« 高校生、炎の脱出!? | トップページ | パンドラの箱? »

2006年9月 1日 (金)

春の兆し、夏の名残

 今日から9月。NZでは春の幕開け(らしい)ですぜ、奥さん。

今年も余すところ、1/3かぁ・・・。早っ!ああ、また無駄にしてるアタシ。

 冬のNZは、やれ寒いだの、天気が悪いだの、雨ばっかだの言ってても、たまの晴れ間にはもう日差しも柔らかい。日が長くなってるのは確か。日本ほど四季はキレイに切り替わらないけど、それでもなんとなく春の足音がしてるNZ。そろそろ鼻も目も痒くなってきたしな・・・(←アレルギー持ちの悲哀)。

Photo_112猫になりたい

黒猫が日向ぼっこできるのもあとわずか。夏は熱過ぎるからね~、黒。

 今日は9月1日。
日本では、『防災の日』、そして二百十日。NZは、ってぇ~と、9月1日、以上。

「へぇ~、今年の二百十日は(9月)1日かぁ。」
などと、だから何よ?ってこと、考えてみたりする。別に農家育ちでもないから、台風を警戒したりする習慣も何も無かった癖に、私。
こんなこと思い出してるのも不思議。慣れで新しい土地の習慣が加わることはあっても、やっぱり育った環境、習慣、言語ってのは一生抜けないんだろなぁ。

そして、9月といえば、多くの学校が始業式。昨日未だに英語の宿題が片付かない姪から泣きが入りましたが・・・自分でやれよ(笑)。
 
 夏休みの宿題は最後にまとめてやる方が効率いい、と思ってた私(←間違い)。だって、普段ダラダラの私が、残り3日の集中力と言ったらもうすごかったのだ!火事場の馬鹿力とはこのこと(笑)。3日間ほぼ徹夜だったり(←それも毎度。学習しろよ、アタシ)

徹夜も出来た若い日々。(無駄に遣った気がするが)あの体力よもう一度・・・。

姪よ、こんなでもふつ~に、且つてきと~に大人になれるのだ。英語ぐらいでジタバタするな、なるようになるぞ(←やっぱ間違い)


「夏休みの後半になると、セミの鳴き声とかが変わるじゃないですかぁ~?宿題早くやらなきゃなぁ~、って焦るんですよねぇ~。ね?」
と、知人(大阪育ち、20代半ば♀)に言われて・・・ん?と思った私。

セミの声って変わるっけ?

言われてみれば、梅雨明け夏本番は、うるさいアブラゼミの出番。ジージー啼いて余計暑苦しさを増し、立秋を過ぎて、少し朝晩涼しくなると、ツクツクボウシとかヒグラシが、オーシーツクツク、カナカナカナと、夏の終わりの忙しなさをかもし出してたような・・・。

そんなことを覚えてる20代の彼女はおばあちゃん子。雨の匂いの分かる田舎もんの兄ちゃんと仲間になれるはず(笑)。

NZにも南アにもセミはいる。で、旦那にセミの鳴き声ってどうだった?変わる?って話をしても、どうにも理解できないらしい。コイツ音痴か・・・と思ったけど、よく聞けば英語では、
「コオロギもセミも、MAKING A NOISE(ノイズ、音【おと】)だ。」
とぶっこく。雑音ですか・・・。日本じゃ、啼き声とか音【ね】なのに。

と、ここで思い出した、昔日本語レポート提出のため読みあさった本の中に、一部掲載のあった、とある学説。

それによると、日本人は言語と、鳥、雨などの自然音を、同じ左脳で聞き、右脳では洋楽器、機械音、雑音を聞き取るのに対し、殆ど全ての外国人は、言語のみを左脳で聞き、自然音や楽器は右脳で聞く、というもの(『日本人の脳』、角田忠信氏)

日本人と同様の脳の使い方をするのは、マオリ、東サモア、トンガなどのポリネシア人だけだそう。あら、NZにみんないるじゃないの・・・。ホントかどうか聞いてみたくね?

って訳で、マオリ、サモア、トンガ人の友達、急募若干名(笑)!
我こそはマオリ(サモア・トンガ)語を操る日本人なり、もしくは日本語を操るマオリ(サモア・トンガ)人なり、と言う方、文通しませんか?(←って文通かよっ?)あ、マオリに似てる、とか、間違えられる、ってだけじゃダメよ、文通却下。

日本語クラスに来てくんないかなぁ~、って来ねぇよ。


・・・はっ!!今日はどんな展開やねん、私?!

Banner_01_50 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。

血ぃ垂れ旦那への暖かいお言葉、ありがとうございます。おかげさまでヤツは元気です。でも今日も休んでんだよな・・・ちぇっ。え?・・・な・な・な、殴ってないわよ、私!!む・む、無実よっ。

|

« 高校生、炎の脱出!? | トップページ | パンドラの箱? »

コメント

あら奥さんいやだ、セミはKIHIKIHIよ。
「きひきひ~」と鳴いているように聞こえたので
マオリ語ではキヒキヒっていうのよ。
KIWIもKAKAもみんな鳴き声からついたのよ~。
プケコは知らないわ。

投稿: | 2006年9月 1日 (金) 14時31分

の、ノイズて。虫の音を雑音...
それは、野の花を雑草って言うくらいひどいなあ。(あ、日本人もやってるのか、同じこと)
でも、大切にしたいわよね、風情とか。

投稿: hiyochan | 2006年9月 1日 (金) 16時16分

あぁその弓なり具合、たまらん。並んで日向ぼっこしたい。

今週に入ってから、夏の終わりを感じてるのかセミが鳴く鳴く。
一昨日の晩なんて9時半ごろ(夜よ、奥さん)ツクツクいってましたわ。
脳の話はなんか聞いたことあります。
てことは、尊敬するファーブル先生も雑音だと思ってたのぉ?

投稿: こたつ猫 | 2006年9月 1日 (金) 17時13分

虫の音を雑音と切り捨ててしまったら、日本文学は成り立たないのです。
山寺はただただ煩いしみったれた寺でお終いです。
源氏物語「鈴虫」の巻は心の襞々に寄り添う虫の音、とならず
いい気なもんだぜ光のおっさんヨォー と切り捨て御免。
少なくとも小学校低学年の音楽の教科書から、一つの曲が消えますね。

投稿: Futa-bar | 2006年9月 1日 (金) 18時25分

イギリスにはセミはいない、とイギリス人の友は言ってましたが
NZにはいるんだ~!(感激)
セミの鳴き声の変化で、秋感じます!
あとは、トンボとか、空の雲とか・・・(笑)

あ、マオリに似てる人、じゃだめなのね・・・(笑)

投稿: ふーたまま | 2006年9月 2日 (土) 02時52分

>今年も余すところ、1/3かぁ・・・


そっか!まだそんだけあったんだ~~vvv(^◇^*)

何とか年末の決算までに、サボっていた帳面・書類、
仕上がるかもしんない。よっしゃ!(ぐっ♪)

せみの声もかわってきたし、空が高くなってまいりました。

でもこのごろここらでは、クマゼミとアブラ蝉以外は、

声は聞いても、姿は見えません~??数減ったのかしら。


ではでは♪お邪魔しましたなも((((( ^ ^)

投稿: ティー | 2006年9月 2日 (土) 05時33分

まったく分かりません
セミの声になんて
みーんみーんじゃ駄目ですか?
みんみんゼミはいませんか・・・
春なのに・・・お別れですか・・
じゃなくて、春なのに雨が降ってます
微妙な春の幕開けのブリスベンなのです・・・

投稿: D | 2006年9月 2日 (土) 13時46分

>きさま、
今頃あなたは機上の人ね・・・。
キヒキヒ、カカ、ケア、確かに鳴き声が名前になってる、ってことは、日本語のツクツクボウシと成り立ちは似てる、ってことよね?あら、学者さん正しいかも・・・。

>hiyochanさま、
以前、あるアメリカ人のお気に入りの日本語は?って聞いたら、
「HARU RANMAN」と答えられ、笑えた覚えが・・・。喋れない癖に。WABI SABIをわさびと間違える(←別の知人)よりはいいか・・・。

>こたつ猫さま、
弓なり権もつけちゃいますよ、ピカぷに権にプラス!

そうそう、こないだファーブル師匠(?)の名前が通じなくって、「ほれ、糞転がしてる虫の観察記のさぁ・・・」で分かった旦那。「日本語でその虫、なんていうの?」って聞くから、そのままフンコロガシと教えたら、すごくショックだったようですわ。見たまま、分かりやすくていいのにね~(笑)。
ファーブル先生、フランス人でした。きっと発音違うな、こりゃ。

>Futa-barさま、
左様です。日本文学、ことに古典から明治期に至っては、ただの『暇つぶし日記』になってしまいますわよねぇ~。
小学校のあの唱歌を毎度歌ってみては、虫の名前と確認してました、まるでABCを歌わなければ未だに辞書が引けないのと同じ(笑)。

>ふーたままさま、
>イギリスにはセミはいない、とイギリス人の友は言ってましたが
え~っ!いないんですか、イギリス?!
ハワイは暑すぎて、幼虫が年越しできないからセミがいない、ってのは聞いたことありますが、イギリスはなぜなんでしょ・・・?!

>あ、マオリに似てる人、じゃだめなのね・・・(笑)
これを餌(笑)にして、マオリ人と仲良くなる、って手はありかも?

>ティーさま、
あら、年末のお話ですね、もう・・・。ああ、やっぱり今年も無駄に過ごしたわ、私・・・。

そっかぁ~、梅雨明けこないだしたばかり、だと思ってたらもう空高いんですね。キンモクセイもすぐ・・・。

>Dさま、
>まったく分かりません セミの声になんて
あら、雨の匂いが分かっても、セミの声が区別つかないのは意外だわ。音楽部(←私の空想)失格。

春なのに、涙もこぼれちゃうし、ため息もついちゃいます、オークランド。多分、明日雨だな、こっちも。

ああ、スカッと飛びたいぜ12000ft!どよ、一緒に?

投稿: SATO | 2006年9月 2日 (土) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/3278405

この記事へのトラックバック一覧です: 春の兆し、夏の名残:

« 高校生、炎の脱出!? | トップページ | パンドラの箱? »