« ありがとう!日本語最終回! | トップページ | 春の味覚 »

2006年11月22日 (水)

10年前。

え~っと・・・。てへへ・・・(←照れてる)

思いがけず頂いた、
「感動した!」
と、K泉J一郎さんのような(笑)沢山のコメント、クリック(←は直接読めないけど)。本当にありがとうございました。全然誉められ慣れてないニンゲンなもので、え~っと、今日からどしたらいいのか・・・(笑)

と、マジ悩みましたが、頂いたメールから、ふと思い出したこんな話を。

そりも初のドキュメンタリータッチに挑戦っ。
目指すところは、じゃぁ~・・・『プロジ○クトX』って感じ?(←厚かましすぎ)

田口トモ○ヲさん呼んでこなきゃっ、好きなの、あの人。ふふん♪

♪ん風の中のすぅ~ばるぅ~~・・・・♪ あ、痛っ、痛いわっ!ゴメンなさい!


10年前、1996年9月。たった1週間だけど取れた休み。
わたしはネパールの首都、カトマンズにいた。

それはあの国で紛争が起きるもっと前の、本当に穏やかで長閑だった頃。

雨の夕方。標高1350m。盆地にあるこの空港、着陸はとても難しいと聞く。
雨、夜、ポンコツ飛行機。・・・ドキドキ。

ドン、というタイヤの音。振動。無事着陸。耳がツンとしたままなのは標高のせいかな?機内中の見知らぬ人達、緊張の魔法が解けたような拍手喝采(笑)。このパイロット、どこか大きな会社でスカウトしてあげて!

初ネパール。当時もっと下手っぴな英語で何とか査証入手。これも初めて。
バックパックを手に、早足で空港の外に。雨でもどこかホコリ臭い(笑)。

当時、一応市内の豪華ホテル以外(←泊まってないけど)では、きっとここだけにしかないかも?と思わせる空港の自動ドアが開いた途端、
「カバン持ってあげるよ~。だから日本のコインをちょうだい!」
「ボクが持つんだ。」
「違うよ、僕が先に声かけたんだ!」
と片言の英語。乗客に群がる数え切れないほどのずぶ濡れの子供達。これは重要な彼らの仕事。

ゴメンネ。キミ等に何もし続けてあげられないんだ・・・、と一時の施し気分などには全く浸る気にもなれず、早足で通り過ぎる。

乗り込んだのは古い白バン。・・・あ、かつて白だった、ってのが正しい。シートは穴あきでボロボロ。ま、乗ってた『ロイヤル・ネパール航空』の機材の座席も、スプリング飛び出てたから、よく似たものか。・・・え、違う?(笑)

本当は、郊外のポカラにトレッキングにでも出たかったんだけど、この休みのために、嘘つき上司とやりあい、むきになって直前まで仕事をしてたせいか、それとも緊張からか(←知恵熱?)熱がでたので取りやめた。ゆっくりしよう。

雨季の終わり、天気は連日どんより曇り。来る時、日本は台風が二つ並んでた。

ざっと地図を眺め、宿の場所を確認。旅行者地区のすごくはずれ、安いはず(笑)。
大体の形と今日の目標を頭に入れたら、カバンにしまう。知ったかぶりで(笑)、町を端から端までただブラブラ歩いてみる。

泊まった安宿も、偉そうに『ホットシャワー完備』とあるけど、古びた太陽熱利用、とは聞いてない。この曇り続き。生ぬるいのは最初の5秒だけ。後は水・・・・。ワシ、風邪引いてまんねん!(←知ってるヒトは知っているCM。古ッ!笑)

安宿から見えるスワヤンブナート、別名モンキーテンプル。結構近そう。行くか。

空にはコンドル。まるでコンドルに張り合うかのような凧たち。
車の前をのんびり横切る牛達。寝そべる豚。
野良犬か飼い犬か区別がつかない犬。なぜか猫をみたのは1度だけ。

道端でただ集ってる大人。修行僧。露天商。土産物屋。働く女達。

何気に捕まえた自転車タクシーは、痩せっぽちの子供。
「ボクはカトマンズヘリコプター!」と張り切って漕ぐ彼。…へりは飛ぶよ(笑)?

すれ違うのは、熱心なタイガーバーム売り(笑)。そしてお土産モノ売り。
たまに固まってヒソヒソしてるのは、きっと怪しいもの売り(笑)。そして酔ったようなガイジン達。くわばらくわばら・・・。

溢れるポンコツ車、オンボロトラック、ズタボロバス、そしてバイク。それぞれに満載なのはヒトだったりする・・・(笑)。舞う土ぼこり。客を乗せて行き交うリクシャ、自転車タクシー。

旧王宮を中心に放射状に広がるバザール。当然迷ってるいつもの私
私が迷うためにあるような町(笑)?ま、いっか。徒歩だし、迷っても距離は知れてる。

節電のためか、夕方になるとふと消えちゃう町中の電気。店内に灯るロウソク。みんな停電なんて慣れたもの。問題は、開いてるのか閉まってるのか、の判別が難しいこと(笑)。

そんな小さな町を、来る日も来る日も足が棒になるまでフラフラ。

モンキーテンプルには、本当に猿が一杯・・・あ、だからだ(←当然、笑)。

ただフラリと入ったセーター屋で、油を売りに通うこと数日。
買う気はそんなにないけど、お約束で値切ってみたりして・・・(笑)。

「日本人は金持ち。安くしなくてもみんな買っていく。お前もそうしろ。」

決して値段を安くしないおっさん、それも命令形?
けっ、めちゃくちゃ吹っかけてる癖にやなこった。意地でも負けさせたるわいっ!!それに誰よ、こんなべらぼうな値段で買ってったヒト?!後に来た貧乏人が迷惑してます(笑)。

「どうせ明日も来るんだろ?じゃまた明日なぁ~!」
って言われた次の日からは、アホ臭くなって行くのを止めた。

さて問題。私と店の主人、暇なのはどっちだったのか・・・(笑)?


何日目だったか忘れちゃったけど、ふと耳に飛び込んできたのは、

「コッニチワ~。ニホノ レストラントデスゥ~。ドゾ タベテ クダサイ~!」

不思議。こんなところで聞く日本語。ちょっと違うけど・・・。

食べる気なんてまるでなし。でも興味半分、その声の方に。どうせ急いでないし。

「オオッ、コニチワ~~!ニホノ レストラント!ドゾドゾ!」
と、腕を引っ張るのは、157cmの小さな私の、あごの高さまでしかない男の子。紺の詰襟上着に帽子、格好と呼び込みの熱心さは一人前以上(笑)。

「しごと?」

日本語も英語も理解できず、キョトン。決まったセリフは言えるようだけど。

「ごめんね。日本のご飯はいらないの。またね。」

「コニチワ~。ハロー?ハロー?」

オチビの呼ぶ声に少し後ろ髪を引かれながら、またフラフラ。

本当によく似た道。よく似た店。バザールは、何を目印にしてたのかも分からなくなるような放射状の道。1本道を間違えると、放射状に目標から遠ざかってる。

・・・え?方向音痴の私だから余計かな?・・・そうかもな。

持ってた地図も出さずに、楽しんで率先して(笑)迷った。
危うく宿に着けないような日もあったけど・・・(苦笑)。

帰りの飛行機は夜発。
最後の昼間、町をまたふらつく。

明日からはまた、あの嘘つき上司と仕事か・・・。ちぇっ。

また懲りずにふと迷い込んだ道で、誰かが袖を引っ張る。

・・・ん?知り合いはいないぞ。

それは、お昼ご飯の器を手にした、あの日本食レストランのおちび。
まだ上着は着てないけど、ズボンはあの紺。

「ご飯時なの?これからまた仕事?」

もちろん返事はなし。彼も仕事中ではないから、どんぶり片手に無言(笑)。

「今日の夜、帰るんだ。キミも頑張るんだよ。いつか日本においでね。」

もちろん分かる訳ないけどね。じっと見てる。

「じゃね。バイバイ。」

バイバイ。
片手には相変わらずどんぶり。口いっぱい頬張ったまま(笑)。

・・・たった1週間の休み。
別の空間に紛れ込んでしまった私の1週間。


帰宅。着いたのは、いつもの部屋といつもの猫。

私は、受講可能な日本語教育講座を探し始めた。


♪ヘ~ッドラァ~ィ、 テ~ルラ~~ァァイ♪ ああ、痛っ!許して、もうしませんっっ!
触りだけなのに番組(番組?)は終わり。続きの紆余曲折はなしってことで・・・。 あ、痛いっ!

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。毎日本当に励みになってます。
いやぁ・・・こんな話、何で思い出したんだろ。それもケッコー真面目に書いちゃった・・・。恥ずかしっ(←んなら書くなよ、自分)。でも10年前の話。今、町は変わったんだろなぁ~、そしてあのおちびの彼も。・・・と、ここでゲスト。その彼が大人になって登場!ってのはなくてよ(笑)。
明日からは通常営業のすっとこブログに戻る予定。どうぞ期待してください。あ、いや・・・すっとこなので期待しないでください(←?)。

|

« ありがとう!日本語最終回! | トップページ | 春の味覚 »

コメント

すばらしいわ・・・
SATOさんの人生も文章力も!
プロ○ェクトXなんてメじゃなくってよ!(笑)

ちなみに、
風の中のすーばるー♪は
心臓マッサージにちょうどいいリズムですって(笑)

投稿: ふーたまま | 2006年11月22日 (水) 13時12分

かっこいい!SATOさん

投稿: Nyanmama | 2006年11月22日 (水) 13時19分

ネパール、一度行ってみたいです。異次元のような世界を体験しに。
近頃はすっかり根っこが生えてしまったようですが、私も一時期、旅に夢中になってました。
10年前の今頃・・仕事でもプライベートでも失敗して、しっぽ巻いてNZ離れたんだっけ。今思えば自分が甘かったんだけど、スランプ真っ只中だったなあ。
って、わざわざ人様のコメント欄に恥をさらしてどうする?>自分。

投稿: えみ | 2006年11月22日 (水) 13時55分

ああ、苺缶詰から離れないでスミマセン。なにかツボを押されてしまったようで…イチゴガスキナンデス

SATOさん、かっこいいです。
それこそいろいろな人がいるだろうから、日本語クラスを教えることは苦労もあるとは思うけれど、原点を忘れるな、ですね。うん、継続は力なりなんだぞ自分!

来週から、火曜日はこの記事を凝視しよう(ちがう)

投稿: とおりすがり@苺缶詰 | 2006年11月22日 (水) 14時09分

毎日楽しく拝見させて頂いておりまっす
コメント・・なんて、出来ねーよって、思っとりましたが
今日の記事は、いつにも増して、感動したっす
行った事もない、ネパールの雑踏が聞こえてきそうで、会った事もない、オチビちゃんの顔が浮かんできて、なんすかね、目頭が熱くなりました。

SATOさん、最高っす!
尊敬しまっす!

わたし、この手が動く限り、毎日ポチッとしにきます(^_^)

ほんとかよ!

投稿: おとめ | 2006年11月22日 (水) 14時35分

え~、SATOさんキッカケってネパールだったの??
ステキなキッカケね。

うちの父が大好きなのよ、ネパール。
トレッキング好きで良く行くのよ、先月も行ってて、12日に帰ってきたばかり。ラム酒と紅茶とアクセサリーをお土産で買ってきてくれたわぁ。あと山と植物の写真一杯撮って来るの。
あたしも一度は行ってみたいんだけど、短期旅行しかできないから、まだ行けないままなのよね。(どうせ行くなら、父に案内してもらいたいからさ~、でも父は平気でひと月近く居ないからさぁ。
あ~、だけど行きたくなっちゃったわよ、読んでたら。
それと、友人の従兄弟の奥さんがネパールの人なのよね、レストランやってて何度か父連れて遊びに行ったわ。またいかなくちゃ~

投稿: hiyochan | 2006年11月22日 (水) 15時56分

SATOの奥さま~。
2日続きでカッコイイー(><)じゃないですか~!!
いや~ん、めちゃめちゃイイ人!!
そんな奥さまが大好きざますわ~♪(笑)

投稿: take | 2006年11月22日 (水) 17時07分

ネパールが分水嶺。
…ウワッ プロJ・ペケあっち行けで格好イイじゃありませんか!!

その他の感想は皆さんとほぼ一緒と言う事で、
昨日の内容で、ちょっと引っかかった事が・・・
(又々 悪い癖)
お稲荷さんのお狐さんは、神さん本体ではないはずよ。
彼の者は狐の姿を借りて、神の意を伝える使い姫。
神さん自体は宇迦之御魂神。
和銅四年に山背国 稲荷山に大神を祀り、五穀豊穣を祈した、らしい。
文字通り稲を背負って、稲作に励まれるウケさんとおっしゃる方が、神さんご自身。
油揚げが一般的に食べられたのが江戸末。
それまでお狐さんは、何をご褒美にメッセンジャーを務めていたんだか。

投稿: Futa-bar | 2006年11月22日 (水) 18時04分

いいなぁネパール。行ってみた~い。迷ってみた~い。
迷うと言えばモロッコ、フェズ(強引?)。行ってみたいわ、ここも。
ちなみにジャミーラっていうのはアラビア語で“美しい”という意味です。
ジャミラじゃなくってよ、奥さん(笑)。

投稿: こたつ猫 | 2006年11月22日 (水) 18時17分

まえに、ネパールの子供の売り子さんばかりを写した写真集を見ました。

みんなくりくりした美しい瞳をしておりました。(^ ^ )

SATOさんに出会った彼は、きっと、SATOさんのことを、覚えていますね。

もしかしたら、もっともっと日本語に、興味をもつようになったかも。

投稿: ティー | 2006年11月22日 (水) 20時57分

25・6年前、インド・ネパールには2度行きました。印度で思いっ切りカルチャーショックに打ちのめされた後、カトマンドゥに舞い降りたら、なんだか奈良盆地辺りのような印象でとてもホッとした記憶があります。その後はヨーロッパばかり観光するようになって、政情不安な現在ではもう、印度もネパールも行く気力はありません。というより脚の調子が思わしくなくなったり、親の介護を背負った今は、9年前の東欧旅行が最後の海外旅行かなと諦めの境地です。あの頃、カトマンドゥからバドガオンまでトロリーバスが通っていて、乗りたかったけど勇気が無かったのが残念です。でも小さな飛行機でエヴェレストの中腹間近まで、マウンテンフライトしたことは良い思い出になっています。当時は世界中のヒッピーがあの地に集まっていて、出入国の税関検査では、体中を触りまくられました。懐かしくて次から次へ連想が飛んで失礼しました。satoさん始めオークランドの皆さんのブログ、何時も楽しみにしています。

投稿: Ray | 2006年11月22日 (水) 22時34分

SATO先生の原点はネパールでしたか。。
友達が旅行したときの話を思い出したわ。
それとなにかノスタルジックな感情・・・
インドに行った時の事を思い出してしまいましたわよ。

誰でプロジェク○Xなるストーリは持ってるものよね。
私は・・・・内緒っ!

また感動の涙でむせ返るようなブログ待ってるわ。

投稿: ひさみん | 2006年11月22日 (水) 22時51分

SATOさん、二日続けて、感動です。
ふとしたことで、人生の転機(!?)とか、
いろいろなきっかけって起きますよね。
毎週みゆきさんの歌に乗せて、
プロジェクトX日記をアップしてみては!?

でもいいなぁ、ネパールのカトマンズって
行ってみたいところなんです。
インド・チベット・ネパールって興味があるんですよ~。

投稿: まき | 2006年11月23日 (木) 01時37分

お詫び。オセアニアブログでしたわ、ウチ・・・(笑)。
10年前のこの事件(?)は確かにひとつの転機でした。
でも会社の休みで1週間なんて、甘ちょろいのはバックパッカーのプロ?に怒られるので、あれはただの『休暇』。
こんなの思い出したのって、『異邦人』久保田早紀(!!)なんて聞いてるからかしら~・・・(笑)?

>ふーたままさま、
>ちなみに、
>風の中のすーばるー♪は
>心臓マッサージにちょうどいいリズムですって(笑)
え?え?そうなんですか?!
それ、興味あります・・・って、心臓悪くない(だろ)けど(笑)。
あんな重い歌が、甲子園の入場曲になった時には、「やる気をそがないのか?」と心配になりましたが・・・(笑)。

>Nyanmamaさま、
>かっこいい!SATOさん
シンプルなメッセージ(笑)ありがとうございます。
オレに惚れると怪我するぜ・・・え?(笑)

>えみさま、
>ネパール、一度行ってみたいです。
偶然、昨日のニュースで10年ぶりに和平宣言がされたとか…。

最近飛行機っつーと日本帰って終わり、だから詰まんなくって。どっか行きたいものだわね~、フラッと。

>わざわざ人様のコメント欄に恥をさらしてどうする?>自分。
ぷっ、じゃ今度続きは飲みながらでも・・・(笑)?

>とおりすがり@苺缶詰さま、
とおりすがりの中から個性を表す、この名前、ぐ~です(笑)。
>なにかツボを押されてしまったようで…イチゴガスキナンデス
イチゴ、旬ざますわよ、NZ。それなのに缶詰を開けてる女は私。

>来週から、火曜日はこの記事を凝視しよう(ちがう)
はい、違います(笑)。
これ見てたらネパール行きたくなるだけかも、ですよ(笑)。

>おとめさま、
>毎日楽しく拝見させて頂いておりまっす
初めまして。勇気あるお初コメント、ありがとうございます。
>行った事もない、ネパールの雑踏が聞こえてきそうで、会った事
>もない、オチビちゃんの顔が浮かんできて、なんすかね、目頭が
>熱くなりました。
ありがとうございます。もうネパール行ってみたいでしょ?
。。。って、回し者でもないのですが。(笑)
私もまた行きたいなあ・・・1人で。←え、ダメ?

>わたし、この手が動く限り、毎日ポチッとしにきます(^_^)
おおおっっ!絶対やな(笑)?!

>ほんとかよ!
あ・・・1人突っ込み。ずるい(笑)。

また遊びに来て下さいね~。ポチ(←自分でかよ?!)。

>hiyochanさま、
>うちの父が大好きなのよ、ネパール。
>トレッキング好きで良く行くのよ、
おっ、ホンマモン登場。今度案内してもらお(←勝手に決定)。
私のこれは、ただの休暇っすから。

>ラム酒と紅茶とアクセサリーをお土産で買ってきてくれたわぁ。
・・・値切ってるでしょうね?!
アタシ、今や世界各国で値切るようになったわよ(笑)。ってか、大阪のオバちゃん化?

>行きたくなっちゃったわよ、読んでたら。
行ってらっさいよ。カトマンズだけなら休暇でいけるわよ。
大体私の時は、飛行機週に1往復しかなかったのよ。すきでもきらいでも帰れない(笑)。好きでよかったぁ~~っ(笑)。
また行こう、って思ってるうちに、今ではなんだかNZに住んでるわ。ちっ(←ちっ、かよ?)。

>takeさま、
>SATOの奥さま~。
>いや~ん、めちゃめちゃイイ人!!
>そんな奥さまが大好きざますわ~♪(笑)
ふっ・・・オレに惚れちゃ~怪我するぜ。

>Futa-barさま、
>ネパールが分水嶺。
いやはや・・・1つのきっかけで、その後の紆余曲折は、恥ずかしくって語れてモノではありませんのよ(~_~;)・・・。

>お稲荷さんのお狐さんは、神さん本体ではないはずよ。
>彼の者は狐の姿を借りて、神の意を伝える使い姫。
>神さん自体は宇迦之御魂神。
きゃ~~っ!お師匠さん、ありがとうございます!
メッセンジャーか・・・。使い、ってのはうろ覚えだったのですが、ほら、なんせ突っ込まれるのが面倒で・・・(←言い訳にならず)。
あ・・・授業終わっちゃったのねん。

>こたつ猫さま、
>いいなぁネパール。行ってみた~い。迷ってみた~い。
BGMは、異邦人 久保田早紀(古っ)。迷い放題。あ、私限定。

>ジャミーラっていうのはアラビア語で“美しい”という意味です
>ジャミラじゃなくってよ、奥さん(笑)。
あら、そうなの。奥様アラビア語に通じてらっさるのね?素敵。
私の知識、ジャミラが地球人だ、ってことくらいです(~_~;)。

>ティーさま、
>みんなくりくりした美しい瞳をしておりました。(^ ^ )
田舎のコは純粋ですよね。
10年ぶりの和平宣言がなされたそうなので、これ以上人が死なないように願うばかりです。

>彼は、きっと、SATOさんのことを、覚えていますね。
珍しかったんでしょうね、変な言葉で勝手に喋ってどっか行くし(笑)。どうしてるのかしら。
紛争で戦ってたりしたら悲しいな・・・。

>Rayさま、
コメント、ありがとうございます。インド・ネパールに25年前。大先輩ですね(笑)。
>カトマンドゥに舞い降りたら、なんだか奈良盆地辺りのような印
>象でとてもホッとした記憶があります。
そう、本当にそんな感じです。正にホッとする町。いや、した?

インド・ネパール間をビザが出なくなるまで行き来する人は、多いようですね。今でもやってみたかったことの1つです、状況は難しくなりましたが・・・(笑)。

>懐かしくて次から次へ連想が飛んで失礼しました。
私の文章で、カトマンズの町を思い出して頂いたのならとても光栄です。不思議なもので、私、写真を殆ど撮らないニンゲンで、カトマンズの写真も2~3枚しかありません。そんな古びて色あせてしまった写真に撮ってない、町の喧騒、子供の顔、空港の出来事などの方を、もっと自分の心に刻み込んでいるようです。

そんな気持ちを持ってられる自分が嬉しくて。今回これを思い出し、書いてても少し楽しくなりました(笑)。・・・安い世界旅行ですかね(笑)?

こちらに来てからは、飛行機といえば里帰りで、旅行らしいものはできておらず、詰まらないのですが、いつかまた行ってやる!ってのを励みに(笑)毎日暮らしてます、私の周りを吹いている、風が止んだ時にこそ・・・。

若輩者が失礼に当たっては申し訳ありません。
月並みですが、お互い頑張りましょうね。

>ひさみんさま、
>SATO先生の原点はネパールでしたか。。
う~ん。原点なのかな?ソトを見た!って感じかな?
子供はね、どこの国でも印象的。
NZのは、クソガキだけど(笑)!

>誰でプロジェク○Xなるストーリは持ってるものよね。
>私は・・・・内緒っ!
え?えっ?!私、ナレーションしよか?(←厚かましすぎ)

>また感動の涙でむせ返るようなブログ待ってるわ。
・・・こんなシリアスタッチで告白(?)なんて、恥ずかしいからもう書かないわよ~っ(笑)。
あ、自分のことじゃなくてもいいのか?(←え?書くのかよ?)

>まきさま、
>ふとしたことで、人生の転機(!?)とか、
>いろいろなきっかけって起きますよね。
ね。見逃しちゃうことも多いけど、どっかに引っかかってるよね。

>プロジェクトX日記をアップしてみては!?
絶対無理!やだやだ。無い。ありえまっしぇーん。(断固拒否)
おまけに毎週なら驚かれませんし(←それが狙いか、笑?)

・・・あ、読者から記事を募集する?いや、NHKに怒られそう(笑)。

ってか、オセアニアブログだし、ウチ(笑)!

投稿: SATO | 2006年11月23日 (木) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4267439

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前。:

« ありがとう!日本語最終回! | トップページ | 春の味覚 »