« 日本語vol.6前半~かなを守れ! | トップページ | ユウシキシャカイギ »

2006年9月 6日 (水)

日本語vol.6後半~電話編~

 皆様、昨日はSATOの血圧のご心配まで頂いて(笑)、ありがとうございます。
普段低血圧なので、もう乱高下するする、しまくりましたな・・・。

 さて、胃もたれするくらい内容の濃い授業だった第6回前半
遅くなりましたが、名実共に重い腰持ち上げて、コテコテの後半へ参りましょ。


 回を重ね、6回ともなると、ある程度、人となりも分かってくる。気心も知れてくると、尋ねずとも、私的なことを少しずつ話題に上らせてくるようになってきた昨今。でも、まだ旦那がこのクラスに(それも2度目)いることは、ばれてない今ターム。

ジョン爺さんの息子が、日本人の奥さんと四国で結婚式をした、とか、日本語話してビックリさせたいのに、生憎ロンドンに住んでいるので、電話をかけるほど上達してない、会話を上達させるにも相手がいない、と悩んでる。←エクスチェンジ募集中。

『かんふー』PHさんは、今年の12月から日本に住むことに決まってて、どうやらその赴任先が、和歌山県だ、ということとか・・・(←和歌山の皆様、彼女をよろしくお願いします、ってか、あらま本名言ってないわね)

可愛いSHさんは、大学生。RAさんはグラフィックデザイナーなどなど。
折があれば、各々の『日本語のきっかけ』を聞いてみたい。

「道の尋ね方は必須科目。TOKIOで迷ってはえらいこっちゃ。」
と、真剣そのものなのはマークさん。
彼は真面目で、的を得た質問も多いし、自習に励む。なんせ、彼はクラス初、辞書を買った男!!(←なんでこんなことで驚いてるのでしょう・・・)

さてさて、今回、意外な面を見せたのはRAさん。先週の授業、しっかり復習してらしいきた彼。そして、どうやらRAさんの出身国では、KIWIと違って文法の説明を受けたのか、VIさんに散々説明してる間、余裕の薄笑い。いつものキョドった様子はなす。

そのRAさんが挙手。なになに?と構えてしまう、私・・・。

「そのテキスト、NZで買える?」
おおぉぉ~~っ、なんと新鮮な響きっ!かんど~っ!
ほら、KIWIには辞書とかテキストを買う、という観念がないから・・・。

・・・でもね、これ買えませんっ。ごめんよ。


さ、先に進めてもいいかしら。

場所の尋ね方(どこですか?)、ここ、そこ・・・が分かっても、道順が分からなくちゃたどり着けない。

そこで、練習したのが、ペアになって、

Q:「○○はどこですか?」

A:「まっすぐ行って みぎです。」
  「まっすぐ行って ひだりです。」
  「まっすぐ行って 突き当たりです。」

を、絵地図や建物内の見取り図を指して練習。回答全文分からなくても、必要なところを聞き取れれば充分。それだけが私の望み。

大きな絵地図を改めて取り出し、希望者から練習。みんな活発。

「トイレはどこですか?」 はい、おっけ。
「トイレは、あそこです。」 はい、これもおっけ。
「トイレは まっすぐ行ってみぎです。」 おっけおっけ。

「リフトはどこですか?」 惜しいッ!
・・・日本ではエレベーターと言います。NZ流に『リフト』では通じません。
「いいよ、ボク階段使うから・・・。」 ああ、勝手に使うがいいわ。ふん。 

あのさ、日本の建物の高さ、NZとは比べ物になりませんぜ。大体NZ全体で、神戸か横浜か、ってくらいの人口なんだからさ、ほれ・・・。


そこに、来週は念願の日本、ゴーン似マークさんが張り切って挙手。
はい、どうぞ。

「すみません。ナイトクラブはどこですか?」
↑もちろん、そんなもん手元の地図にはありゃしません。

そのキャラからは思いもかけない言葉が、それも真顔で飛び出したので、一同ビックリっ!そして大笑いっ。
「ナイトクラブのことならJAさんに聞けば一番だ!」
「オレは日本のは知らんぞ!こっちに日本人の友達がいるだけだ。」
「じゃ~、キャリンがいいだろ!彼女なら知ってる。」
「ジョンは・・・知らないだろな。」

みんなワイワイがやがや言いたい放題。でも、あくまでも真顔なマークさん(←もしやそう見えるだけの顔?)。そんな真顔で、旅先、羽目を外す気か(笑)?


ああ、授業進めたいぃ~。

遠い、近い、歩いて、バスで、などの単語、そしてかかる時間などの聞き取り練習をした後、先進めるか、もう少し練習するか、と聞けば、このクラス、各々が、分かっていようがいまいが、どんどん先に進みたがる(←そして、毎度質問を繰り返したりもするのだが・・・。な、旦那よ?)

確かに活発なのはいいのだろうけど・・・。

じゃ~、先行くわっ。泣いても知らないからねっ!

と、取り出だしたのは、こんな手作りキット。

Photo_122 悪趣味ですな(きっぱり)。

この世紀の大カップルがらみなら、みんなが知ってるだろう、と思って作った教材。しかしここで、一抹の不安どおりのヒトが、予想通りの質問・・・。

「誰それ?」
と、RAさん。やっぱ、ブラッド・ピットと、アンジェリーナ・ジョリーを知らなかったか。じゃ、元妻ジェニファー・アニストンは・・・、お話にならずの知名度@RAさん。

設定は、私が電話をかけ、出たブラッド・ピットに(笑)取り次いでもらう、もしくは、ジェニファー・アニストン宅に間違えてかけちゃった私が謝る、と言う場面なのよ。

え~~っ、有り得ない~ってのは100も承知、おだまりっ(笑)!

じゃ、行くわよ。日本語で電話の決まり文句はこれ。

「もしもし。」

すると、
「もしもし、の丁寧な言い方は何ていうの?」

だからぁ~・・・。これは決まり文句、丁寧なんてのナス。聞けっ!
丁寧に、だからと『お』をつけて、『お』もしもし、ってのも当然×よ。

「もしもし、ピットさんですか?」

といえば、事実婚、別姓ありのNZ、そして夫婦別姓の中国から、
「ピットさんとジョリーさん、別の苗字なのになぜ『ピットさん』なのだ?」
との質問。世帯主、というのも日本特有なのか、腑に落ちてない。

・・・ああ、進まない。

じゃ、ペアで練習したいヒトぉ~?!

と聞けば、率先して手が上がったのは、またマークさん。
紙の受話器を持って、さあ開始。
と思いきや・・・あら?教室の外に行っちゃいました。

待つことしばし。

どうやら、彼の携帯に本当の入電だったよう。
↑紙のオモチャ持ってなに遊んでるんだ?と真剣に思った私はかなり天然。それとも疲れてるのかしら?

2時間の質疑応答は、まるで尋問のように大変でした・・・。もうやらないわっ!

Banner_01_111←本当に多くのクリック、ありがとうございます。とても励みになってます。
カルロス・ゴーン似のマークさん。実は地質学の専門家。このたび、その道(←どの道?)の学会出席のため、日本に3週間の出張が決まったのだそう。出発は9日の土曜。もしも、キョロキョロ途方に暮れている、カルロス・ゴーンのそっくりさんを見かけたら、『マークさん?』と、優しく声をかけてあげて下さいな。ナイトクラブに出没の可能性あり(笑)。

そして、今日のVIさん・・・。
授業の後、いつものようにやってきました。「質問があるんだけど。」ホラ来た、今日は何かしら(ワクワク)?「チムニーって、日本語でなんて~の?」と、逆パターン。え~っと、アナタ、『煙突』って単語、どこで使うのっ?!

|

« 日本語vol.6前半~かなを守れ! | トップページ | ユウシキシャカイギ »

コメント

更新お疲れ様です。
相当お疲れと思われ...。鍼には行かれました???

RAさん、今回まとも~?やっと真面目に???

マークさん面白い。
国際会議って横浜かなあ?
ナイトクラブ...久々に聞きましたな、その言葉。
この辺(新宿周辺)で見かけたら、歌舞伎町に連れてっちゃうかも。
いっそ、だまくらかして“二丁目”に置き去るか。

VIさんのチムニー...確かに謎ですな。
北海道にでも行かなきゃご家庭に煙突ないし。
あとは銭湯とか...

投稿: hiyochan | 2006年9月 6日 (水) 19時01分

マークさん、東京で道を聞くにしても相手を良く見ないと。
うっかり他県から来た観光客なんかに聞いちゃった日には
すごいことになりそうで心配。
ナイトクラブ・・・何故かフランク永井が浮かんだ私の今日の脳内BGMは
三善英治の『雨』。ピンキラ以来どーも昭和を引きずってます。

VIさん、サンタクロースだったか・・・。

投稿: こたつ猫 | 2006年9月 6日 (水) 23時37分

チムニーって聴いて、即「悲しい歌」を連想しました(笑)
しかしVIさんの質問ネタの出所って彼女じゃなかったの??
じゃなかったら、こたつ猫さんの意見に一票!!
SATO先生
夜の繁華街をウロウロしたらマークさんに会えるかしら?!

投稿: take | 2006年9月 7日 (木) 01時21分

うちの旦那が持っていた本にも
「ナイトクラブは何処ですか?」ってのが書いてありました笑。
やっぱナイトクラブの場所って重要なのかしら??

ちなみにうろ覚えですが、「チムニー」って
居酒屋があった気がします笑(東京)

投稿: なおこ@オークランド | 2006年9月 7日 (木) 03時10分

いつも楽しいクラスで・・・(笑)

「煙突」を知ってどうするんだ、って考えてたら
こたつ猫さんの「サンタクロース説」に納得(笑)
でも、煙突はどこですか?って聞くサンタクロースも
どうかと思うな~(笑)

投稿: ふーたまま | 2006年9月 7日 (木) 11時35分

ブラピに取り次いでもらって、ジェニファーに間違い電話??
その電話掛けてみたいわぁ~。
>There is a bank in front of the station.
>The bank is in front of the station.
恥かしながら、一瞬違いに気づかなかった(・e・)
お、何が違う?ってね。気にしてないから気づかないのかなぁ。
昨日はAccess応用講座でプチプチ切れ掛かりながら、
ヘトヘトになってましたが、日本語講座も大変ですねぇ。

投稿: keiko | 2006年9月 7日 (木) 12時42分

アルファベットを使わない言語は一段低いって、もしかして思われてるのかなーと、SATOさんの奮闘を応援しつつ、思ったりして。
そんな奴にはきちんと教えてあげないよー、ってSATOさんももっとバカ授業をしてもいいのかな。でもSATOさん、なんだか相手に誠実をつい見せる日本人気質みたいだしねー。大変ですね。でもちょっと楽しそうだなーなんて、国際交流を日々送れる環境がうらやましいのが本音です。

投稿: 日本酒 | 2006年9月 7日 (木) 13時23分

>hiyochanさま、
よく考えたら、「ナイトクラブ」はぽつねん、と存在するものじゃなくて、日本は「ナイトクラブ」街(街?!)がありましたな。
ああ、ぼったくりバーとかに行かなきゃいいけど・・・。おろおろ。

>こたつ猫さま、
♪あんめにぃ~ ぬれながぁ~らぁ~♪ ああ、当分消えないわ。

もし怪しい街でマークさんを見かけたら、「おお、親切なっ!」と客引きの兄ちゃんについてかないように諭してあげたい・・・。遅っ。
そう、VIさんは世界のヒトに優しいサンタさん、次は何語を勉強するのだろ~。その前に近道として英文法を是非、お願いしたいわ。

>takeさま、
「悲しい歌」・・・?これもショーワの曲?明治(笑)。

もしマークさんを繁華街で見かけたら、諭してあげてくださいな。

>なおこ@オークランドさま、
>「ナイトクラブは何処ですか?」ってのが書いてありました笑。
クラブ(発音は↗ね)ならともかく、ナイトクラブだものねぇ、そりゃフランク永井がデュエットするさ・・・。

>ふーたままさま、
>煙突はどこですか?って聞くサンタクロースもどうかと思うな~
聞かれたら、「まっすぐ行って上です。」って答えるべきでしょうか、やっぱり・・・。ってか、日本には殆どないしっ!

あ、NZはまだまだ溢れてますよ、煙突。

>keikoさま、
>ブラピに取り次いでもらって、ジェニファーに間違い電話??
>その電話掛けてみたいわぁ~。
ようこそ、我がクラスへ!アシスタント募集中でっせ(笑)。

私にとっては、keikoさんのPCクラスの方が、まるでよその国のことばのように聞こえてきそうです・・・(←時代に乗り遅れてる)。

>日本酒さま、
英語絶対主義っていうよりは、怠けモンなんでしょうね、きっと。
「教えてくれるしぃ~、俺ら日本行ったって、どうせみんな英語喋りたいんでしょ?」くらいの、何を基準にしたのか高飛車。
その鼻をへし折ってやりたいのが半分と、高飛車な癖に、日本語クラスに来てるので、その努力を手伝ってあげたいのが半分・・・。

バカに「バカ!JA、てめぇもうくんな!」って言えるとラクなのですが、クラスの他の人達がまともなので・・・SATOの最後の品格の砦(←あるのか?笑)を辛うじて保とうか、と・・・。
あ、ちなみに、RAさん、変てこな質問するんですが、あれでも本当に真面目なんです。ただいかんせん、方向が・・・ね?(笑)

投稿: SATO | 2006年9月 7日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/3334983

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語vol.6後半~電話編~:

« 日本語vol.6前半~かなを守れ! | トップページ | ユウシキシャカイギ »