« ピタゴラピカソ | トップページ | 仔猫のワルツ?!(初動画) »

2006年11月 9日 (木)

日本語番外編~電話@我が家

 先日の日本語クラス第12回の記事で、
「旦那さんの実力も相当上がったのでしょう。そうよ、上がってるに違いないわ!!!!」
と、多大なる希望的観測と、慈悲に満ちたコメント(笑)を頂いたひさみんさん
「笑の修行も兼ねて是非ゲルオ君のお手並み拝見させて頂きたいです!!」
と、冗談半分、興味半分(笑)、旦那の日本語上達ぶりを見たい、とおっさるtakeさん、その他、皆さんから頂いたメール、コメントの数々にお応えして、旦那の日本語生活の一部をご紹介します(←ってか、暴露よね?)


 ニホンジンが英語を話す際も、面と向かってなら何とかごまかしようもあるけれど、一番困るし緊張するのはやっぱり電話。自宅のを、取ってしまった時はしょうがない、と諦めはするものの、用がなければ、英語の電話はあまりかけたい方ではない。

 それを知ってか知らずか、それとも自主的な世話焼き(笑)なのか、我が家の電話は旦那が率先して出てる。ま、ヤツにかかってくる用事の方が多いから、ヤツが電話に出たほうが話は早い。たまに生徒の父兄からかかってきたりもするしね。

 旦那が急に電話口で、『あ~~っっ!』と大声を張り上げる時は、たいてい私宛の日本人の友達からの電話。こっちにいる友人なんて、大なり小なり英語が出来るヒトばかりなのに、一瞬にしてキンチョーすると見える(笑)。

「ホードーン。」 (←私にはこう聞こえる『HOLD ON』
と、受話器を渡されたら、電話の向こうで、
「オレは、彼に用事があってかけたのに・・・。挨拶もそこそこにSATOちゃんに代わられたけど、オレ、なんか怒らせたかぁ~?」
と、友人の旦那さんから笑いながら苦情を言われたりして・・・。旦那よ、キミの気持ちは分からんでもないぞ。私もたまにやるし・・・。

 以前は、私の実家だろが、上司だろが、誰かれ構わず、
「チョットマッテ~。」
しか言わなかった言えなかった彼。それでも調子に乗ってしまうと、
「あ~、○○さん、ゲンキデスカ~?」
と、口が先に滑ってしまい、向こうが日本語で話し始めると、
「スミマセ~ン、日本語ワカリマセ~ン。」

・・・卑怯者め。喧嘩は売ったら、受けて立つべきだぞ(←ちょっと違う)

その後、どこかで覚えた『少々お待ち下さい』が登場。今後、これを愛用し、多少丁寧になってくれるか?と思いきや、
「ショショ オマッチ。」
・・・・・短いし。ってか、ウチは蕎麦屋か?!

「ゲンキデスカ~?ハイ、チョットマッテクダサ~イ。」
と言ってから受話器を渡すので、あら、今日は会話も弾んだのね、と、
「誰から?」
と聞くと、
「分からん。日本語のヒト。」
という始末。たまにウチの母からだったりするのよ、これが。

ってな訳で、旦那は絶対交換手にはなれない。ガッコのセンセでよかったね。


 おとといのこと。夕方電話が鳴った我が家。とったのは旦那。
「あ、ココココニチワ~。シ・・・ショショ、あ、チョチョチョットオマチ・・・あ、マママッテクダサイ~。」

電話の向こうは、友人Sちゃん、日本から。
「ね~ね~、お宅の旦那、ナニをあんなに慌ててるの?」
と、爆笑してる。

きっとね~・・・、旦那は、色んな『チョットお待ち下さい。』の経緯を辿った上で、日本語クラスでも電話練習をしたので、きっと頭の中は一瞬にして、
「え~っと、授業でやったのなんだっけ?・・・ショショ、違うっ!オマッチ、ああ、これでもないっ!間違えたらそこで聞いてるから怒られるぅ~~っ!」
ってなフル回転のプチパニックだと思うのです、はい。

・・・え?恐怖政治みたい?マジ?

そんなに怖いのかしら、アタクシ(汗)?

Banner_01_123 ←SATOの授業は楽しそうよ、全然怖そうじゃないわ、って方、是非クリック。覚えてくれない旦那が悪い、って方はWクリック。そ~は言うけど、知ってる限りでは旦那、相当ビビってるわよ~、と『現実』をご存知の方・・・今日はクリック休んでくれてもいいです(笑)。その代わり、誰にも言わないでね(汗)・・・。

旦那にモノを頼む際、「おねがいします。」というと、いつも「ドウイタシマシテ。」と返ってくる。これって「よろこんでっ!」っていう居酒屋みたい
・・・やっぱ変よね?だんだん間違ってるのかさえも分かんなくなってくるのは、私、騙されてきてるのか(笑)?

|

« ピタゴラピカソ | トップページ | 仔猫のワルツ?!(初動画) »

コメント

申し訳ないくらい一人で爆笑させていただきましたぁ~  午前中から健康的に笑えました、ご主人様へThankYou~♪
でもあれね、普通ネイティブと付き合うのが語学上達の近道って言うけど、どうしてかしらね?やっぱり、あれ?いや.....あんまり突っ込まない方がよろしいかしら? オホホ~♪

投稿: noelpion | 2006年11月 9日 (木) 15時32分

電話は緊張しますからねぇ。
SATOさんが留守の時に日本人の友達からかかってきたら
ご主人はどうなるんでしょ?

「おねがいします」と言われたら「がってんだぃ」と言って欲しいわ。
ダメ?

投稿: こたつ猫 | 2006年11月 9日 (木) 15時34分

以前勤務していた部署は
米国の会社の代理店も兼ねていた為、たま~に英語の電話がかかってきました。
その度に、
Just a moment, please.
って言って、担当者に回してました(^^;

その後の部署では、海外の会社からかかってくることはほとんど無かったのですが、2、3度他の部署宛の電話がかかってきて困った時に。
同じ会社なのをいいことに、相方に転送して対応してもらってました。
(相方は海外駐在3年やってましたので。)
ううう、ごめんなさい。

投稿: hiyochan | 2006年11月 9日 (木) 15時45分

段々と慣れてこられると、居留守使われるようになったり^m^

投稿: まりりん@来週月曜午後には京都府民に戻ります | 2006年11月 9日 (木) 15時54分

ううっっ、私旦那さんの気持ち、よーくわかります。
アメリカに居る友達に電話するときは心臓バクバク。
旦那さん(アメリカ人)が出た時にゃ、ただ一言。
『SAORI Please!』
下手に『How are you?』なんて言った日には
『ペラペラペラ~』って返されたら受話器持ったまま
硬直してしまいます。
ああっ、旦那さん、気持ちよーくわかるわよ~。友よ~。

投稿: ひさみん | 2006年11月 9日 (木) 18時23分

クククッ
一行ずつ読むんだけど、笑って先が読めない(笑)
証券レディやってた昔、カナダ人のお客さんに、
英語辞典片手に電話した苦い記憶が蘇ってきましたよ。
便箋に言いたい事書いて、電話するんだけど、
最後にクスッと笑われちゃった(^^ゞ

投稿: keiko | 2006年11月 9日 (木) 19時11分

きゃ~!!ゲルオ君一色じゃあ~りませんか!!(><)
きっと、電話口で大きな体(知らないけど?)を小さくして顔を赤らめながら必死で日本語喋ってらっしゃるのねー?!

けど、ゲルオ君が「ドウイタシマシテ」って口にしてしまうの分かるような気がします。
私もネイティブにお礼まがい?の事いわれたら絶対「you are welcome」しか返事できないです(汗)
場合によっちゃー「no problem」だったり「it's ok」なんかの方が適切なんだろうけど焦っちゃうんです(涙)
きっとゲルオ君もSATOさんに日本語で返事するとき焦ってしまって「ドウイタシマシテ」って口走ってるんじゃないですか?
よって相当ビビッてる?に一票(笑)

投稿: take | 2006年11月 9日 (木) 21時24分

カリキュラマシーン(*^▽^*)
あっまたナウなヤング度が…(^^;)

いや~爆笑につぐ爆笑\(^o^)/
私は基地の街横須賀で育ったので、
週末の繁華街は半分くらいアメリカ人~。
私は慣れてましたが、
うちの旦那さんを初めて連れてきたときは、
ビビリまくってました(^^;)
U.S.Navyの方々も面白い日本語でしたよ~(^m^)

投稿: sop | 2006年11月 9日 (木) 22時34分

>neolpionさま、
>申し訳ないくらい一人で爆笑させていただきましたぁ~
(予想外に)喜んで頂けてよかったわ~。
ウチでは笑えなくって・・・しかし早く上達して欲しいわっ!

>普通ネイティブと付き合うのが語学上達の近道って言うけど、
>どうしてかしらね?やっぱり、あれ?いや.....
ニンゲン、向き不向きがこんなに顕著で・・・。
もう私は諦めたのですが、今度は旦那が「楽しい」そうで・・・。
んならもっと勉強せんかっっ!ですわねぇ~、教師の癖に(笑)。

>こたつ猫さま、
>「おねがいします」と言われたら「がってんだぃ」と言って欲し
>いわ。ダメ?
では「ガッテン承知の介!」とでも教えちゃおっかな?
それとも・・・ガッテンガッテン。あ、これは番組が違う(笑)。

>hiyochanさま、
>Just a moment, please.
>って言って、担当者に回してました(^^;
電話取次ぎのプロざますわ。関係ないことは答えない、ちゃんとPleaseまで付けてんだ、文句あっかこんにゃろー(←なぜ?)です。我が家の、ショショオマッチではねぇ~・・・(苦笑)。

>まりりん@都民生活も残すところ週末だけさま(←違う?)、
段々と慣れてこられると、居留守使われるようになったり^m^
あ・・・ばれた?ってか、私が居留守使ってたりするのだ。
だってメンドーで・・・。ぷぷっ。

>ひさみんさま、
>旦那さん(アメリカ人)が出た時にゃ、ただ一言。
>『SAORI Please!』
私の高校時代の恩師から、用事で電話があったある日。
先生(←社会専門)ったら、キンチョーしまくりで、
「あ~・・・マイネーム イズ ○○。あ~・・・。」
「センセ、アタシ。どしたの?」
って言ったら、
「ワシ、英語分からんも~ん。」
これからは、Pleaseのみでかけてくるそうですぜ(笑)。
>ああっ、旦那さん、気持ちよーくわかるわよ~。友よ~。
旦那よ、友達になってくれるってよー。
じゃ、今度電話させますねっ。え?

>keikoさま、
>一行ずつ読むんだけど、笑って先が読めない(笑)
喜んで頂けてよかったです~(笑)。

>便箋に言いたい事書いて、電話するんだけど、
>最後にクスッと笑われちゃった(^^ゞ
失敬ですよね~。私らNZにいたら英語しゃべらならんのだから、日本にいるガイジンは日本語ベンキョーせぇ!と、誰か言ってやってっ。ましてや笑うだなんて・・・。デコピンしてよしっ(←え?)。

>takeさま、
>電話口で大きな体(知らないけど?)を小さくして顔を赤らめな
>がら必死で日本語喋ってらっしゃるのねー?!
惜しぃ~。小さな体(身長、日本人サイズ)で大きな声で、電話とってます(笑)。

>ゲルオ君が「ドウイタシマシテ」って口にしてしまうの分かるよ
>うな気がします。
>よって相当ビビッてる?に一票(笑)
アタシは怖くないのよ(多分)。自分で墓穴を掘ってるのは向こうざますわっ、ふん、ざます。ビビってるならもっと虐めるわよ!(←逆効果)

>sopさま、
>カリキュラマシーン(*^▽^*)
シャビルパルッパ、シャビルパ。シャビルバラッパ、ランララン♪
あ・・アタシ・ううう、歌えません、ててテーマなんてそんなの!

>いや~爆笑につぐ爆笑\(^o^)/
喜んで頂けてよかったですわ。ぷっ。

>週末の繁華街は半分くらいアメリカ人~。
>私は慣れてましたが、
>うちの旦那さんを初めて連れてきたときは、
>ビビリまくってました(^^;)
そりゃビビリますビビリます。
いや、むしろ「ココハドコアタシハダレ?」になるかも、私(笑)。

投稿: SATO | 2006年11月10日 (金) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4121045

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語番外編~電話@我が家:

« ピタゴラピカソ | トップページ | 仔猫のワルツ?!(初動画) »