« たまやぁ~っ! | トップページ | 日本語vol.12はお医者さんごっこ! »

2006年11月 6日 (月)

ゲイジツのモリ

(※今日は写真が多めデス)

昨日の日曜。薄曇だけどボチボチの陽気だったオークランド。

「午後から潮もいいし、また行ってくるわ!」
と、週末買ったばかりの新品の釣竿を片手に、懲りずに出かけた我が家の釣りキチ三平旦那(”キチ”だけ合ってるけど、三平の爪の垢でも飲ませたい)、所詮いつもの『お魚幼稚園』だろう・・・、と私はフラフラとお散歩に。

 近所で、こんな看板を発見。

Photo_34 彫刻海岸?
どっちにしても直訳しすぎか、SATO・・・。


どれどれ・・・と、ブロガー魂がメラメラ(←ウソ。ただの好奇心)。早速、ヒトの多い方に向かって歩いていってみることに(←場所が定かじゃなかったので・・・ホラ、方向音痴だし、笑)


では、会場からのレポートです。SATOさ~ん?(←1人突っ込み)


え~、現場(←現場?)は、いつものビーチのその先、歩いて3分ほど、って近っ!てっきり海軍の宿舎が立ってる、と思っていた横に、こんなに広々とした散歩道がありました。

普段は、夏場の地元民のひなたぼっこ、アイランダーの家族・友人・知人貸切BBQバス(←なぜかバスでやって来ます、彼ら)以外、混雑を見ない辺りなのですが、結構な人出。

散歩コースににょきにょきと立ち並ぶ色とりどりの彫刻の数々。

Photo_177 犬連れも、

Photo_178子連れ父さんも

会場マップを片手に、まるでオリエンテーリングのような休日の様子。

入り口にはカフェ、そしてお気に入りの作品番号を入れる投票箱。

『ゲイジツ』ショップも同時併設。室内は全部ウリモノ。

Photo_180芝生に穴…

この芝生もゲイジツ作品らしく、お値段はしっかり4ケタ。伸びたら自分で芝刈りすんの?

ガラス、木、銅、プラスチック、石、ブリキなどなど、様々な素材を駆使して作られた彫刻の数々。古典的なモノからモダンな作品まで、本当に会場の中も外も色とりどり。

ショップにはフツーの、プラスチックのチューリップとか、リリアン工芸(!)みたいなモノも混ざってはいたけど・・・。ゲイジツは分かる人には分かるものなんでしょう、私を除いて。

Photo_179 写真撮って良かったの、室内?

実は、NZ。ゲイジツ家が沢山、そして地域で若手ゲイジツ家をサポートすることも多く、各地で映画、ファッション、アートなどのフェスティバルなども多く開かれるのです。

ウチの近所、観光地の1つ、ってのもあるけど、やはり景色の美しさからか、人口の割にはアートショップやギャラリーが多く、ちょっとお土産に・・・なんて値段のモノから、めん玉飛び出る値段!のモノまで、間近で楽しめます。

さて、もう一度外に戻れば、
_022_3ワイヤー製
こんなのやら、

_004噴水ゲイジツ

松旭斉なんちゃらさんの水芸のよう・・・には行かず。彫刻ですしね(^_^;)


_013 きっとこの作者はマオリ
こんなのも。

_010 NZのシンボル、シルバーファーン

_015
こんなポップなのとかも。これ、タイトルは『売り家』(笑)。
・・・本当に不動産屋で売ってたりして。

私が一番綺麗だと思ったのは、これ↓。

_018
ゲイジツ的な枝振りの樹。←って、樹かよっ?!

ゲイジツ家の皆さん、ごめんなさいっ!ああ、痛っ!許してっっ。

ええ~っと、ゲイジツとゲイジツの融合、ってことで・・・ダメ?(^_^;)

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。毎日励みになってます。

今日のおまけはこれ。

_029 本物の要塞
敷地内のこの要塞。中では、コドモのゲイジツ展覧会が開かれてました。

第1次、第2次世界大戦で、実際に使われた要塞基地。NZサイズでちっちゃいけど・・・。
実はこの辺り一帯、大砲、要塞、地下壕などの戦争の名残が数々残されている地域。

こういうのを見てると、平和にゲイジツに親しめる時代がいつまでも続くように、と思います。

あ、そうそう。旦那はやっぱり手ぶらでした・・・。ぷぷっ、言わんこっちゃない。

|

« たまやぁ~っ! | トップページ | 日本語vol.12はお医者さんごっこ! »

コメント

あら、じゃあお夕飯はお刺身とカマ焼きじゃなかったのね。

このゲイジツのモリ、気になってたんですよ~
「クリッシープレジー」の買い物で行けなかったものだから、
写真アップして下さったおかげで、得した気分です。
SATOさん、レポートありがとう!

しかしリリアンで4桁ってアリ?
そんなの見ると、自分でも作れるかも、って思っちゃったりして。

投稿: えみ | 2006年11月 6日 (月) 17時21分

『売り家』←サザ○さんを思い出したのは、私だけかしら??
ゲイジツはね~、わたしも良くわかりませんことよ。

投稿: hiyochan | 2006年11月 6日 (月) 19時39分

あぁ、サ○エさんのエンディングかぁ~。なるほど。
『シルバーファーン』が巨大なニョロニョロ(ムーミンの)に見えたのはアタシだけ?
ゲイジツ、同じくじぇ~んじぇん分かりませんの。

投稿: こたつ猫 | 2006年11月 6日 (月) 19時49分

ビバリーヒルズ・コップの第一作に出てくる、
現代アートを思い出してしまいました(^^;)

リリアン!子供の頃夢中でやりましたよ~。
う~~4桁。。。まじめにやっとけば今頃・・・(^^;)

投稿: sop | 2006年11月 7日 (火) 14時21分

>えみさま、
巨大リリアン?だったの。形は食虫植物みたい(笑)(←言い過ぎ?)。
我が家はクリッシープレジーにほぼ縁はないため、友人に「送ってくれ!」と頼まれたプロポリス歯磨きを代わりに探しに行きます(笑)。

>hiyochanさま、
>『売り家』←サザ○さんを思い出したのは、私だけかしら??
はい、多分あなただけ・・・(笑)。
でも言われてみたらそんな気がするところが怖いわぁ~。
・・・ああ、もう♪サ~ザエ~さんサザエさん♪が離れないっ。

>こたつ猫さま、
>『シルバーファーン』が巨大なニョロニョロ(ムーミンの)に
> 見えたのはアタシだけ?
あら、こちらもアナタだけ・・・(笑)。
不思議ね、どちらもフジテレビ系。あ、それは関係ないの(笑)?

>sopさま、
>リリアン!子供の頃夢中でやりましたよ~。
やりましたねぇ。こちらはオトナも未だに!やってますよ。
で、長々とにょろにょろとしたリリアンで、バッグとか作るんだそう。フレンチニッティングとよばれてます。ん?こちらもフレンチ?ただしあの、4本針が飛び出たリリアンの編み機?筒?はMade in India・・・なぜ(笑)?

投稿: SATO | 2006年11月 7日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/4082615

この記事へのトラックバック一覧です: ゲイジツのモリ:

« たまやぁ~っ! | トップページ | 日本語vol.12はお医者さんごっこ! »