« んもうっ! | トップページ | 我が身知らず。 »

2006年11月 1日 (水)

悲しいお知らせ

 今朝、ビックリしましたよ、ったく・・・。だってね、昨夜の間にコメント沢山頂いてたのに、アクセス0って書いてあるのよ、ゼロ!

・・・1日経って、やっとついさっき、問い合わせの返事メールが来ました。
「当窓口で確認したところ、現在ココログフリーをご利用の一部お客様において、アクセス解析数値が正しく表示されないという障害が発生しておりました。」

でそでそ。ふんっ。いったこっちゃない。

ってな訳で、昨夜からの数々のメールやコメント、負けじと応援クリック(笑)、本当にありがとうございました。グシッ・・・。もう泣きません・・・。

と思ったところだったのに、悲しいお知らせが今晩突然飛び込んできました。

どんな悲しいお知らせか、というと・・・。

折角チョコを買って用意してたのに、誰もハロウィン来なかった!とか、
じゃ~食べちゃえ!と食してみたら、それがクソまずいチョコだった、とか

などというのは、さっきまで。

それよりもっともっと悲しいお知らせ・・・。


覚えてらっさいますか、隣りのハンター、アホネコのモプシー♀。

Photo_32

そう、このヒト・・・。

もう、このアホ姿を見ることが出来なくなってしまいました・・・。
Photo_33

この、アホな頭(←ヨソのネコに失礼)を、もうなでることも出来ない。

ウチのピカソとハナのよきライバルだったのにね・・・。

もう夜中にパトロールも出来なくなっちゃったね、ピカソ。

・・・ついさっき、遠いところに旅立っていっちゃった。

交通事故。

「今晩は、実家で両親と、モプシーと一緒に過ごすことにしたわ。」
と、さっき、泣きべそ顔の隣りのお姉ちゃんに連れられて出かけていきました。

外傷はなく、まるで眠ってるみたいだったのが、せめてもの救い・・・。

モプシー。アナタ、最後まで近所を騒がせたわね。

今度は落ち着いたコになってくるんだよ・・・(笑)。

また、いつか・・・・ね。

_1233 またね。

・・・さよなら、モプシー。

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。本当に毎日励みです。グシッ。

ピカソを飼った時に、「ネコは外に出さないと可哀想では?」と言う旦那を、「こんな幹線道路の前に住んでるのに、事故にでも遭ったらどうするの?!」と、室内ネコとして育てることにした私。今、2匹はヒーターの前で平和にぐーすか・・・。良かった、と思う半面、ヨソさまのネコでも、さっきから泣きべその私・・・(T_T)。ここまでくるとバカです・・・(恥)。


明日はましな記事を書きますね。またお越し下さいませませ。グシッ・・・。

|

« んもうっ! | トップページ | 我が身知らず。 »

コメント

SATOさん機嫌直ったかしらと覗いてみれば・・・。

なんで~。
にゃんこの悲しい知らせ、今日2件目だわ(T_T)。
モプシーちゃん、もっと見たかったのに。
猫は9回生まれ変わる(だったと思う)って言うから
今度はおしとやかな子になって戻っておいでね・・・。

投稿: こたつ猫 | 2006年11月 2日 (木) 01時32分

ホントにショック.....。
数日前のあのご機嫌な姿、「毎日が楽しいにゃ~♪」って聞こえてくるようだったのに。
お隣さんの今の気持ち考えると辛いなぁ.....。
本当に可愛い子だったのにね (;_;)
でも今頃は“虹の橋”で元気に「ひゃっほ~♪」って走り回ってるわ!

投稿: noelpion | 2006年11月 2日 (木) 02時37分

愛すべきアホ猫のご逝去をいたみ謹んでご冥福をお祈り致します。
あ~、もう鼻が詰まって息が出来ない。 
人間のことだとかなりクールでいられるのに動物のことだと
バカみたいに涙腺弱いんですよねぇ。  
チクショウ~、死んじゃったか・・・・。

投稿: akikoma | 2006年11月 2日 (木) 02時39分

えー!!
ウソでしょ?!

実は、我が家でも先週、16年飼ってたダックス(Sダップルでペコりんとお揃い)が、老衰で亡くなりましたの…。
でも年も年だし、少しずつ兆候は見えてたので、覚悟は出来てましたよ。
悲しいですけどね。

でも、何が一番悲しいって、突然のお別れほど辛い事はありません。

モプシーちゃんのご冥福をお祈りいたします。
そして、SATOさんが元気になられますように!

投稿: まりりん | 2006年11月 2日 (木) 03時24分

相方と、数日前、写真で盛り上がったばかりでしたのに。
交通事故ですか。
辛いですね、そういうお別れは。
今度は、もうちょっと田舎に生まれておいでね。

投稿: hiyochan | 2006年11月 2日 (木) 03時51分

そうなんです。うちも猫を飼うのを躊躇しているのが、うちの前の道路で、もっと静かなところだったらとっくにSPCAからもらってきているのに・・・。(先日自分の車の目の前に猫が飛び出してきた時はすんでの差で止まりました)
モプシーちゃん、安らかな旅立ちでそれだけが唯一の救いですね

投稿: ひつじ | 2006年11月 2日 (木) 07時15分

モプシーちゃんのご冥福をお祈りします。。
ほんとに今度は車のあまりいないところに
生まれてきてね。。

そう、ニャンコの飼い方は意見が分かれるところですが、
我が家も完全家猫の道を選びました…
せめてもと、縦移動ができるタワーを設置して。。

昨晩、別の理由で…とあったので気にはなっておりましたが。
元気出してくださいね~。
岩鬼の「ぬお~~」で!
ドカベン全巻持っているマニアより(^^;)

投稿: sop | 2006年11月 2日 (木) 11時39分

ええっ、あんなに元気いっぱいノーテンキ♪だったのに、突然!?
かわいそうに・・せめて、苦しまずに済んだのであればと思わずにいられません。
ピカソ君もハナ嬢も、張り合いなくなっちゃうね・・
合掌。

投稿: えみ | 2006年11月 2日 (木) 12時39分

えっ・・・

アホというのは関西では最大の賛辞で(ホントよ)
アホ猫モプシーはとっても関西人好みだったの。

突然のことで、やりきれないですね・・・

投稿: ふーたまま | 2006年11月 2日 (木) 13時35分

ほんと悲しいお知らせでした・・・涙。

大人になればなるほど生き物を飼う勇気がなくなってる私。
子供の頃飼ってた小鳥との別れがとても悲しくて。
心の準備がないままに突然のお別れで、隣人の方も辛かったでしょうね・・・。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: take | 2006年11月 2日 (木) 15時47分

SATOさんがブログで紹介してくれたばかりなのに…本当に悲しいお知らせでした。
黒猫には特に思い入れがあったので、モプシーの記事には楽しませていただきました。
それが、こんなにあっけなく…儚いもんですね。
でも自由気ままなモプシーも、しっかりお隣さんに愛されていたのがわかって…よかった。
私も我が愛猫たちとの時間をもっと大切にしなきゃ。
教えてくれてありがとう…さよなら、モプシー。
モプシーを紹介してくれて、ありがとうSATOさん。

投稿: ねこの足跡 | 2006年11月 2日 (木) 18時15分

モプシーちゃんの件、今の私にはとても人事ではありません。。。
モプシーちゃん、天国で我が家のゴンチャンと仲良くしてね。

実は仕事場で猫を飼ってる(居座られてる?)んだけど、
絶対外には出しません。
と言うのも以前出してて交通事故に。。。
今ではすっかり元気なものの、治療費にビックリ!ドッキリ!
しばらく塩を舐める生活でしたの。。。
猫の安全性の為にも飼い主の為にも室内飼いも必要だと
実感してる今日この頃です。。。

投稿: ひさみん | 2006年11月 2日 (木) 23時11分

モプシーちゃん、お気の毒でした。
交通事故とは・・。野良猫でもないのに。
SATOさん、湿っぽくならないように書いてらっしゃるけど、
それって、全くの飼い主の管理不行き届きですよね。
それを思うとほんとに可哀想。
ひさみんさんの仰るとおり、猫だとて外飼いは危険ですよね。
と言ってもNZにことだから仕方ないけど。

モプシーちゃん、安らかに。
SATOさん宅のお二人も車には気をつけてね。

投稿: もなか | 2006年11月 4日 (土) 19時03分

皆さんからのメッセージ、お隣さんに伝えました。
彼女から「ありがとう」だそうです。

本当に突然だったからね・・・。

>こたつ猫さま、
>モプシーちゃん、もっと見たかったのに。
ねぇ。もっと写真撮っとくべきだったな、って思いました、私も。
>猫は9回生まれ変わる(だったと思う)って言うから
>今度はおしとやかな子になって戻っておいでね・・・。
フントにねぇ~。おっちょこちょいのオテンバが、また可愛かったんだけど・・・。次は大丈夫よね?

>neolpionさま、
>「毎日が楽しいにゃ~♪」って聞こえてくるようだったのに。
本当にこんな感じのノーテンキ(笑)なネコでした。
>今頃は“虹の橋”で元気に「ひゃっほ~♪」って走り回ってる
そうですよね。またねずみ追っかけてるかも(笑)?

>akikomaさま、
>人間のことだとかなりクールでいられるのに動物のことだと
>バカみたいに涙腺弱いんですよねぇ。  
あ、わかりますわかります。
私も、どうぶつモノのTVを見てどれだけ涙したか・・・(笑)。
テレビでも泣くんだもの、未だに、昔飼ってたネコのことを思い出すと、即泣く自信あり。コドモが親を選べないのと同様、動物も飼い主を選べませんしね。

>チクショウ~、死んじゃったか・・・・。
ったくよ~~っ。ちぇっ・・。ですね。

>まりりんさま、
>実は、我が家でも先週、16年飼ってたダックス(Sダップルで
>ペコりんとお揃い)が、老衰で亡くなりましたの…。
え~~っ!ウソでしょ?
じゃ今はネコ2人と犬1人ですか?ってか、1人って・・・(笑)。
16歳は大往生。分かっていても悲しいですよね。

>何が一番悲しいって、突然のお別れほど辛い事はありません。
たまたま、彼はその晩出張。彼女は前日にAUSから帰ってきたばかりだったそうです。彼女が、
「帰ってきてからたった一晩しか見てないのに・・・。」
と、また号泣。彼もタフそうに振舞ってはいるものの赤い目で、ウチに来てくれました。モプシーも短い人生(猫生?)だったけど、思う存分遊んだだろう、と思います。
>そして、SATOさんが元気になられますように!
ありがとう、まりりんさん。ウチにはアホが2匹いますから、泣いてられませんな(笑)。

>hiyochanさま、
>相方と、数日前、写真で盛り上がったばかりでしたのに。
あの、アホ猫ショットは自分でもよく撮れたって思ったわ。
でもね・・・やっぱりソト猫はね・・・。
>今度は、もうちょっと田舎に生まれておいでね。
NZでも充分田舎なんですけど(笑)、幹線道路沿いでは・・・ね?

>ひつじさま、
>もっと静かなところだったらとっくにSPCAからもらってきている
お宅も幹線道路沿いですか?私がアレルギーなのもあって、ウチは室内飼いにしました。最近NZでも室内猫は増えているそうです。
>モプシーちゃん、安らかな旅立ちでそれだけが唯一の救いですね
本当にね~。眠ってるようでした。

>sopさま、
>ほんとに今度は車のあまりいないところに生まれてきてね。。
NZってだけでも充分田舎ですが、やはり幹線道路沿いだけは、ね?

>ニャンコの飼い方は意見が分かれるところですが、
>我が家も完全家猫の道を選びました…
ウチは高さこそないものの、走り回ったり勝手に飛び跳ねたりしてます。初の多頭飼いで不安だったのですが、彼らは彼らなりに室内のテリトリに慣れたようですし・・・。

>元気出してくださいね~。
ありがとうございます。もう大丈夫です(*^_^*)
ってか、ヨソさまの猫なのにね(^_^;)。

>ドカベン全巻持っているマニアより(^^;)
おお~~っ!大人買いですか(笑)?

>えみさま、
>かわいそうに・・
>せめて、苦しまずに済んだのであればと思わずにいられません。
本当にね。いつもフラフラ寄ってきたから、車を停めるたびに未だにキョロキョロしちゃいます。ヨソの猫なのにね(^_^;)・・・。

>ピカソ君もハナ嬢も、張り合いなくなっちゃうね・・
ピカソがその日の晩、夜通しじーっと窓辺にたたずんでました。
不思議ね。でもなんか分かるんだろね、猫って。

>ふーたままさま、
>アホというのは関西では最大の賛辞で(ホントよ)
>アホ猫モプシーはとっても関西人好みだったの。
ホントにアホ猫だったんですけどね~。
アホ道を極め、アホは車に飛び出してしまったのでしょう。
ってか、極めすぎじゃっ、アホモプシー!!
ホンマにアホやわ・・・・。

>takeさま、
>大人になればなるほど生き物を飼う勇気がなくなってる私。
私も、日本に置いてきた猫との別れ以降、絶対飼わない!って思ったのに、血中猫濃度が・・・。いや、ウチとピカソの出会いはまた特別だったので、彼は前の猫の分まで甘やかすつもりです(笑)。

>心の準備がないままに突然のお別れで、隣人の方も辛かったでし
>ょうね・・・。
ね・・・。ベソかきながらこないだ猫グッズ片付けてました。

>ねこの足跡さま、
>黒猫には特に思い入れがあったので、モプシーの記事には楽しま
>せていただきました。
>それが、こんなにあっけなく…儚いもんですね。
ねこの足跡さんも、黒猫オーナーさんですか?真っ黒な猫は、きっと暗闇では見つけにくいものだった、と思います。なんせウチの旦那もガレージに閉めこんじゃったくらいですし・・・(笑)。

散々近所を騒がせ(笑)、自由に遊んでいたモプシーのことですから、今もねずみや鳥をまた(笑)追っかけてるでしょう。

>私も我が愛猫たちとの時間をもっと大切にしなきゃ。
本当にそうですよね。ほぼ間違いなくペットの方が先に逝きますからね、ニンゲンより。飼い主を選べない分、幸せにしてあげなきゃ、ですよね。
>モプシーを紹介してくれて、ありがとうSATOさん。
もっともっと写真を撮りたかったです、アホネコの(笑)。

>ひさみんさま、
>モプシーちゃん、天国で我が家のゴンチャンと仲良くしてね。
モプシーの英語通じるやろか?って、猫でしたね(笑)。
>と言うのも以前出してて交通事故に。。。
>今ではすっかり元気なものの、治療費にビックリ!ドッキリ!
保険利かないしね~っ(涙)。
たまたま日本で猫を飼ったばかりの頃、友達の猫が猫エイズになり、逝ったのね。その彼女が、
「猫を思うなら、室内飼いにしてあげて。」
と言ったのがきっかけでした。事故、病気、怪我・・・管理も世話も飼い主の義務よね、どんな動物でも。

ウチも急な出費も受け入れるわ、2匹分でも・・・(笑)。

>もなかさま、
>ひさみんさんの仰るとおり、猫だとて外飼いは危険ですよね。
>と言ってもNZにことだから仕方ないけど。
NZ、室内飼いが増えた、とは言え、ソト飼いのネコが未だに主流です。夕方にもなると、庭先に猫が各種涼んでいます(笑)。
田舎のNZ、急に人口が増えたのと同様、猫も急に増えた交通量にもついてけてないのかも?
特に、猫って目の構造上、ヘッドライトがまぶしすぎて、道の真ん中で一瞬止まりますしね・・・。で、撥ねられちゃう・・・。

>SATOさん宅のお二人も車には気をつけてね。
ありがとうございます。
室内飼い、うっかり外に出た日にゃ、それこそ大パニックになるでしょうから、特に気を付けてあげないと・・・ですね?

投稿: SATO | 2006年11月 4日 (土) 23時25分

モプシーちゃんのご冥福をお祈りします。

何か悲しい話ばかり聞いてしまうこの頃です。
隣人が猫6匹遺棄事件で、いろいろがんばっている所なので、よろしくです。

投稿: kima56 | 2006年11月 6日 (月) 22時40分

>kima56さま、
リンク拝見しました。
こちらNZでは、日本ほど虐待の話は聞かないような・・・。
私が知らないだけなのかしら?

いくつかの殺人事件、最初の注意信号は動物虐待、とか・・・。
何か大きな事件のきっかけになる前に何とかして欲しいですよね。

投稿: SATO | 2006年11月 7日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4031133

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいお知らせ:

« んもうっ! | トップページ | 我が身知らず。 »