞けない話しなどが聞けて、
嬉しかったです。

先生も生徒も楽しみながらできる!
これサイコーですよね(*^▽^*)

投稿: sop | 2006年11月21日 (火) 20時34分

SATO先生、お疲れ様でした☆
読んでいて、感動しました~。
SATOさんの熱意が伝わってよかったですね。
でないと、みなさん、こんなコメント残しませんよね。

日本のことを興味持っていただけて、
なんだか、私もうれしいです。
SATOさんが異国の地で、
こうやって日本のことを伝えてくださってるんですね。

しかし、巻き寿司とお稲荷さんなんて、さすがです!
あ、お吸い物と茶碗蒸しが食べたくなってきた。(笑)

投稿: まき | 2006年11月21日 (火) 22時24分

こんにちは。(こんばんは?)
日本語最終回に、初コメントです。。。

SATO先生、お疲れ様でしたぁ♪
いやぁ、やっぱりおもちろい!このクラス!
生徒の皆さん、脱線しすぎっ(笑)
あ、でも最終回は脱線も少なかったのかしら?

日本語って教えるの難しそうですね。。。
念押しの「ね」なんて、日本人は意識したことないかも!?

それにしても巻き寿司にお稲荷さん、先日のシュークリーム、
SATOさん、すてきな奥様まっしぐらですねぇ。
見習おうっと。

ダンナ様とは仲直りしました?

投稿: ちえみ | 2006年11月22日 (水) 00時21分

SATO先生♪

なんだかうるっときてしまいました。・・(//v///)

卒業なんですね~・・。

SATOさんがおつくりになった日本語教室の輪が、オークランドで

どんどん広がっていくといいですね~♪

お疲れ様でした。(^ ^)

投稿: ティー | 2006年11月22日 (水) 01時51分

そうなんだね。
生徒が学びたい気持ちがあって、
教師が覚えて欲しいと情熱を傾ければ、
学級崩壊もいじめもない素適なクラスが出来る。
その見本だね、sato先生。

習い始めて、学習したはずの事が何故か定着せず、
脳細胞が脱水症状を呈している感満載でも、
ある日突然TVで流れてきた言葉が聞き取れた時、
ニマッとして心の中Vサインよ。
VIさん、良かったね。
嬉しいと、もう一歩踏み出す勇気が出るものね。

前期・後期、先生の悪戦苦闘は当然大賞賛だけど、
それにも増してクラスの面々に、沢山々々の力を貰った気がする。
どうやったら伝わるかわかんないから、ここで失礼。
「sato先生 ありがとう」
「生徒の皆さん ありがとう」

投稿: Futa-bar | 2006年11月22日 (水) 04時21分

多くのコメント、ありがとうございます。
>えみさま、
>私もこんな風に英語に出会えていたらな~、なんて思ったりし
>て。いや、こんな先生に出会えていたら、かな。
あらま、奥さん。誉めてもろても何も出やしませんわよん(笑)。
今度、そっちの近所で日本語教えちゃってくださいな、奥さん。
だいじょぶだいじょぶ、ワシでも出来た。

>じゅかりんさま、
>実は日本語シリーズずっと読んでました。
おお、マニアの方でしたか(笑)。コメントありがとうございます。
>私は今LA在住で、来た当時はESLに通ってたんですが、
おお、アメリカからありがとうございます。
いいなぁ~、アメリカ、それも西海岸・・・(遠い目)。
そちらで、じゅかりんさんも頑張ってくださいね~。

>来年も期待してまーす。
え・・・そ・・・そりは・・・(~_~;)。

>ctmcさま、
初めまして。コメントありがとうございます。
>異国で(古い)しっかり生きていってるんだな~♪
>ガンバレ!! と思いました。
いえいえ、私、いまただのヒッキーで・・・(笑)。
はい、頑張ります、来年はぁ~・・・(←失格ですね、笑)。

また遊びに来て下さいませ。

>段々『通りすがり』でなくなってきた、とおりすがりさま(笑)、
>ずっと日本語シリーズを楽しみにしていました。
あら、ここにもマニアの方。ありがとうございます。

>火曜日のだるさにカツを入れてくれてありがとう!
>ああっ、来週からどうしよう…
ぷぷっ、間違って来てくれてもクラスの分はありませんからね~。
火曜日に、シリーズ読み返しちゃう?

>hiyochanさま、
>次回から日本語クラス読めないって寂しいわ。
ねぇ~。結構無い方も詰まんなかったりするのよ、これが。
>来年、中級是非やって欲しいわ~、
鬼どころか、私も笑います・・・。ってか、ガッコの担当者がチョーテキトーだからねぇ~(笑)。

>noelpionさま、
>最初は「クスクス笑っちゃうから好き」って感じで読んでました
あ、それが正しい楽しみ方です。授業やってて、ブログにしてる本人がそうですから(笑)。
>他人とコミュニケーションをとるということの意味をちょっと考
>えるようになりました。そういう意味で私もSATOさんの生徒だっ>たかも...
>SATO先生、これからもビシビシご指導願います!
あらま、そんなありがたいお言葉を賜ってしまって・・・。
ビシビシしていいんですか?(←結構ドS、笑)

>ジョン爺さんにきちんとお別れ出来なかったのが悲しいです
メールします?ダンスが付いてきますけど(笑)。

>takeさま、
>最後の最後でマジ感動しちゃいました(:;)
ねぇ~。このクラス、私も最後に驚いたのよ、いや、マジで。
>~さん、うちへ遊びにきませんか? 以下の一説。
>ホントそうなんです!熱意と情熱!!伝えたい気持ち!!
ってか、言い換えれば『気合』かしら・・・?え?

>こたつ猫さま、
>私も今日は読んでいてウルウルしてしまいました。
いや~ん、ありがとうございますぅ、奥さん。
>で勢いで(勢い?)本も出しちゃってください(え?)
え?勢い(勢い?)で出せるものなの?
身内だけの分、ってことで、自費出版でもするか?←ウソ。データのバックアップもしてないアタシ。飛んだらパー。

>ところで夫婦喧嘩はどうなっちゃったんでしょうか。
>まさか・・・(現在妄想中)・・・えぇ~?
さすがこたつ猫さま、ナイス突っ込み。だから好き♡ え?

>sopさま、
>個人的には来年も、また日本語クラスを是非!!
ねぇ~。生徒さん集まらんとどもならんのですよん。
最少5人。なかなか壁は高いです。

>私もこの間、初めて生徒さんたちと親睦会を。。

>先生も生徒も楽しみながらできる!
>これサイコーですよね(*^▽^*)
ホントに。センセが楽しいなら、それが伝わるんでしょうね。
いつもやってらっさるsopさん、ソンケーします。

>まきさま、
>日本のことを興味持っていただけて、
>なんだか、私もうれしいです。
ねぇ~・・・。とんだ副産物でした(笑)。

>巻き寿司とお稲荷さんなんて、さすがです!
>あ、お吸い物と茶碗蒸しが食べたくなってきた。(笑)
自分も食べたくなってきちゃった・・・。茶碗蒸し(笑)。

>ちえみさま、
>日本語最終回に、初コメントです。。。
こんにちは。コメントありがとうございます。

>いやぁ、やっぱりおもちろい!このクラス!
>生徒の皆さん、脱線しすぎっ(笑)
>あ、でも最終回は脱線も少なかったのかしら?
いや、ありましたありました・・・。書ききれないので割愛(笑)。

>日本語って教えるの難しそうですね。。。
普段、喋る分には全然疑問を持たないですしね。
きっと、日本の英会話の教師も一緒なんです。
おまけに、考えもしない質問が飛んでくるともうアウト(笑)。宿題にして!って叫んで・・・来週触れない(笑)。ズルい。

こんなんでよければ、またお越しくださいな。

>ティーさま、
お久し振りです。
>なんだかうるっときてしまいました。・・(//v///)
いやいや、こちらもビックリ!なんです・・・(笑)。
>卒業なんですね~・・。
ってか、初級入り口、ってとこから中入ったばかりですかも?

>SATOさんがおつくりになった日本語教室の輪が、オークラン
>ドでどんどん広がっていくといいですね~♪
ねぇ。これでみんなが『日本人の友達出来た!』って言ってきたら最高ですよね?
そしたら報告はくれるかな~・・・?

>Futa-barさま、
>学級崩壊もいじめもない素適なクラスが出来る。
と~んでもないっすよ、師匠!!
ほら、ウチはみんな大人だから・・・。
ところで、虐めは日本特有なんでしょうかね?

>ある日突然TVで流れてきた言葉が聞き取れた時、
>ニマッとして心の中Vサインよ。
>嬉しいと、もう一歩踏み出す勇気が出るものね。
そうなんです。それで、次も行こうかな・・・って気になればもうけもん。頑張れ、Futa-barさん!
ってか、最近英語のクラスはどうですか(笑)?

投稿: SATO | 2006年11月22日 (水) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4256126

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!日本語最終回!:

« 私はアニータ?! | トップページ | 10年前。 »