« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

熱血トラファン参上

 日本では、プロ野球が大詰めを迎えてるそうで・・・。

パリーグでは、劇的な最終戦で1位を勝ち取った日本ハム。そしてセリーグは、最後の最後に頂上決戦。阪神対中日だとか。ここまではニュースで見た。

メジャーリーグ並みにプレーオフが出来たそうね、もうルールもドラフトの決まりも、毎年どんどん変わるから、さっぱり分かってないけど。もうウラシマ(←あ、別にいっか、プロ野球はウラシマでも)

私の地元は名古屋。ドラファンが溢れてます(←ちなみに私はどうでもいいヒト)。優勝セールもどっちゃでもいいヒト。でも熱血ファンはそうは行くまい。トラとドラの争いか・・・。

と、突然、我が家にエセトラキチが登場しました、それも血まみれ(笑)・・・。

 
 それは昨日の夕方のこと。

 なんだかあっちゃこっちゃひっくり返して片付けたくなり、戸棚やら引き出しやら、ドタバタとやっつけちょりました。時々、ごく稀にこんな発作に襲われるんです、アタシ。片付けたい病とでも言いましょうか。ちなみに、バカと一緒でつける薬はなし。症状は出てくるゴミと反比例して軽くなるざます・・・。ってか、そんなに放置せずにまめに片付けりゃ発作もないんですけど(汗)。

 で、ドタバタやってるところに、フラフラと帰ってきた旦那。この人は、これまた捨てられないヒト・・・。片付けられないオンナと、捨てられないオトコが住んでりゃ、そりゃもう全く『割れ鍋に綴じ蓋』・・・。私の病(笑)に、殺気や危険を察したのか、旦那、
「あ・・・これの調整しなきゃ。んで歯の掃除でもしようかな・・・。」
と、戸棚から丸坊主用MYバリカン(←あ、当然か。私は使わないし・・・)を持って、奥の部屋へ避難。

 私は、ハイハイ、アナタいたらガンガン捨てられないから、そっち行っといてくれるとありがたいわよ~、と、知らん顔してサクサクと納戸の片づけを続けておりました。
 
 それからしばし・・・。
ガ~~ガ~~ガ~~ッ、とすごい音がいつものように奥の部屋から・・・。どうやら我が家の『週1回丸刈りオトコ』(笑)が散発、いや、散髪を始めたのだわ、と思っていたら・・・。
「ウワワァァァ~~~ッ!!!」
と、すごい悲鳴・・・。昼寝の猫もおったまげて逃げ出し、隠れるほど。

見ると・・・。

ぷぷぷぅぅ~~~っ、すごいトラ刈りっ!後頭部が、そりゃもう見事なシマシマ。文字通りの『トラ刈り』。
こんな頭、熱狂的なタイガースファン以外(笑)見たことないわよ。チームロゴ入れたるぞっ。

おまけに頭、あちこちハゲハゲで血まみれですけどっ!←アタシ、殴ったんじゃなくってよ。

ぷぷぷ~~っ!!っと、『素敵な奥ちゃん』はここで笑っちゃいかんのだな・・・ってか、もう鬼嫁知れ渡っちゃってるのか・・・。

とにかく、あまりの血まみれ&シマシマ&ハゲハゲに事の次第を聞けば、
「バリカン、最近切れが悪かったからさぁ~、外して掃除してたんだよ。結構髪も詰まってたし。で、どれどれ・・・って試しに刈ってみたらさ~、メッチャ痛い。」

って、そりゃ痛いだろよ、そんだけあちこち血ぃ出てりゃ。

「マジ?そんなに酷い?シマシマ?」
と言う旦那に、ツマとして(笑)冷静にひと言。

「あのね。悪ぃ~ことは言わん。黙って帽子かぶって、即新しいの買っといで。」  

ぷぷぷぅ~~っ。いい年こいて血ぃ噴いてるし、ハゲ作ってるし。ああ、もう冷静でいられない程のシマシマっぷり。

「ところでさ、そのバリカン、何年使ったの?」
と、聞けば、

「う~~ん・・・。20年ちょっとかな?」

・・・・・むむむぅっ!早く捨てておしまいっ(怒)!!

血だけで済んでよかったとお思いっ。下手すりゃ火ぃ噴いてっぞっ!
 
Banner_01_122 ←トラファンも、ドラファンも、野球嫌いも、ここは仲良くクリッククリック。
その後、旦那は、電気屋さんもショッピングセンターも閉まってるし、で、止むを得ず、遅くまで開いてるディスカウントショップにソッコーバリカン買いに・・・。「へぇ~~っ、すげぇな~、これ。静かだし、切れ味もスムーズだし・・・。へぇ~~っ、痛くないんだ、バリカン。」って・・・。オイ、安くっても、それが21世紀の普通ですっ!!

絶対まだあちこちに、前世紀の遺物が隠されてるに違いない・・・。ああ、これが徳川の埋蔵金発掘なら、断然張り切っちゃうんだけどな・・・。ちぇっ、だぜ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

ビミョーな秋の味覚

 いつものように見てた唯一の日本チャンネル、NHK。

 今回は、「ためしてガッテン、里芋」特集。←※これには深い意味はなし。

 例え言葉の意味は分からずとも、そこは食いしん坊代表の旦那、画面を無言で眺めてる。
「あれは何?芋?」
そう、アナタの大好きな芋の一種でっせ。そういやNZで、チャイマ(=チャイニーズマーケット)に売ってる冷凍の以外は見かけないわね。似たような葉っぱのタロイモとか、特に野生のカラーの花はその辺の沼地に生えてるんだけど・・・。食べられるのかしら、カラーの花の根っこって・・・(←私の方が食いしん坊)?

日本はお芋のおいしい季節だわねぇ・・・とテレビを見入ってると、
「もっちりしてる」
「しっとりした・・・」
「ねっとりと里芋らしい」
などなど、これまた美味しそうな語彙が並ぶ。ああ、それだけで食べたくなる。

と、横から旦那のチャチャが入る。
「それってどういうこと?」

・・・ん?
・・・・う~ん。

ささ、辞書辞書・・・。
でも、出てきた単語が・・・。
『Sticky』じゃあ、『ねばねばする』だし、『gluely』じゃあ、糊みたいにくっついちゃうし、『gummy』じゃあ『ねとついちゃう』し、『slimy』・・・スライム、あの緑のスライムみたいってか?!ああ、どれをとっても美味しそうな響きじゃないわよ、これじゃ!

ねとついてて美味しいものって、英国圏にはないっけか?などと思いながら、やっぱり説明に困り果てる・・・。ネトネト、ベタベタ、グチャグチャ、そんなイメージばかり・・・。英語でもいい響きじゃあなさそうで、
「・・・で、それはウマいわけ?」
と、半分疑いのまなざし・・・(笑)。

「食べてみれば分かるはずよ~。でも残念、美味しい里芋みつかんないから、NZじゃ。」
ふぅ、これで里芋の急場はしのげたはずだわ(←気のせい)


 ヨソさまのブログや、ニュースを眺めれば、すっかり日本は食欲の秋。

 新米、栗、お芋、銀杏、松茸、キノコ、サンマ、柿、ブドウ・・・。

プリップリに脂ののったサンマ。
ほこほこのサツマイモ。
シコシコの歯ごたえのキノコの類。
もちもちの新米。
みずみずしい柿、ブドウ。

ああ、食べたいっ!!
日本人のサガなの?どうしてこんな擬態語表現だけでヨダレモノ。
『パブロフの犬』と化すのでしょう、私としたことが・・・(笑)。


・・・はっ!?

「ねね、旦那よ。お芋とかさ、栗とかさ、こう『HOKKORI、HOKUHOKU』してるのを英語で何て言う?」
「う~ん・・・ってか、何それ?『DRY(乾いてる)』なの?『CRUMBLEY(パサパサ、ポロポロしてる)』の?」
「違う違うっ!美味しいのよ、パサパサじゃなくて。ホクホクしてるの。」

「・・・そんな言葉、英語にはないっ。」
断言されちゃった。

いいよ、じゃあ辞書引くよ。・・・と、出てきた例文がこれ。

・ この芋はほくほくしておいしい。
 These potatoes are soft and flaky, and quite tasty.

・・・FLAKY?!って『剥がれやすい』?!Tastyじゃ、ウマい!だけだろ。

どこか、苦し紛れな響きのこの文章。納得いかねぇ。

「じゃ~さ、じゃ~さ、『脂ののったサンマ』は?」
「え~、Greasy(脂ぎってる)ってことぉ~?」

・・・。

結論: 秋の味覚は、西洋人には説明不可能・・・諦めます。


Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
「芸術の秋」、「読書の秋」、「運動の秋」、「実りの秋」・・・私はやっぱり「食欲の秋」。
ってか、こっちはこれから夏でしたな・・・。みなさま、私の分も秋を満喫しちゃってください、ただし報告は不要です、悔しいからっ(笑)!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

夏といえば・・・。

 今週入ってから、急に暖かくなったNZ。まだクロゼットにはウールが山盛り、仕事に行ってないこの冬、袖を通すことがまずなかった仕事着とかも山盛り・・・(汗)。はぁ~、入れ替えしなきゃなぁ~。
 
 日本にいた時から、いや、子供の頃から親がこう言うのを聞いて育った、
「去年のこの時期、何着てたっけ・・・。」
と、毎年毎年着る物に困るのが春と秋。急に暑くなったり寒くなったりするから、ホント困る。伊達の薄着では風邪も引くっちゅうねん。

 その点、全然困らないのはNZ。真冬のど真ん中でもロングコートあり、ノースリーブあり、ブーツもあればビーサンも歩く。寒ければ着る、暑ければ脱ぐ。お気楽極楽。
でもね、昨日買い物に出たら、若者女子(ぷっ)の8割以上が既にキャミソール姿でした・・・(マジ)こちとら、やっと半袖2日目、『まだ肌寒いかな・・・。』なんて思ってたのに。これは、KIWIと日本人の体感温度の違い?それともトs・・・?(←悲しいから書かないわよ)

こないだ春といえば・・・と書いたつもりが、もう夏到来か、NZ?
たった3日で夏が来る、なんてことも、NZならあり得る・・・かも?

そして我が家のネコにもどうやら、夏到来。衣替え。

Photo_125 ちっちゃいピカソが作れそう。

ぎゃ~~っ、抜けすぎよ、アナタ!
おまけにネコ毛で顔痒いったらないわっ(←ネコアレルギーな飼い主)

そして、もひとつ。夏といえばやはりビーチ。海。水遊び。

Photo_152
これは先日、春になったばかりの海のようすだけど・・・。

ところで、我が家は室内ネコ2匹なので、近所のビーチにペット連れて散歩、とかは出来ないのですが、こちらをご覧のネコ飼いの皆様。お宅のネコは水好きですか?

乗るな、とか来るな、って言ってもそこはネコ。教えたって聞いちゃいない。特に、台所のカウンターの上が好きな2匹(特に人がいると、何かくれるとでも思うのか・・・)

そこで最近、こんな展開が・・・。

P_8 ワーイ!
水を出すと、即寄ってくるのがコイツ、ピカソ。

蛇口からバシャバシャ、手に付いた水を舐めてみたり、頭突っ込んでみたり(笑)。もちろん濡れてるけどそんなことお構いなす。さすがKIWIネコ。

ぺちゃぺちゃ舐めてるのにもどかしくなってくると・・・、

P_9 エヘヘ~

直接蛇口の水を飲もうとする。でもコイツ、所詮ドン臭いので、水が鼻に入ってフガフガ、クシャン・・・の繰り返し、でも止めない。いい加減学習しろよ。

でも面白いので放置(笑)しておくと・・・、

_1102 ウヒョー!

あ”あ”あ”ぁ~~っっ。何があろうがお構いなす。

もう誰も彼を止められない・・・。

P_10やべっ・・・

こうやって、ずぶ濡れになって慌てて出てくるまで(笑)。

お願いだから落ち着いてくださいな、もう・・・。


ちなみに、もう1匹にも実験(実験?)。

Photo_150 落ち着いたもの

そ・・・そうよね?

Photo_151 固まってる(笑)?

ごもっともです、はいはい。

Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
スクールホリデー中の旦那も、いそいそと水辺(←徒歩5分のビーチ)へ車で・・・。泳ぐのかと思ったら、「すんげぇ冷たかったから止めた。あれで泳いでるKIWIはアホだ。」との発言。ちぇっ、毎日ビーチ行っててくれていいよ・・・(←やっぱ鬼嫁。笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

あの時キミは若かった~②

 先日のピカソの子供の頃の①記事から暫し・・・。①があれば②は必然。
②を待ってた方も、そうでない方も、お待たせしました(←無理やり?)

 別に1匹でいいじゃん、ピカソのテリトリーも出来てるんだし・・・と言う私と、大丈夫だよ、ピカソは大人しいし、もう1匹いた方が楽しいじゃん、と言い張る旦那。大体、この物件ペット不可だし・・・(←オーナーには内緒よっ!ってか多分ばれてる・・・)。
ってんで、ゴリ押しの旦那がひとめ惚れしたせいで?おかげで?突然うちのコになったハナ。その癖、旦那のことが嫌いで、未だに逃げ回るけど・・・(苦笑)。

さて、来たばかりの頃のハナは、って~と、早々から・・・。
Photo_137戦闘モード
こんな頃から負けん気丸出しで挑んでました。

ある日突然、縄張りに入ってきたちっちゃいのに対して、
「てめー、むかつくんだよぉ~っ!」
と、キレるピカソに対して、
Photo_149イメージ画像

「シャーッ!!」
と、ちびっこいのに必死で威嚇する始末。自分の縄張りを守るのにお互い必死・・・。
どうなることかとハラハラ、気が気じゃなかった毎日・・・。連れてきちゃってゴメンねぇ~~~っ(涙)!と思ってたのは私だけ。旦那はまるで、手にした買うだけで満足してるおもちゃのよう。ご満悦で放置・・・。
え?もちろんぶん殴っときました(←生涯鬼嫁?)

 ペットショップで、他の子猫達と寄り添って寝てたところを引き離してきちゃったんだけど、なんせ先輩ネコはこの調子・・・。寄り添うどころか、近寄ることすら出来ない心細く可哀想な子猫、ハナが選んだ場所は・・・。

Photo_21 そこだけはご勘弁

ケーブルテレビのデコーダーの上・・・。確かに電化製品の通気口の上は、ほんのり暖かいだろうよ・・・。でも精密機械は埃が一番苦手(涙)。

人の気持ちも知らず(笑)、この場所はこの子の一番お気に入りの場所になりました。ピカソに追いかけられれば、デコーダーの上。淋しくなればデコーダー。嫌いなウチの旦那が立ち上がればデコーダー、と避難場所でもあり、心のよりどころでもあるデコーダ。その思いはデコーダには通じてないけど・・・。ってか、嫌だろよっ。

かわいかったなぁ~、こんな頃。私の肩に乗ってました(笑)。そう、手乗りネコ。もちろん私にだけ・・・。ん?ってか、安全な移動のために遠隔操作されてたのか。

しかし、ここからが『ビッチ』ハナの本領発揮っ!
この数日後、ピカソを手なずけ(笑)、とっとと降参した方が勝ち、と踏んだ彼は、ハナのお守り役に成り下がり・・・。

Photo_138 乳母かよ?

キミはオトコの子だろ?ああ、そこまで落ちぶれんでも・・・(嘆)。

そしてなんとか、やっとこさ・・・。

Photo_20
見た目は仲良し、それじゃ父ちゃん母ちゃんと同じ・・・。なんてね。

でも所詮、ネコは個人主義。ずっと一緒に寝てるのはうざいようで、

Photo_156 こんなになっちゃう。

こうして、我が家の男女における上下関係は出来上がりましたとさ。

ええ、もちろんネコの話ですよ、ネコの・・・コホン。

Banner_01_122 ←ハナ、昨日が誕生日で1歳。てな訳で、おめでとうクリック絶賛受付中!
・・・でもまだ旦那を嫌い、ぷぷぷっ。いつまで続くんだか・・・あ、私が入れ知恵してる訳ではなくってよ。

そしておまけ。

Photo_19 まだ乗ってる

前後左右とも、もう収まる訳がない・・・。1歳になったことだし、もう卒業しようよ、そこ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

それは変だよNZ人

 今日もいい天気。

 昨日の『放牧うさぎ』や、『クソ寒いのに海水浴!』などなどのジョーシキを続々と覆してくれるNZにショックをうけながら(笑)、また懲りずに散歩。結構ネタの宝庫のご近所へ(笑)。

 ウチの近所には、公営の老舗ゴルフ場があります。こっちではゴルフは身近なスポーツ(らしい、私できないけど)。
 私がゴルフのクラブを握るのは、せいぜい打ちっぱなしの練習場くらい。元ソフト部、ボールは飛ばすことしか出来ません。穴に転がすなんて細かい芸当はゼロ(笑)。ちなみに、クリケット育ちの旦那は、止まってるボールを打てません。ってか素質の問題(笑)?
ま、通りがかりに誰かを殴っちゃいたいっ!って発作が出る前に(笑)、何かを引っ叩きに行くのが目的なので、これでよし。本当は野球のバッティングセンターを所望ですが・・・。誰か、人々の心身の健康のために、是非ともバッティングセンターの誘致を願いたい。日参します。

 話が反れました。

 このゴルフ場。お天気がいいと・・・、
Photo_144人だかり。

え?この写真?私は、ゴルフ場外。道端の木々の隙間から撮りました。近所の家にはボール飛んでこないのかしらね~?

 こっちのゴルフ、(聞くところでは)キャディーさんはいません。そういうシステムはなす。クラブは自分で運ぶもの、何事も自己責任・・・だからか?私営の超立派なコースでも、電動カートで移動、でもやっぱキャディーはなし。ただし、コース回るのは安いです。公営のコースの値段は、多分、私の行く打ちっぱなしの値段と余り変わらないくらい・・・?

そんなことを考えながら、ぷらぷらとゴルフ場横を散歩してると、こんなゴルファーを発見。

さて、ここで問題です。
Photo_145
手入れされた芝の上で、暢気にボールを打つ彼。

でも、確かにどこかがおかしい・・・。

はい、ではカメラさん引いてくださいねぇ~。

ではもう一枚の写真をご覧下さい。

ドン。

Photo_146←実は道端

こら~っ!道端からゴルフ場に向かってボール打ち込むな~っっ!

Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。

今日のおまけは、NZのバス停。


こんな看板のあるところで待って、目当てのルート番号のバスを、タクシーのように道端で手を出して止める。それがNZ流。でないと、ただ待ってても通過してしまいます・・・(←経験者)。

でも、このバス停・・・。


Photo_147民家の庭先にポツン。

(木の根元、拡大してみましょう↓)

Photo_148 バスに乗るのを忘れそう・・・。

バス待ち用なのか、ただの一休み用なのか・・・。このバス停だけのオリジナル(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

春といえば・・・。

 曇ったり降ったりが続いた先週までとは違い、昨日から穏やかに晴れ。やっとNZにも本格的に春到来か?

 昨日、念願の髪を切ったSATO。

切ってもらってる間、チラチラと目に付くあるモノ・・・。切り終わった後頭部、
「いや~、白いハイライトが入ってると思ってみる(汗)?」
と言われ・・・(T_T)。
スッキリしたような、ガッカリしたような・・・(嘆)。


 そんな気分も吹っ飛ばしてくれるかのように、本当に今日はいい天気。
 マジ、気持ちいいぞっ。
 ほな、どれどれ、散歩にでも・・・と出かけてみた。

 雲も1つもなくって、本当に暖かい。ふふふ~ん♪

 家を出て、道路を渡った途端・・・。


 おっ?!芝刈り珍名人っ!

Photo_140放牧うさぎ

近寄ってみたら逃げるかな・・・。

Photo_141お構いナス

見向きもしなけりゃ、逃げもしない。ひたすらモグモグモグモグ・・・。

はいはい、お邪魔しました。どうぞ思う存分お食べ下さいな。

しかしコイツ、ウチでも見たことある、放浪常習犯(笑)。
もしや芝を求めて3000里、近所をふらついてるんだろか?


今日、初の半袖Tシャツ。いや~、気持ちいい。

春といえば・・・衣替えしなきゃっ!
服の入れ替えしなきゃ、って思うのは、四季がある国日本人。

旦那は当の昔に、いや年中半袖、隣りのカップルは年中タンクトップ・・・。

嗚呼・・・。ったく季節感ないったらありゃしないわよっ、KIWIったら。


やっと桜も咲いて、桃も咲いて、春・・・。

Photo_142

さすが春の海。穏やか。

春の海といえば・・・潮干狩りかしら、やっぱ?そ~いや、この辺りでは見かけないわね。採れないのかな?ヨソでムール貝(マッスル)の潮干狩りをしたことはあるけど・・・。


じゃあ、この辺の『春の海』といえば?

では現場を見てみましょう。

一目瞭然、そりゃもう、春はこれっ。

Photo_143

クソ冷たいのに泳いでやがりますぜっ、もうっ!!

ビーチも駐車場も、海辺に1件しかないカフェも混雑中。マジかよ!

この写真を見た旦那が、
「え~、マジ?じゃ、オレも行ってこよ。」
と、たった今まさに出かけやがりました(呆)。アホ・・・。

心臓マヒでも起こしたところで、私のせいではありませんからっ。保険だけはかけといて下さいな、私名義でキッチリと・・・(←正しい鬼嫁像)

・・・しかし、NZの春ってのは何なんでしょ?

夏との違いを100字以内で答えて欲しいものです(制限時間15分)

Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。

おまけ。

Dscn0243 可愛いっ!
可愛くっておとなしくってお品のよさそな(笑)猫を発見。
余りの可愛さに、「ウチのコにならないかしら?」とほくそえんでたところに、素敵な飼い主さん♂がでっかい外車(あ、NZだと全部外車ですが・・・)で帰宅。「猫好きなんだね?」と、爽やかに微笑み・・・。
ああお願い、私をお宅のコにして下さいなっ(←妄想中)!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

♪ら~ぶれた~ふろ~む♪

 昨日午後、こんなメールが届きました・・・。

konbanwa
Arigatoo gozaimasu no tame ni keik to mafin de getsu-yoobi juuhachi.
Watashitashi ga suki de aru chiisai pati.  ???
John

↑原文、色もそのまま。コピペしてみました。
ただし原文には、50'sのようなフレアースカートとリーゼント(笑)で、踊る男女のアニメーションと、♪ちゃらら~ん♪っていう音楽付き(笑)。それは貼り付けできず。ってか、毎度毎度音楽うるさいのは確か・・・(苦笑)。



・・・ん?んん?んんん?何だって・・・?!
と、3回ほど読み返して気が付いたっ!
これは、日本語クラスのジョン爺さんからだっ!!

こないだ、18日の最後の授業で、
「休みの間に質問・連絡があったら、メール下さいねぇ~。」
って、自分のメールアドレスを書いてきたのを思い出した。

ジョンさんったら、嬉しかったのね、ケーキとマドレーヌ。よかったよかった。

でも、KIWIはおふらんす菓子のマドレーヌなんてこじゃれたモノありゃしませんから、『マフィン』になっちゃってるけど・・・。いいや、それでも。爺さんだし(笑)。
日にちは、ニチを付けるんですよ、って復唱したのに、『じゅうはち』だけで終わっちゃってるけど・・・。ま、いっか。ジョンさんだし。
パーティー、『小さい』って、あえて(笑)付いてるけど・・・。ってかしょうがないじゃないの、人数いなかったんだからさ~(笑)。
語順なんてもう、シッチャカメッチャカになってるけど・・・。頑張ったよ。
後ろに赤字で、自分でくっ付けてる???がまたご愛嬌。

苦労して書いてくれた、こんな2行がすごく嬉しいよ、爺さんっ。
・・・でもね、言わんとしてることは、分かるような、分からないような(汗)?
さて、どうやって返事しようか?日本語で?英語で?う~ん・・・。

直すべきか、直さぬべきか、直しても分かるかどうか、それが問題だ・・・。


Banner_01_122 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。

さて爺さんは、どうやってこの文章を書いたでしょう?
① 皆勤賞の爺さんだもの。自力で復習!&辞書を引いた。
② 爺さんの強い味方、ロンドンの息子の嫁に聞いた。
③ いまどきの爺さんのことだから、ネットを使った。

正解者には・・・。ジョンさんの熱い音楽付きメールを転送しますっ!
え?いらない?男女が踊ってるわよ~、彼の若かりし頃?の50年代仕様ですが。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

う~ん、マン○ム

 ある日。

 旦那が唐突に、
「オレ、Cliffed Chinなんだぜ~っ。ふふふ~ん♪」
と、得意げに帰宅。
今更追記と修正:(正)CLEFTだそうです(恥)。失礼致しました。
…今更ですが、ホントすみません。旦那、訛りすぎ!(言い訳ですが…)(# ̄З ̄)

ちなみに、ググるとCliffedということばも、出てはきます。来ますが・・・。m(__)m

なんじゃそりゃ?

「ホレ、これ。割れてるだろ、あご?」

どうやらガッコで、あごの話になったそう。センセは暇なのか(笑)?

指差すのはパックリ割れたあご。ああ、ケツあごのことね?

で?それがどしたの?

「『Cleft Chinはせくしー』っていうんだぞ、西洋では。」

ふ~ん。日本では、尻みたいだから『ケツあご』って言うんだよ。
って教えてあげたら、余りの文化の違い(笑)にガックリしてましたが。


 日本人であごの割れてる有名人って、誰・・・?

え~っと、思いつくのは、ルパン3世の銭形警部でしょ、ゴルゴ13でしょ。それから、一休さんの蜷川新右衛門さん。(←有名人といっていいのでしょうか、この人達・・・)

他には・・・誰かいるっけ?
藤原紀香のあごが割れてる、と言えば割れてるけど、女性。
男性は・・・。あ、ダントツ長嶋茂雄!!

と、ただでさえ芸能人に疎い上に、日本のテレビから遠ざかってるので、例えももうメチャクチャ古いわ狭いわ。さっぱり思いつかない私。

これが西洋人、ハリウッド男優になると・・・。
『マンダム(古っ)』のチャールズ・ブロンソン、カーク・ダグラス爺(これも古いっ)とマイケル・ダグラスの親子(間違いなく遺伝)、ジョン・トラボルタ、ジョージ・クルーニー、ベン・アフレック、ユアン・マクレガー、ラッセル・クロウ、マット・デイモン、ニコラス・ケイジ、トミー・リー・ジョーンズ、メル・ギブソン・・・・・。
このハリウッド音痴の私が知ってるだけでもこれだけ、とキリがない。
あ、サンドラ・ブロックもパックリ割れてたけど、女優。

ハリウッドではないけど、デビット・ベッカムも割れてないっけ?

とにかく多い多い・・・。で、確かにいい男系に多い(かもしれない)
聞くところによると、わざわざケツあごCLEFT CHINの手術をする人も西洋には多いそう。それほど、『ケツあご割れあご=せくしー、モテ男の条件』ってのは蔓延してるらしい・・・。日本じゃ、十中八九『ケツあご~!』ってあだ名にされるのに(笑)。クラスにいたし・・・。

日本の今は、どんな顔が流行りなんでしょ?『しょうゆ顔』はバブルの頃・・・(恥)。

西洋は、コッテリ系・・・どころか薄味好みの私には、もう胃もたれしそうな濃い、オトコ臭いのが永久不変のようです。

え?ウチの旦那?
あごが割れてるだけのただの普通のおっさん・・・。おまけに、ケツあご好みじゃない私にはどっちゃでもよくって・・・(涙)。神の悪戯でしょうか?

結論:せくしーな人があごが割れてることが多いが、あごが割れてる人(←旦那)が全てせくしーとは限らない。・・・いや~、好みの顔って、見つからないものです(汗)。

Banner_01_111ケツあご好きの方も、そうじゃない方もクリック。いや~ん、ケ○だなんてお下劣・・・(笑)って方もクリック。私のあご、割れてますって方は、ダブルクリック。
ちなみにSATOの好みは(関係ない?)・・・。え~っと、毛深くなくてツルリンってしてて、あっさり系で、どっちかと言えばサル系の顔で、背が高くって・・・。書けば書くほど悲しくなる、旦那とは正反対のタイプだったりする。ああ、そうさ、人生ってそんなものさ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年9月22日 (金)

小さな願い

 事前にご注意。今日の話はとても深刻です。自分で書いた記事を目の前に、UPしようか、止めようかしば~らく悩んでいましたが、やはり載せることにしました・・・。もし不快に感じられる方がおいででしたら、ごめんなさい。
※いつものスットコドッコイなSATOの記事は、明日以降、お届けしたいと思います。m(__)m

  よく見てるNZニュースで、今日2本立て続けにこんなニュースが。

 『Kiwiの5人に1人が精神病

 『続発する自殺、両親に警戒を促すともに、9月21日付 『NZ大好き.COM』。

 タフで暢気なように見えて、KIWIという人達はどこかしら繊細らしい。もちろん人によるので、ひと括りには出来ないのだけど。

 他のニュースを見ると、若者の自殺率が昨今ではなんとか減少してるものの、先進国では未だにトップクラスとか、高校生の10人に1人が自傷行為があるとか・・・。若者の自殺行為を止めるために躍起になってた政府、よく見回してみたら成人の自殺率が80%を超えてた、とこれまた片手落ちなニュースとか、もうただ検索しただけで山盛りのニュースがでてくるほどの社会問題。

 かたや日本。WHOの調査によれば、自殺率の高さは世界10位、そして先進国では1位。女性に限れば世界で3位。これまた深刻な社会問題。特にバブル崩壊後の増加は・・・ご存知の通り。

 自殺率の増加は今や世界的に、深刻な問題の1つらしい。


 自殺する人の背景、心情はさまざま。もちろん深刻、だと思う。

 しかし、ある日突然身内・友人・家族の自殺、という事実を受け止めなければいけない、残された人達のショックも深刻なのは確か。

何をそこまで思いつめたのか?
どうしてそうしなければいけなかったのか?
なぜ自分は気が付いてあげられなかったのか?
何があったのか?
何がいけなかったのか?

・・・湧き出る様々な疑問、そして自責の念は尽きない。

 例え未遂であっても、その衝撃は易々と立ち直れるものではない。
 
 世界中の思い詰めた人達が、最後の最後のその瞬間に、思い留まってくれることを切に願って止まない。かつて残されかかった者のひとりとして・・・。

Banner_01_111←読んで暗くなっちゃったじゃないのよっ!って方、失礼致しました。どうぞ怒りをクリックにぶつけてください・・・(苦笑)。本当に本当に、ごめんなさい、こんな記事で。個人的な『問題』は書かないことがモットーなのですが、これだけは書かずにいられませんでした・・・。
こんな小さなブログの、小さな力では、世界の深刻な問題なんて何も変えられないのだけど。

 さて、明日からは通常営業(笑)。またまたよろしくお願いいたしま~すっ。

| | コメント (8)

2006年9月21日 (木)

そろそろさっぱりと・・・

 髪を切りたいっ!って一度思い始めたら、気になって気になって、落ち着かないのは何故でしょう?もしや私だけ?ああ、切りたい、もうたまらない。
 
 日本にいた時も、『ああ、切りたい』と思ったら即、下手すりゃその日に切ってしまいたい人間だったので、会社の帰りに飛び込んだり、フラッと通りがかりに行ってみたり、の『美容院ジプシー』の時期がありました。最終的には、休みに行きやすい、昔から髪質を知ってくれてる近所の美容院、で落ち着いたのですが。
おまけに一時は、
ヘアカット→かなり放置→縛れるようになる→もっと放置→しょうがない、そろそろ切るか、と断髪(笑)、そしてこのローテの↑初めに戻る・・・
などという、怠慢極まりないオンナ(恥)。おまけに、久し振りにその美容院に行くと、担当者が辞めてたり、独立してたり・・・なんてこともあったりして(←どれだけ行ってないのか・・・)。おまけに久し振りすぎると、こちらの腰も余計に重くなるし、で悪循環・・・と、ダメダメでした。

 世界中、どこにいても生憎髪は伸びてしまうもの(笑)。
こちらに来てまず困ったのもそれ。放置しておいたらボッサボサになってしまった頭。特に、西洋人の髪は所謂ネコっ毛で、柔らかいので、日本、中国、韓国人のような黒髪は、硬い、太い、扱いにくいと、大変な模様。そんな髪に慣れてる美容院を探すだけで四苦八苦。しょうがない、また肩を越したら縛るか・・・と思ってました。

 NZに来てまもないある日。 
こともあろうに、日曜日に髪をセットする必要が発生。しかし、KIWIが働いてる訳がない日曜日・・・。美容院を巡って巡って、やっと探したのは中国人経営の店。
「ヘア?セット?パーティー?おっけおっけ。サンデー?おっけおっけ。オープン?おっけおっけ・・・。」
などと言う、シンプル且つ不安極まりない会話の後、向かった当日・・・。

出来上がった頭は、『SATO頭髪髪型中華流行的○○電視台推薦』みたいな頭(←?)・・・。半ベソかきながら戻ってきて、慌てて直す直す・・・。何とか人前に出られるようになった(自称)と思う頭ではありましたが、その日の写真には目も当てたくない気分・・・。
 
NZには、『$10 CUT』、『JUST CUT(切るだけ)』、などという名前の、超格安の美容院(床屋?)、日本で言えば駅前や駅裏によくあるようなヤツでしょうか、もあります。この手のが、ウチから一番近く、徒歩圏内にあったりするのよ。でも日本での駅裏美容室失敗経験者(笑)、『安かろう、怖かろう』の念が抜けず・・・。さすがの怠慢SATOも、そこにだけは世話にはなるものかっ!と固く心に誓っていました(笑)。

と思っていたら、金はないけど勇気はあった(笑)以前の同僚。
「昨日、セミロングが重くなったし、長さは変えたくないけど、ただ軽くすいてほしかったから、$10でいいかと思って、$10カットに行ってみた。」
というそこには・・・。
ムッシュかま○つがいました(笑)。テッペンの毛はもうツンツン立つほど短く、修正の施しようなし。もちろんあだ名が『ムッシュ』になったことは言うまでもなし・・・。ってか20代半ばにでも、ムッシュは通用するのにも驚きました。ムッシュは永久不変の模様。

 こちら別の知人。彼女は英語は流暢。こちらもNZに来て間もない頃、どうしても髪を切りたくなり、KIWIの美容院へ。ここは一人前の美容室の店構え。これなら大丈夫だろう、と、雑誌の切抜きを片手に、こういう頭にしてほしい、と丁寧に説明したそうな。すると、そのKIWIの美容師さん、日本人の黒髪にてこずりながらも、エッチラオッチラ写真と見比べながら張り切ってくれたのだけど・・・。

「前から見るといいんですよ。ほぼ写真のとおりでね。でも後ろが・・・。」
写真に写ってない後ろには、まるでキノコのカサのような軒下(!)が出現・・・。雨宿りが出来そうなくらいの段差だったそう(笑)。その後、彼女は日本に帰る時に、その都度コギレイに(笑)なって帰ってきてました・・・。

 あれから数年。たったそれだけの間に日本人経営、日本人スタッフのいる美容院が増えてくれたので、助かってますが、それでもやはり、日本にいたとき同様、お気に入りを見つける、ってのはなかなか苦労するものです。

そんな話をしていたら、旦那のおっかさんがひと言。
「私が切ってあげよっか?ウチのお父さんのも、私の頭も、自分で切ってるのよ。まっすぐの黒い髪、ってのは初めてだけど何とかなるもんよ、すぐ伸びるし。」

・・・いえ、結構です(涙)。いや、マジで遠慮いたしますです、はい。

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
似合う(と思われる)髪型、ってのも見つけるのに苦労する今日この頃。どうやって見つけてますか?雑誌?口コミ?時の運(笑)?・・・私はもう最近、他力本願で、友人の旦那さん(本職:美容師)に任せっぱなし。「お任せするからお願いします。」って言う癖に、雑誌なんかより鏡越しに手元をじぃ~~っ、と見てる私(笑)。嫌な客なんだろうなぁ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

日本語Vol.8~サプライズ!

 日本語クラスも、折り返し地点。この8回目が済んだら2週間スクールホリデーで授業は休みです。いつもこのシリーズを楽しみにしていて下さる方々も、誤ってガッコに来ないように・・・って、ウソです。ブログにはど~か遊びに来て下さいっ!!

 さて、今回第8回の出欠は・・・。

え”ぇ~~っっ!これまで7回皆勤だったRAさんが来てないっ!!いつも来てるはずの人が来ない、ってのは、淋しくもあり、『休み間違えてないか?』と、不安でもあり・・・。RAさん、英語通じてそうで通じないからなぁ・・・。

男性陣: ジョンじいさん、万年初級のウチの旦那。そして『煙突』発言VIさんが、1週休んで再登場。VIさん、先週来られなかったのは、息子の子守担当だったから、とか・・・。ぷぷっ、可愛い。こんなところは家事を手伝うKIWI男性。

女性陣: 『出来のいい中華美人』SHさん、先週来なかった『かんふー』PHさん。そして、2回続けて出席の中国人『ビビアン』さん。そうそう、続けて来てれば追いつけます。

『お休み宣言中』のマークさんは、まだ日本出張中のはず。初の日本はどうなんだろ、聞いてみたいです。今週も怪しいバーで身包みはがされてないかしら・・・(笑)。

PHさんが来たら、キャリンさんが休み。VIさんが来たら、RAさんが休み。合計人数は、±0で、結局今週も6人。
なかなかこれが・・・奥さん、味のあるクラスとなりましたわよ。VIさんも旦那も負けず劣らずの炸裂を見せてくれて、笑いとしては、濃い授業でしたのよ(←狙うは笑いなのか?それでいいのか・・・涙)

 カタカナは、タ行とナ行だけを練習。書き順を説明し、特にカタカナには『シとツ』、『スとヌ』、『タとク』など、既習の文字だけでも似た形がいくつかあるので、復習しがてら進む。
もちろん書く練習も。
先週来なかった人が2人/6人なので、復習がてら、でもスピードは緩めず。

じゃ、既習の文字を使って、読む練習。
テ・ス・ト、テ・ニ・ス、シ・ー・ツ、カ・ヌ・ーなどとボードに書いてみる。
「はい、これはなんと読みますか?VIさん。」
慌てたVIさん、しかし口調は軽く、
「はぁ~?分からん。オレ全然聞いてなかったもん、集中してないし。」
・・・開き直って自慢することかっ!!←周りに助けてもらってました。助け合いができるようになったのも、クラスの雰囲気がいいおかげ。ポジティブポジティブ(笑)。


先週の復習は、主にカレンダー。
日付、月の読み方、曜日も併せて復唱。なんがつ、なんにち、なんようび、の質問のしかたを練習し、そして今回もまた先週と同じ質問を。
「たんじょうびは いつですか。」
VIさん6月、PHさん12月、SHさん1月、ビビアンさん6月、旦那8月、そして・・・。
最後はジョンじいさん。
「タンジョービはぁ~、9がつ4かです。」
すると、VIさん。
「マジっ!?オレの息子と一緒だ。7つになったんだ。」
・・・と、子守の興奮冷めやらず、親ばか満載中(笑)?サンタ説、まんざらでもなさそう。

旦那が挙手。なんなのよ(←高飛車)
「こ~ゆ~風には聞いてもいいのか?え~っと、え~っと・・・『たんじょうびは なんですか?』。」
・・・いや、誕生日は誕生日でしょ。バースデー。・・・センセ(笑)はキミの言わんとしてることが分からんが?キミは、『いつ』といいたいのか?え?
「あ、オレは・・・。え~っと・・・はい、そうです。すみません、黙っときます。」
なんのこっちゃ・・・。はい、じゃ黙ってて下さいな、頼むよ(笑)。

VIさんの息子さん話がいい複線になって、先に進めたのは、今日の本題『家族』。

きょ~びの日本語では、自分の家族を『ウチのお父さん、お母さん/パパとママが~。』なんていうことも少なくないようだけど、ここは日本語クラス。あくまでも『ウチ・ソト』の考えに基づいた、一般的な自己紹介/他己紹介の形を入れていく。

例えば、ボードに貼った家系図もどきを指して、こんな対比。

「わたしのかぞくは、ちち、はは、あに、あね、おとうと、いもうと。ぜんぶで 7にんかぞくです。」
「すずきさんの ごかぞくは おとうさん、おかあさん、おにいさん、おねえさん、おとうとさん、いもうとさん。ぜんぶで 7人かぞくです。」

もちろん、夫婦-子供の呼び方も違う。そして、学習者に順番に家族構成を紹介してもらい、私が『~さん』付けで復唱。
「PHさんのごかぞくは、おとうさんと、おかあさんと、おにいさんと、おねえさんと、PHさん。ぜんぶで5にんかぞくです。」
などと繰り返し、自分の場合、他人の場合の形の違いを

はい、旦那の番。
「はい。え~っと、あ~・・・。わたしの かぞくは、ちちと、ははと、おにと・・・。」
・・・おに?・・・鬼っ(驚)?!、誰が鬼だっつーのよっ、私かっ?!
「あ・・・。いえ・・・すみません・・・。」 しょぼーん・・・(笑)。

『おにいさん』、と『あに』がまたごっちゃになったらしい。それともわざと?
アンタ、前も同じ間違いしてますぜっ・・・ってことは、これも『オレは何ですか?』シリーズとなるのですか?

ここで、机の上をドタバタ、ペンを探すVIさん。
「ペン?貸したげよっか?」
と、差し出すと、
「ある。自分の持ってるから大丈夫。ホレ。」
と、今更ながらポケットの奥深く(笑)から取り出した。

あ、そっか・・・・・・・ってか、ん?
「待ったっ!!VIさん、さっきカナ練習の時、ペン使ってないの?書かなかったの?」 ←ってか、私も先に気づけよ・・・。

と聞けば、本当にボケーッとしてたのを指摘され、つい言い訳。
「・・・インクの節約してんだぜ。」ボソッ・・・。

もっぺんでっかい声で言ってみなさいっ、ホレ!アンタ、いくつよっ(笑)!

とにかくドタバタゲラゲラの昨日。
そして、一番のサプライズ、メインイベントは、最後、30分にありました。

 実は、先週の最後に誓った(笑)通り、遅ればせながらジョンじいさんの誕生日のお祝いをすることにした私。だって、じいさんの誕生日の今月4日、授業の日。『月曜日だから』って、ちゃんと授業に来てくれてたんだもん・・・。ありがと、じいさんジョンさん。

で、SATOの一つ覚えの芸のない(笑)チーズケーキと、器に山盛り(!)のマドレーヌを持ってサプライズ!のバースデーパーティ兼、ターム前半最後、お疲れ様でした、の慰労会。
あ、はかり?ヒトに借りました。なんでワシが借りんならんねん(笑)?

ジュースと、ケーキを手に、みんなで雑談。各々、知ってる言葉を口ずさんでみたり確認し合ったり、挨拶の練習してみたり。私に質問してくる人、家族の話をする人、仕事の話をする人、個々の日本語クラスのきっかけを話し合う人、さまざま・・・。

こういう機会は、以前日本で教えてたときの教室での案を拝借。あそこは月に1回、各クラス、各レベル+日本人スタッフが入り乱れ(笑)、壮大な雑談の機会を設けてる。時には歌や踊りあり、でいつも楽しく、ワイワイがやがやしてました。

私も是非、そんなクラス交流が出来たら、と思ってたのでちょうどいいきっかけ。山盛りあったマドレーヌは、たった2ケ残り、チーズケーキも完食(笑)、喜んでもらえたようです。ジョンさんも嬉しそう・・・。よかった。
VIさん、7歳の子供さん(←ここも既習、使わなきゃね)にも持ってく?と聞けば、
「ん?息子かぁ~。こないだもうフランスに帰ったんだ~。」
と、とてもあっけらかん・・・。フランス?帰った(驚)?・・・あっそ。

ヒトにはいろいろ事情もありますからね、ウチ含め(笑)。

ってか、オイ、そこの2人っ!VIさんと、旦那!!
教室の後ろで、ガツガツとケーキの早食い競争(笑)やってるキミ等?!

ぐぉるぅあぁ~~っ(怒)!2人とも廊下に立ってなさいっっ!!

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
2時間の授業が終わると夜9時。みんな家路にとっととつくため、雑談の機会もなかったのですが、話してみると、みんな様々な理由や問題を抱えてる中、日本語に取り組んでくれてる。そんな様子がわかりました。それは、またの機会に・・・。あ~あ、2週間日本語休みか。あ・・・旦那もガッコ休みだ・・・ちぇっ(笑)!

ところで、RAさん。一番興味がある人なんだけどねぇ~、ああ、来なかったのが残念っ!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

♪あの時キミは若かった~①

 日本の皆様、まずは台風お見舞い申し上げます。

 こっちの風は時速表示。秒速に慣れてる私にしてみれば、『瞬間風速』なんだから秒速の方がピンと来そうなものだけど・・・。その辺は環境の違い。
ニュースを見てる横で、旦那が電卓叩きながら、
「瞬間最高風速が59m/s?!するってぇ~っと(←と、江戸っ子のようなことは言いませんが。笑)・・・時速212km/h?!すげぇ~風!新幹線並みだな、おい・・・。」

台風、NZまで来ないのは承知だけど、日本人のサガ、災害時といえばNHK。昨夜の7時のニュース、つい見入っちゃいました。。ってか、悲しいかな、今はNHK以外、日本語チャンネルの選択肢もないけど・・・。

 敬老の日の今日は、生憎のお天気なのかしら、そっち・・・?
 
 昨日、敬老の日だし、と実家に電話をしたら、
「人を年寄りみたいにっ!」
と、半分怒ってました。(←注:充分年寄り。笑) 
ったく、一体、誰に似たんだか・・・。え?

電車で席を譲ったつもりが、睨まれたような気分です・・・。


さて、春っぽくなってはいるものの、こちらもすっきりと晴れないNZ。

今日は我が家の能天気な長男、ピカソの本邦初公開の写真なぞ・・・。

P ちっちゃっ

 他の兄弟はすっかり里子に出たのに、何がいけなかったのか、ケージに売れ残ってしまってたひとりぼっちのこの子。我が家に連れてくることにしたのは、2年半前。
名前は、『英語でも日本語でも発音しやすい名前』をモットーに付けました。これはハナも同様。

来た途端、全然物怖じもせず、我が物顔で歩き回り・・・。
Photo_135このざま

白手袋の『ぐ~』がポイントでしょうか?ちなみに、耳曲がっちゃってますが・・・。これでスコティッシュフォールドになってくれたらもうけもん?あ、違うの?

超無防備で、超無邪気。
安心しきって、こんなに一心不乱に眠ってるのは、見てるだけで幸せ。

上の写真を角度を変えて見てみると・・・。
P_1 お構いなす。

嗚呼・・・前言ちょっとだけ撤回しよっかな・・・。

もう彼も、今年末で3歳。

そんな彼も最近は、って~と・・・。
Photo_136びろ~~ん

長くなった以外は、変りなす。ポーズまで一緒とは成長せず・・・(悲)。

室内猫だからこうなのか、こうだから室内猫なのか。彼はずっとこのままだろな・・・。

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。

ネコの3歳といえば、人間では28歳だそう。ん?年齢的には立派な大人。社会人(←人?)として、波に乗りかけてくる頃ではないのか?!近所のネコや、我が家のコギャル(←ハナ、小太り)に毎日振り回されてる場合じゃないわよっ!立てぇ~、立つんだ、ぴかそ~~っ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

鉄は熱いうちに・・・

 最近、日本のニュースで毎日見かける、『飲酒運転による事故』。そして、改めて『飲酒運転』の法律を見直したり、取締りを強化したり・・・。

・・・ええこっちゃ、ええこっちゃ。
昔、私は一応見つからなかったし、無事故無違反だし。
(←非国民?)

 以前、よく遊びに行ってたアメリカの、一部の州では、運転手以外の人が車内で酒を飲んでても罰せられる、と聞きました。だから、ビール買っても帰り道に開けてくれるな!とよく怒られたものです
(・・・遠い目)。


 こちらNZはって~っと・・・老いも若きもそこら中、酒飲みだらけ。

 実はこちら、ある程度のアルコールならば、飲酒運転OK!!
じゃあ、その『ある程度』とは、っつうと年齢によって違っていて・・・、

 ●アルコール濃度の制限値
  20歳未満
   血液中 100ml中30mg以下
   呼気中 1リットルあたり
       150マイクログラム以下
  20歳以上
   血液中 100ml中80ml以下
   呼気中 1リットルあたり
       400マイクログラム以下

とのことですが・・・はて?これじゃどんだけ飲んでいいのかいけないのか、トーシロには分かんないわよっ。それに、年齢による差、っていっても、下戸とザルの違いもあるだろに、ね?

・・・はっ!うっかり飲んでしまう、それが狙いか?!
オヌシ、侮れん。

もちろん、上の量を超える飲酒量が発覚しちゃったり、そしてそれに伴う事故なんぞあった日にゃ、そりゃもうしっかり罰金取られます。あ、検査を拒否しても罰金よ~。

※罰金の一覧は、こちら(日本語)に詳しく。

 週末の深夜になると、近所のパブで大騒ぎした若モン達が、雄叫びや爆音とともに通り抜けてくウチの前の幹線道路。まず間違いなく殆どが飲酒運転でしょな・・・。

先日も、飲酒運転の検問を設置中の警察の真ん横で、自滅(笑)した車があったそうで・・・。おちおち歩いてらんないわ、夜中に。
ってか歩かないけど。

 よくあるのだけど、多分にもれず今週末も、卒業生なのか、はたまた在校生によるものか、深夜に、
『*%$@#!!』(←旦那の苗字)
と、家の前で通りがかりに叫ばれたりするのを聞くと、コイツはどんな教師生活を送ってるのか、不安になったりして・・・ね(笑)。
ま、私の名前は呼ばれてないけどぉ~・・・、ほぉ~、日本語クラスの不満じゃないわね。

ま、思春期の若者は、どこの国でも一緒、ってことなのでしょうか。

ん?なぜ高校生が飲酒?と思われた方、正解(←何が・・・?)

えっと、NZでは、お酒の購入は18歳以上、と厳しく決まっちょります。ただし、18歳に満たない者にお酒を販売した店は、罰金取られます。

ここで疑問。自分で買わなきゃ飲んでもいいのか?

ハイ、正解。
NZ、法律で決まってるのは、買っちゃいけない年齢のみ。飲んでいけない年齢・・・実は法的には決まってない・・・らしい。
そして、『私的な場所(例:各家庭の敷地内、家でのBBQなど)、もしくは親権者、もしくは保護者同伴でならば、飲酒をしてもよい』
(←リンクはアルコール・アドバイザリー・カウンシル・オブ・ニュージーランドから抜粋:英語)なのです・・・。おまけに、これには年齢の下限なし・・・。

あ~、だからかぁ・・・。
すごくお酒が強いKIWIが多いのは、子供のころからの英才教育なのね。じゃ、オバちゃん、どれだけ飲んだくれても誰にも敵わないはずだわぁ~・・・。

って、変なのっ!!

子供には、酒の味よりも、まず他に教えることあるだろがっ?!
先生のウチに向かって叫ばないとか、よそんちの庭先で立ち○ョンしない、とか・・・(←これは旦那の甥)。
英文法とか・・・(←あ、これはガッコの仕事だ。)


熱いうちに鍛えるべきものを、間違ってる気がするのは私だけですか?

・・・ま、いっか~。
これがNZだし・・・。あはは・・はぁ~。

・・・そんな車に引かれないようにだけは、気をつけたいものです、はい。

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
日本は連休ですね。敬老の日でしたっけ?どうも敬老の日=9月15日、って気分が抜けません。ハッピーマンデーになったのは、まだそっちにいた頃なんですけどね、はっはっは。順応性が鈍ってきたようです。・・・やべっ。私も敬老、祝ってもらわなきゃいかんのかしら(汗)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

本末転倒ダイエット

 春っぽくなったか、と思えばまた肌寒かったり、の繰り返しの最近。
でも、確実に春は来てるのは間違いない訳で、ってことは・・・。夏が次に来る、ってことよねっ?!(←嬉しいような悲しいような焦り・・・)

 NZに来てから一気に増えた体重は、多少の乱高下はあるものの昨今では高め安定。ダメじゃん・・・。もう昔の体型は見る影もない。見て見ぬ振りしてたダイエット。あと数ヶ月で、私は無事人前に水着姿をさらせるのか?!それが問題だ・・・。

先週のスキーで、運動量より、車中&道中食べてばかりだったので、ひと周り成長!(恥)して帰ってきたしなぁ・・・。
カナヅチだからプールは自殺行為だし、プールで歩く人なんて、こっちじゃまず見やしないし、ウォーキングに行くにもお天気ぱっとしないし、にわか雨でも降ったら、風邪引いちゃうわよ・・・と、とにかく言い訳大魔王な私。犬の散歩代行業でもしようかしら・・・?

そんな先日。
おぉ~~っ?ネットでいいこと発見(した気分)。日本では『チョコレートダイエット』なるものが効果大らしい。『カカオポリフェノール』で、空腹感と過食を抑え、さらに代謝力をアップとか・・・。カカオ成分の多いのを食べるのがコツらしい。
どれどれ・・・。

超甘党大国NZ。
こっちでも売ってるのかな、『甘くない』チョコレートなんて・・・と探してみたら、
_1110 カカオ70%、220g?そりゃでか過ぎっ!

肥満率世界第7位、甘党大国NZでも、スーパーで普通に、カカオ70%を何種類か発見。どうやら西洋でも、チョコダイエットは流行の兆しなのか。っていうか、危機感は持ってみたけど、でも『同じ間食ならチョコにすればいいのか!』などと安直に考える、私のような人間が多い、ってことだな、こりゃ・・・(しみじみ)

 一応買ってきたものの、余りのでかさに(笑)開ける気もなく放置・・・だってでかいんだもん、見るだけでうんざりしちゃって・・・。すると我が家のチョコホリック(笑)、旦那が開けちゃった。で食べ始めてひと言。
「おれ、普通の甘いチョコの方がいい。」 あ、さいですか・・・。

そしてまた放置されたカカオ70%。何のために買ったのやら(←ってか、SATO、本気でダイエットする気あるのか?!)


食べ物は無駄にしちゃいけないっ!とお百姓さんに怒られるので、ここは1つ、このチョコレートを『劇的ビフォーアフター』かしらん?(←番組終わったらしいわね)

Photo_134 じゃん!

残り物のチョコだし、ほら、秤がないので、レシピは不明。
挑戦してみることに意義があった模様。

食べ過ぎないよう、小ぶりの一口サイズで作ってみました。

割ってみましょう・・・、すると中から、

_922 見えますか?
ウソです。湯気ざます。

・・・あら?私の目標、ダイエットじゃなかったのかしら?
なんでケーキ、それもチョコたっぷりを作ってるのかしら・・・?


ま、いっかぁ~。
こんなでも周りよりは痩せてるしぃ・・・。←今年もこれでいいのか、自分?


Banner_01_117チョコダイエット、大成功でした、って方クリック。全然効果なしよ、って方クリック。チョコ食って痩せようなんて、身の程知らずがっ!って方はダブルクリック!他にももっといい方法あるわよっ!って方は、内緒でこちらまで教えてくださいな・・・。お礼はやっぱりチョコかしら?
それよりケーキのレシピが気になる方・・・。またチョコ買って残るまで(笑)待っててね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

『世界の慣行』

 昨夜ニュースを見ていたら、
「日本の国公立大学は、『世界の慣行にあわせ』9月入学に!」
と、安○晋三氏が熱弁しててびっくらこきました・・・。
どうやら前から出てたようですね、知らんかったわ。へぇ~・・・。

そして、新聞にも追ってこんな記事が・・・。

~~「大学は9月入学に」安倍氏、討論会で提唱~~
(2006年9月14日 読売新聞)

~~安部氏提唱の大学9月入学、実現へ根強い慎重論~~
(2006年9月15日 読売新聞)

※こんなとこに記事載せたら、上の伏字は意味なす・・・。私、おバカ?

・・・え?世界の慣行?せ・か・い?かんこう??

えっと、慣行、慣行っと・・・、広辞苑、広辞苑・・・?あ、あった。

 かん-こう【慣行】
 ① 従来からのならわしとして行われること。「-にとらわれる」
 ② いつもすること。常に行うこと。「-の早朝マラソン」

奥さん(←奥さん?)、聞いた?9月入学は世界のならわしですってよ!

NZ、AUSの新学期開始は1~2月ですが、いけませんか?


ここは『世界』には含まれないのかしら?それはバナナがおやつに含まれないようなもの?留学生、多いんだけどねぇ~、ワーホリ制度もあるし、学校も、生活費も英米に比べりゃ安いし、安全だし。
他にも世界各国、7月開始、10月開始、6月開始、ネットを見ただけでもいくつか出てきたけど・・・。世界の慣行、って言い切っちゃうのはどうなんざましょ?

要は、焦点はきっと英米(ここではアメリカ、英国?)にあるのよね。だったら、
「イギリス、アメリカの大学と一緒にするために・・・。」
って言えばいいのに・・・。この辺、曖昧にして尤もらしくさせるのはさすが政治家、ハッキリしちゃったら反対意見も増えるしね。私は、どっちにしても大反対だけど・・・ってのは、9000km彼方に住む個人の一意見です。

 それに、英米は学年末も6~7月、その後、夏休みを越えてから新学年なんだから、高校が3月に終わる日本じゃあ、大学だけ弄ったところでどうなんでしょね?幼稚園、小学校から中・高まで全て、4月新年度なんだからさ、日本・・・。

 別に、(今、一部はそうなってるそうですが)国公立でも4月と10月の2回入学できるようにする、とかじゃダメなのかしら?常時門扉が開かれてたら、海外から優れた人材の招聘や、社会人入学、ってこともますます可能なのに・・・ね。

・・・ド素人の私、大学の入学を『9月のみ』にするメリットってのが分かりません。
それ以前に、国内の初等教育から、日本語(国語)自体を、まずはもっとしっかりしないと、と思うのです。自国の文化、言語を知らないと、海外で恥をかきます・・・(←経験者語る)。いやいや、なまじ英語だけウマくても、『日本人としての自己』をもってないと、ね?バイリンガル早○優もテレビでそう言ってたわよ(笑)。

ユウシキシャ』の方々はどうお考えなのかしら?ああ、言い出したらキリが無い。


ああ、難しいこと考えちゃったわ、昨夜から気になっちゃって気になっちゃって・・・。昨夜じっくり寝らんなかったのは安○さんのせいだわっ(笑)。

読んでる方々、お付き合いさせちゃってすみません。 m(__)m
「バナナはおやつに入れたっていいじゃん派」SATO、としては、「NZ、AUSだって、インドだって、中国だって、パプアニューギニアだってどこだって世界じゃん」、と熱くなってしまいましたっ・・・。屁理屈ですね。失礼しました(汗)。

頭使ったら、もう1日のエネルギー使い果たしたわ~。疲れたから寝ちゃおっかな・・・(←ってか今、昼の2時)。はぁ~ぁ、なんか作っちゃおっかなぁ~・・・。あっ、はかり・・・。

Banner_01_111←今日のテーマは重いわ、ビックリ。私も頭使っちゃったじゃないのよ、って方は、お叱りのクリック。9月入学の何が悪いのよ?って方は、是非安○晋三氏にクリック(←え?)。
明日のテーマは猫がいいなぁ~って方、クリック。明日は、久し振りにレシピアップなんてどうかしら?って方、クリック。明日は、『グリーンピース面接レポート』を!って方は・・・却下っ(笑)。

あ、SATO楽して明日のネタ決めようとしてるって?そんなぁ~・・・ばればれ?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

朱に交われば・・・

 暖かくなったし、そろそろ真剣にねぇ・・・などと、土から這い出した虫のごとく、ダラダラモソモソと大してやる気もないまま(笑)、新聞の就職欄なぞを眺めてみたら、

『夜型人間のアナタ!一緒に働きませんか?!』
とある。夜型?正に私のことよ!と覗いてみれば、なんとあの『GREENPEACE』(←リンクは日本HP)。
オークランドの街で、夜型の仕事、それもグリーンピースとあっては、とてもどんな仕事内容だかとても気になるのだけど(←やってみたい訳ではなく、ただ気になる)、面接で、
「鯨は昔、よく学校給食で食べました。鯨の刺身も大好きです、日本酒とよく合います。また是非食べたいです。」
などと口走ってしまいそうなので、CV(履歴書)は送らずにおいた。

 結婚した当時、ウチの旦那は20年来のベジタリアン、且つ捕鯨反対派だった。だからと言って、菜食主義になった理由は、動物愛護や宗教上の理由でもなく、ただ、
「当時のフラットメートが菜食主義だったから。」
という、簡単且つ明確(らしい)。そんなに簡単に方向を変えたには、その相手は女か?と踏んでいるが・・・(笑)。

 悲しいかな、年を取ってきてからは旦那、太ってはいないものの、どうやら血中コレステロールの問題が浮上。たんぱく質摂取に、これ以上乳製品は頼れない模様。その上、ケーブルテレビで始まった、料理・食材の24時間専門チャンネルに心奪われ、
「人生残り少ないのに、食べるものが限られてるのは空しい。」
と、これまたいとも簡単に、20年の菜食主義を返上。
おかげで食事の支度も外食も、悩まず済むようになったのはいいけれど、日本からの土産や救援物資(笑)の、私の食い扶持が減ったことが悔やまれる・・・。
旦那よ、せめて魚は食べないってのはどう?『サカナ命』の私がその分食べるから(笑)。

 
ただでさえ、議論好きの西洋人、いや旦那(←日本人、そうは育ってないので疲れます)。結婚した当初は、何かとよく議論したものです。会話じゃなくて議論(笑)。

特に海産国日本vs菜食主義者、突然夕食時の話題が、
「どうして鯨を取るのだっ!!」
だったりして驚きまくったもの。なんでそんな話をこんな時に・・・(苦笑)、ってことはよくありました。でも、そこは生来の負けず嫌い(笑)、いかに日本は、皮からひげから、骨まで無駄にしてないかをとくと説明。そして、西洋人は、魚を取ってはただ切り身だけにして、他は全部捨てるじゃないか!それは無駄に殺してないのか?!撃ち殺すだけのスポーツ、狩猟はいいのか?と、侃々諤々、口角泡を飛ばしたものです・・・(遠い目)

え?最近?静かなもんです。年かしらねぇ~(苦笑)?

一緒に暮らしてもうすぐ4年。
日本人の友人がやってきて魚ぱーちーなんぞ開いても、刺身、あら煮、おすまし、おろした骨はカリカリに焼いて骨せんべいに、などと全く無駄なく食べつくすのをみて、旦那も少し考えを変えたのかしら・・・?

そして先日。学校から帰ってきた旦那。
「今日さ、エッセーの時間に自由テーマで書かせたんだよ、生徒に。そしたらさ、『捕鯨には反対です。』って書いてきたヤツがいてさ。」

ふむふむ、それはアンタと一緒だね。NZは、首相含めて捕鯨反対派多いしね。で、どしたの?
 
「理由を聞いたらさ、『鯨は可愛いから食べちゃダメ。』っていうんだ。だから、『じゃ、子羊は可愛くないのか?食べるよな。』って聞いたんだ。そしたら、『・・・センセ、それは考えたことなかったわ。』って、感心して帰ったぞ。ありゃウチ行って親に話すな、うん。」
と、自信満々・・・。オイオイ。
相手はたかが15歳の生徒。いたいけな子供相手に、ったく大人気ない。

ってかいや待て、それは私らの意見だっ。特許料払えっ(←もっと大人気ない)。

しかし旦那よ。・・・チミ、いとも簡単に意見変えすぎだろうよ?どよ?

 Banner_01_111
←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
旦那がそんなことをガッコで言ったばっかりに、「日本人の嫁の影響ざますわっ!」と、PTAで問題になりそうだな・・・。大体旦那は食ったことないしな、美味いのに(←私の主張に変わりなし)。
いっそ、友人きなこさん宅あのポスターを貼ってガッコへ行かせようかしら?ええ、もうこうなりゃ、『来るなら来いっ!』ざますわ。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

正しい暇の過ごし方

先日、フェリーに乗って友人宅へ里子に出たピンクのパンツ

Photo_133 そう、アレ

ばっちり決めた勝負パンツで、王子のかどわかしにも成功(^_^)v。
1人の男を巡って、ピカソ2号と火花を散らしてる模様のアイツ。

まるで秀吉を巡る北の政所と淀の争い・・・(←大河の見すぎ)
※この場合、猫もうさぎも、ぷくちんの世継は産めませんが・・・。

さて、次は誰をかどわかすか、と、
Usa 2人は白パンツ。

姉妹も作ってみたけど、まだ嫁ぎ先は決まらず。

さすがに編みぐるみは飽きてきた今日この頃。毛糸はまだ山盛り(汗)。
そう言えば、最近お菓子を焼いてないわねぇ。
レシピのアップもしてないわぁ、キッチン超寒かったし、冬場・・・。

さて、春っぽくなったし、今日は何か焼いちゃおっかしらぁ~?

・・・はっ!!思い出しましたっ。

近所の知人に、スキーに行く2・3日前、秤を貸したままだったわ。

「ありがとっ、助かった!明日返すからっっ!」
と、言われたけど・・・。旦那にも留守中の言付けしといたけど・・・。

先週末、2週間日本に帰っちゃったそうよっ(怒)?!

明日ぁ~ゆうたやないけっ!今すぐ持ってこんかい!!
トイチで利息付けっぞ、おら(←利息ぅ?秤ですけど)

と、暇を潰すのに困ってしまったこんな日。いかがお過ごしですか?

日本は台風が接近中とやら。
あら、そっちも雨なの、お揃いねっ、うふっ♡(←壊れてますな、私)


ネコ達も静かに昼寝中・・・かと思いきや、コイツラも暇らしい。

こんな光景がベッドで繰り広げられてました(←猫アレルギーのベッドっ)

Photo_130

寝る気満々のピカソ。足もすっかり畳み込んで香箱を組んでる(←素敵な日本語ざます。不明なヒトはリンクをクリック。香箱猫がたっくさん出てきます)

かたやハナ。・・・・説明不要のひまひま大魔王。

Photo_131
徹底的に無視を決め込むピカソ。

超しつこいハナ(←負けず嫌いは誰に似たのやら・・・)


あまりにも面白くって、写真撮ってたら、

Photo_132

ピカソに怒られました・・・(汗)。


Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。とても励みになります。
暇だから料理に精を出そうかと思っても、秤ないしなぁ~(←言い訳?)。目新しいものも、手の込んだものも作れないわぁ~(←ってか、そんなん作ったことあるのかっ、私?!)


ところで、いつも、編みぐるみを里子に出す時には写真に撮っておくのだけど、忘れてた今回。つい出かけるフェリーの中でカバンからおもむろに取り出し、パチッ・・・。ハイ、周りの目線がとても痛かったです・・・(汗)。
教訓:出かけるときは忘れずに(←あれ?どっかで聞いたことがある・・・)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

ららら~♪な日本語Vol.7

♪ちゃりらりら~ん ららら~ん♪

そんな気分だった昨日の日本語、なぜかって~とね・・・、授業が少しだけ楽だったのよ~。ウザいのもまた来なかったしぃ~。って、こんなことで喜んでいちゃいかんのだけど、先週のグッタリ具合に比べたら、そりゃもう月とスッポン、五十歩百歩(←ん?これじゃぁそんなに違わないか・・・)

それに、今までの家庭科室での授業とは違い、今回から日本語の教室で授業となったわ(←最初っからそうしろよ)。でもここ、まるで小学生の教室みたいに、壁と言う壁全部に張り紙だらけ。ひらがな、カタカナの一覧だけではなく、何の因果か(苦笑)ガキども生徒が描いた日本のアニメの塗り絵、そしてポスター、雑誌(主にアニメ物・・・)の表紙がベタベタ。それに日本のお土産と思われるペナントや、なんとっ!阪神タイガースの旗までも貼ってある。もうとにかくゴッチャゴチャ・・・。参考までにここ、ハイスクールの教室ですの、ハイ。
でも、KIWIの教室ってどこを見回してもこんなもんな様子・・・ガキ臭すぎっ!いいのか、それで?

 ま、恒例日本語クラスも既に7回目、折り返し。先タームはこれで終わりだったけど、なぜか14回もある今回。長っ!同じ7回が毎度なら楽なのに・・・(←怠慢)。

あ、始める前にご連絡ざます。来週18日の後、スクールホリデーのため授業は2週休みですのよ。よろぴく(←死語?)


さて、第7回の出欠ですが・・・。

もう最初の鼻歌でお気づきでしょうか?『ゲラ男』JAさんがまた休み!(←思った通り)ああ、これでうるさくチャチャを入れるヤツがいないわぁ~、と思う半面、今週こそ、ビシィッ!と、『貴様ぁ、文句は一人前にカナを覚えてから言いやがれ!』と、イッパツ言ってやる!ぜぇぜぇ・・・と、息巻いてたのに、アタシ。で、また次回来たら、ヤツ文句言うんだろな・・・。

男性陣: ジョンじいさん、そして顔もキャラも濃いRAさん+万年初級のウチの旦那。

女性陣: 『出来のいい中華美人』SHさん、『ブロンド美人』キャリンさん。そして休んだり来たりが妙に不定期の、こちらも中国人『ビビアン』さん。

先週から『休みます宣言』をしてた、日本出張中、怪しいナイトクラブでボッタくられてないかの『いいえこえ』マークさんと、『かんふー』PHさん以外に、・・・ん?おおぉ~~っ!『サンタクロース疑惑』VIさんが来てないっ・・・年末前に煙突掃除かしら。ってか、こっち12月は真夏ですが。

今回は6人ぽっち。いつもに比べると教室が閑散・・・。いやいや、惑わされちゃいかん、私。6人のやりやすさを忘れてました、正直。さすがに超スーパー初級のクラスで、10人を越えて1人だけだと、端々見られない分大変でねぇ・・・。ふぅ・・・。

つくづく、本職の先生方のご苦労、お察ししますです。


ささ、じゃぁ本題にはいりませふ。

先週延ばしておいた、カナ練習、今度はカタカナから始めましょ。

「『すし』はひらがな。『サンドイッチ』はカタカナ。」
「『しょうゆ』『みそ』はひらがな。『ソース』『マヨネーズ』はカタカナ。」
と、カタカナは、外来語、そして擬音語に多く使われる文字です、と説明をしてからア行、カ行、サ行を練習。以前に音の説明はしてあるので、ひらがなより早足に進めることに。

すると、早速RAさんが口を開く。

「HANSHINはカタカナなの?」

え?それはどっから出てきたのかしら・・・?なんのHANSHIN??

「だからぁ、HANSHINは・・・どっちよ?」 
・・・キョロキョロ見回してみると、あ”~~っ、阪神タイガースっ!
Goods_pc3
はい、これざます、教室にあったの・・・。

「阪神ってのは日本の電車会社名です。本来は漢字。でも皆さんが書くならひらがな。で、タイガースはカタカナです。」
って、関係ないしっ!言ってる自分が空しい・・・グシッ(涙)。

そしてカナ練習を終え、本題へ。

先週の終わりに駆け足で進めてしまった電話練習。

1) アンジェリーナに電話をしたら、あらブラッド。いまアンジェリーナいる?
2) ワタシがせっかくアンジェリーナに電話をしたのに、彼女ったら留守なんだからぁ~(笑)、またかけるわ、って言っといてねん♪

っていうシーンの復習と

3) あらやだ。アンジェリーナにかけたつもりが、この声は・・・ジェニファー。怒らりちゃった。

っていうシーン。有り得ないのは1億くらい承知、いいのいいの、練習練習。

で、取り出だし足るのは例の・・・。
Photo_122そう、あの悪趣味セット。

人数が少ない分、今日はみんなに練習をしてもらえますな、と、各々にこのビンボ臭い(笑)受話器を渡し、ロールプレイ。

こちらの電話ってば、仕事場でだろが、個人宅だろが、かけても誰のうちだかの確認はせず、まず名乗らず=聞かれもしない。そして間違えちゃっても滅多にわびられたこともなす。相手が間違えてきたくせに、『あんた誰よ!』とか、『信じられないっ!』って怒られることもしょっちゅう。で、ブチッって切られる・・・きぃ~~っ、信じられへんのはこっちよっ!

なので、『失礼します』とか、『間違えました』とか、の挨拶をするのがマナーっていう、初歩の初歩か、と思われることを、へぇ~っ、ほぉ~っ、と感心する学習者・・・。こんなのがイブンカらしい。

電話練習をした後は、え~っと・・・お嫌でしょうがずっと吹っ飛ばしていた、『覚えてもらわなきゃ困る』編でして・・・。いや~~っ、って言わない、こら。

今回はカレンダーが主。まずは月、日、曜日。それから先月/今月/来月、先週/今週/来週、そして去年/今年/来年を入れていく。で、こればかりは復習、暗記あるのみ。
読むべし読むべし、読むべし。覚えろ~、覚えるんだジョー。

だって、これしとかないと今後、動詞の活用にいけないのよ、ほら過去形とか出てくるからね・・・。

でも何か楽しくないといけないのが私の授業(←自己満足率高し)。で日付を覚えてもらったら、日本は英語と違い、月が先、日付が後ってのに注意した上で、
「ハイ、では皆さん。アナタの誕生日はいつですか?」
と、順番に言ってってもらい、それを聞き取る練習よ。おっけ?

5月5日、1月27日・・・だの並び、最後はジョンじいさん。
「タンジョービはぁ~、9がつ4かです。」
ん?先週の月曜じゃん?いや~ん、こないだゆってくれたら、今日なんぞお祝い持ってきたのにぃ。すると、硬派じいさんが、
「んなもんいらん。祝ってもらっても嬉しゅうないっ!」 キッパリ。
・・・分からんでもないわ。物は貰っても年はいらないわねぇ・・・でもお断りも受け取り拒否も出来ないし。

じいさん、来週何かお祝いしてやるわ、覚えてらっさい・・・(←なぜ不敵?)。


Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。励みになってます。
今回はペアの練習と覚えることで終わったのよ、クラス。ってか、これがフトゥ~(←普通)な、いや普通だったはずなのに、何故かメチャクチャな今ターム。SATOのクラス、こんな普通じゃ詰まんない、そんなはずがないわっ、って方もクリックしていただけるとありがたいっす(笑)。

あ、帰りがけのVIさんの『今日のひと言』がない代わりに、ジョンじいさんが「オレはこれだけは間違えずに言えるんだぞ!」と自信満々のひと言。『お休みなさい。』って、あらホントにお上手ぅ・・・ってオイっ、帰りかよっ!じいさんや、授業中、是非もっと励んでいただきたいっ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

おまけ~NZ狭すぎっ~

 1日サボっちゃった分、二つ書いちゃえっ(笑)!って訳ではなくて、さっき書けなかった分をもう1つ。

 先の記事でお伝えした、スキー。

 Imap_bg
こんな北島真ん中以南にある、トンガリロ国立公園内のルアペフ山まで、距離にしてざっと360km。
山の麓や、スキー場近くの宿は全て満員だったそうで、やっと取れた(正しくは取ってくれた)宿はファカパパビレッジ、と呼ばれる山の麓の集落内のロッジ。スキー場までは約20分。

今年は15年ぶりの寒い冬だったそう。
今年は数度、大雪で閉鎖された国道だけど、普段はそんなに雪深くはないから、日本のように『スキーにはチェーンが必需品!』なんてことなす。オークランドから雪なんて目にすることも全くなく、スキー場着。

そして宿。ま、大した豪華ホテル自体があまりないNZ(苦笑)。ましてや山登り&スキー目当てが多い国立公園内には、ロッジやモーテルなども沢山。値段もピンきり。今回泊まったところは、NZの宿にはよくあるような、共同キッチンが付いていてそこは使いたい放題。コーヒー、お茶は無料、食料持ってって、自炊もおっけ。近所の店で食べるもよし、少し足を伸ばして(っていっても山間部を抜けて山の裏っ側だけど)、スキーヤー、ボーダーが集う町で食事&SPAもよし。

ってな訳で、結構スキー場も宿も混んでた週末。悪天候でずぶ濡れになった翌日の日曜、朝起きたらまた天気もよくなかったから、キッパリ滑るのを諦めて、あちこちダラダラと、また寄り道しながら約400km帰って来ました。

ほいで、ウチの近所まで戻って(←家の前を通過・・・ワタシ、帰宅拒否?笑)、その友人と夕飯を取ることに。ひょいっと入った地元のレストラン。

と、そのレストランの前を通る覚えのある顔・・・。

その後、店に入ってきて、隣りに座ったそのカップルは・・・。

400km彼方のスキー場。その宿で、昨日の朝、キッチンで顔を合わせて、『Good morning』と声をかけたドイツ人夫婦に間違いない・・・。え?この町の住民?じゃぁまたどっかで会うのかしらねぇ~。

向こうも気付いたのか、チラチラ見てる。きっと同じことを喋ってるんだろな・・・ドイツ語だけど、『ヤー』っての以外サッパリわかんないけど・・・。

結論。

NZったら、名実共に狭すぎっ、ちっちゃすぎですっ!
偶然会った人でもコレだから、日本人社会も超狭い。知人の知人がまた知人、なんてことはしょっちゅう・・・(←ん?これは分かったような分からないような・・・?)

Photo_129
いいえ、いくらNZでもそこまで狭くは・・・無いはずですよ、Pさん。

Banner_01_111←訪問、そして応援クリックありがとうございます。励みになってます。
しかしネコってのは、こんなに箱やら袋好きなんでしょうね・・・。おかげでどんなカバンにも、どんな荷物にもネコの毛が・・・。
コロコロしなきゃっ、コロコロ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山はしろがね・・・

 あぢぃあぢぃとお嘆きのアナタ、そして北半球、残暑に耐える皆様っ!

 こんなものはいかがでしょうか?

Photo_18涼しい?

ってか寒かったんですけど、ワタシ!

あ、これはオークランドから車で軽く4時間程南下した場所。

週末、友達とスキーに出かけてきちゃいました。

え?旦那?当然留守番です(←正しい鬼嫁像)。

SATO、こう見えても(←どうよ?)昔、映画『ワタシをスキーに連れてって』がブームのバブル時代、それを観てドラマのような世界にとっぷり浸った当時付き合ってた男に、よくスキーに連れてかれた口(←今回も連れてってもらってます)。あ、私はその映画は興味が無かったので観てませんけどね(キッパリ)。 ※映画を知らないヒトは、お母さんに聞いてね。
幸い、SATOの出身、名古屋辺りからは、滋賀、岐阜、長野、足を伸ばせば新潟までも射程(?)距離、とスキー場へは便利、バスツアーでも出かけました。でも、少し上手くなった頃にシーズンが終わる、という万年『中級の下、もしくは初級の上』レベル。上達せず。

そして最後にスキーをしたのは5年前・・・。

目標、転ばない。以上。

かたや友人は、スノボ宣言。ただしスノボは3年ぶり2回目らしい。
「私は、ゲレンデに着いたらスノボ教室に2時間入るから、一人で滑っててね。」
という、超初心者、そして個人主義(笑)。

2人ともがゲレンデでは『お一人様行動』、そして『腹が減った頃に集合』という、抽象的、動物的、かつ個人的な2人・・・。いいのか、それで?

ってか、楽しかったんですけどね、これが・・・(笑)。変かしら?


朝オークランドを出て南下。トンネルも高速もなす、くねくねの国道のみ。

目的地は、トンガリロ国立公園の中。どこか、って~と・・・。

Imap_bg遠っ!

もう少しで、北島の端っこではなくて?って思うと、NZちっちゃっ!

でもあっちで朝ご飯、こっちでランチ、そしてお茶は・・・などと寄り道をしながら、まるで全食事つきツアーバスのように、食うわ食うわの一日。重い胃袋を引きずりながら(笑)、やっと目的の宿にたどり着いた頃は、とっぷり日暮れ。


↓こんな感じ。
Nz
緑も濃くて、麓の景色は春。
ヒツジも牛も時間制限なし、草食べ放題。太るわよっ!ってかそれが人生、いやヒツジ生。


ここまで来ればスキー場はすぐそこ、一番右の山の斜面。20分彼方。
目指すは、ルアペフ山(一番右)、NZ最大のスキー場『Mt. Ruapehu』。

綺麗な夕焼けだねぇ・・・明日は晴れるかなぁ、などとオンナ2人、翌日を楽しみに大人しく寝ました(←あれだけ、夕焼け天気予報は当てにならない、と自分で書いておきながら・・・)。
しかし、余りに何もない国立公園内の集落。みんな目的はスキー&スノボなので、早寝早起き、品行方正間違いなす。


そして翌日。さぁ~~っ、遊ぶわよぉ~っ、といざゲレンデへ!

初心者クラスの友人を平ぺったいコースでお教室。
昔取ったキネヅカ、『初心者の上』のSATOは上を目指すとするか・・・。

ってか、
Photo_128 視界ゼロ
やはりウチに置いてきた旦那の祟りでしょうな・・・。

コースの外は雲の中・・・、全く見えやしません。よって国立公園内、転落&遭難注意。そして、ただ山のど真ん中を登り続ける長々としたリフトで、山腹に着くまでの間にスノーマン化。

そしてその後、♪雪はお昼過ぎにぃ~ 雨へと変わるだろ ウォウォウォ~♪と、雨に変わりやがりました・・・止む気配なす、どころか強くなってきた・・・。
そう、リフトに乗るだけで水、滴りまくり。自前の撥水加工のジャケット、手袋をはじめ、レンタルした雪用のパンツ、そして中のシャツ、下着までもがずぶ濡れ・・・。風邪引きかけたっちゅうねん!!

ここで一句

絞れども絞れども 水浸し楽にならざり じっと手を見る


さびがったなぁ・・・。

Banner_01_111←いつも応援クリックありがとうございます。とても励みになります。

「ああ、スキー場では出会いはなかったわ~。」と運転しながら帰路、残念そうな友人・・・。えっ!個人行動を好んだのは、もしやそんな理由なのか・・・(笑)?ま、一緒に行っても一緒に滑る訳ではないし、ネコ型としては気楽でしたわよ。え?そんなスキー、スノボは私らだけなの?そなの?
戻れば下界(笑)はすっかり春。なのに、冷え切った身体も心も、そして懐も寒々・・・おまけに雪山で止めを刺した、筋肉痛でよれよれのアホな私に慰めと哀れみのクリックを!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

ピカソの秘密

 日本で、好むと好まざるとに関わらず、ひょんなことがきっかけで、ネコを飼う羽目になった私。ネコ歴は日本で9年、NZで2年。
犬も好きだけど、飼ってるよしみか、猫グッズが増えてしまう。

溢れる猫のオモチャ、ケアグッズ。私用には猫マグ、置物、猫雑誌。
今の時代は、お気に入りの猫ブログもいくつかチェック・・・。

雑誌CREAは、毎年9月号は猫特集(犬は2月号)。これも欠かさず購入してた筋金入りマニア。←しかしこのCREA、毎年、映画、猫、犬、旅、化粧品、結婚、占い・・・と、同じテーマを一年中、毎年追求してる気がするのだけど・・・。これは目新しいんだか、新しくないんだか。ま、それに釣られて買う、私のようなマニアがいるのは確か。

今回のこの雑誌、表紙はあの『はっちゃん』でした。かわええ。
すごいなぁ、さすがプロの写真、きれいだなぁ、と眺めることしばし。

『はっちゃん』のブログ、写真集(今やテレビ番組や映画もらしいですな?!)をご覧になった方はご存知でしょうが、よく、ネコの『中の人』と、オーナー、八二一さんのやりとりが面白い。

・・・はっ、ネコの『中の人』?!知ってるわよ、ウチにもいるもの。

ウチのなんて疑惑どころか、バレバレよっ。ね、ピカソ?

Photo_13 いや~ん。

中の人よ、よいではないか、よいではないか(←悪徳御奉行気分)。

秘密を1つばらしたって、減るものでもなしぞ。NZまで取材も来るはずがない。大体、ウチはネコブログじゃないのだよ、ちっぽけなオセアニアのただの一ブログ。でもたまにはPちゃんの姿を見たいという奇特な方もいらっさるのよ。そんなありがたい希望にお応えするのが筋ってものではなくて?

ほれ、ネタ切れの(←本音)お母ちゃんを助けると思ってさ、ね?

と、カメラを向けただけで、中の人、マジで悪い予感がするのか、真剣に嫌がり、顔を背ける(←パパラッチか、私は?!)。そんなピカソをクリッとひっくり返してみると(↓手も写っちゃいました・・・恥)

Photo_14 写真下手。
初公開!ピカソの『中の人』用、ジッパー。

この白い毛並みの筋は、鉢割れの顔部分、そして鼻の頭から真下に伸び、ずっとまっすぐまっすぐお腹を突っ切ってます・・・。よく出来たジッパーだこと、大きいから脱ぎやすそうね、中の人?

そう、これはウルトラマンの背中のごとく、お腹に何気に存在(笑)。ってか、ウルトラマンのそれもバレバレ・・・。
これじゃよく分からないわよっ!て方は、是非我が家で直に確認を。

写真の撮り直しは、次回いいカメラを買うまで、もしくは中の人が機嫌を直すまで、どうかお待ち下さいませ(←っていつだよ?)

Banner_01_111←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
ネコブログに出来ない理由。まずデジカメの立ち上がりが超遅いっ。そして、性能は良くても腕が・・・。ね?でも、猫を眺めて満足な私、ネコではネタ絶対続かないな。

あの猫見知りも人見知りもしない、堂々としたはっちゃんに会いたいわ~。でも9000km彼方ではかなわぬ夢・・・(悲)。ピカソや、はっちゃんみたいになっておくれでないかい?そして、いつか・・・ふっふっふ(ニヤリ) ←野望、即ち無謀。

| | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

春はゴロゴロ

 先週末から妙に春っぽくなってきたこちらNZ。

 先日は、暖かくなったのを良いことに友人と、
Photo_124

海岸にあるパブ。中からはKIWIの集団が、テレビでラグビー観戦中。
歓声をBGMに、こんなテラス席で、午後からビールなんぞ飲んでました。

そして・・・。

_1018 アホや私ら。

海以上の『のたりのたり』は、私達だったよう。いや、『のらりくらり』?
道理で急に(←急に?!)寒くなった訳だわよ。そりゃ酔いも覚めるさ・・・ね(恥)。

 も1つ春を感じさせるのが、暖かくなった途端に登場する『蛾』。既に何匹か、ガラスに張り付いてた昨夜。ああ、夏が思いやられる・・・。

 こちらNZ、とにかく大小問わず蛾が多い。聞くところによると、蝶の種類が少ないので、蛾が花の受粉を助けてるとか・・・。そのため、NZ固有の花には夜、暗くても花が見つけられやすいように、白や黄色の花が多いそう。←聞きかじり。生物的にももっともらしいいでしょ?

ってか、鳥天国、そして蛾大国NZ。
実はどっちもとても嫌いな私、・・・もしや住む資格なす?

 さて、日差しや気温が暖かくなると困るのは、ペットの抜け毛。

ペットとお暮らしの皆さん、どうしてます?

我が家は、こっちじゃとってもお高いダ○ソンの掃除機がどうしても欲しい、と駄々を言う旦那を、大きなペットでもなきゃ、立派な部屋でもないだろ(←そんな立派な稼ぎでもn・・・自粛)、と説き伏せ、もっぱら地味ぃ~に・・・・・・。

友人に送ってもらったコロコロテープで、

Photo_123 ネコごとお掃除。

抜け毛処理とお掃除が一気に片付くこれ。感謝感謝!

前に日本で飼ってたネコも、このコロコロが大好きでした(←やりすぎて、一度尻尾にハゲ作っちゃいましたが)。なんとピカソもハナもお気に入りに・・・。なんでやねん?『コロコロでゴロゴロ』(←どこぞの安っぽい商品名みたいね)
のど鳴らしまくってますよ。変なネコ等・・・。

虐待には当たらないよね?ホラ彼らのお気に入りだし・・・。(←言い訳)

Banner_01_111←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
ネコ2匹も、そして私も、春はゴロゴロ・・・。ってか、オイ、私ら3匹(私も?匹?)のゴロゴロはいつもの事だろがっ?!という、旦那の声にならない叫びが聞こえてきそうです・・・なぁ、ネコよ(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

ユウシキシャカイギ

 昨日からどのチャンネルも、どこに行っても『おめでとうございます』お祝い一色なんだろうなぁ~、日本は。

 NZのニュースも含め、どうやら世界各国の注目はもちろんこれ。

「紀子さま男子ご出産、皇室41年ぶり」(2006年9月6日  読売新聞)

へぇ~・・・41年ぶりなんだ、男の子。確かにね。

じゃぁ~ウチの方が上手だわ。ウチの3姉妹とその子供達(姪ばかり、私にはネコしかおらず)、そしてその姪の子供までが見事に女ばかり(←事実)・・・。
お?そんな比較をするところではないのね、ここ。失礼致しました。

紀子様の御懐妊から久しく耳にしてなかった、女性・女系天皇を認めるべきか否かを問う、『皇室典範』改正案議論。昨日親王がお生まれになったことで、久しぶりにNHKのニュースにも復活。きっと当分据え置かれるだろうけど・・・。

え?SATO、今日は時事ニュースなのか?って・・・?違うのよ。

毎度、この、
「皇室典範改正問題で、『ユウシキシャカイギ』が開かれ・・・。」
なんていうニュースを耳にするたびに、私の頭の中の、ヘッポコ日本語変換ツール(?)が、毎度、『有志・記者会議』と思っちまいます・・・(恥)。即ち、ワタシ的には、
「へぇ~、新聞記者、メディアの記者の有志が集い、今後の日本のあり方を自由に語り合う、なんて民主主義な日本になったんだろう?!」
なんてね。勘違いの割にはもっともらしすぎるわ、ワタシったら・・・。

でも何かが違うような顔ぶれがいつもニュースに出てくる・・・。

ん?ある日気付いた、自分の間違い。広辞苑によれば、

ゆう-しき【有識】
① 故事典礼に明るいこと。また、その人。ものしり。
② 学問があり見識が高いこと。「-者」

ってことは・・・、
物知りの集まり・・・。つまり、シモジモには関係ない、頭のいいヒトだけで決めたげるのよ(←妄想?)ってことだったのね・・・。はいな、どうせシモジモの一員ですっ、ふんっ。

分かってても、私の脳内では、未だにメディア関係が集い続けてます・・・。

皆さん、聞き間違い、読み間違いってありません?
私、日・英問わずこんなのしょっちゅう・・・(恥)。


Banner_01_111←ささ、よってらっさいっ!縁起物クリックだよ、どしどしよろしく~っ。
ところで、「SATO、『有識者』ってのも知らんかったのか、アホ!」っていうお叱りのクリック、「SATO、相変わらず暇だな~」、っていうクリック、「なるほどねぇ、『有志記者(笑)』の方が確かに民主主義」、という賛同クリック、そして「SATO、疲れてるのよ、きっと・・・」、って方の同情クリックも、同時受付中ですのよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

日本語vol.6後半~電話編~

 皆様、昨日はSATOの血圧のご心配まで頂いて(笑)、ありがとうございます。
普段低血圧なので、もう乱高下するする、しまくりましたな・・・。

 さて、胃もたれするくらい内容の濃い授業だった第6回前半
遅くなりましたが、名実共に重い腰持ち上げて、コテコテの後半へ参りましょ。


 回を重ね、6回ともなると、ある程度、人となりも分かってくる。気心も知れてくると、尋ねずとも、私的なことを少しずつ話題に上らせてくるようになってきた昨今。でも、まだ旦那がこのクラスに(それも2度目)いることは、ばれてない今ターム。

ジョン爺さんの息子が、日本人の奥さんと四国で結婚式をした、とか、日本語話してビックリさせたいのに、生憎ロンドンに住んでいるので、電話をかけるほど上達してない、会話を上達させるにも相手がいない、と悩んでる。←エクスチェンジ募集中。

『かんふー』PHさんは、今年の12月から日本に住むことに決まってて、どうやらその赴任先が、和歌山県だ、ということとか・・・(←和歌山の皆様、彼女をよろしくお願いします、ってか、あらま本名言ってないわね)

可愛いSHさんは、大学生。RAさんはグラフィックデザイナーなどなど。
折があれば、各々の『日本語のきっかけ』を聞いてみたい。

「道の尋ね方は必須科目。TOKIOで迷ってはえらいこっちゃ。」
と、真剣そのものなのはマークさん。
彼は真面目で、的を得た質問も多いし、自習に励む。なんせ、彼はクラス初、辞書を買った男!!(←なんでこんなことで驚いてるのでしょう・・・)

さてさて、今回、意外な面を見せたのはRAさん。先週の授業、しっかり復習してらしいきた彼。そして、どうやらRAさんの出身国では、KIWIと違って文法の説明を受けたのか、VIさんに散々説明してる間、余裕の薄笑い。いつものキョドった様子はなす。

そのRAさんが挙手。なになに?と構えてしまう、私・・・。

「そのテキスト、NZで買える?」
おおぉぉ~~っ、なんと新鮮な響きっ!かんど~っ!
ほら、KIWIには辞書とかテキストを買う、という観念がないから・・・。

・・・でもね、これ買えませんっ。ごめんよ。


さ、先に進めてもいいかしら。

場所の尋ね方(どこですか?)、ここ、そこ・・・が分かっても、道順が分からなくちゃたどり着けない。

そこで、練習したのが、ペアになって、

Q:「○○はどこですか?」

A:「まっすぐ行って みぎです。」
  「まっすぐ行って ひだりです。」
  「まっすぐ行って 突き当たりです。」

を、絵地図や建物内の見取り図を指して練習。回答全文分からなくても、必要なところを聞き取れれば充分。それだけが私の望み。

大きな絵地図を改めて取り出し、希望者から練習。みんな活発。

「トイレはどこですか?」 はい、おっけ。
「トイレは、あそこです。」 はい、これもおっけ。
「トイレは まっすぐ行ってみぎです。」 おっけおっけ。

「リフトはどこですか?」 惜しいッ!
・・・日本ではエレベーターと言います。NZ流に『リフト』では通じません。
「いいよ、ボク階段使うから・・・。」 ああ、勝手に使うがいいわ。ふん。 

あのさ、日本の建物の高さ、NZとは比べ物になりませんぜ。大体NZ全体で、神戸か横浜か、ってくらいの人口なんだからさ、ほれ・・・。


そこに、来週は念願の日本、ゴーン似マークさんが張り切って挙手。
はい、どうぞ。

「すみません。ナイトクラブはどこですか?」
↑もちろん、そんなもん手元の地図にはありゃしません。

そのキャラからは思いもかけない言葉が、それも真顔で飛び出したので、一同ビックリっ!そして大笑いっ。
「ナイトクラブのことならJAさんに聞けば一番だ!」
「オレは日本のは知らんぞ!こっちに日本人の友達がいるだけだ。」
「じゃ~、キャリンがいいだろ!彼女なら知ってる。」
「ジョンは・・・知らないだろな。」

みんなワイワイがやがや言いたい放題。でも、あくまでも真顔なマークさん(←もしやそう見えるだけの顔?)。そんな真顔で、旅先、羽目を外す気か(笑)?


ああ、授業進めたいぃ~。

遠い、近い、歩いて、バスで、などの単語、そしてかかる時間などの聞き取り練習をした後、先進めるか、もう少し練習するか、と聞けば、このクラス、各々が、分かっていようがいまいが、どんどん先に進みたがる(←そして、毎度質問を繰り返したりもするのだが・・・。な、旦那よ?)

確かに活発なのはいいのだろうけど・・・。

じゃ~、先行くわっ。泣いても知らないからねっ!

と、取り出だしたのは、こんな手作りキット。

Photo_122 悪趣味ですな(きっぱり)。

この世紀の大カップルがらみなら、みんなが知ってるだろう、と思って作った教材。しかしここで、一抹の不安どおりのヒトが、予想通りの質問・・・。

「誰それ?」
と、RAさん。やっぱ、ブラッド・ピットと、アンジェリーナ・ジョリーを知らなかったか。じゃ、元妻ジェニファー・アニストンは・・・、お話にならずの知名度@RAさん。

設定は、私が電話をかけ、出たブラッド・ピットに(笑)取り次いでもらう、もしくは、ジェニファー・アニストン宅に間違えてかけちゃった私が謝る、と言う場面なのよ。

え~~っ、有り得ない~ってのは100も承知、おだまりっ(笑)!

じゃ、行くわよ。日本語で電話の決まり文句はこれ。

「もしもし。」

すると、
「もしもし、の丁寧な言い方は何ていうの?」

だからぁ~・・・。これは決まり文句、丁寧なんてのナス。聞けっ!
丁寧に、だからと『お』をつけて、『お』もしもし、ってのも当然×よ。

「もしもし、ピットさんですか?」

といえば、事実婚、別姓ありのNZ、そして夫婦別姓の中国から、
「ピットさんとジョリーさん、別の苗字なのになぜ『ピットさん』なのだ?」
との質問。世帯主、というのも日本特有なのか、腑に落ちてない。

・・・ああ、進まない。

じゃ、ペアで練習したいヒトぉ~?!

と聞けば、率先して手が上がったのは、またマークさん。
紙の受話器を持って、さあ開始。
と思いきや・・・あら?教室の外に行っちゃいました。

待つことしばし。

どうやら、彼の携帯に本当の入電だったよう。
↑紙のオモチャ持ってなに遊んでるんだ?と真剣に思った私はかなり天然。それとも疲れてるのかしら?

2時間の質疑応答は、まるで尋問のように大変でした・・・。もうやらないわっ!

Banner_01_111←本当に多くのクリック、ありがとうございます。とても励みになってます。
カルロス・ゴーン似のマークさん。実は地質学の専門家。このたび、その道(←どの道?)の学会出席のため、日本に3週間の出張が決まったのだそう。出発は9日の土曜。もしも、キョロキョロ途方に暮れている、カルロス・ゴーンのそっくりさんを見かけたら、『マークさん?』と、優しく声をかけてあげて下さいな。ナイトクラブに出没の可能性あり(笑)。

そして、今日のVIさん・・・。
授業の後、いつものようにやってきました。「質問があるんだけど。」ホラ来た、今日は何かしら(ワクワク)?「チムニーって、日本語でなんて~の?」と、逆パターン。え~っと、アナタ、『煙突』って単語、どこで使うのっ?!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

日本語vol.6前半~かなを守れ!

まずは番組(番組?)前のCMから・・・。

羊の国のラブラドール絵日記書籍化決定!!

ゆうさんったら素敵。ご近所の誇り、友人の誇りだわ、奥さん。
ささっ。そうと決まったらゆうさんのジャーマネ(←いつから?)、コアラ師匠の大好物のシュークリームをたんと貢いでおこうかしらん♪(←何をたくらむ、SATO?)ってか、うちはネコ飼い・・・。

さて、本題。

第6回の日本語クラスは、いつもどおり月曜、昨日の夜でした。
毎週悪天候の月曜の夜の割には、いよいよ春到来か?と思わせる、風のない穏やかな夜。ただし薄曇・・・。

そして、つい先週、『そろそろメンバーが定着してきた』と書いたばかりだったのに、今週月曜、思わぬ波乱も・・・。

やっぱりなぁ、とか、そうでなきゃ、と思われた方・・・はい、正解。


では今回、第6回の出欠は・・・。

男性陣: ジョンじいさん、『フトッパラ』VIさん、『いいえこえ』マークさん、そしていつもの、顔もキャラも濃いRAさん+万年初級のウチの旦那。
と、なんとっ!もう来ないと思っていた『ゲラ男』JAさんが登場っ!おいおい、3週連続で来てなかったけど、大丈夫か?ところで、風船ガムを膨らますのは止めろっ!!

女性陣: 『かんふー』PHさん、『出来のいい中華美人』SHさん。
そしてこちらにも波乱・・・。一週おきに参加の『ブロンド美人』キャリンさん。そして、過去2週間来なかったビビアンさんまで登場っ!!

そして、これは間違いなく『脱落』だろうな、のLAさんは、初回っきり。

ってことは、今週10人もいるわよっ!第2回以来の、この出席者。
でも、そのうちの、
・ 6回完璧出席、ジョンさん、VIさん、マークさん、RAさん、PHさん、SHさん。
・ かたや、半分しか来てないビビアンさんとJAさん・・・。

来てくれるだけありがたいけど、しかし、無理があるかと・・・。
そう、これが幕開け。
なぜなら、先週まででひらがな50音は終了したこのクラス。
「今日は板書にローマ字での追記をできるだけしない。みんなが聞き取って、書き取る努力をしてくれるように。」
SATO、カタカナ学習を一回休みにして、チャレンジするのよ、と岩のような決意で出勤。これは、即ち『カタカナ練習に進まない=2時間まるまる使って、授業&練習&質疑応答予定』と決めてきちゃった今回。

正直、自殺行為でした・・・。

だって、始まって5分も経たないうちに、授業の半分しか来ておらず、ひらがな全然分かんないままのビビアンさんとJAさんが、
「下にアルファベット書いてよ。でなきゃ分かんないじゃん。」
態度Lサイズで文句主張。・・・いや、他の人は一生懸命、ひらがな読んでたり、かなでメモを取ってたりしてますけど?来てないのはアナタ達。休みの多いキャリンさんだって、かなチャートみながら書き取ってますぜ。

と、思いきや、まともに来ない癖に茶化してばかりの『ゲラ男』JAさんが爆弾発言。

「大体、かなって、俺等覚えなきゃいけないの?別にいらなくね?だって、誰かに『あれ、なんて読むの?』って言えば、日本人、教えてくれるぜ~。」


え~っと・・・コホン。
貴様、ふざけるな!日本人を舐めるな、オラッ!

そんな他力本願なヤツは授業に来るなっ!(心の叫び)

郷に入らば郷に従え。日本に行けば日本語で話せ。出来なくてもいい、たくましく育って欲しい(←ちょっと違う)。いや、少なくとも努力はして欲しい。

英語を勉強するにはABCから習うのに、なぜ日本語の勉強するのに、そんなにかなを嫌がるのだっ?(←実際、こういうヒトとても多いんです。)

・・・しかし、先に進まないからしょうがない。今日ンとこは書いてやるが、次回からは覚悟しとけよっ!ってか、次回からまた休んだりするんだよなぁ・・・。

と、もう出だしからツマヅキを覚えた私。ここまででたった5分だよ・・・。

※ってことで、また今回も前・後半に分けさせて頂きます。ご了承下さいませ。


え~っと、じゃ(今度こそ)先に進めますっ。

「先週、最後に時間がゆっくりなかった分、道の尋ね方をもう一度、テキストに沿って説明します。今日はカナ練習を削り、時間をたっぷり取りました。質問があればドシドシ聞いてください。」
と、前置きしてからさて、テキストに。

このテキスト、ローマ字で読み仮名をふってあり、イラストも充実してるので、課によっては使っているのだけど、なんせ、出てくる文に時々首を捻ることあり。

例えば、最初の例文、
「ぎんこうは ありますか。」
って、不自然ではなくて?と思うのは私。『どこ』ならともかく、突然、『ありますか?』と聞くか?聞くなら、『○○ぎんこうは ありますか?』なら、わからんでもないけど。
そして、
「ありますよ。」
と、習ってもないのに、突然『よ』が出てきたり、
「とおいですね。」
と、これまた習ってないのに『ね』も現れる。
返事も、前までの課では、『はい』しか出てきてないのに、『ええ』なんてのが・・・。ええ、って出てないじゃん?!

もうそれだけで彼らは混乱(←なら、これ使うなよ、私)

もちろん、手が上がる。

「『ね』ってのは何?」
「『YO』ってのは、YOYOと一緒?」←ラッパーではありません。ラジカセ不要。
「『ええ』と、『いいえ』は一緒に聞こえるけど。」←ぶっぶー。正反対。
「『ハイ』ってのは『はい』のハイ?それとも『ハイ』のハイ?」←訳分からん。よく聞きゃ、日本語の『はい』か、英語の『HI』か、ってことらしい。ってか、日本語の授業中だしっ!

どこまで真剣なのか、どこまでふざけてるのか分からないこんな質問の数々に、聞いてる私が混乱してきた・・・。いかんいかん。

VIさん、きょとーんとした顔で、何か言いたげ。どした?
「オラァよぉ(←このヒト、英語もこんな感じ)、区別付かん。」

ぎんこうは (えきの まえに) あります。

ぎんこう です。

の違いが分からない!と、真剣に悩んでる。えぇ~~っ?!

彼は、例えば英語で

There is  a bank in front of the station.

と、

The bank is in front of the station.

が、一緒だといって聞かない。だから日本語の、『あります』と、『~です』の違いが分からないという。 どうして分からないかが分からないわ、私・・・(号泣)。

NZ、自国の言葉、英語の文法を学校で全く勉強しないから・・・(AUSも、って聞いたけど本当?)。こらぁ~っ!国語の勉強させないって決めたやつ、誰だぁ?!

しょうがない。
説明して、説明して、何度も何度も説明して、周りはと~にフンフンと頷いてくれてるのに、やっぱVIさんだけは、きょとーん・・・。オイ旦那!アンタ英語の先生でしょ(←とばっちり)。アンタが英文法は説明してちょうだいっ!ふんっ。

と、旦那のせいにしておいて(笑)。←結局、VIさん、何語だろうが文法自体を理解してないので、説明しても全てを理解はしなかったんですけどね・・・。

そして会話文の練習。
読み合わせも一応出来ました(ローマ字ついてるし)

すると、『ゲラ男』、茶化し担当、JAさん。

Photo_121
「あのぉ~。このテキストに出てるこのヒト、見た感じすっげぇ真剣にヒトを探してるみたいだけど、なんでそんなに真剣に探してるんですかぁ~?」

カチンッ。きぃ~~っ、もうこの『ゲラ男』がっ!!

「きっと金でも貸したんでしょっ!で、今日が期限なの。これでおっけ!?」

・・・大人気ない答えだわ・・・。いいのか、これで?

ああ、いつものことだけど進まない・・・。


Banner_01_111←本当に多くのクリック、ありがとうございます。とても励みになってます。
勝手ながら、明日の予告です。
後半は、今週末から日本に出張、いよいよ実践?!真面目『カルロス・ゴーン』似のマークさんによる、爆弾発言。ゴシップ記事も使っちゃえ!の電話練習、そして、いつの間にか恒例になってしまった、『VIさんの今日のひと言』も健在よっ!おたのしみにぃ~。
いや~、マジ疲れました、昨日は・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

スイカなネコ

我が家にはネコ2匹。ピカソ(♂、現在2歳8ヶ月)と、ハナ(♀、11ヶ月)。

最近、SATO家では悩みが1つ・・・。
まずはその写真からご覧あれ。

Photo_118 スマート

アホ面ではあるけど(笑)、決してデブではないピカソ。ハナが来てから痩せたのはやはりストレスか?・・・母はその気持ちは分からんでもない(涙)。

そして問題はこちら。

Photo_119 ツチノコ?

まるで陸に上がったアザラシ、尻尾と耳付きのゴマちゃん・・・。
ちょっとっ!薄目開いてまっせ!

 ま、冬だし、ホレ脂肪を蓄えるのよ、動物は・・・。それに隣りのメスネコも、子供の頃はまん丸だったしねぇ・・・なんて暢気に構えてたけど、よく考えたらピカソは痩せてる。ハナだけまん丸は頂けないわぁ~。ってか、ピカソの餌は私のもの、私のものも私のもの、そして人のモノだって私のもの(←これはあげませんが)と、食べ過ぎ以外ナニモノでもない、日頃の努力(?)の賜物。

まさに、↑の写真は食いしん坊バンザイ!の寝姿かと・・・。

どうせこっちで獣医に相談したところで、
「多少はだいじょ~ぶよぉ~。問題なす。あははぁ~♪」
なんてことで終わりだろうし、食事も同時に出すので、餌を違えてみても、2人で(2人?)好みの方を食べてるし・・・の意味なす。

慌ててネットを調べてみたり、Amazon JPでこんな本を買ってみたり。

この本、「ねこのお医者さん」。
実際、超ネコ好きの獣医さんが書いた本。とても読みやすい。

その中で・・・あ、見つけた!肥満チェック。

① 肋骨の上に脂肪が付き、指で肋骨を感じられない。
② 後姿がすいか形に見える。
③ 顔と身体に肉がつきすぎ、首がない。
④ お腹がパンパンに張っている。または、つまめるほど脂肪がついている。
以上の中に1つでも当てはまるものがあれば、太りすぎ・・・。

だそうよ、ハナ!   ①と④の2つは硬いな・・・。

ぽっちゃりはしてるけど、この言い方は酷いわよねぇ。スイカだってよ。

どれどれ、おかあちゃんが見てやる。後ろ向いてみ。

・・・。

Photo_120
ああ、②も該当・・・。ご丁寧にシマシマまで入ってる始末。

ハナっ!明日からアタシと一緒にダイエットよっ!
手始めにジョギングと筋トレよっ!って無理だし。

痩せてるネコと、太ってるネコの多頭飼い。
どうやってダイエットをしたらいいでしょうか?

アイディア募集中です(涙)。

Banner_01_120 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
一応、ネットで調べてみると、ネコの肥満は、メス、避妊手術済み、高齢の順に高く、成長期末期にも太ることが多いそう。ネコの年齢は1歳で人間の17歳。確かに私も思春期後半、タンと食べたし、その分アホほど運動しようが、パッツパツに太ってたわねぇ~。じゃ、そのうちハナも多少は痩せるかな・・・などと暢気なアホ飼い主。あっ!!じゃ私が最近太ってきたのは、まさか『高齢』ってことなの?!ってか、アタシかよっ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

爆笑!昭和系パンドラの箱!

  昨日、開けてしまったパンドラの箱。溢れだした魑魅魍魎。

 そのうちに続編を、と放置するつもりだった旦那のCD棚探検(笑)ですが、あまりにも面白いものを見つけたので、好むと好まざるとに関わらず(笑)、ご報告させて頂きます。

 題して、
「異国情緒溢れるパンドラの箱~昭和の香り~。」

最初に申しますが、断じて私の棚からの発掘品ではございません。旦那=南ア出身、現在NZ在住、日本在住歴あり、現在NZの公立高校教師、主たる科目は英語(←注釈しつこい)、の棚から発掘されたものでございます。

 ヤツが、日本にいた頃に購入したと思われる日本語表記のCDからのご報告です。

バッハ、ベートーベン、などなどの日本語表記に混ざり・・・。

ん?

Photo_113 朝青龍?

『モンゴルの響き』・・・。

モンゴルフォークソングぅ~?!

ご存知の方おいでですか?モンゴル特有の、鼻笛のような、お経のようなお歌(笑)。アレです。ちなみに、コレ、旦那の兄貴もお気に入りの模様。変な奴ら・・・。

そして、次のはこれ。 デンッ!

Photo_114
赤の広場でしょうか・・・。

ロシア民謡。ちなみに歌ってるのは、

Photo_12
RED STAR RED ARMY CHORUS(赤星赤軍合唱団)?!まっかっか。

どうやらウチのおっさん(←決して『赤』ではありません)、だれやらのどっかにロシア系の血も混ざってるらしく(本人説)、懐かしいなぁ~、と言っては聞いてます。ちなみに、ロシア語はできません(キッパリ)。・・・ん?本当に懐かしいのか?


そして次はこれ。どこを気に入って購入に至ったのか・・・。

Photo_115

加藤登紀子ベスト。

こりゃ驚いたわっ!なぜこんなものがウチに?!
ちなみに、聞いてるのを一度も見たことはありません。ええ、私どもも聞いたことありませんのよ。

そして、何よりも一番の昭和の香りが、ここに。

今や、懐メロ特集でも出てこないのではないでしょうか?

ジャカジャカジャカジャカ・・・(ドラムロール)。

準備おっけ?では笑ってください・・・。

ジャン!


Photo_11
『ピンキーとキラーズ全曲集』(爆)!!タイトルフォントも時代物(涙)。
ってか、全曲集ってほど歌あったんだ・・・(驚)!

もちろん加藤登紀子同様、手にしたのすら見たことありません・・・。

しかし全くもって、何を気に入ったのかさっぱり分からないこのシロモノ。大体、かな読めなかっただろうし・・・。

・・・げっ!!まさかこの衣装が好みかっ!?


旦那の趣味、いや嗜好自体がさっぱり分からなくなった今日この頃・・・。

Banner_01_120 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
え~、このCDの数々、是非聞いてみたい、ほしい、とおっしゃる方々、もう全然ご遠慮なくこちらまでご連絡下さいませな・・・。私も一度、怖いもの見たさで・・・いや、聞きませんっ(キッパリ)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

パンドラの箱?

 週末ですな・・・。こちらはどんより曇りです。
午後か夜には雨降るんだろうな、なんて思ってるのに、旦那が暇を持て余したのか、外壁、窓を洗ってくれてました・・・どうせ降るのに。あっ!そんな珍しいことするから降るのか?!鶏が先か?タマゴが先か?

 水曜から病欠だった旦那は、ひまひま大魔王。血ぃ出してるのに、次の日からフラフラと外に出かけてる始末。アホや。
ま、調子がよさそうではあるけど、それより病欠取って出歩いてていいのか?(←こっちの方が重要)と心配する小心者SATO。そんなのをヨソに、買い物行ったりカフェでお茶(!)してたりするヤツ。おいおい・・・。

 で、昨日午後。フラフラから帰宅した旦那。
「教頭センセと、教務主任に会ったよ。」
と言うので、
「『何してんだ?元気なら出て来い!』って怒られなかった?」
と聞けば、
「ううん、全然。『元気そうでよかった。じゃ来週っ!』って。」
だそう。センセたちもおおらかな・・・。いいのか、それで?

あ、夜になったらパブにラグビー観に行きやがりましたぜ・・・。ずる休みかよ?



 堂々と休みの週末こそ、家でゆっくりくつろぎたいもの・・・(苦笑)

 最近はお互い学習したせいか(笑)、『コレ』を理由に喧嘩をすることはめっきり減ったものの、昔はよく揉めてたのが、『好みの音楽』。

 旦那の趣味は、ロックンロール!それも70~80年代のアメリカ物のロックだそうな。ギュイーンとかジャジャーンとか(どんな例えですのん?)言うのを大音量で!ってのが大好き。ふんっ、アメリカにも行ったことない癖に・・・。

という私はイギリスに行ったことない癖に(笑)、英国物の音楽の方が好き。別に音量なんてのは静かで結構、ゆったり出来る方がいい。お気に入りのバンドなんて、過去25年ずっと活動してるのに、たった4~5枚しかアルバム出してないような、レア系、カルト系(笑)。もちろん他のも聞きますが、所詮変わってるのかも、私?

 旦那がCDを聴き始めると、うるさ過ぎて猫達がヨソの部屋に移動する、という有様が続いたため、3(猫2匹+私)対1(旦那)の多数決により、当面、私がいる時は大音量演奏禁止令(笑)発令中。ほっ。

元々、あまり人の持ち物に興味がないため、滅多なことでは覗かないけど、ふと気になって旦那のCDを眺めてみると・・・。

もう1つの彼の好み、クラシックに混ざって、あるわあるわ、うるさい系(笑)。AC/DC、DEEP PURPLE、ROLLING STONES、などなど、それも老舗ばかり。チョイ悪オヤジ系とでも言いましょうか、若いロックンローラーはいない模様・・・(悲)。

そんな中にふと漢字の背表紙・・・。うん?

『飛鷹楽隊』・・・。

表を返すと・・・。
Eagles

『EAGLES』!!・・・なるほどねぇ、上手く付けたものだわ。

ってかこれ、違法コピーではなくて(笑)?

一体どこでこんなの買ったのよっ?大体の想像は付くけど・・・。

ああ、パンドラの箱には、絶対他にも魑魅魍魎が溢れてるはず。
開けてはいけない物を開けてしまったんだわ、私・・・。

ということで、再調査に挑んでみます。結果はまた後日・・・っていつだよ。

Banner_01_120 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
旦那の棚、チョイ悪オヤジ系(笑)ロックの他、クラシックもありますが、どうも私、クラシックというと音楽の授業で無理やり聞かされて、感想書かされたのを思い出してしまっていけねぇや・・・。
南アでは、音楽の授業ってのは取り立ててなかったそう。よかったね、旦那。だからキミの音痴は露見も自覚もないまま、大人になったのだな・・・(涙)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

春の兆し、夏の名残

 今日から9月。NZでは春の幕開け(らしい)ですぜ、奥さん。

今年も余すところ、1/3かぁ・・・。早っ!ああ、また無駄にしてるアタシ。

 冬のNZは、やれ寒いだの、天気が悪いだの、雨ばっかだの言ってても、たまの晴れ間にはもう日差しも柔らかい。日が長くなってるのは確か。日本ほど四季はキレイに切り替わらないけど、それでもなんとなく春の足音がしてるNZ。そろそろ鼻も目も痒くなってきたしな・・・(←アレルギー持ちの悲哀)。

Photo_112猫になりたい

黒猫が日向ぼっこできるのもあとわずか。夏は熱過ぎるからね~、黒。

 今日は9月1日。
日本では、『防災の日』、そして二百十日。NZは、ってぇ~と、9月1日、以上。

「へぇ~、今年の二百十日は(9月)1日かぁ。」
などと、だから何よ?ってこと、考えてみたりする。別に農家育ちでもないから、台風を警戒したりする習慣も何も無かった癖に、私。
こんなこと思い出してるのも不思議。慣れで新しい土地の習慣が加わることはあっても、やっぱり育った環境、習慣、言語ってのは一生抜けないんだろなぁ。

そして、9月といえば、多くの学校が始業式。昨日未だに英語の宿題が片付かない姪から泣きが入りましたが・・・自分でやれよ(笑)。
 
 夏休みの宿題は最後にまとめてやる方が効率いい、と思ってた私(←間違い)。だって、普段ダラダラの私が、残り3日の集中力と言ったらもうすごかったのだ!火事場の馬鹿力とはこのこと(笑)。3日間ほぼ徹夜だったり(←それも毎度。学習しろよ、アタシ)

徹夜も出来た若い日々。(無駄に遣った気がするが)あの体力よもう一度・・・。

姪よ、こんなでもふつ~に、且つてきと~に大人になれるのだ。英語ぐらいでジタバタするな、なるようになるぞ(←やっぱ間違い)


「夏休みの後半になると、セミの鳴き声とかが変わるじゃないですかぁ~?宿題早くやらなきゃなぁ~、って焦るんですよねぇ~。ね?」
と、知人(大阪育ち、20代半ば♀)に言われて・・・ん?と思った私。

セミの声って変わるっけ?

言われてみれば、梅雨明け夏本番は、うるさいアブラゼミの出番。ジージー啼いて余計暑苦しさを増し、立秋を過ぎて、少し朝晩涼しくなると、ツクツクボウシとかヒグラシが、オーシーツクツク、カナカナカナと、夏の終わりの忙しなさをかもし出してたような・・・。

そんなことを覚えてる20代の彼女はおばあちゃん子。雨の匂いの分かる田舎もんの兄ちゃんと仲間になれるはず(笑)。

NZにも南アにもセミはいる。で、旦那にセミの鳴き声ってどうだった?変わる?って話をしても、どうにも理解できないらしい。コイツ音痴か・・・と思ったけど、よく聞けば英語では、
「コオロギもセミも、MAKING A NOISE(ノイズ、音【おと】)だ。」
とぶっこく。雑音ですか・・・。日本じゃ、啼き声とか音【ね】なのに。

と、ここで思い出した、昔日本語レポート提出のため読みあさった本の中に、一部掲載のあった、とある学説。

それによると、日本人は言語と、鳥、雨などの自然音を、同じ左脳で聞き、右脳では洋楽器、機械音、雑音を聞き取るのに対し、殆ど全ての外国人は、言語のみを左脳で聞き、自然音や楽器は右脳で聞く、というもの(『日本人の脳』、角田忠信氏)

日本人と同様の脳の使い方をするのは、マオリ、東サモア、トンガなどのポリネシア人だけだそう。あら、NZにみんないるじゃないの・・・。ホントかどうか聞いてみたくね?

って訳で、マオリ、サモア、トンガ人の友達、急募若干名(笑)!
我こそはマオリ(サモア・トンガ)語を操る日本人なり、もしくは日本語を操るマオリ(サモア・トンガ)人なり、と言う方、文通しませんか?(←って文通かよっ?)あ、マオリに似てる、とか、間違えられる、ってだけじゃダメよ、文通却下。

日本語クラスに来てくんないかなぁ~、って来ねぇよ。


・・・はっ!!今日はどんな展開やねん、私?!

Banner_01_50 ←いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。

血ぃ垂れ旦那への暖かいお言葉、ありがとうございます。おかげさまでヤツは元気です。でも今日も休んでんだよな・・・ちぇっ。え?・・・な・な・な、殴ってないわよ、私!!む・む、無実よっ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »