« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

迷える日本語クラスvol.11

グワァ~グワァ~グワァ~・・・(叫)!!

え~、この度の日本語クラス。迷子カモの闖入から始まりました(笑)。

かなり大きくなったけど、多分コガモ。教室の中庭に迷い込んだものの、出口が分からず、ヒョコヒョコ歩き回っては、あちこちでガーガー(叫)!(←ってか、飛べよ)
「母ちゃん、どこぉ~っ(←推測)?!ガアちゃ~ん!!」 
と叫び続けたら、今度は校舎にまで入ってきちゃった・・・おいおい。

ウチの教室のすぐ外でガ~ガ~!コガモの必死の叫びはうるさいうるさい。
外に追いやれば、怒って余計にガ~ガ~(怒)!
他の教室からもみんな出てきてワ~ワ~。
授業にならない私は、あ~あ~・・・(T_T)。

とっぷり暗くなっても、ヤツは啼いてました・・・。

で、教室内からひと言。
「食うぞっ(怒)!」 by RAさん。・・・ぷっ、真顔。


さて、先週は祝日、一週休みだった日本語クラスの時間。

第11回、今回の出席は、計6人。
男性陣は、皆勤ジョンじーさんはいつも一番乗り。それから『カルロス・ゴーン』似のマークさん、RAさんと、ウチの旦那。VIさんはまた休み。

女性陣は、皆勤の中華美人SHさん、『かんふー』PHさんの2人だけ。ビビアンさんは既に中国。乗り換えの東京で、無事日本語使えただろうか?

こないだまででひらがな、カタカナ全部終わっちゃったから、今日はチャレンジ、かな書きのみでローマ字なし!でも誰も文句なす、どころかちゃんとかなを板書してる・・・。すごいぞ、ウチのクラスっ! \(^o^)/

 まずは先回の復習。覚えた動詞を使って、昨日の自分、いつもの自分のスケジュールを作ってみましょう!で、発表してもらいますっ(←スパルタ)!

はい、一番手はマークさん。

「しちじに おきます。
8じに かいしゃへ いきます。
8じから 5じまで はたらきます。
6じに ばんごはんを たべます。
11じに ねます。」

「・・・あら?ダンスは?」
とふざけてみると、
「NO TV、NO BEER。まいにち だんすをします。」 マニア(笑)?

中華美人のSHさんは、昨日に挑戦。
「きのう 8じに おきました。
9じに あさごはんを たべました。
1じに ひるごはんを たべました。
7じに ばんごはんを たべました。
12じに ねました。」

・・・食ってばっかり(笑)?

「あ~あ~、12じから 1じまで ダンスを しました。」
ぷっ。こっちでもダンスだよ。

もちろんマークが飛びつく。
「サルサっ?!」
するとSHさん、
「い~え、Different Dance。」 きっぱり。ってか、じゃあどんなダンス?

落としがちな「~(○時)に」と、目的語の「~を」など、助詞を忘れないように、と強調。そして、「~します」という、英語のDOのような便利な動詞を説明することに。

テニスをします、散歩をします、ダンスをします、サッカーをします。

でも、『テレビをします』、などとは使いませんよ。
目で見る行為、テレビは『みます』。


そして、早速次に行きましょ。今日の本題は、「~はすきですか?」。

「この教室の基本は、日本語でヒトとコミュニケーションを取ることです。Do you like~?と聞かれれば、英語ではNO!と答えられますが、日本語では、NOと断言はお勧めしません。会話が終わってしまっちゃ~コミュニケーションは取れない・・・。だから、柔らかくお断りする練習をしましょう。はっきり言い過ぎると、友達は出来ないですっ(笑)。」

すると旦那がひと言。
「・・・あぁ、まるでオレの日本生活だ・・・。早くに知ってればなぁ・・・。」
と、シミジミ。おお~、それがヒッキーのきっかけだったのねぇ。

「皆さん、あ~はならないようにしましょうねぇ~。」 クスクスッ。

いろいろなやり取りが各テキストに載ってるけれど、今回のは、これ。

「~は すきですか。」

いくつも確認したい時は、
「~は どうですか?」 英語で言えば、How about~?ですね。

答えはこんな感じ。
「はい すきです。」/「いいえ、あまり すきじゃありません。」

ちょっと長めの文だけど、頑張って覚えてもらおう。

ジョン爺さんから質問。
「Not really, but not bad. つまりso soの時はなんと答えるのじゃ?」

あ。じゃ~、
「まあまあ すきです。」
を使いましょう。まあまあ、と伸ばすのがコツです。

旦那が挙手。
「SATOさん、マーマイトは すきですか?」
(※マーマイトは、AUSのベジマイトと同じ、好き嫌いのハッキリする食品(笑)。しょっぱ臭い、ビタミンB群の固まり。パンにうす~く塗って食べます、ただし、私以外のヒトがね・・・。)

・・・オヌシ、ちょこざいな。『まあまあ』と『マーマイト』、洒落のつもりか?

「いいえ、あまりすきじゃありません。」 キッパリ。無理っ、食べないから。


ささ、じゃ練習ですよ。質問するので答えてくださいね。

ジョンさん、ダンスはすきですか?
「いいえ・・・。え~っとなんだっけ?かなは書けるけど読めんのじゃ!」

・・・爺さん、頑張って自習をして、ひらがなはほぼマスター。板書もおっけ。でも、悲しいかな、自分の書いた字が読めない。じゃ、今やったところを復習ね、とやっても、授業に付いてこられてないのが事実、何をやってるのかがわかってない・・・。

やっぱり超初級を私1人で、ってのは無理だよなぁ・・・。
助手急募!ってか、もうコースも終わっちゃう・・・あと3回か。う~む。

考えててもしょうがない。ま、今は先にすすも。

マークさん、ダンスはすきですか?
「はい、すき、すき、すき!です!!」
たくさ~んすき!の場合は、『だいすきです。』ってのも使えますよ。
「はい、だいすきですっ!!」
ぷっ、嬉しそう。

え~っと、RAさんはお酒は飲まないから・・・。チョコはすきですか?
「はい、すきです。」
ケーキはすきですか?
「はい、だいすきです。だから歯医者に行ってきた。」
・・・え?歯医者?そういえば今日、口数少ないわよね、アナタ。
「はい、3時に歯医者で今日、歯を抜かれたばかり・・・。」 と涙目。
おおぉ~っ(痛)、お大事に!ってか、そんな状態でも来てくれたの(嬉)?

用意しといた各スポーツの写真を取り出し・・・。
SHさん、ラグビーはすきですか?
「いいえ、あまり・・・。」
サッカーはどうですか?
「いいえ、あまり・・・。」
すもうは どうですか?
「OH NO!!」 ぶんぶんと首を振りまくり。可愛い・・・え?

その横で、ウチの旦那が、
「すもう だいすきですっ!!」 大興奮・・・。
はいはい、知ってますから・・・。

そこにPHが挙手。はい、ど~ぞ。
Would you like a cup of coffee, or tea?って、どう言うの?」

・・・え?コーヒーか紅茶?二者選択のばやい?

・・・・・・・ん?え~っと・・・(~_~;)、日本語でなんていうっけ?(←失格)

「コーヒーにしますか?それとも紅茶にしますか?」
よね、普通は・・・?(←心の声)

いや待てよ。ついさっき、『に』は時間に、『します』は、英語で言えば『DO』の代わり、って言ったばかりだから、この『~にします』は、なぜ『します』なのだ?!とか、『に』は時間以外どう使うんだ?!って、余計に混乱させるわよ、特にこのクラスのこと、スーパー初級なのに、質問だけは1人前以上だからな・・・。

「コーヒー?紅茶?」
これじゃ~あまりにもぶっきらぼう。機内の片言スッチーのよう。

「なんか飲む?」
これまたコミュニケーションとしては失格部類・・・。

嗚呼、全然いいのが浮かばない・・・。

友よ、ウチに来てくれた時、私はいつもなんて聞いてるっけ?

・・・・。

ここでまた急募。

皆様なら、「コーヒー?紅茶?」をなんて聞く?!

アタシは、彼らの知ってる(ごくごく限られた言葉で)なんと聞けばいいの?
ねぇ、おせぇ~てっ(号泣)!!

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。とても励みになってます。
こんなに色んな質問が飛び交うクラス、いざ喋らせると・・・う~む。だったら喋れるようになってから聞けっ(怒)!知ってても躊躇して答えが出てこないこのクラスには、若干ラテンの血が必要かもね。サルサダンスでも踊るか?
ビビアンさんが帰国後、(懲りずに)PHさんとSHさんに熱く声をかけてた『カルロス・ゴーン・マークさん』(←名前変わってるし)、熱ッ(笑)。「年末年始には、バスをチャーターして20人以上でサルサ合宿をするんだよ。来る?」・・・ささ、じゃ希望者はこちらまで。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

ちょっとまたそこまで・・・雨の日曜編

 昨日の日曜、オークランドでは年に一度の大イベントがありました。
そりは『オークランドマラソン2006』。フルマラソンだけじゃなくって、ハーフ、1/4、5km、ウォーキング等、各レベルあるよう。完走者にはアデ○ダスの特製記念品進呈。ウチの旦那も昔2度ほど参加したらしい。近所のジョギングマニアが一段と熱を入れてるのはそのせいか・・・と、毎年思うこの時期。
それくらい興味がない私・・・ぷっ。

ウチのまん前の幹線道路、毎年マラソンコースの一部らしい(←走ってるの見たことないけど)。今年くらいはブログのネタに早起きしちゃう?と思ってましたが、起きたら、と~の昔に通過済み・・・そりどころか、早いヒトはゴール済みだったりして・・・(^_^;)。だって出走早朝6時半、我が家通過は7時前。無理でっせ!

ってことで、いつかどこかで、私じゃない誰かが記事にしてくれるはず・・・(遠い目)。


んな調子でダラダラと日曜の朝を迎えた我が家 私。外は土砂降り。
ダラダラと寝ぼけ眼で昨日の記事をUPした後、超特急で準備し(←じゃ早起きしろよ、アタシ)、すっかりオークランド市を横切り、隣の市まで珍しく旦那と2人で足を伸ばした先は、友人Eさんのお宅経由、彼女のお宅近くの、月に一度のアートマーケット。

思わぬ遠くの、それも人込みの中で、『まは・らじゃ家』とバッタリお会いしたりして・・・ふふっ。狭いぜ、オークランド。

アートな作品ご購入のマハラジャ家とは異なり、庶民代表の我が家。

買い込んだものは、
Photo_171手作り石鹸
にほひは・・・なんだったっけ?え~っと、サンダルウッド、ラベンダーと・・・。嗅いでも思いだせん。←はい、失格。

そして、帰宅後、早速試した大ヒット作品がこれっ!

Photo_172 開けたてのニホヒは…麦茶(笑)?

レンジでチン!ホンワリ暖まったこのピローを肩に乗せて癒す、ってシロモノ。自然にも優しく、ギッシリ詰まった大麦の実が程よい重さと暖かさに・・・。痛み止めなどに冷やすのも可。お値段たった$5(約400円)よ!さすが、モニター、肩こりEさんのお勧め。さいこーよ、奥さんっ!柄は・・・贅沢は言えません。ご注文は、ついでにチャリ男企画まで。←え?

後は、やれ生ハムだの、南ア産のソーセージだの、野菜だの、としっかり買い込み、ガッツリ食っちまいましたが・・・何か?色気も素っ気もない我が家。ふっ。

 実は、行ってから気が付いたのが、このマーケット会場は・・・。偶然あのRSAの会場と同じ!じゃ、次回のスパイはEさん、ってことで・・・(笑)。

いやはや、私にしちゃ~出かけっぱなしの週末でしたな。今日?その分ダラダラで・・・(困)。

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。とても励みになってます。

今日のおまけ。
ネコバカSATOとしては、Eさんちのヒトミシラーネコを、是非ひと目・・・。

Smokybythewindow いつもツレナイ彼

でもお邪魔した途端に、トコトコと顔を出してくれて、ひょいっ、と私に頭をなでられ(笑)、また奥に。ちなみに、同じくネコ好きのウチの旦那が、横で呼んでも無視・・・。ふふふ~ん♪
そして、話も弾む中、また突然スモーキー君登場。また、ペコペコっと私に頭をなでられ、そしてまたとっとと奥に・・・。またもや悔しがる旦那。ふふふ~ん・・・♪

ネコにはきっと分かるのよねぇ~(←何が?)。旦那ったら、自分ちのハナにさえ好かれてない上に、あのマイペースなペコさんにさえ無視さr・・・(←可哀想だから止めといたげるわ)。
貴重な週末を、Eさん、ご主人、ありがと~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

ちょっとそこまで・・・

 友人から電話。
「今日ヒマ?ねぇ、ランチしない?」

いいよ、と出かける前に、彼女にひと言。
「近くがいい!あまり遠くは嫌よっ(笑)!」

この彼女、ちょっとお茶でも、と200km(!!)は軽くドライブするような車好き。ランチに、と250km彼方とか!昨日は私に先手を打たれた彼女、どうやら目的は、軽く往復100km以上の彼方だったらしい・・・ふぅ、間に合ったぜ(笑)。

と言う訳で、片道たった3分(←近すぎだろ)のかへでランチすることに。週末ともあって、店内はおガキ連れで混んでたため、雲間からの気まぐれなおひさまの下、テラス席で延々とおしゃべり。

突然、
「タマゴかけご飯食べたい・・・。あ!!あのタマゴ屋さん行こうよ~。」

・・・あのタマゴ屋って、あの

Cheeky442_640x4801 そう、これ。

目つきの悪いニワトリマークでおなじみの、このタマゴ屋。鳥もあるでよ。

え~っ、今からっ!?あそこ、めっさ遠くないか・・・?

と言いつつも、行ったことない私は、ついつい車に・・・えへへ。
そして、かへからたった3分後我が家の前を通り過ぎ・・・。

ほぼ50km彼方のタマゴ屋に到着。

ニワトリとタマゴ以外にも、おされな雑貨の販売もあるここ。
子供の頃に、買い物籠持って出かけたニワトリ農家経営のタマゴ屋(←っつうか、農家の庭先)とは違い、全くトリ臭くない。トリ嫌いの私、ほっ・・・。

タマゴを買って満足、ささ、車に・・・。

と思いきや、ん?反対方向に・・・。

まさかアンタ!まだアタシを軟禁(笑)して引き回すつもりなの!?


・・・そして車を止めるやいなや、

Dscn0420敵機襲来?!

頭上を掠めるように飛び交うセスナ機の数々。

Dscn0418帰ってきた

Dscn0409 着陸直前。

夕方もう薄暗いのに、私達を含めて3人の観客(笑)に見せびらかすように、セスナ機がバンバン飛び交う、ここは、

Dscn0412
FLYING SCHOOL。飛行機乗りのためのガッコ。

車好きの彼女、もっと好きなのは飛行機。いつかセスナに乗って、農薬を撒くのが夢、という・・・。ってか、何で農薬(笑)?

天気悪いし、もう暗いし、寒いし。ね、そろそろ帰ろうよぉ~・・。

と、車に乗ったら、
「次はショッピングセンターに止まりま~す。」

・・・ああ、我が家は遠くなりにけり。


ランチのはずが、家に着いたのは夜8時・・・。ぷぷっ。
この日の走行距離は、結局軽く100km越えたわよね?

最初から遠くにランチに行っても変わらなかったじゃないのよ・・・ふぅ。

Banner_01_123 ←いつも訪問・クリックありがとうございます。とても励みになってます。
便利な名古屋郊外に住んでたとき、ちょっと買いもの・・・は往復10~20kmで全部おっけ。片道20km以上走ると、名古屋のど真ん中に着いてしまうほど。それがNZに来たら、この方向音痴のアタクシでさえ、100km、200km走ってるしなぁ・・・。バスも電車も、ぜ~んぜん当てにならないから、ちょっと遠くに、なんていうと、バスは1日1往復!なんてザラ、なんです。
車がないと、引きこもりになる国、NZ・・・。あ、あっても引きこもってますね、私(苦笑)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

ハンター達の午後

 予定してた記事があったのですが、今、吹っ飛びました(T_T)。なじぇ?

 すっかりふてくされて気分を変えて、別の記事にしちゃいます。

 
 隣りの年中薄着のKIWIカップルもネコを飼っています。名はモプシー♀。へっきのへ~っ、で天気が良かろうが悪かろうが、年中外に出されてます。多分、飼い主同様、あまり気温に関係なし・・・。土砂降りだってなんのその。雷の中、走り回ってたりする。たまに見てると気の毒・・・。尚、飼い主が戻るのは夜遅く・・・。アニマルコントロールにネコ版はないのか?通報するぞ!

 このネコ、とても人懐っこいのだけど、どうしようもないオテンバ。
 子猫の頃には、ウチの横の木に登って降りられなくなり、梯子を出しての大救出劇(笑)の翌日に、今度は屋根に上り、近所中を大騒ぎさせたり、何もない顔をしてヨソさまの家にテテテ~ッ、と入って行っては文字通りつまみ出されたり・・・。こんなの今でもニチジョウチャメシゴト。

 ちょっと前には、ウチのすごく近くで、一晩中みゃーみゃーと声はするけど姿は見えず。また隣りのカップルいないのかしら~・・・なんて思ってたら、翌朝旦那がびっくり!!

「オレよ~、どうやら昨夜ガレージ開けた時にさ、モプシーが飛び込んでたのに気付かず、閉めちゃったらみたいだ・・・。朝ガレージ開けたらパニックになった黒ネコが飛び出してったよ・・・。」

え?我が家での床下で軟禁・・・近くで声がするはずだわよ。確かに暗けりゃわからん、あの黒ネコは。

私の心配は、
「あ・・・じゃ、どこでトイレしたんだろ。ガレージ掃除しなきゃ。」

旦那の心配は、
「プラモデル壊されてたかも・・・。」 いいよ、そんなのっ!壊しておしまいっ!

よく、夜遅くや明け方に、ピカソがパトロールするのもこのネコが相手。

・・・しかし迷惑だわっ。


 今日の午後、じっとたたずむアホネコクロネコ、モプシーを発見。
 Photo_27 望遠撮影。
 
呼んでも来ないじゃねぇ~かよ。(←どんなアホネコでも、猫を見たら呼んでみたり、構ってみたりしないとと気がすまないSATOは、アホネコ以上のネコバカ)いったい何があるのだ?!

デジカメ片手に外に出て近寄ってみることに(←ネコ以上の好奇心SATO)


するとモプシーの視線の先、そこには・・・。

(小動物苦手な方、ご注意ください)


じゃん。

Photo_28 ぎょえ~~!

まさか人生ン十年、野ねずみの顔を足元でしげしげ眺めることになろうとは・・・。おまけに写真まで撮ってるわよ、SATO、これぞブログ魂!?

でも触れない・・・。へちまぼっち(『ハリネズミ』のきなこさん語)でさえ、細菌、虫がウヨウヨいるから触るな、と言われてるのに、野ねずみなんて・・・ね?ってか、怖いぞ、アタシ。

モプシーはどうしてるか、というと・・・。

Photo_29 ドキドキ

そして・・・

Photo_30 ぷっ。

とんだ一人相撲・・・いや、1人ボケ突っ込み?やっぱアホ・・・。


逃げるなら今だ、野ねずみ!

相手はどうやらバカだ、これを見てる私もだけどな。

Photo_31すたこら・・・

ゴメンネ、ねずみ。触れなかった私を許して!(←触ればそれも迷惑だろ?)


さて、そんな涙の救出劇(←?)の間、我が家のハンター達は・・・。

_1216 母さん、今までありがとう

何が気に入らないのか、小包の箱で独り旅の支度のピカソと・・・、

_1237 きゃ~っはっは!アタシの天下ね!

それを喜び、勝ち名乗りのハナ。
ってか、今頃カメラのストラップで遊ばない、こないだは知らん顔だったくせに。

・・・・・。

ウチのネコもあほ、ってことね(←こんなの書いてるアタシもな)。

Banner_01_123 ←SATOやっぱ暇なんだな、と今日もど~か1つ、暖かいクリックを!
ネタハンターSATOの探求はまだまだ続く・・・。
※吹っ飛んだ記事はまた改めて書きます・・・くぅ~・・・(T_T)。


そんな年中ノースリーブのお隣さんから頂き物をしました。あら、いい人じゃん(←さっき迷惑って言ったのは内緒ねっ)。ネコ好きに悪いヒトはいないわよね~、ふふ・・・(汗)。

_1215_1 また白ワイン(笑)。

お隣の兄ちゃんの勤め先のものらしい。ゴチになります。ゲフッ・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

ふらんす語で失敬。

 えげれす人は、昔からふらんす嫌いだそう。
 現場のちむさ~ん、Junkoさ~ん。↑これは事実ですかぁ?

 きっとおふらんす人も、えげれす嫌いに違いない。得てしてそうしたもの。

 そして、NZ人もおふらんす嫌い。これは南太平洋沖でおふらんすが核実験を繰り返したから。ちなみにNZ人、核兵器搭載した艦艇を入港させようとしためりけんも嫌いらしい。断固として非核国の態度を貫き、抗議する!そんなNZ、(田舎だけど)好き。
ま、違う目で見れば、お隣りのOZも嫌いだし、アジア人も嫌いな、この小さな国の人達、多分あまり好きなところもないんだろうけど・・・。

 イギリス人の友人に、
「ね、フレンチトースト作るけど食べる?」
と聞いたら、
エギー(Eggy)トーストなら食べる。フレンチと名の付くものは食わん。」
と頑なに拒否されたことがある。卵トースト・・・ってか、モノは一緒やんか?

知るか、あんたらの争いなんて!!

などと思っていると、よく耳にする言葉にぶつかった。

「EXCUSE MY FRENCH。」

この後に続く言葉は、FU*Kとか、SH*Tとか、BLO*DYも含めたお下劣語だったりする・・・。

これは英語圏における、ある種の魔法の言葉なのだろうか?
アメさんもエゲレス人も、ウチの南アもKIWIも含め、数多くの人から出るのを聞いた。老若男女も関係なく、むしろ若い兄ちゃんとかがFワードを連発するのとは違い、
『ま、例えば、こんな言い方をしちゃ言葉が悪いんだけどね・・・。』
みたいな使い方、とみた。

試しに私も使ってみた(←おいおい・・・)

汚い言葉にも誰もお咎めなし。←まさかアタシ、日常から言葉が汚いから?(苦笑)

う~~ん・・・なぜFrench?

こんな時は、ささ、辞書辞書。あ、あった。

辞書には、

French
-n(名詞)
1、フランス語、
2、ひどい [下品な] ことば 《 特に excuse [ pardon] my~ として用いる》
3、[the F-.] フランス人《全体》、フランス国民、フランス軍
~~~以下略~~~

奥さん!載ってまんがな・・・、それも『フランス人』の上、2番目に!

へぇ~・・・。

で、旦那に聞いてみた。
「どうしてExcude my French. ってフランスを使うの?いつから?」

答えはいとも簡単に、
「嫌いだからだろ。昔っからだよ。」

ふ~ん・・・。

なぁ~、英語圏のみんなよ。大人気なくないかぁ・・・?


ここで、フランス語にお詳しい方に質問です!
エゲレス人、若しくは英語のことを、フランス語ではどう表現してるのか教えてください。気になって寝られないわ~・・・(←ウソ)

Banner_01_123 ←いつも訪問、クリックありがとうございます。とても励みになってます。
と、ここまで書いたところでふと思った。日本語にはそういった言葉はないのか?
・・・あっ、そうだよな。どこでも国同士の歴史は深いのでどうにも出来ないけど、少なくとも日本語の『アノ言葉』は、二度と使わないようにしよう、私・・・。ってか、じゃ英語はいいのか、自分?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

夢の海外旅行!?

 今週末、ハロウィンですってね、奥さん。

町は、ほんの少しだけ盛り上がり。スーパーやお店の角っことかにだけ。
だってNZ、関係ないし~、と思うのはヘリクツたれ(笑)の私だけ・・・?

 『元来エゲレスからの移民の国、そしてメリケン大嫌いのNZ』で、『元来エゲレス嫌い、大陸に移住をはかったアイルランドのお祭り、今ではメリケンの祭りとして根付いた』ハロウィンを祝うとはこれいかに?KIWIの気持ちは分かりません・・・。ってか最近日本でも流行ってるか・・・。NZでもお菓子屋の陰謀だろか?

 はるか昔・・・。アメリカでハロウィンを体験した私。

「アンタも着ぐるみ着てさ、子供と一緒にお菓子貰っといでよ。誰も気付かないし、怒らないってば~。」
と言われましたが、さすがに当時既に大のオトナ。背が低くても大和なでしこ(←突っ込まない)、最低のメンツだけは保たねば!と、止めておきました。

 今思えばWal-Martで見つけたM○M'sの着ぐるみ(←そこを伏せるか、私?)
82_11 そう、これこれ!

着てみたかったんだけどね、白タイツでも穿いて・・・え?撃たれちゃう?

※ちなみに↑これ、ネット検索したもの。生憎自前ではないの。あったら貸して!・・・え?

 と言うのも、アメリカ、私がお邪魔してた地域では、やはり安全対策もあってか、
「Trick or Treatは、午後4時から6時の間に、必ず保護者と一緒に周るようにして下さい。それ以外は禁止します。」
という、日本で言う地域の広報のようなものが回っていました。来られるウチも、その時間に在宅すればいいし、暗くなってからの外歩きは危ないし、と地域ぐるみ。なるほど・・・と思ったもの。

こちらNZ・・・。去年、オガキさま達が来やがりました、我が家にも。

本当はそういう連絡は回っているのか、それをウチが知らないだけなのか・・・。小学生からちびっ子まで、子供達だけ連れ立って、ダラダラと次から次へとやって来たわよ。いつ終わるのか分からない、ってのには困りました、出かけられないし。確かに夏時間で明るいけど、NZには危機回避能力は極小、保護者もおらず。

 何の用意もしてなかった我が家。ってか、まさかNZでハロウィン?と思ってたのは私。日本から戻ったばかりなのもあって、しょうがなく買ってきておいた日本のお菓子(小分けになってて助かったわ)を、旦那が1つずつ手渡して・・・。

「やったー!JAPANのお菓子だぜ!いぇーい!」

・・・ゴメンよ、そんなので(汗)。エ○ーゼのウェハースなんかでいいの?

今年はちゃんと買っておくからね。そんな時に限って来なかったりするんだよな。


 ところで(前置き長すぎ、アタシ・・・)

 日本にいた時はフラフラと旅行貧乏だった私。ちょっと小金が溜まれば飛行機に乗り、貧乏旅行や、バックパッカー、とどれだけ無駄にしたことやら(苦笑)。

それがNZに住み始めてからというもの、飛行機に乗ると言えば日本に帰省ばかり。ここんとこしばらく旅行らしい旅行をしてないなぁ~、と詰まんない。どっか行きたい病がフツフツ・・・。あ、まず仕事して、多少稼いでからですが・・・。

 でもね、結婚して数年が経ったのですが、どうやら旦那が私の気付かないうちに、世界旅行に連れてってくれてるようなのです(←推測、私は実感なし)
時に、彼1人でも世界旅行に出かけてる模様。

今朝も、
「オレ、今日は2人でフランス行ってたんだぜ・・・。」
と、言い残して(笑)仕事に行きました。ふぅ、またかよ・・・。

他にも、ロシア、アメリカ、イタリア、メキシコ、カナダなどなど、行った国は数知れず。でもあたしゃちぃ~っとも嬉しくないっ!だって、

・・・全部ヤツの夢の中。

 おまけに旦那、もっと笑わせるのが、上記のどの国にも行ったこと無し!たまに、南アやイギリスなど、彼が行ったことある国が若干加わるものの、大半が彼にも私にも未知の国。

「ロシアの街角でさ、悪者に追っかけられて必死で逃げたんだぜ。」
などと言われても、知るかっ!!そのたびにウ~・・・ってうなされてくれたり、ビクッ!ってベッドで跳ね上がったりで、起こされて迷惑なのはこっちっ!

 何語でその国の人たちと会話してたのか?とか、観光地ではなく、街角の何を見て、その国だと思うのか?とか、疑問は尽きず。でも本人はシャーシャーと、そこに間違いない!と言い張る。

どちらか、と言えば現実的な夢を見ることの多い(←夢じゃないじゃん、それじゃ)私には、非現実的、かつ意味不明な夢を見ることの多い旦那、さっぱり理解不能・・・。

・・・はっ!!もしやこの人にも(←にも?)スパイ願望が?!

いや待て、本当は彼も(←も?)スパイとか?!

実は我が家は『Mr&Mrs スミス』とか?(←ただの妄想。痛いわっ、殴らないでっ!)

・・・(はい、今日もこだま・ひびき風に)ウソやがなぁ~。

Banner_01_123 ←いつも訪問、クリックありがとうございます。とても励みになってます。
旦那が夢で世界旅行ってのはホント。一体、夢で旅行して、何が楽しいんだか・・・ふんっ。本当に幽体離脱でも(苦笑)して世界旅行をしてるのなら、ちょっと羨ましいけどさ・・・。ああ、どっか行きたいな~。どこでもドア~~っ。ドラえも~ん!!

皆さん、どんな夢見ます?覚えてる方ですか?私は最近よく見るのが、必死で逃げる夢(涙)。ふぅ~、疲れてるのね、アタシ・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

ザ・挑発!

 連休明けの火曜日、そして連日天気がよろしくないオークランド・・・。
 昨日は1日中土砂降り、今日は嫌々止んでるけど、どこか怪しい雲行き。

 退屈っていうよりは、こんな天気、何をするにも億劫でいけない。

 でも久し振りにオヤツでも作っちゃおっかな・・・と、キッチンへ。

 先週までの暴飲暴食ですっかり胃も身体も重たいから(←自業自得)、あまりコッテリどっしりと重たいオヤツを食べたい気分じゃないのよ、でもなんか軽~いものがいいのよ、軽~いのが・・・。はっ・・・ダイエットするんじゃなかったのか・・・バカバカ。私ったらなんてことを・・・。

でも、かごのさつま芋に呼ばれまして・・・←(こだま・ひびき風に)んな訳ぁあるかぁ~。

としばし1人突っ込みしながら(笑)悪戦苦闘。

って程の作業もなく完成。・・・暇とレンジだけあれば誰でもおっけ。

チンッ!ホラできた~。

Photo_164 ノンフライ!

レシピはこちらノンオイルノンフライさつま芋チップス」を参考にしました。

おろし金に付いてるスライサーでカット。パリパリに仕上がりました。そのままでも美味しいけど、軽く塩を振ってチンしてみたら・・・ん?懐かしい味。『おさ○ドキッ』ってお菓子ありましたよね?あの味っぽい。んま~い。

でもね、ちょびっと面倒っちゃ~面倒。レンジでチンが出来るのはお皿にひと並べ。で、次を並べてチンしてる間に、全部出来たの食べちゃえる・・・。え、途中で食うな?
おさつ1本だけでも、かなりの薄切りが出来るので、今度はなかなか終わらない。最後、つまみ食いも作るのも飽きちゃったB型SATO。飽きたおかげで写真撮れましたが・・・(苦笑)

あ・・・、日本だと、わざわざ作んなくても、袋開ければ食べられるんだっけ。

・・・いいなぁ。

では、ここで一曲。

金も要らなきゃぁ~ オンナもぉ~ いらぬ(←オンナ?)
 
 あたしゃ『どこでもドア』欲しいぃ♪

※ああ懐かしい!と思われた方。昭和のお友達ですね(笑)。


 暇な時はやっぱり・・・。
Photo_26 まさか?
このヒト達に遊んでもらうことにする(断言)

な、よいではないか、よいではないか・・・。

 ペット飼いの皆様!
デジカメを向けて、さあ写真を撮ろうとすると、ストラップにじゃれついちゃって・・・、ってことありませんか?←これはネコだけ?犬はやらないの?あ、『待て!』をするのか・・・。

ただでさえ古めで反応の遅いカメラなのに、ストラップに寄ってこられると、もうボケボケ・・・。それなら、最初っからこれで釣ってみたらどうなるか?!と挑発してみることにしました。

ちょっと、そこの2匹、覚悟はいいわね!!

Photo_165 何のつもりよ?!とガン見中。

そして・・・

Photo_166 けっ、くだらね

いいじゃん、遊んでくれたってぇ~、けちっ!!(←大人気なすぎ)

いいもんいいもん。グシッ。

じゃ、次はピカソの番よ。覚悟はよくって?!

Photo_167 そう来なくっちゃ!猫だもの。

そして次の瞬間・・・惨劇が始まるのであった・・・!!

恐怖のあまりにぶれる画面、あまりにも惨い・・・。

ではじっくりとご覧下さい・・・。

Photo_168 あ・・・ああ酷い。

Photo_169 貪り食う野獣、ピカソ。


そして、戦いは続き・・・。

Photo_170 満足満足。

ふっ、見事に私が完敗よ・・・。

今回はキミの勝ちだね、ピカソくん・・・。


・・・ってか、そんなに退屈なのか、アタシ(涙)?誰か遊んで?

Banner_01_123 ←SATO、そんなに暇なのか、とどうかここは1つ、広い心のクリックを。
しかし毎日天気が悪くって困ります。気温的には今の、秋口の日本とそんなに変わらないかも?ってか、9月の末にはおバカがいっぱいビーチで泳いでたのにね~、あれから一気に寒さが戻って、さすがのKIWIも泳がずガラガラ・・・(え?当然?)。
夏はどこいったのよ~っ!?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

Do you want to~?

 今日は朝から土砂降りの祝日、Labour Day(←綴りは英国式、まだ慣れない)。日本の勤労感謝の日にでも当たるのかな?って訳で週末から3連休、生憎日本語教室もなし。日本語あろうがなかろうが、たいてい月曜は雨だけど・・・。

 土砂降りのため、やることもなす。衣替えしたいけど、こんな雨じゃ~無理。出す方もしまう方も湿ってしまうだけ。おまけに、何だか午後に入ってから急激に温度が下がり始め・・・、とうとう真昼間にヒーターを入れてる我が家。衣替えがなんぼのもんじゃい!
 旦那は、と言えば、こんな天気じゃ釣りにも行けん、とメジャーリーグなんかを見てたりする・・・いいじゃん、どっか出かけなよ~、私は家でのんびりするからさ~。私の家族はオニ・・・、と言われるはずだな、こりゃ。←「日本語vol.8、家族の項」より)。 

 
 ところで、今日は英語の話、素朴な疑問を・・・。

 日本語の教科書、大半のものが『です・ます』の形から始まってる。シチュエーションにもよるけれど、やはり初対面でタメ語はありえない。ケースにもよるけど、日本人同士でさえ、初対面からタメ語で話されたら一歩引いてしまうしなぁ・・・。そんな私は古いヤツ?健さんと一緒?
 呼びかけの形も様々。教科書にまず出てくるのは、『アナタ』と『わたし』。で、だんだん友達が出来てきたりすると、ボクは?オレは?他には?それはどう違うの?などと始まる。

 英語は、と言うと、『YOU』はいつも『YOU』。天皇陛下であろうが、女王陛下であろうが、隣の家の人だろが、ホームレスだろが、みんなYOU。表現には、Would you~、Could you~、Would you mind~などの丁寧・婉曲表現こそあれ、尊敬・謙譲って感覚はなさそう。

 旅行者用、ホームステイ用英会話などを読んでると、
「お願いする時や、注文する時には、必ず語尾に『Please』を付けましょう。」
とある。確かに頼まれる時にPlease、と言われたらなんとなく気分もいい。このPleaseを英語ではMagic Wordというらしい。

どうやら英語圏のしつけでも、くれろくれろと泣く子供に(←私は一茶?)
「Magic Wordは?」
と、尋ねると、
「それくれろ、Please!」 (←ちょっと違う・・・)
と、答えが返ってくる。となると、
「そこまでいうならあげてもよくってよ、ふふふん♪」
と思ってしまうのは、やはり私が大人気ないからか・・・。

しかし、赤子はちゃんと使えるように育てる癖に、大人で使えないヤツも少なくない。いや、逆に使わなくなるのかな?!

というのも・・・。

以前、駅に付いた、とアメリカ人の友人から電話。
「Do you wanna come to the station?」 (直訳:駅に来たい?)
と言われる。え~、面倒・・・。ウチに直接来るって言ってたじゃん。

「NO。」 全然行きたくないしぃ。
とはっきり断ったら、
「なぜだぁ~?なぜ来てくれないんだ~~!」
と怒られたことあり。いや、アンタそう言ってないじゃん?

例えば、
「Do you want to come to our house?」
なら話もわかる。Yesなら行きたい、Noなら止めとく。

それと同様、Do you wanna(=want to)で聞かれるから、『面倒だからNo!』と答えてなぜ怒る?なら最初っから、
「Could you please pick me up?」
となどと言われれば、単純な私のこと、しょ~がねぇな、と出かけるけど。

昔日本にいた頃、友人の中でもそのアメリカ人にそう言われた記憶が多い。同じ英語圏でも、イギリス人やOZ、その他の英語圏の人たちには、そう言う不快感は無かったような・・・。

などと思ってたら先日@我が家。旦那に、
「Do you want to close the window?」 (直訳:窓閉めたい?)
(↑※南ア英語は、『wanna, gonna, gotta』はあまり聞きません・・・むしろアメリカ弁らしい)


と、言われた私。モノを頼むときには、頼むような態度をとるべきだろがっ!むきぃ!自分で閉めれば・・・。ま、窓の一つや二つ、とっとと閉めさせて頂きましたけどね(←なぜ偉そう、笑?)。

そんな『ちょっとむかつき感』は昔っから消えず、かと言って旦那に確認してみたところで、なぜいけないの?となりそうなので、ずっと放置してたら、NZの掲示板で熱く続くこんなスレッドを発見。そっか、KIWI英語も同じなのか~。ってか、同じ言葉でむかつく日本人がやっぱり多いことを実感・・・。

ふんっっだっ。ざま~ごらんあそばすがいいわっ! (←なぜ?) 

Banner_01_123 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになります。
直訳するからむかつく、と分かってはいても、根底に流れてる感覚の違いってのは、やっぱり違う言語だと理解できないのよ~。またその奥底に流れるのが宗教観だったりした日にゃ、もう全然お手上げ・・・。Bull sh*tとか、Son of the bit*hとかなんてなると、なんでそれが罵りなのか意味すら不明でした。「おまえ、うん○野郎~!!」とか、「おまえの母ちゃんでべそ!!」なんていう子供の喧嘩か?って思っちゃったわ、最初・・・。あら、それた?

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

ニッポンジンでありますっ!

昨日の記事の続きでしたね・・・。結論から言えば、無事帰還してます(笑)。

さすがに、大の大人が『殴られる?』と、新たな摩擦を起こすような内容は聞けず(苦笑)、でも確認したかったのは、
「あの・・・私ら『日本人』だけど、本当に本当にお邪魔しても大丈夫?」
でした。
RSAに限らず、オークランドはアンチアジア、アンチ日本も少なくないので。

その奥さん、ゲラゲラ笑いながら、
「日本人の友達連れてくの、そう言えば初めてだわ~。前はねぇ、会員になるにも他の人達の許可とか投票が必要だったのよ。入り口のところに写真と名前、誰からの紹介か、って全部貼っておいて、許可を得たらやっと入会できたの。でね、旦那が私の写真を貼っといたら、ふざけてヒゲを描き込んだ友達がいてねぇ・・・。『新しい写真もってこいっ!!』って呼び出されたと思ったら、そりゃもう怒られる怒られる・・・。『貴様は3ヶ月間入会禁止だっ!!』って・・・。で、そのヒゲ描いた友達は、『貴様は当分の間出入り禁止!!』って。アホよね~。ホラ、やっぱり古い会員は昔の軍隊だからねぇ~・・・。」
・・・答えになってないんですけど(怖)?!余計に怖がらせてる(笑)?

でもそこは興味半分。参加することに意義がある(←ちょっと違う)。

「カメラ持ってっても大丈夫?」
と聞けば、
「どうなんだろね~。人の葬式では写真撮ってる人見たことあるけど、普段は見ないわね。あ、携帯電話は禁止だから。鳴ったら怒られるわよ。」
・・・はいっ!ソッコー電源切りますっ!!

なんかあったら怒られるのぉ~?

でも・・・

Rsa_1 結局撮ってるし
カバンの中でスイッチだけ押してたりする・・・。嗚呼、スパイ気分。ドキドキ・・・。

今年はRSA90周年記念だそう。余計に肩身が狭いですが・・・。

そんな心配をヨソに、車は駐車場に到着。ご主人の仕事の関係で少し出遅れた私達。緊張する2人。そこはほぼ満車。とりあえず日本人2人と奥さん、先に降りて中へ。

ドキドキドキドキ・・・。

戸を開けて・・・。

人の心配を屁とも思っておらず(笑)、何にも構わない奥さんは、
「場所を取らないといけないわねぇ~。中も混んでるのかしら?」
と、ずんずん中に進む。

戸を開けた途端に・・・ああ、痛いっ!痛いってば。←あ、視線の話ね。

ひつじさんは、ハミルトンのRSAによく出かけられるそうですが、どうやらこのRSAではアジア人、特に日本人は珍しいのか(珍しいわよね・・・)、もう人々の大注目っ!!全然お構いなしの人もいれば、半分笑みを浮かべたまま固まってる人、目が皿のようになっちゃってる人、半分目に怒りや驚きを浮かべて黙って見てる人(←やっぱりいました・・・)、私らの動きを目で追い続ける人・・・と反応も様々。

ドキドキドキドキ・・・。闇雲に『出来るだけ笑顔』と営業スマイル(笑)を試みてる不気味な2人は私と友人。

最初は、

_1201 奥にも広い

こんな長テーブルのど真ん中、好奇の視線の中、座らされそうになりましたが、席を開けてくれた人がいたおかげで、やっとこさ端っこのボックス席に移動。ほぉ~・・・。

写真は、ファインダーもスクリーンも覗けず、アングルの確認できないため、さっきのカバンをただ向きだけ変えてパチリパチリと計3枚。意外とよく撮れててビックリ、我ながらいい仕事。ボンドガール合格ね、ふふっ。←あ、痛いッ!殴らないでっ!

_1200

壁一面に並ぶ、遺影、銃や武器の数々、勲章、軍服などの遺品は全て家族からの寄贈だとか。今の時代に武器や遺品を預けてしまうことで、代わりに平和を願う、そんな家族や遺族の思いが溢れてるをの実感。

途中、寄付金集めとしてチョコバーを売りに各テーブルを回る子供が2人。

本当にみんなが気軽に寄付をする国、NZ。街頭の寄付活動も盛んだものね。

 南ア出身のウチの旦那。どうやら祖父が戦争で亡くなった口らしい。彼曰く、英国連邦の一員として応援に出征したものの、イギリスからは『ど~せウチの人間じゃないし~』と、厳しい戦線に送られ続けたANZAC、南アの軍。死傷者は英国人の比じゃなかったそう。

 今でこそ、おじ(い)ちゃんおば(あ)ちゃん、家族や孫、ひ孫まで含めて、地元に根付いた社交、交流の場として平和的に存在してるこのRSA。でも多分作った当時は、心理学的にとか、精神的になどという目的は無かったのだろうけど、結果辛い経験をオープンに語り合える場所を作ることで、多くの人々や家族が癒し、癒される場所を作ろう、としたNZとAUS。これは、同じ英国圏でも南アにはないらしい。

 戦中戦後のことを語るには、あまりにも無知な私だけど、心理学の先進国であるにも関わらず、帰還兵の為のVeteran's Assosiationでは医療サポートだけで、精神的な傷には目も向けず、殊にベトナム帰還兵に対しては、まるで人殺しのような扱いをしたUSA(←今回のイラク攻撃でも兵士は同じ扱いを受けているそう)や、戦後(負けたのもあるのだけど)の日本、戦時中のことは語ってはいけないトラウマのようになってしまっていたのに比べて、ほぼ1世紀も前から、傷ついた人々や家族をどんなに暖かく迎え入れたのだろう、なんてシミジミ思っちゃいました。

 しかし、熱~い視線でしたな若しくは見ない振り(笑)。空気になった気分。

 連れてきてくれたKIWIカップルはかなり社交的なので、友人も多いと思われるのですが、私達がいる間にテーブルに彼らのところに来たのは、たった3人・・・。7歳の娘と、彼女を連れに来た母。そして誰の顔を見ても携帯で写真を撮りたがるという、マニアックな老人(←でも日本人の私達、写真を撮られることはなかったですけどね)

帰りがけに、今日話せなかった友人と楽しそうに語らうご夫婦を見ながら、
「随分気を遣ってくれてたんだろうな・・・。」
と思いきや、帰りの車中、
「楽しかったわね~。って訳で、もう場所も分かったでしょ?今度はアナタ、ご主人も一緒に来ればいいわ。連絡くれたらまた予約しとくから、もう気軽にゆってちょーだいな。あ、この近所に住んでるEさん(日本人)とそのご主人(こちらも英国圏)も一緒に誘う?みんなならもっと楽しいわぁ~。ね、そうしましょ、そうしましょ~。」
と、全くお構いなす(笑)。

本当にいいの?
また出入り禁止にされたりしないかしら、奥さん(笑)?

Eさんも行く?新たな日本人スパイになる?

Banner_01_123 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになります。
南半球に来て初めて、私達日本人って、戦争に纏わることは、北半球のことだけでなく、本当に何1つ知らないし、知らされてないよな、とつくづく実感しました。どうせなら歴史は近代史から古代へ戻ればいいのにな、と思ってしまう。重要なことに蓋をし続けるのは、やっぱ世界が身近になり過ぎてるこの時代。未来を生きる者達にも、よくないと思うのだけど・・・ね?どうなの安○さん?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

恥ずかしながら・・・

 昨夜の記事の白ワイン『Cloudy Bay』。

「そんなにウマいのか?オレは飲んだことない。」
という我が家の食いしん坊代表、旦那が今朝、早々に例のちっぽけな酒屋にひとっ走り。その酒屋曰く、
ウチには、一年でたった1回、12本入りがひと箱入荷するだけ。入荷しない店が殆どで、滅多に手に入らないシロモノだからね~。」 ←ん?ヤミ入荷?ありえる・・・。

・・・単純極まりない旦那、いきなり2本も買ってきやがりました!
我が家で結局3本/12本を購入したことに。騙されてないわよね(苦笑)?

ええ、そんなこと言われたら、もったいなくていとも簡単に飲めそうもない貧乏性ですけど、何か?

そりをコメント大賞にプレゼント!はしません・・・。ええ、しませんとも!!

 
 話は変わって。

とてもお世話になってるKIWI夫婦がいます。年の頃は親世代。
お邪魔してても、主に家事はご主人、お茶を入れてくれるのもご主人。奥さんは私達のお茶の注文を取り(笑)、お茶が入るまでカウチで談笑、立ち上がりもしないと、いう典型的KIWIハズバンドとその妻。
親のような年齢のヒトでもそうなので、NZの『女性強し!』の文化は昔から深く根付いているようです・・・←南ア出身の旦那と日本人ツマと、移民で成り立つ我が家。しかし行動だけはもう既に完璧KIWIライフをエンジョイ中?!ウチの母は腰抜かすかもな・・・(笑)。

そのご夫婦が、(昨日帰国してしまった)友人と一緒に誘ってくれました。
「会員制クラブで、招待がないと入れないんだけど、今回予約してあるから大丈夫。○○時に我が家で待ち合わせで出発しましょうね。」
との電話。NZでメンバーズクラブ?
なかなか入る機会もない、とちょっとワクワク、ちょっとドキドキ・・・。

待ち合わせの彼らのお宅に到着。

「ここから近いの、その場所は?どんなとこ?」
と、聞く私たちに、奥さん。
RSAのパブよ。食事も出来るし、バーもあるし、カジノもジムもビリヤードもあって楽しいのよ。木曜日はサプライズで賞金が当たるかもよ!昔は会員になることすら厳しかったけど、今は緩くなったしね~。彼(=ご主人)が戻ったらすぐ出かけようね。」

・・・RSA・・・。え?

マジっ!RSAですって~~っっ!?


解説しよう。
RSAとは、Returned Servicemen Assosiationの頭文字で、AUSとNZだけにある特別な協会。要は『退役軍人協会@AUS&NZ』です。第1次、第2次世界大戦で、英国連邦としてイギリスの支援に戦ったAUSとNZの兵が、生還した後、集い、亡くなった者を偲び、彼らの心身の痛みを分かち合い、傷を癒すために作られたとか・・・。そして今ではその家族も含めて、集い、語らい、癒しあうために成り立っている協会(←by旦那。間違ってたら苦情は旦那まで)

そのRSAが年に1度、大きな活躍を見せるのが、ANZAC DAY(※)。

(※)国民の祝日、ANZAC DAY(4月25日)は、ANZAC(Australia and New Zealand Army Corps=オーストラリア、ニュージーランド連合軍)が第一次世界大戦中の1915年4月25日にコンスタンチノープル(現イスタンブール)を目指してゲリボル(Gelibolu)に上陸を開始した日。もともとは両国軍の勇敢な戦いぶりを称え、犠牲者を追悼する式典であったが、近年は平和を祈る式典に変化しつつある。各地で軍人・退役軍人によるパレードなどが行われる。
(Wiki Travel 祭りやイベント、オセアニア4月の項より)


その日には、私たち日本人は出来るだけ外出を控えた方がいいと言われてきました。でもパレード見に行っちゃいましたけどね、私・・・。ヨソでは日本人ってだけで卵をぶつけられた、なんて話があるくらい。(←幸い私は経験したことありません。日本人に見えないからかしら?)

ってことは・・・!!!

第1次世界大戦では英国を支援した味方の一員だった癖に、第2次世界大戦ではとっととドイツに寝返り、英国連邦の敵国として戦い、シンガポールで英国連邦兵を捕虜を取り、惨殺もしちゃった(らしい。ガッコで習ってないけど、こっち来て聞くようになった)上で、メチャクチャに敗北した日本国出身ですけど?

そして臭いものには蓋をする如く、近代史、特に戦前戦中の歴史は学校でうやむやにされて、本当に殆ど習った覚えのない(←今の時代はどうなんですかね?)日本国出身ですけど?


どうしたもんでしょ?今更帰れません・・・。ご招待だし。

・・・嗚呼っ。

あの、聞いてもいいですか?

・・・私ら、袋叩きに遭いませんかね(^_^;)?


~~~後半、潜入編(仮題)に続くっ!!

Banner_01_122 ←いつも訪問、クリックありがとうございます。励みになります。
あ、RSAに関する旦那のコメント。「まるでユダヤ教会にドイツ人が足を踏み入れるようなものだよな。」そんなドキドキの後半の予告を・・・。


Rsa 
これじゃ本当に『日本は未だにスパイ活動』って思われちゃうかもっ(汗)?!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

友の晴れの日には『曇り』を。

 48時間のメンテ予告のせいで、ご迷惑をおかけしました&されました。
でも早々に次の日には『メンテ終了』と報告、やっと書き込めるわ、と思った次の朝には『障害が発生!復旧作業中』・・・。どないなっとんねん?!
やっとこさ復旧したのがどうやら今日遅く(NZ時間)らしい・・・むぅ。いらんことしたら余計壊れたのか(苦笑)?

おまけにその障害の内容たるや、
『管理画面使用中に突然「問題が発生しております。」と表示される。』
とのことなので、書いてるコレも、いつ消えるのか分からない、まるで黒ひげ危機一髪のようなドキドキ感。

そんなスリル溢れるブログへようこそお越し下さいました(笑)。
あ~あ、サーバー替えたいな~。ってか、どうやるんだろ・・・?
 

まずは、とにかくお久し振りです。皆様、お元気丸出しですか?

今月入ってから毎日ドタバタしてましたが、ようやく時間の融通がつくようになりました。

 出かけることも多かったのよ、とにかく。
だから毎日自宅にちゃんと戻ってる割には、朝早く起きて、早く寝る旦那vs. 遅くに起きて遅くに帰ってきてた『ヨメSATO』は、まるまる2日間以上旦那と顔を合わせなかったので、「あ、久し振り!」・・・なんていう面白い(!?)ことも起きてしまってた我が家。悪妻、鬼嫁道まっしぐら。ってか、旦那よ。鍵を替えないでいてくれてありがとう(←誉めて伸ばせ。あ、違う?)

 
その間毎日笑いあり、涙あり、事件あり、おまけに衝撃の『禁日本人(?)パブに極秘潜入?!』まであり!(←近日中にこれはUPしますね)などなどあまりの忙しさに身も細る思いでした、本当に思いだけですが・・・(苦笑)。だって連日、暴飲暴食・・・(汗)。いや~、胃袋だけが忘年会・新年会先取り・・・こりゃ間違いなく太っt。(←分かりきった自業自得のため自粛)

ふぅ。ダイエットしなきゃ・・・。

 
 先日ガレージセールを一緒に開いた友人が、とうとうNZを離れる日でした。
何年もの間、NZに住み、働き、そして一旦NZを離れて日本に戻って考えたものの、やっぱり日本で生きる、と決めたそう。彼女の人生、是非とも応援したいもの。

「子供の頃から、甘いお菓子より『よっちゃんいか』が好き!」
と、筋金入りの酒飲みの彼女。お土産には彼女が好きだったNZの白ワイン、特にお気に入りだった『アレ』を求めて三千里・・・。ワインセレクションが豊富なスーパーにもない、大手酒屋でもオークランドのダウンタウンでもまず見つからない『アレ』・・・。

じゃん。

Photo_24 まぶすぃ~!

NZワインの名品、Cloudy Bay(クラウディ・ベイ)。それも今年モノっ!

実はNZ。日本では、AUS、フランス、カリフォルニア、イタリアなどなどに押され、なかなかNZワインを目にすることはないのですが、知る人ぞ知るワインの産地。

特に↑これは、『NZの白ワインを世界に知らしめた!』と言われる一品だそう。世界中のファンに愛され、世界中に輸出してるため、国内への供給量が極端に少ないワイン。日本には、あの!ルイ・ヴィトンのグループ会社が輸入してるそうよ、奥さんっ!

もちろん私もコレは好きです。確かにウマいっ!
でももったいなくて開けられない私は貧乏性、いや、貧乏。

え~?一体どこでそんなレアモノ見つけたのかって?

そりは、『ど~してここに・・・?』と誰もが思う、ちっぽけ且つ小汚い酒屋の棚。一応、少しだけ高い場所にありました。同じCloudy Bayの他の種類やレアものも見つけたりして・・・。まさかバッタもんじゃないわよね(笑)?

ニセもんだろがなんだろが(←多分本物のはず。多分・・・)喜んでくれた彼女。

「これはとっておきの時に。だから普段用のワインを・・・ね。」

と、彼女の最後のチャンスに付き合い、スーパーに出向いた私達。

Photo_25ってか買いすぎ

 そう、出発前日の昨夜。
荷造りが終わり、ウチにあったストックのワインも含めて、夜中に2人でついつい2本開けた私ら(恥)。今朝、性懲りもなくフラフラと、寝不足&酒が抜けきらないけだるい体で、空港まで行きましたとさ・・・。我が身しらずのアホです、ハイ・・・。

 夜更けまでの語り合いも、ヘベレケの飲んだくれも(←?)もう出来ないのか・・・。淋しくなるよ・・・。

※健康のため、飲みすぎには注意しましょう。SATOよ、分かった?

Banner_01_122 ←飲み友達、語り友達がいなくなり、気落ちしてるSATOに喝クリックを!

でも、友の新たな旅立ちだもんね。応援してあげなきゃね。じゃ、NZの空の下から彼女の今後を祈って、ワインでも・・・ってか、この週末を休肝日と休胃日(?)にしたいと思います。それからだよね、彼女のために一杯ってのは・・・あ、彼女からもらった焼酎で一杯にしようかな・・・(笑)。

え?ダイエット?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

日本語vol.10~熱く激しく?

 ******お知らせ******
今日の夕方、10月17日(火)16:00から2006年10月19日(木)16:00の約48時間もの間(←長っ!)、このブログのサーバーがメンテナンスに入るようです。
訪れてくださる分、クリックしてくださる分(←さりげなくPR、笑)には差し支えないのですが、コメントを頂く際、エラーが出るかも・・・、だそーですので、エラーが出てしまったら「こんにゃろ、せっかく書いたのにっ!!と、『腹いせクリック』をお勧めします。・・・え?

 では、サーバーがメンテに入る前に、とっとと始めましょっ。

第10回、今回の出席は、
男性陣は、皆勤ジョンじーさんは一番乗り。それから『カルロス・ゴーン』似のマークさん、ウチの旦那・・・だけかと思いきや、遅れてRAさんとVIさんも登場!お~~っ(嬉)。

女性陣は、皆勤の中華美人SHさん、惜しくも1回欠けの『かんふー』PHさん。そして頑張ってキャッチアップ中、ビビアンさん、と先週と同じ顔ぶれ。

計8人の今日。
ゲラ男JAさんと、キャリンさんはまた休み。来てももう追いつかないだろな。

 
 2回休んだRAさんと、スクールホリデー明けの先週来てないVIさんは、カタカナ練習に苦戦中。そしてVIさんがひと言、
「ひらがなあるのに、何でカタカナまで作ったんだ?」
ああ、先週ゆったけど・・・。
「カタカナは音はひらがなと全く一緒です。基本的に、外来語そして擬音語・擬態語などに使われます。皆さんの名前は日本語ではないので、カタカナで書けるようにしましょー。」
と、また繰り返す。
するとVIさん、
「それは分かった。でもさ、誰が作ったんだ?」
・・・。
「知らん。タイムマシンが出来たら調べてくるから待ってて。」
と、笑顔で言い放ち(←また大人気ないSATO)先に進む。

残りのヤ行、ラ行、ワ、ヲ、ンをやっつけるのが目標。
「ヤ行とツは、ひらがな同様、小さく書く場合もあります。例えば・・・。」

ヨット
ニュージーランド
チューリップ

などと書いて、読んでもらう。

中国の2人、SHさんとビビアンさん。
「チューリップって?」
という。ああ、絵も描いたのに(←これは他が全員分かってくれたので、私のゲイジツ的(笑)な絵のせいではないはず)中国語では一体何ていうのかしら・・・。

今日はカタカナでもたもたしてられないのよ、だってサーバーのメンテもあるし(←違う)。いや、もっと大変なのが、先週充分みんなが路頭に迷ってた(笑)『動詞』の導入。今日はまた『個性的な2人』が追加だから、しっかり復習した上で先に進めなきゃいけないのよっ、私!

早速、絵カードとともにボードに先週同様、

(~を)のみます、たべます、よみます、みます、ききます、かきます、

の一覧を作る。

そして、過去の形を説明するために、また先週と同じく、
「はい、10月16日月曜日。これはなんと言いましたっけ?」
すると、思いもかけないところから声が。それはVIさん。
「きょう。」
おお、では10月15日は?
「それはきのうで、17日があした。」
と、ソッコー答えたのもVIさんっ(驚)!!

え?VIさん、これやった時いたっけ?勉強したの?すごいっ!!

と、拍手喝采しようとしたら、
「オラ~よぉ、これ仕事で使うのだけは知っとるぞ。」
・・・ああ、なるほどね。前の『ツリハイラナイヨ』ってのも仕事で使うのね(笑)?

日本語は、未来の形と現在の形は同じ、そして過去の形という二つを覚えましたね?

~ます/~ません。
~ました/ませんでした。

でしたね。覚えてますか?

はい、マークさん、な~に?
「あ~、きのう ダンス ました。」
またダンスかよ(笑)?そういう時は、『ダンスをました』と言いましょ。『します』を使うのよ。

ところで、マークさん?何のダンスするの?
「サルサダンス。サルサ知ってる?いいよ~、サルサ。」
あら?意外なマークさん発見。サルサを熱く語る語る・・・。止まんない(笑)。

すると、いつも静かなビビアンさんが、
「私もサルサダンス好きよ。CITYに時々踊りに行くの。」

ひと目合ったその日から、恋の花咲くこともある・・・いらっしゃぁ~い(古っ)

あら大変!マークは急に 止まらない・・・(SATO 心の句)。


ととととりあえず、ほら、勉強しなきゃね、ほら・・。

え~っと、今日習う単語よ。
と、テキストにある、ねます、おきます、べんきょうします、はたらきます、いきます、かえります、を入れましょう。マークさん、ダンスはありませんから。

ここで以前に使った『できるかな』セットの登場。
既習の動詞、『に、へ、を』などの助詞、『はい/いいえ』、『ます/ません/ました』、などの各カードを組み立てて、自分で文を作る練習をしましょう。

と、簡単に説明し、カードを渡す。

このクラスの素晴らしいのは、(確かに話はあちこち反れるのだけど)何にも言わなくても、隣同士で2人組になって練習しあってくれてる・・・。ああ、こんな立派なコになってくれて、お母さん(←お母さん?)はとても嬉しいのよ!

今日は8人。自然に出来た4組のテーブルを順番に回りながら、彼らの作文を手伝いながら質問を聞いていく。

VIさんがひと言。
「オラ~よぉ、まだ『あります』と『です』の区別が付かん・・・。」
(↑えっ?キミの疑問は第6回からまだ続いてたのかっ?)

RAさんは、まだ肯定文に『ますか。』と付けてしまう癖が抜けない(←第5回より)

PHさんは日本行きが近くなったせいか、真剣味を増してきた。

SHさんは相変わらず巡りがいい。発音に癖はあるけど、ま、問題なし。

ジョンさん、どちらかと言えばスロー・・・。でも、文を作ってたら、
「まいにち にほんごを べんきょうします」
本当にノートが綺麗にまとまってるのは彼だけ。

マークさんは、クラスで唯一辞書を片手。単語を1つずつ調べる。感心感心。

で・・・旦那。オイ、また同じ間違いしてるぞ・・・とつい厳しくなってしまうのは、身内だから、ってのより、同じコースを2度取ってるんだぞ!そろそろ進歩してくれよ!という私の公平さから・・・(苦笑)。全く真っ白な気持ちでもう一度受けられる物覚えの酷さ、いや、物忘れの良さ?が羨ましいぜ、ったく(笑)。

そろそろ時間です。じゃ、来週は祝日なので、生憎授業はありませんからね~、と話をしてたら、向こうの方から電話番号がどうやら・・・という声がする。

こらっ、マーク!!クラスでナンパか?!

するとマークも負けてない。出会いは運命とでもいうのか(笑)?!

「だって、I WANT TO DATE!!」

知るかっ、んなもんっ!!

お相手はサルサで意気投合したつもり(笑)のビビアン。
「SATOセンセ、私来週からもう来られません。だってホリデーで中国に6週間帰ることにしたから。で、東京で乗り換えだから、日本語使ってきま~すっ!」

あ・・・(涙)。
こうしてマークの恋は一瞬であっけなく終わったのでした。

            完

ってか、マーク、さっきまで彼女の名前知らんかった癖に・・・(笑)。

Banner_01_111←本当に多くのクリック、ありがとうございます。とても励みになってます。
マークさん、日本訪問中の3週間で、サルサバーに通うわ、観光するわ、散策するわ、日本食はヘルシーだわ、盛り付けもKIWI流より少ないわ、でなんと!7キロ痩せて帰ってきたそう・・・。
そして、「SATOさんもPHさんもSHさんも、みんなサルサしようよっ!面白いってば。あのバーでも、このレストランでも、教室もあそことここにあるし・・・。」 はいはい、分かった分かった。とっとと帰んな。ほなお疲れ様~。

・・・ん?痩せるって?それいいかも・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

おしらせ

 ******お知らせです******

明日の夕方、10月17日(火)16:00から2006年10月19日(木)16:00の約48時間もの間(←長っ!)、このブログのサーバーがメンテナンスに入るそうでござる(←ござる?)
訪れてくださる分、クリックしてくださる分(←さりげなくPR、笑)には差し支えないのですが、コメントを頂く際、エラーが出るかも、だそーだわ。よろしくお願い致します。


 昨日から雨。たいてい日本語教室がある日はたいてい雨・・・。嫌々ながら、教室の前には止んでくれたけど、今度はクソ寒いっ!ああ、夏はいずこに消えたの!?

そんな雨の日。珍しく友人と出かけた午前中。

ウチに戻って、いつものようにテレビをぼけ~っと眺めてたらピンポーン。
さっき出てった友人が戻ってきたのか?と、これまたぼけ~っと戸を開けたら、背の高いほっそりとした女性が戸口に佇んでいる・・・。

「あの・・・、ひつじです。」

・・・・・・(思考停止中)。え?ひつじさんって~と・・・?

あ”あ”~~っ?!!ひつじさんってハミルトンのひつじさんっ??!

先日、こちらからお送りしたフトドキモノフツツカモノのウサギ2匹のお返しに、と雨の中はるばるオークランドまで届けて下さったのは・・・。

じゃん!

Photo_162 ボトルもラッピングも可愛いっ!

 ひつじさん、今日は本当に遠くまでありがとう&お誕生日おめでとうございます。←いやもう、ました・・・と過去形なのね(T_T)。誕生日ってゆってくれたら・・・何か用意できてたかも?あくまでも『かも』ってことで・・・(笑)。生ドラえもんさん、カッコよかったですよん。でもよかったぁ~。まだマシな格好してて(笑)。間一髪、見苦しい姿をお見せするとこでした。失礼致しました・・・。
え?あまり変わりないだろって(笑)?はい、ごもっともですぜ、旦那・・・(ちっ、覚えてろよ)。


ところで皆様、実はもう1つ・・・。
Photo_163 まだ何か?

 最近、何だか急に忙しくって、更新もままならない状態のSATO。おまけに明日はメンテナンスって・・・ああ、本当にすみません。でも、明日、昼までには日本語クラスの記事はUPしますので、明日お楽しみ下さいませ・・・。

すっげぇ面白かったのよ~・・・。
もう『アノヒト』が思わぬ行動に出て、たいへんっ!
日本語授業以外のところでハプニングが?!

これは・・・♡なの? 
Photo_23 まじ?


と、ネコもビックリ!の日本語クラス・・・。SATOキューピットの誕生か?

をご期待下さい(笑)。

Banner_01_53  ←いつも訪問ありがとうございます。今週末にはサーバーメンテも終わり、SATOの状態も通常営業に戻るはずですので、しばしお許し下さいませ。

これ書いてるの、実はもう日本語終わった後なのですが、明日の記事は明日書くことにしますね(もう2時でした・・・)。とにかく・・・面白かったクラスでした(笑)。うふふ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ここでCM入りま~す

 用事があって1人で出かけた昨日の午後。

 ハイウェイから一般道に入ったところで、若いKIWI男 on 巨大な4WDに、あと5cmでぶつかられるところでしたっっ!・・・どうみてもウチの車の負けよね、ぶつかったら。
 
どうやら私の車がヤツの死角に入っていたようで、急かつ無茶な車線変更、追い越し開始したバカ!そりゃも~お構いなしに右側車線にはみ出してきやがり・・・。

きぃ~~っ!

ぐぉるぁ~っ!どこ目ぇ付けとんじゃ、ボk!(一文字のみ自粛)

とは言いませんでしたが、ビービーとクラクションを鳴らしてやりましたっ。
ええ、鳴らしまくりましたともっ。ぜぇぜぇ・・・。

 敵(?)は、自分が悪いのを棚に上げ、ギロっと睨みやがったので、頭のどこかでピキッと音がした私、しばらくピッタリ並走してやりましたわっ(←後続車の迷惑)ふんっっだ。

・・・はっ。いつからこんな人間になってしまったのでしょう、私?


と、大人気ない選手権、オークランド北部地区では優勝候補の1人、と目されている私。ところが、身近に意外なライバル発見・・・。

ライバルは我が家に。ご存知(?)ウチの旦那。
この人が大人気ない度を発揮するのが、テレビのリモコンを手にした時。

ケーブル接続してるテレビが1台の我が家。
私がテレビを見てたとしても、日本語チャンネルには幸か不幸かNHKしかないので、チャンネルを変えることもなく、もちろんCMもなし。NZのテレビにも特に興味なし・・・。ってか、興味を持つ暇がありません。なぜなら・・・。

旦那がテレビの前に正対すると、こちらの入る余地なす。ってか、もう放置することにしました。だって・・・。

ラグビー、スポーツ、歴史物、バイクや車モノ、と全く私と興味が被らず。流行の番組なんか、私、見たことも聞いたこともありませんっ。これが日本だったら、ハヤリについてけてないヤツ、といじめの対象にもなりかねませんわっ。ま、どっちにしても海外ドラマやハヤリモノにはあまり興味はないんですけどね、私。

チャンネルバチバチ(←こんなタイプのTVではありませんが)頻繁に変える。
「他のチャンネルで何やってるか、と思って・・・。」
と、もうバチバチバチバチ・・・。
そんなに変えたら何やってるかすら分からんだろがっ!

その上、CMが入るたびに、
「コマーシャルは嫌いっ!あ~イライラする。」
と、たかが1分あるかないかにもバチバチバチバチ・・・。

・・・コホン。

チャンネルバシバシ変える方がイライラすんじゃ、ボケッ!

と、我が家は喧嘩になりました(苦笑)。
それでもチャンネルバチバチを止められない旦那は、最近ではミュートで音を消してまでバチバチ・・・。ありゃ病気だな。

と言う愚痴話を、ヨソのKIWI、南アの奥様方にしたところ、

「分かるわぁ~~。」
「ウチだけじゃなかったのねっ!」
「あら、お宅もなの?」


の大合唱。

どうやらオークランド界隈、大人気ない選手権、ライバル多そうです。

Banner_01_53 ←壮絶なチャンネル争いに負けて、止むを得ずPCでネットサーフィンせざるを得ない(笑)可哀想な私に哀れみの同情クリックを・・・。
ところで、ウチのアホ旦那・・・。こんな状態でまともにCMを見てない&見せてくれない癖に、時々、「オイ、このCM見たことある?面白いんだぞ~。」と無理難題をいいます。どやって見ろっちゅうねん?
無意識にいっちょ殴ってしまってたら・・・ごめんなさい(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

『血液型』反応

 突然ですが、血液型占いはまだ日本で流行ってますか?
 
 昨日の記事でこそっと(←こそっ?)書いたけど、SATOはB型。

 所謂『典型的B型』かどうかはさっぱり自覚なし。友よ、私は『典型的』?
気のせいか、B型の周りにはB型が集まる気が・・・あ、やっぱ気のせいかも。
大体、家族全部がB型一家で育った私。周りにもB型一家育ちの友人も数々。←B型はゴリラとインド人に多い、と言われたことあります。・・・え?

 B型、って言うだけでまずいわれるのが、
「え~~っ、B型なの・・・?」
「やっぱりBか・・・。」
「Bだと思ったよ・・・。」
この「・・・」は、どんな意味を含むのやら?

 そんなB型のSATO、自分の血液型に関してのみ、どうせ『え~~っ、Bぃ?』呼ばわりされる前に、半分自虐的に笑ってネタにすることにしてます。
でもね、他の人の血液型にはほぼ興味なす。相手が話してくる時は別として、私から、『アナタ何型ぁ~?』聞くことはまずなす。自虐ネタも自分のだけ。そんなのもBっぽい、とも言われますけどね・・・(苦笑)。

でもあれ(どれ?)だけ『やっぱB型!』呼ばわりされる私が、超テキパキと仕事中(←自画自賛、突っ込み受け付けません、笑)の姿を知る人には、
「ウソ?Bなの?Aかと思った。」
「SATOさん、Oだと思ってたよ。」
とも大変多くの人に(←ここ強調)言われる私。そんな私は一体どんなやのん?そういや、ABとだけは言われたことないけど。ああ~リーチ。ABさえあればビンゴなのに~(←違う)。


 ご存知のように、日本人が外国人によく言われるのが、
『日本人はどうしてそんなに血液型にこだわるの?』。
献血募集やその手(←どの手?)のマニア?と疑われることもあるそうよ。

旦那は・・・AかOどっちだっけ?(←ってか、旦那にも興味ナスか、私?)

 以前、知り合いのガイジンに、彼の国の免許証にはしっかり血液型が書かれているにも拘らず、
「オレは自分の血液型なんて知らん。調べたこともないっ!」
と、豪語してるヤツがいましたが・・・(笑)。オイオイ、そこに『A』って書いたるやないけ~?誰が書いたっちゅーねん、っつうか、自分の免許証見ろよ(←事故に遭った時、便利よね、これ?)

 他にも日本人で、子供の頃から信じてた血液型がふとした際に、
「・・・私A型だったはずよ?でも父と母の血液型は・・・?って、えぇ~っ?!」
っていう知人もいて・・・(←ホント)
確か彼女は、『B型苦手だ!』って言ってた気がするのだけど・・・、今更その『B』だと判明した彼女の心境、気の毒だけどちょっと可笑しい。

「アタシ『デリケートなA』だから、ホラ、Bとは合わないのよ。」
などと思ってたのが、ある日突然B型だった、と知った途端に、
「私はぁ~、個性的なB型だからぁ~・・・。」
などと転換?された日にゃ、
「この口がゆ~のか?!ええぇ~?この口が!!」
と、クチバシ両の唇をブリブリつねってしまいたくなるもんです(笑)。

 実は私、血液型に限らず、多くの占いってモノは、まるで熱を測った瞬間に、フラフラと具合が悪くなるようなもの(笑)、だと思ってます。
「やっぱり~~?合わないと思ったんだよな、あのヒトとは。」
とか、
「そうそう、アタシってぇ~、○○なタイプだしぃ~。」
※○○には、各々でお好きな言葉をお入れ下さい。ただし、私がこんなセリフを言うのをもしも聞いたら、SATO壊れたか、とぶん殴ってください。あ、痛いっ、まだゆってないし・・・!

当たるも八卦、当たらぬも八卦。信じるものは救われる(←ちょっと違う)

占いの本にも、化粧品などの『アレルギー反応検査済』みたいな『注意書』作ってくれないかしら。だって私の、『B型、かに座、(細木流には)水星人』がみんな同じ運勢、とも限らない。だって3つとも明石家さんま氏と同じのSATO。少なくとも私には金がない。え?

『この占いは、全ての人に当てはまる、とは限りません。ご自身の人間関係管理のため、使用上の注意をよくお読みの上、ご利用下さいませ。』

・・・これ、どよ? ってか、『使用上の注意』?なんじゃそりゃ(←1人突っ込み)?

Banner_01_53 ←A型さんもO型さんも、B型さんもAB型さんも、知らない人もクリック一発。
昔、血液型で人を分けてばかりの、B型&セクハラ&嫌われ上司に、「SATOさんはボクと同じB型だから、こんなでしょ?あんなでしょ?・・・」と言われ続けたSATO。退職の日に、「私は、『アナタと一緒のB』ではありませんっ!そんなちっぽけなことで人を判断せず、もっと人の内面、見るべきことを見ないから課長は嫌われてるんですっ!でっかくなって下さいっ!!」と、鼻息荒く言い切ったことがある若気の至りSATO・・・。思えばアレからかしら、血液型で判断したくなくなったのは・・・(笑)。H野課長、ごめんよ~。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

新アイテムの効果やいかに?

 先日のガレージセールで、ちょびっとウチが片付いたのをいいことに、今週の(笑)SATOのマイブームに『お片づけ』が加わりました。ただし飽き性のB型、いつまで続くかとか、どれだけ出来るか、とかは二の次・・・。片付けたい、と思った瞬間にやらないと、次はいつその波がやってくるかは全くの不明。だって、『不思議に読んだ途端、片づけがしたくなるの!』などとネットの記事で評判だった風水のこんな本をAmazonで買ったのははるか昔・・・。ってか行動遅すぎだろっ。

教訓:私の人生、行き当たりバッタリ、思いつき。え?

 ただ、私の片付けって、

① 本棚やら机の引き出しやら、どちゃーとひっくり返すと、次、入れる場所を探すためにまた次の場所を開ける、という『芋づる式(笑)』のため、片付いてんだか片付いてないんだか、他の人には判断不明
② あまりに芋づる式に広げすぎて、途中で力尽きたり、日付が変わったり(!!)という時間切れを起こすと、また投げ入れてしばらく見ない振り・・・、

などという難点を持ち合わせているため、他の方にはお勧め、そしてお見せできませんが・・・。で、今も力尽きてきたので、ちょっと息抜き(=現実逃避)にブログでも・・・とやや危険なかほりがし始めてます(苦笑)。やべっ!もうすぐ旦那が帰ってくるから、見なかったことにして引き出しに戻しちゃおっかな・・・(←出した意味なす)

 自称、片付け苦手、且つ面倒くさがりのため、私、モノを集めたり並べたり、ということはこれまた苦手。集まっちゃって困るもの、ってのは、服と本。旅行に行っても、滅多にみやげや写真は飾らないタイプ。可愛げ?そんなもん食えませんからありません(笑)。
 
 対極の旦那は、以前も書いた、かなりの『集めたがり』の、『捨てたくない』人の、『並べたがり屋』。理解不能のプラモデルやけったいな仏像や変な置物は、全て彼の領域、もうアンタッチャブル(笑)。ってか私、触らないことにしました。だって、並べることに意義があるのか、ホコリが溜まっててもそのままだったりするので・・・(笑)。

 よく西洋人のお宅にお邪魔すると、綺麗な絵皿や置物が所狭しと並んでるのを見かけます。あれはどうやって掃除するんだろうな・・・などとシミジミ見ちゃう私は現実派。真似は絶対できませんっ。ってか、結構みんなホコリを気にしないんだよね・・・敏感なのは日本人だけなんだろか?

  そんな『置いて満足、並べて満足』の旦那の棚に、先日(知らぬ間に)新たなアイテムが加わってました・・・。見てビックリ聞いてドッキリのそのアイテム、今後旦那の秘密兵器となるか・・・?

ではばらしちゃいましょう!!

用意はいいですか?ドラムロールは・・・いらないや、大したもんじゃなし(本音)。

では、ドン。

Photo_161

・・・。間仕切り?

「見えるところに貼っとけば、覚えられるから。」
だそうよ、奥さん。

ちなみに、貼ってしばし経つけど、しげしげと眺めてるのは、ただの1度も見たことありませんぜっ。

このままずっとただ貼ってだけになるか、もしくは家中にベタベタで、ただ『日本語テキストのかへかーてん』になっていまうか・・・、のどちらかでせう。


ま、旦那の日本語上達振りは、期待しない方がいいってことですな・・・。

Banner_01_53 ←片付け好きも、片付け嫌いも、『同じ本を読んで、私は生まれ変わりましたっ!』って方もクリッククリック。ひっくり返した引き出しの中身に取り囲まれて、まるで軟禁されてる気分(笑)の、自業自得の私に、大沢親分並みのW喝クリックを!!

はぁ~~・・・ガレージセール旦那のガラクタ部門もやりたいな、いないうちに・・・(←?!)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

日本語vol.9~アタシ動詞ましょ?

 え~・・・、まずはベタなタイトルをお詫び申し上げしますです、はい。
 だって、気持ち的にはこれ以外考え付かなかったんですもん(汗)。


 突然ですが、昨日のカタカナ編の『アマンド』に関連して1つ。

 お菓子を焼く私。先日スーパーで、『アーモンドプードル』とやらを探してました。アーモンドアーモンド、っと。・・・と、見つかんない。何ていうんだろ?

そう言えば『プードル』って何よ?どっから来たんざましょ?

と、調べてみると『アーモンド』は英語、『プードル』は犬、じゃなくて『パウダー』のフランス語(らしいわよ、奥さんっ)。英+仏=日本語ってどよ?変じゃね?フランス嫌いの英国人が聞いたら激怒するわよ。

外来語ってこんな調子でいろんな国のがごちゃごちゃに混ざってるから、
「どうしてそう?」っていう学習者の気持ち、分からんでもない。

※結局こちらでは、『Ground Almond(アーモンドの挽いたの)』ってので無事解決。ちなみにフランス語では 『poudre d’amandes(プードゥルダマンドゥ)』だそう。う~ん、プードルダマンド、シルブプレ、って感じ?(←意味不明、私)

ささ。ささささ。このままだと、SATOどこまでも果てしなくそれてくので、先行かないとっ。

昨日は、カタカナの報告までで終わっちゃってましたね。では本題に・・・。

以前のタームでは、Sくんの『アンパンマン騒動(涙)』があったこの授業。今日は(『HANSHIN騒動』のRAさんも来てないことだし)、もう少しマシな展開を見せることでしょう・・・。

(~を)のみます、たべます、よみます、みます、ききます、かきます、

テキストにあるこれらの動詞を、巨大な身振り(笑)とともに説明。

前半の3つは、ごく単純に意味は1つずつ、drink, eat, read。
後半の3つは、
みます=『目』で『みる』こと(watch/look/see),
ききます=『耳』で『きく』こと(listen/hear)
かきます=手にペンや筆、鉛筆などをもって何かを『かく』こと(write/paint)、
と、漢字は違えど音はひと括り、各動作の基本の考え?を説明。

早速、手が上がったのはマークさん。
「じゃ、『PRINT』は『かきます』?」
・・・?『PRINT』って印刷の?じゃ手にもって『かかない』よね?はい却下(笑)。

手にペンや筆を握って、『かきます』ですからねぇ~。

と、次は旦那。
「じゃ、『STAMP』は?」
と、手振りつき・・・え?スタンプ?・・・ね、キミのぐ~の手に握られてる(振りの)それは『ハンコ』か?ハンコのつもりか?私の手振りはペンを握ってるよな?ハンコじゃないよな?西洋文化に、ハンコ?いや、とにかく違うから、そり。

「そっか、違うのか・・・。」 
ハイ、消えた~。え?

じゃ、絵を見ながら練習、繰り返してみましょう。

コーヒーを のみます。
ビールを のみます。
こうちゃを のみます。

すしを たべます。
ラーメンを たべます。
ケーキを たべます。

・・・はい、日本帰り(笑)のマークさん、何かしら?
「スミマセ~ン。ラーメンは日本で食べました。日本のだよね。でも何でカタカナで書くの?ひらがな、それとも漢字じゃないの?」

・・・たべます、の練習じゃなくて、カタカナに戻る訳ね(涙)?
ラーメンは、その昔、中国から来て、日本のラーメンは、日本向けにアレンジってことかな。ね、中国にラーメンはありますよね、SHさん、ビビアンさん?他にも料理の名前、例えばメジャーなのだと・・・マーボー豆腐などもカタカナで書くこともありますよ。

で、旦那がひと言。
「オレ、マーボー豆腐大好き♡」
・・・いや、聞いてないから、んなの。

「どんな漢字書くの?」 
と、PHさん。
ってか・・・え”え”~~っ?書いてもわかんないでしょ。んなら中国の漢字はSHさんに聞きましょっ(だんだんイライラしてきたぞ・・・)(←正:『拉麺』by SHさん)

「へぇ~・・・。ってか難しくって分かんない。」
だぁ~~っっ、最初からゆったろが?んなら聞くなっ!

も~っ、先行かせなさいよっ(怒)。


コホン。では気を取り直して・・・。

はい、皆さ~ん?先々回にやったカレンダー練習、覚えてますか?月、日、曜日。それから先月/今月/来月、先週/今週/来週、そして去年/今年/来年、ってのですよ?昨日/今日/明日、ってのもありましたよね?

と、マークさんがいなかった分、みんなの復習も兼ねて、再確認。

で、日本語は、過去形だけが変わること、疑問と答えの形を説明。

じゃ質問しますよ。はい、いいえで答えてね。

「マークさん。きのう ビールを のみましたか。」
「あ~・・・え~・・・はい、ビールを 『みました』。」
「ん?もういちど おねがいします。きのう びーるを・・・?」
「あ~・・・はい、『みました』。」

・・・。
「え~っと、マークさん?ビールは、『見てる』だけじゃつまらないわね?」
「・・・ん?あ”あ”~~っ!!『のみました』だっ。」
そうそう。

と、それを聞いた旦那。
オレはテレビを『のみました』だったけど、マークは『ビールをみました』か。あっはっは。オレと一緒だぜっ。」

『間違い仲間』を見つけない。『上手な仲間』をつくりたまえ、キミ。

・・・ふぅ。

ここで、『まいにち』と『ときどき』を入れてきましょ。曜日は覚えてますね?

「ジョンさん。きのう、にちようび ビールをのみましたか?」
「はい、のみました。」
「土曜日、ビールをのみましたか?」
「・・・はい、のみました。」
「金曜日、ビールをのみましたか?」
「・・・むっ。KIWIだからって、毎日ビール飲むヤツばっかじゃないっ(怒)!」

あぁぁ~、怒らりちゃった。
いや、今はホラ、『まいにち』と『ときどき』の練習中でして・・・ね(涙)?
しょぼーん・・・。ってアタシがかよ?先進まねぇよ(笑)。

「ときどき のみます。」
はい、完璧ざます。やればできるじゃ~ん、ジョンさんも。

・・・ふぅ。

マークさんが挙手。ほい。
「わたしは まいにち ダンス 日本で。」
・・・え?そりは日本出張中の話?
「そうそう(嬉)。」 
(驚)!!!
カルロス・ゴーン似、真面目な(はずの)マークさんから超爆弾発言っ!キミは日本で何を・・・!?何があったと言うのだ?

・・・ふぅ。

じゃ次、PHさん。
「しんぶんを よみますか?」
「あ~・・・ときどきよみます。げつようびとすいようび、よみます。」

月と水ってアナタ、オークランドの新聞に求人情報の多い曜日でしょ。
まさか・・・無職のアタシと一緒の境遇かしらっ(笑)?!

ここでキ~ンコ~ンカ~ンコ~ン。

・・・とは言わないけど、9時終了。
ホッとした感や、ドッと疲れた感のとっても強い今回のレッスン。
久し振りだから?それとも・・・(涙)?

ああ。後5回。どこへ向かえばいいのやら・・・。

この先、動詞ましょ、アタシ?

Banner_01_111

←はい、今日も席に着いたヒトからクリックしてって下さいねぇ~。
出席代わりですよ、しっかりクリッククリック(笑)。

最後、片付けてたら(ぱーちー野郎と断定の、笑)マークさん。「すみませ~ん(口癖)、SATOさん。このクラス、例えばパーティとかはしないんですか?」。言い終わらないうちに教室にいたみんなが一斉に、「こないだやったよ。」、「いなかったのマークじゃん?」、「あ~、残念ねぇ。ケーキもあったのに・・・ね?(笑)」の大合唱、ぷぷぅ!!マークさん、しょぼくれて帰って行きました・・・(←このマークさんの日本武勇伝?!は、また後日)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

日本語vol.9~困惑のカタカナ編~

 2週間の休みを挟んで、さてさて日本語教室を再開。早いものでもう9回目。

 前の学期の7回詰め込みとは違い、倍の余裕があるので、ゆっくりゆっくり時間をかけながら・・・ってか、ゆっくりし過ぎじゃないか、と昨今反省気味の私。
だって、(本題に関係ないのを含め)質問がやたらめったら多いクラスだから、あちこちの質問に答えてると話がそれまくってしまうため、『初級日本語教室』、ってよりも『日本語雑学大魔王養成講座』となってないだろか、と一抹の不安も・・・(苦笑)。ま、いっか、それできっかけになるのなら(←ホントか?)。 

 では久し振り、第9回の出欠は・・・。と、その前に、教室シリーズマニア(笑)の皆さんは、恒例の火曜日お越し頂いてますね?そちらの出欠も取りますよん(←ウソ)。

男性陣は、皆勤ジョンじいさん、そして、おっ!日本帰りのマークさんが登場。
「全然迷わなかったぜっ!ふふんっ。」
とバリバリ自慢。
「だって、日本じゃ全部英語で書いてあったもん。全く日本語使わず。」
って、意味ないじゃん・・・(笑)。あとは、おまけ(笑)のウチの旦那。(←先ターム7回参加してる癖に、このクラスのみんなと同じレベルなのはなぜ?この先はどう展開するのかしら・・・。)

女性陣は、こちらも皆勤の中華美人SHさん、惜しくも1回欠けの『かんふー』PHさん。そして頑張ってキャッチアップ中、ビビアンさん。そうそう、参加することに意義があるのよ(確証はなす)。

・・・ここんとこ3回続けて6人参加。クラスに茶化しに来るJAさん、仕事で来たり来なかったりのキャリンさんはともかく、VIさん、RAさんがまたいない・・・。ふ~む・・・。

するとPHさん、ジョンさんが、
「きっとまたVIさんは、子守が見つからなかったんだよ。」
と、お気楽ひとごと(笑)。そ~いやそ~かもね。

でもRAさんもここんとこ来てないね、と言えば、
「え?RAさん?・・・あ、あぁ(シーン)。」

・・・あら?みんな、彼を苦手なのか(←分からんでもないが・・・)
どうしてるのか、連絡取るべきか取らざるべきか、そこが問題のよう。

さ、始めようか、というところに、教室関係者が出欠を集めに登場。
「あらら、ここは大繁盛だっ!2学期目はどこのクラスもガラガラなのに、ここにはこんなにいるんだ?!へぇ~!」 
と、嬉しいひと言。そっか、どんどん減ってくものなのか・・・。一応ほっ。

さて、忘れてるかもしれないけど、カタカナ練習の続きから行ってみよ~。前回2回抜けてるマークさんは、これが初めて。再度復習も兼ねて既習分をボードに書き出した上で、
「カタカナは基本的に、外来語、そして擬音語・擬態語などに使われます。皆さんの名前は日本語ではないので、カタカナで書けるようにしましょー。」
と宣言(宣言?)。そして、続きのハ行とマ行を練習。

マーク、とボードに書いた上でちょっとイタズラ。
「マークさん。カタカナ初めてなので、ボードを見てもいいです。これはなんて読むでしょう?」

マークさん、考えた・・・。
「う~~~ん・・・。『コーヒー』?あ、じゃあ『こうちゃ』?」
いや、勝手に推測しないっ。読む練習です。
横からSHさんが、
「マーク!」

「おっ?お~~っ、それが『マーク』なのか・・・。でもホラ、ボクいなかったからさぁ~・・・ね?ね?(汗)」
落ち着けマークさん、誰も責めてません(笑)。
「じゃ、『MARK』の『R』はどこに行ったんだ?」
と、ジョンじーさん。『R』の発音、日本語にありません。ましてやKIWI英語は、米語ほど『R』で舌巻かないじゃん。伸ばす『ー』だけじゃ不充分かしら?

で、練習ドリルに戻ります。そこにあるのは、『ミシン』。

「『ミシン』?何語?」
「どうして、『ソーイングマシン』が『ミシン』?」
「ってか、なんかその字も変なの。特に『ミ』の字。何で斜めなの?」
って、こういう字なのよっ。

旦那が挙手。んもう何よっ!(←なぜかけんか腰)
「例えばSATOは、日本語だから『さと』と書かなきゃいけないのか、それとも『サト』でもいいのか?」
う~ん。別にカタカナで書いたところで、鉄則も罰則もないのよ、あくまでも基本として、ってことで・・・。でも見る側の受ける印象が違うような。だから、物書きさんは、意図的に使い分けるだろうし。
ってか、先進んでいいかしら?今回の本題は、重要な『動詞』、時間いるのよ。

ハ行には、ひらがな同様、『゜(まる)』や『゛(テンテン)』もあります。例えば、ビール、パン、とか・・・。

「パン?何のこと?」
「フライパンのこと?」
「でも、この絵は『ブレッド』じゃないか?」

・・・はい、皆さんお黙らっしゃい。日本語のパンは、ポルトガル語が語源、『ブレッド』のことざますっ。

「え~?ポルトガル語ぉ~?」
「なんで日本とポルトガルが?」
「フランス語の『パン』とは関係あるのか?」
「でも、語源は一緒かもよ・・・。ね?」

・・・だぁぁ~~っ、うるさいっ!フランス語とポルトガル語の繋がりなんて、このクラスで関係ないでしょっ、もうっ!!RAさんがいてもいなくても、変わんないじゃないのよ。

「じゃ、フランス語の『アマンド』は日本じゃどうなるの?」
ってPHさん。・・・え?ってか、どっから『アマンド』?都心で待ち合わせでも(笑)?

だからぁ~~・・・関係ないでしょ!といいながらもつい、
「カタカナで『アーモンド』。英語と一緒です。」
と、つい答えてしまう自分・・・嗚呼、墓穴掘りまくり。ミイラ取りがなんとやら。

「え~~?!変なの。なんでこれは英語と同じなの?」
・・・んなもん知るかっ!ってか、人んちの言葉、『ストレンジ』っていうなっ!!

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
あれこれ言いながらも、久し振りの教室に、楽しそうにやってきてくれたのは嬉しかったです。
後は・・・授業がまともに進めばもっと嬉しいんだけど・・・ね?

ってことで、明日は『動詞に挑戦、爆笑!旦那がお仲間発見編(←これ、長すぎるので予告、ってことで・・・)』。もちろんこれも・・・はぁ・・・(涙)。珍答迷答の数々、乞うご期待下さいっ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

きっといつか・・・

 ガレージセールのために家中の不用品を探してみると、出るわ出るわ・・・。

今年2月、日本からわざわざ新品を買ってきた時に捨てたはず、と思ってたハゲハゲのNZ炊飯器がそれも2台とか、吸い込み口が抜けて全く掃除にならない掃除機とか、CDの蓋が壊れてしまって、重石(笑)をしないと音楽が聞けないプレーヤーとか、小さいし、古いから、と買い換えたら同じ小さいサイズだったTVとか(←ってことは、14インチが新旧ともに2台ある)、下手すりゃ一日おきにヘッドクリーニングをしなきゃいけないVTRとか・・・全て買い替え済みの、お古。ワタシ的には(←使ってみたかった)てっきり捨てたはずだと思ってたものの山。ちぇっ、生憎徳川埋蔵金はなかったのよ。

結局、こんなお古の家電達、二束三文で売れたものやら、ただで持ってってもらったものやら、でなんとかなくなってくれた。←需要があるのが面白いってか変よ、NZ・・・。

帰国セールや引越しの手伝いをすると、
「これ使う?持ってって。」
と言われると、あ、そうだね、使うかも・・・と、急にそんな気になるのも(笑)どうもいけない。たった2人しか住んでない我が家に、20人分以上のフォークとナイフや、不揃いのマグや食器があるのはなぜなのかしら(笑)?ちょっとした大パーティが開けるわね、ただし場所がないから立食だけど・・・。
それでも今回の友人の帰国で、懲りずにまた色んなものが増えていると思われる我が家。こないだ、ヨソの引越しを手伝いに行った旦那、ウチに着くなりこっそりと(笑)、ガレージ開けて何かしまい込んでたみたいだし(←すぐばれるのにね・・・)

みんな次々人手に渡すことで、『捨てる罪悪感』から免れてるに違いないわ・・・私もそうだったけど。
 

日本で、1人暮らしの部屋を片付けた時に、散々罪悪感に苛まれたため、もう新しいものを買ったら、古いものは要らない、と決めた私・・・。でも同じように南アを引き払ってきたけど、お国柄なのか性格なのか、旦那は『きっといつか使うはず・・・』と取っておきたがる人。

「じゃ、その『いつか・・・』ってどんな時よ?」
と聞くと、
「う~ん、例えばぁ~、買ったばっかりのが壊れた時とか・・・。」
という。苦しすぎる・・・。

「いや、そん時ゃ絶対ソッコー新しいの買うでしょ?!」
と言うのだけど、捨てるのも気が引けるのか、結局は取っておくヤツ。なじぇ?

 ガレージや押入れに閉まってしまうと、もう目に付かないからいけない。引越しでもしなきゃ、そんな『開かずの間』はまず開けないからもっといけない。増える一方。まるで埋めて隠した木の実を忘れちゃうリスと同じ(苦笑)。でもリスのドングリからは芽が出るけど、ウチのガラクタからはホコリとくもの巣・・・(笑)。
 
そんな話を、土曜日の夜、ガレージセールの後、出かけたところで、KIWI(NZ人)とイギリス人のおばちゃんたちと話をしてたら・・・。

「そうそう。ウチの旦那もそうなのよ。何でも貰ってくるのよ~。もうガレージに何が入ってるか、全然分かんないわよっ。捨てたいけどうるさいから放ってあるのよ。」
「ウチもよ。引越しの時にすっかり綺麗にしたはずなのに、もうガレージに物が入らないのよね。だって、ウチのガレージ、手回しの電話機まであんのよっ。」
という。どうやら貯めたがるのは、オトコが多いのか?

・・・ん?ちょっとぉ~っ!その電話は骨董品じゃないの?!と聞けば、多分博物館級だそう。『な○でも鑑定団(はNZにはないけど、それに似たものはあり)』に出しちゃいなさいよっ、売っちゃいなさいよ!と、悪妻トリオ(笑)。

「もうあんまり邪魔だからさ、ゆったのよ、旦那に。『アンタッ!これ要るの?』って。そしたらさ、『お前、それどうするつもりだ?売るのか?』って言うから、『当然でしょ。邪魔だし何年置いてあるのよ、これ?』って喧嘩になってさ。」
ああ、どっかで聞いたことがある、その会話。ほいでほいで?

「そしたらさぁ~。『ダメだ。それはテッドから預かってるんだから売れないっ!』って・・・。」
ああ、じゃあしょうがなくない?

「何言ってんのよ。テッドはもう20年も前に死んじゃってんのよ。アタシが売らなきゃいつ誰が売るのよ?!」

・・・そりゃごもっともだわ。

『いつか・・・』テッドさんと再会して許可を得ても、下界に伝える術もないものね、イタコかオーラの○原さんくらいしか・・・(笑)。

Banner_01_122 ←物を捨てられない人も、沢山持ってないと不安な人も、片っ端からガンガン捨てられる人も、みんなクリッククリック。ちなみに、私は捨てたいけど怠け者、なタイプ(←これはあり?)。

やっとスクールホリデーも終わり、今日から旦那は学校に行きました。
そして・・・ついさっきまですっかり忘れてた、2週間ぶり、『今夜の日本語教室』。げぇ~~~っ、準備してないっ(焦)!!アタシ、ブログ更新してるバヤイではなかったわ!?ほな、明日の報告をお楽しみにっ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

ガレージセール開催!

 知らないうちに3日ぶりっ(驚)!にもなってました。
 なんだかご無沙汰してます感がたっぷりな私。今週、何だかあわただしくってねぇ~。 来て頂いてた方々、すみませんでした。m(__)m

 世の中、出来ることなら避けた方がいいことがいくつもあるとすれば、『朝帰り、二日酔い、且つ寝不足の日に早朝から開くガレージセール』という昨日の私も、そのうちの1つに間違いありません。その後でまた出かける用事があり、文字通り、いや、文字だけ『身を粉にした』思い・・・もうヨレヨレ。でも全然痩せてませんけど・・・(汗)。

 前の日、(翌日、どうやら私ら以上に二日酔らしい)とある友人宅を出たのが、こうこうと名月が輝く夜中、日付もとうに変わった頃。あれこれあってウチに着いたのが、通りすがる車すらいなくなった夜更け。で、起きたのが6時。起きた自分を誉めてあげたい・・・。酒も抜けぬまま、デロデロダラダラでガレージセールを開くことになったのは、よく晴れたけど底抜けに寒かった土曜の朝。いや~、マジしんどくってフラフラでしたのよ(←自業自得)。
早い話(?)が、『友人の帰国セール兼、我が家のガラクタ一掃を、どうせなら幹線道路沿いの我が家でやっちゃえ大作戦』はこうして開かれたのでした。

 こちらNZ。ガレージセール、ってのは文化の一つ。街中に張り紙一杯したり、庭先に風船くっ付けて目印にしたり、と、こういうときの客寄せ体制だけは万全の、週末の住宅地。

モノを大切にするし、ちっちゃな国ゆえ輸入に頼る分、モノが高い(←割には悪い)し、国民全て、国内外への引越しがメチャクチャ多いし・・・でKIWI文化は、人のお古で賄うってのは、ごくごく当たり前の習慣。ガレージセールだけでなく、チャリティ用を含めてのリサイクルショップも、フリーマーケットも日常生活に程よく溶け込んでます。昔の会社でも、同僚同士が、帰国前ガレージセールを開いたり、手伝ったりってのも頻繁でした。

「ガレージセールしたら、全部一気に売りさばけないかな?」
って話に急遽決まったのが、木曜の午後。

「朝10時からでよくない?ほれ、ゆっくりしたいしさぁ。」
などと、10時~14時にオープン、と張り紙。それも、前日の午後に近所に数枚の張り紙をしただけ、と超強気(笑)。ちなみに一般的に、ガレージセールは朝一、8時くらいから昼が相場。

「いいよぉ、のんびりやろ~よ~。当日の朝、値段付けで間に合うよ~。」
なんてのんびりよりもむしろダラダラ(笑)。家に目印もなんもなす、だって面倒だし。

・・・・しかし。
そうはNZの問屋は卸してはくれませんでした。

二日酔い友人が8時に我が家に到着。
「ねぇねぇ、コーヒーと朝ご飯買ってこよ~よ。目ぇ覚めん。」
と、暢気にフラフラ出かけた時から、悪夢(笑)は始まっており・・・。

カフェでコーヒーをお持ち帰りにして、着いた途端いきなり、
Photo_22 こんな状態。

全くモノを出す暇も場所もなく、あちこちから、
「これいくら?あれはいくら?」
「もう少し安くしなさいよ。」
「ここ、ほつれてるからまけろよ。」
「これとこれを買うから安くしろよ。」
「ホントに動くの?壊れてないの?」
と、口々にうるさいったらありゃしないっ!

だぁぁ~~っ!!一列に並べっ、オラッ!

「あのさぁ~、『10時から』って書いてあるじゃん?後から来たらもっといろいろモノも出てるんだよ。」
なんて言ってもどこ吹く風。値切りはする癖に、高いと思うと英語が分からない振りして、言い値を曲げない(怒!)異国民とか、
「折角遠いとこから来たのに、また来させるなんてっ!」
と、泣きを入れるヤツとか・・・。
・・・遠いとこから、ってさ私ら近所にしか張り紙してませんけど?

ちなみに、↑の写真、オレンジの丸坊主はウチの用心棒兼(←兼?)旦那。

うんともすんとも言ってないうちから、みんなわらわらと、ガレージの中に。あっちこっちを漁り始め、何でもかんでも手に取り・・・。
ってか、ぐぉるぁ~~っ、それは売りもんじゃないっ!

「あ、でも旦那のプラモデルはどんどんくれてやるわよ~っ!」
と言っても、みんな見向きもしない。クスッ、あのプラモデルコレクションの価値はそんなもんだな、旦那よ。

大きなモノ=テレビ、ビデオ、扇風機、ヒーターなどなど家電製品を中心に売れる売れる、安いけどね。15年以上前の、まだパノラマ撮影すら出来ないカメラや、アンチスキップすら付いてないので、音が飛びまくって困ってたCDウォー○マンとかも、買ってってくれたのよ、お茶代程度の値段だけど。実は、捨てるのも気が引けてたので気分すっきり(←ってか、そんなもん日本から持ってきちゃってた私にビックリ、だったわ)。
↑絶対これらの家電は別のリサイクルショップかフリーマーケットで、もっと高く売られるに違いない・・・。

やっとモノを表に並べられた頃、既に半分近くが売れており・・・でもまだ9時前(涙)

_1155_1 でもこんな感じ。

家族総出でやってきて、値切り倒した上で、ポケットの小銭のあるったけ(他の国の硬貨まで混ぜるな、オラっ)で買い物してく人もいれば、
「あらぁ~、お釣りなんていらないざますわよ~。アタクシ達その辺のヒト達とは違ってよっ!」
と、チップもくれたけど、今週仕事先を夫婦揃ってクビになったばかりのイギリス人(苦笑)とか、ふらぁ~、と寄って、根こそぎ買ってってくれた、私ら同様二日酔いでヨレヨレ(笑)のお母さんと、プラモデルを落として旦那に睨まれた子供達とか、
「寝袋ある?え、Wサイズ?ダメよ、ウチの娘のキャンプ用にWなんて、あのコ何するか知れたもんじゃないから・・・。」
と、娘の非行(笑)を危ぶむ隣りの奥さんとか、とにかくいろんな人が入れ替わり立ち代り、一体どこで見たのかやってきてくれました。

しかし・・・。
「これ、ホントに使えるの?」
とか、
「壊れてないの?ちょっと使ってみたいんだけど?」
とか、全員に聞かれた、ってことは、それだけこの国のガレージセールってのは当てにならないモノばかり売ってるんでしょな?そんな彼らにひと言。

あたし達を誰だとお思い?!日本人よっ!
モノに対しては贅沢な国民なのよっ!!

・・・って叫んでみたかったのですが、よくよく考えたら全然自慢にならない気がしてきた(苦笑)一日でした。


Banner_01_122 ←怠けてる間(恥)もクリックありがとうございました。本当に励みになります。
結局、予定外の8時半から、これまた時間を守らないKIWI、3時近くまで店開き。それから後片付けをして、夕方の用事に向かわなきゃいけない・・・ともうクタクタな日ざましたのよ、奥さん。寝不足、これまたお酒(←バカ)、そして当然の偏頭痛(苦笑)とともに帰宅したのが夜10時を軽くまわってました・・・。あはは・・・は・・はぁ~・・・長い1日だったこと。
しかしガレージセールを見ても、つくづくNZってば『オンナは強し!』の国を実感しました。旦那や彼が何を見て、何を手にしていても、妻or彼女の『ギロッ(無言)!』で、「あ・・・これは止めとこっかな・・・。」と、そそくさとモノを置くオトコのヒトが大半。鬼嫁の皆さん、NZはいいやっぱり国よ~っ(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

大物カップル現る。

昨夜は、夜通しピープーと、南風吹きっぱなし(※南半球、風の向きは南北反対)。もし、『南風小僧の三太郎』って歌があったら、アロハとか着てそよそよやって来そうに聞こえるのは、多分私だけ・・・。

そして今日、昨夜の風の甲斐あってか、

Photo_158 祝、晴れ!

でもね・・・これが寒いのよっ。さすがに南風(←やっぱり慣れないけど)が吹きさらしてただけあって、冷え込んでた今朝。ところによれば、どこかで雪が降ったとか降らないとか・・・。

そんな夏時間を過ごしてるNZ。ってか夏はどこよ・・・?

せっかく晴れたし、とまた近所のお散歩に。

朝寒くったって、昼間はジリジリと照りつけてくる紫外線7倍のNZのお天道様。ほんのちょっとのつもりが、すっかり土方焼け(笑)になっちゃうから油断ならねぇ。

しかしジリジリとピープーが同居してる複雑な天気、何着たらいいの?


フラフラと歩くと、あっ、こないだの・・・。
Usagi 野良ウサギ。

再登場のウサギ。今回は食事のお邪魔じゃなかったかしら?

こないだ、夕方に同じ道を通ったら、この辺りで暢気に寝てたけど、これは買われてるの?捨てられてるの?しかし、外でウサギを飼う人って・・・どよ?いくら住宅地だからっても、ネコに襲われたりしないのかな?・・・あ、でもネコよりデカイわ、コイツ。


そしてこのウサギ界隈、道を挟んで反対側のお宅。

これまた道端に・・・。
Photo_159 丸二つ

これがまた、奥さん・・・。近寄ってみたらね、

_062_1 メェ~

あ、違う違う、いくらなんでも・・・。ってか、子羊散歩させてる親子は見たことあります、家の近所(←ホント)。こんな住宅地、あの羊はあの後・・・やっぱドナドナ(涙)?

正しい上の続き写真はこちら。

Photo_160 カモ夫妻

道端で安眠中。人がここまで近寄っても逃げも隠れもしない大物カップル(?)と見た。ってか、何でこの辺、こんな野良動物(?)ばかりが溢れてるのかすら・・・。


そして、もう1組、大物カップルをビーチで発見。

Dscn0251_1お付の方?

まるで、撮影現場の女優(笑)とマネージャーのようなこの老夫婦、ただのビーチでひなたぼっこの模様。

男性が家事一般をこなし、女性は強い、と言われるKIWI(NZ人)。集大成を見たような気分だわ。

姐さん(←?)、勉強させてもらいました。私も頑張りますっ(笑)!


Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
そうそう、そういえば昨日、フラッと近所に釣りに出かけた旦那。
なんとっ!リーガルサイズ(全長30cm以上)の鯛を1匹釣ってきました。ド素人が陸から竿下げて、鯛が釣れる町・・・。NZに来たくなった人、増えたはず?昨夜は鯛一匹を、刺身、頭を割って、香ばしく焼いた後お澄ましに、そして骨せんべい、塩焼きと、思う存分味わいつくしました。グリーン○ースよ、文句があるならかかってらっしゃいっ!ふんっ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

月々に月見る月は多けれど・・・

「10月3日は、サーバーのメンテナンスのため、なんちゃらかんちゃら・・・」
ってちょっと前から案内があった、このブログのサーバー。
あら、じゃあ一日中書き込めないわねぇ~、とほぼ終日PC触らずにいたら、
「サーバーのメンテナンスは、予定通り午前6時に終了しました。」
・・・。ん?日本時間午前6時=NZ時間午前10時。じゃ全然普通?

よく読めよな、アタシッ!


・・・そんな今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

 先週末から雨続きの、こちらオークランド。
昨日は何とか晴れたか、と出かければ、帰り、車に乗った途端に土砂降り。車を停めて、家までの5mだけでずぶ濡れに・・・ちぇっ!シトシト、ピチャピチャなんて雨は、オークランドでは期待できず。『来るなら来いっ!』系の雨です・・・。

 今日も天気は相変わらず。降ったり止んだり、たまに晴れたり・・・はっきりせいっ。あ、旦那はどよ~ん・・・としたこんな中、今、釣りに出かけましたぜ。きっとまた手ぶらで帰ってくるのよ~。

 どうやら明後日、10月6日は中秋の名月(らしい)。夏時間になって一時間日が長くなったのと、曇ってるのとで、しばらく月を見てないなぁ。

 文系極まりない私としては、月の満ち欠けや星座の形が、日本で見たのと違う・・・かも?ってことに気がついたのも、ようやく去年の話・・・。なんか、どっか違くね?とは思ってたのだけど、気のせいだわ、って・・・(恥)。みんな知ってること?って検索したら、こんな解説ページを見つけました。

 月に纏わる伝説、逸話、物語は数々あれど、『満月』といえば、日本では『ウサギの餅つき』。子供心にどこをどう見たらウサギの餅つきに見えるッちゅうねん!と悩んでたけど、とにかく『ウサギの餅つき』。
 
 以前、韓国のWEBから出た漫画、「MASHIMARO」という、小憎たらしいうさぎの、ブラックユーモア漫画で、韓国の満月でもウサギが餅をついてたわね~(上記リンクのエピソード3です。結構お下劣・・・)、そういえば。それを見た旦那が、
「なんでウサギなんだ?うさぎはあそこで何をしてるんだ?」
と、理解不能な模様。日本、韓国にある伝説、とすれば、きっと中国にも似たような話があるんだろな。

 かく言う旦那。
南ア、いやアフリカで一般的なのは(と本人説)
「月はキビのケーキで出来てて、それが毎日少しずつ食べられるから、月が細くなってく、って言われてる。」
誰が食べるのよ、それ?
「・・・知らん。」
と、うろ覚え大魔王。
「あ、それより、満月は人を狂わせるってのはどう?」
どう?ってか、それ・・・、南アスペシャルではない気がするわ。

英国圏では、
「月はチーズで出来ている。」
と、言われてるそう。

ああぁ~~、だからなのねぇ・・・、と思い浮かんだのが、ご存知の方はおいでだろうか。発明家のウォレスと、その飼い犬グルミットが大活躍のクレイアニメ、『ウォレスとグルミット』の第一作『チーズホリデー』。
イギリスの作品なのだけど、
「冷蔵庫のチーズが切れたことだし、明日は祝日、ちょうどいい。ロケットを作って、珍しいチーズを食べに月まで行こうか?」
と、ホイッと月まで出かけ、クレーターのでこぼこを、ナイフで削って、クラッカーに乗せ、食べる、といういかにもイギリス式ピクニック@月の表面。
何で、チーズ食べに月までわざわざ行かんならんねん?と、さっぱり理解不能だったアレはそんな伝説から来てるのか・・・。グルミットみたいな犬が欲しいな・・・と、真剣に思った私は結構マニアか?

ふ~む・・・。

中秋の名月。世界各国、月は人々にどう見られてるんだろう?

ってか、そろそろ晴れろよっ、NZ!

Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
名月といえば・・・お団子、きぬかつぎ。美味しいお酒も欲しいわねぇ~、っと、どうしても秋の味覚から離れられないわよっ、アタシ?!あ、サンマもつけてね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

♪夏夏夏夏、どこ夏?

 朝から凱旋門賞、ディープインパクトの結果に釘付けの我が家。いや~、あと少し。惜しかったわぁ。関係者の方、応援した方、お疲れ様でした。

昨夜から、旦那が訳あって、一晩断食中。
ささ、そんな時こそ、何を見せびらかして食べちゃおうかしら~、美味しいものがいいわね・・・などと考えてたんだけど、豪雨の中、面倒臭くて非常用インスタントラーメンで晩御飯終了。鬼嫁からダメ嫁に落ちぶれてしまった模様・・・(涙)。

 夏時間も始まり、ヒャッホ~~ッ!(←?)な気分。
わざわざ(旦那を『また』置き去りにして)友人とちょっと遠出。オークランド、北の郊外にある、チーズ工場直営のカフェで、緑豊かな景色、素敵な光景、直売チーズのお土産、そしてそのチーズを使った美味しいランチを計画しました・・・。

で、颯爽と走り出した途端、だんだん空は真っ暗に・・・。ハイウェイでは横殴りの雨、前すら見えず。しょうがないので、室内のガヤガヤとした中、工場から溢れるチーズの乳臭い醗酵臭の中でのランチ(←写真を忘れたのはブロガー失格かしら・・・)。ああ、お外の爽やかな空気と青空の下の予定が・・・。

帰りに立ち寄ったショッピングセンター。叩きつける雨、溢れる雨水、駐車場は大洪水・・・そして雷のおまけまで・・・。やっぱり置いてきた旦那の怨念?


 そして今日。新たな気持ちで晴れ晴れとした朝を向かえ・・・ 
Photo_17どよ~ん・・・
ああ、この雨どいったら・・・。


ってか、これ書いてる間に雷鳴ってますっ。
今日は昼間から我が家はヒーター稼動。おいおい、夏が来たんじゃなかったのか?!

きゃ~っ、今カミナリ近くに落ちたわ、落ちたわよ~っ!


やめたやめた!やろうと思ってた洗濯も衣替えも今日はや~めたっ(←言い訳。ってか元からやる気なす。乾燥機あるから洗濯は出来るけど・・・そりは内緒)


って、何もすることのないこんな日は、猫に遊んでもらうことにする。

へへへ~ん・・・。

アメリカンカールという耳の折れた猫に対抗(←なぜ対抗?)して、
Nz_1 ピカソの後頭部

あら不思議。こんなところに・・・

Nz_2 まん丸。


・・・でもどこかが違う。ってか、ピカソ、キミはどうして得意げ(笑)?!

正しいアメリカンカールは、こちらのsopさんのお宅をご覧下さいな。

同じように、もう1匹に近寄ってみると・・・、

Photo_157 ギロッ(睨)
まさかアタシにもそんなアホなこと、やろうってんじゃないわよね?

怒らりました・・・(-_-;)。

Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
夏かと思えばまた季節の戻り。こんな雨の日どしましょ?暇つぶしの妙案を募集中。素敵なご意見には・・・特製、旦那着古しの$39.95Tシャツプレゼントっ!え?いらない?
昨日からどうやらNZ、全土で大雨、大嵐。新聞では、今朝同じ市内の住宅街で地すべり(英語)があったとか・・・。ぎゃ~~っ、絶対今日どっこも出かけないわよ、決めたわっ!!・・・あ、ってことはまさか今日も非常用ラーメン(涙)?そりはいやぁぁ~~っ!

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

人を笑わば穴二つ

 今日から夏時間(デイライトセービング)。日本よりも4時間早くなるNZ。
昨夜、一時間時計を早めて寝たので損した気分。まだまだ体内時計とマッチせず。慣れるまで時差ぼけの状態がちょっと続きそう・・・回復遅いのはトs(←以下書くの止めとくもん)

ってな訳で、NZは一気に夏。昨日も入道雲に夕立、と思いっきり夏模様。
私も衣替えしなきゃ、半袖出さなきゃ・・・。ああ、またTシャツの時期がやってきたのね。

と、急遽本日はノリさんのお宅、NZちわわん生活ロゴTシャツの罠」にTB。 

 変な日本語のTシャツや服、タトゥー。私も絶対目が行っちゃう。

一番古い記憶は、はるか昔、プロレスラー『ハルク・ホーガン(古っ!)』が着てた「一番」Tシャツ(←知らないヒトはお父さんに聞きましょう)。あんな顔して(ファンのヒト、失礼!)何でわざわざ漢字で「一番」なのさ?と、子供心に疑問に思ったものです・・・。

NZ、街中でも、
「ムシ」
と、横向きにへったクソな字が縫い付けてあるスカートの、ねえちゃんの後ろを歩いてしまったり(ってことはブランド名なの、ムシ?)
「糠袋、糠袋、糠袋・・・。」
と、四方八方にプリントされたアロハシャツが、店にかかってたり(ヌカブクロ、って・・・?)、
「岡山大学」
と、なぜか『岡山』だけがデカデカと書かれたTシャツを、NZの目抜き通りのイケてる(つもりなのか?)デニムショップのショーウィンドウで見かけたり、
「悪魔」
ってのが、細面で普通の兄ちゃんのタトゥーだったり、と、いろいろ目に止まることはあります。


・・・と、人のことを散々笑ってる場合じゃありませんでした。燈台下暗し、人を呪わば穴二つ、と反省しきり。

ってことで、ジャジャ~ン。Ladies and Gentlemen!

突然ですが、「顔射」、「巨根」ほどのインパクトまではいかないものの『これ着てる人とは一緒に歩きたくないTシャツコレクション’06』をお楽しみ下さい。

Photo_153
↑プロレスラーの「一番」よりももっと危険、逃げてっ。

かと思えば・・・、
_1155
↑ほのぼの系だったり・・・、ってかEXPO行ってないし!

Photo_154
↑かと思えば、老舗の看板背負ってみたり・・・(byユ○クロ、私が買った。へへ)

と、路線メチャクチャ、変幻自在(←多分ちょっと違う)。

ああ、こいつら全て旦那のTシャツ・・・。
これからの季節、上に重ね着しなくなるので・・・くぅ・・・(涙)。

英語でも、変なTシャツ着て全然普通に歩けるヤツなのよ、コイツ。

ちなみに英語の一例が、
Photo_155
↑これ、BIG40(40歳のお祝い)用のおふざけTシャツ。
おまい、も少しいってるだろ!それでも若作りのつもりかっ!

日本語も英語も、いくつか私が無理やり捨てました。はい、昨日言ったように捨てられないヤツなので・・・。

NZでこんなのを着た人を見かけても、
「や~い、SATOの旦那ぁ~~!バ~カ!」 (←バ~カ?)
と、石を投げたり、後ろ指を差したりせず、放っておいてやって下さい、シャイなので・・・。ってか、だったら写真まで出すなよな、アタシ。

※ブログに載せるのは、一応本人の許可取りました・・・。そしたら、
「あの柄は?この柄は?あっちのも面白くね?」
と、調子に乗って出し始めやがりましたが(笑)、これ以上載せると着るものなくなりそうなので、この辺で・・・。ってか、ホントに載せていいのか?


Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
私が見かけた、変てこ英語のTシャツチャンピオン(?)は、よくミネラルウォーターやリプ○ンのドリンクなどのキャッチフレーズのもじり。「オナラ。アナタのために新鮮なまま瓶に詰めました。」と英語で書かれたバックプリントには、コ○コーラのようなビンの絵。着てたのは若い女の子・・・。あ、私の持ってるヤツっぽい!って方、海外では絶対着ないように、それオナラですから・・・あ、失礼。伏字にしとくべき?(笑)
英語のサイトですが、変な英語を集めた
こんなサイトもあります・・・オチが分からない自分もいたりするけど(涙)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »