« 200回!御礼申し上げます! | トップページ | 日本語Vol.5後半~道尋ね編~ »

2006年8月29日 (火)

おぉ・・・な日本語Vol.5前半

え~・・・。

まずは我が家の長男、ピカソの口上よりご覧下さいませ。

P_6 

P_7

よっ!ぴかそ家!!ニッポンイチッ!・・・って、コイツ日本猫?

※連写でもないのに芸達者?なピカソに対し、ハナは無芸大食。ぷっ。

皆様からのメッセージの数々、本当にありがとうございます。

今後、いつまでネタと気力が続くか分かりませんが(笑)、ボチボチとどうぞよろしくお願いいたします。もしサボっちゃったらゴメンネ・・・(先に謝っちゃえ、私)。
冷やかし、読み逃げ、おっけおっけ。そしてコメント、メール大歓迎です。今ならどちらもクリックとセットで大変お値打ちよっ。・・・え?


 さて、本題。恒例の火曜日。マニア必見(笑)の日本語クラスの時間と相成りました。

 最初は、この日本語クラス、自分がその週に何をしたか、の記録代わりに書き留めるつもりで始めました。しかし、思った以上に反響が大きく、ついシリーズ化。
しかしその反面、最近では日本語クラスの火曜日になると、(普段から少ないコメントが)更に少なくなる(笑)ので、飽きちゃった?と密かに思っている私・・・。ドタバタの完成度(?)は今回のクラスの方が高いんだけどね・・・。いかがでしょう?面白い?

 
でも書いちゃうもんねぇ、昨日の分は(←なら聞くな)

え~っと、5週目。今回の出欠は・・・。

男性陣: ジョンじいさん、『フトッパラ』VIさん、『いいえこえ』マークさん、そしていつもの、顔もキャラも濃いRAさん+万年初級のウチの旦那。と、いつもの5人が出席。
ジョンじいさんは今日、首都ウェリントンからとんぼ返りで授業に参加。感謝感謝っ!

女性陣: 『かんふー』PHさん、『出来のいい中華美人』SHさん、のたった2人。でもSHさん、自分の学校がホリデー中にも関わらず、
「ここも休みだと思っちゃったの。でも、もしかしたら、って来てみてよかったぁ~!」
と、遅れてすっぴんで登場(でも可愛い♡・・・はっ、何てことを?!)。もうおっけ、来てくれるだけで嬉しいわ~。

ってことで欠席は、先週は来たけどまた休みの『ブロンド美人』キャリンさん。そして、以下はもう来ないであろう、『ゲラ男』JAさん、『2回だけ来た』のビビアンさん、そして『多分脱落』LAさん。

ってことで、今週は7名。(好むと好まざるとに関わらず)そろそろメンバーが定着してきた模様です。

 ではまず恒例のひらがなから・・・。
ら行とわ・を・ん。そして残りの拗音(小さい『ゃ、ゅ、ょ』などの音)、促音(『っ』)、撥音(『ん』)を説明。

このクラス、初回で気付いたけれど、いい意味でも悪い意味でも口数が多く、とにかく活発!何よりも質問が多い(中にはどうしようもないのもあるけど・・・な、RAさん)

『を』の遣い方を説明してれば、『お』との比較を求めてくる。
『わ』の遣い方を説明してれば、『は』を《WA》と読むときとの比較の説明を求めてくる。
『は』を《WA》と読むときの説明をすれば、同じく主格でも『が』との説明を求めてくる。

次に、『びよういん』と、『びょういん』の違いを例に、小さい『ゃ、ゅ、ょ』をしっかり説明。
小さい『っ』の遣い方、特に英語には、『っ』のように正確に音がスキップするものがないので、理解し辛いらしく、もうガンガン質問が飛び交う飛び交う・・・。ふぅ~。

・・・いやはや本当にキリがないのです。全身全霊を傾けて集中してないと、どの方角、いやどの惑星(笑)から質問が来るかすら予測もつかないし、おまけにトンチンカンなままじゃ収集もつけられないし・・・。

問題は、ここは超初級レベルのクラス・・・。そう、質問をガンガンしてくる人、何とかそれに付いて来られてる人と、もうボケ~ッと諦めてる人がとても明らかなの。

ひらがな『を』を練習中。
『を』は、どうしても例にしにくいのか、ドリルに載っていたのは、『ほしを みる=see stars』。この英語もどうよ・・・だけど、学習者にとっては、初の2語文。目的語を示すのよ、と説明してる時に、ほら来たVIさん。

「ホシは『WANT』じゃないのか?」 ぶっぶー。それは『欲しい』。
・・・しかし、またまたどっからそんなことを?この人の生活を覗き見てみたい(笑)。

そして今度は、『わ』の練習中。

既に練習中のドリル同様、既習のかなを遣っての、新しい単語を説明。

「『わ』は、一文字で意味を成します。サークル、ループ、のことを輪といいます。」
と言えば、
「前に、『円』がサークル、だって言ったじゃん?!」
という人が登場。ふぅ・・・。

「そうよ、『円』、も英語じゃサークル。360℃のまるを示すかな。でも『わ』は、サークルってより、むしろループやリングを指すかな。」
と言えば、
「それはどう違うんだ?違いはハッキリしないのか?」
・・・。

じゃ、英語ではどう違うんだ?英語はどっちもサークルじゃないか!!(←逆切れSATO)。ぜぇぜぇ・・・。

「じゃ、輪を描く、ってのは日本語で何ていうの?」

おぉ~、またそんなことを聞く・・・(嘆)。キミら、言ったら一発で覚わるんかい、間違えんのかい、えぇ?!混乱きたすだけちゃうんかい?!(←SATO、超逆切れ炸裂中)

でもさ、ほれ。そういう、単語の意味なんてのはフツー、辞書を引けば一発で解決するのよ(←聞いてるか、ウチの姪?大体キミら、辞書すら持ってこないじゃないか?そしたら、
「辞書のある教室でやればいいんじゃん。」

そう、一般的にNZの学校教育は、学校側が教材を用意し、生徒に貸し出す。各生徒は誰も、マイ辞書もマイ教科書も持たないまま義務教育卒業なんですのよっ!それでいて、『14割る3が出来ない生徒が続出。』なんてニュースを問題視(←方程式とかではなくって、割り算だもんな。そりゃ大問題・・・)。本末転倒でちゃんちゃらおかしいざますっ。

教科書を持ってこない、どころか『持ってない』生徒なんて・・・日本ならドツカレるだけじゃすみません(きっぱり)。


あ、反れましたな。失敬失敬・・・。

と、一つ一つが本当にキリが無くて、簡単には先に進ませてくれないこのクラス・・・。

おまけに、オイ!そこの旦那(←ってか、ウチの旦那)!!アンタまで混ざって嬉しそうに質問しまくってんじゃないっ!大体いつまで初級やってるんだ?し~っかり勉強せぇ~よぉ~。このまんまじゃこのクラスにも(も?)置いてかれっぞ!(←八つ当たり、でも本音)


と、ホレ見てよ、もう一時間を大きく回ってしまったぢゃないのさ・・・

まだまだやること沢山あるのにぃ!!だぁぁぁ~~っ!だわ。


ってな訳で、SATO壊れてきたので(笑)、つ・づ・く・・・ってことで。

Banner_01_111←改めまして、本当に多くのクリック、励ましのお言葉ありがとうございます。皆様からの数多くのアクセスが、毎日の更新の楽しみ、そして大きな励みになってます。
しかし・・・如何せん変てこな質問ばかりが飛び交うこのクラス。気力はともかく、体調は悪くなかったはずなのにまたもやカラータイマー点滅か?!SATOまた今週も危うし!ざますっ(笑)。

|

« 200回!御礼申し上げます! | トップページ | 日本語Vol.5後半~道尋ね編~ »

コメント

で、でおくれたぁ~っっ
200回おめでとうございます(遅っ)

いやいや、日本語クラスの記事、毎回楽しみにしてますよ。
人にものを教えるのってむずかしい・・・
特に相手がとんでもない質問してくる人は大変・・・
よーく身にしみておりますです、ハイ。(笑)

SATOさんこれからもがんばってくださいね!

投稿: ふーたまま | 2006年8月29日 (火) 11時07分

日本語教室、お疲れ様です~。
いつも楽しみにしていますのよ、だって実話ですもの。
事実は小説より奇なり、毎回フレッシュなネタ満載で面白くないわけ無いですわ~。
普段何気なく使ってる日本語ですけど、知らないこと、説明できないことって本当に多いなあ、と毎回思います、勉強になりますのよ。
コメント←単につっこみが入れにくいだけでは?
ほら、教える側ってあまり経験しないことだし。

投稿: hiyochan | 2006年8月29日 (火) 13時52分

初コメントです、いつもは読み逃げ専門だけど(すみません)
私はいつも日本語クラスの話が楽しみで毎日お訪ねしております。
好きな割には火曜日だけってことに今日初めて気づいたんですが・・・(ますますスミマセン)
すごく面白いですよー、刺激的な生徒達で大変そうだけど
来週もクラスの様子を教えてくださいね!

投稿: しばわん | 2006年8月29日 (火) 15時33分

PCの見れない環境におりましたもので、「おめでとう」コメントが遅れてしまいました(汗)
改めて(遅いっちゅーねん?)おめでとうございます。これからも楽しませてくださいね。

さて、本日は最重要記事!「日本語クラス」の火曜日。
コメントの数なんて気になさらないで!!
お勉強もできて、笑いも満載?他国の言葉を習得する過程がよーくわかって、まさにイブンカを感じてます。
VIさんの発想なんて、英語を必死で話そうともがいている自分の頭の中と同じに思えて仕方ありませんもの(笑)
今回のクラスに足りないのは「目の保養」かも・・・?

投稿: take | 2006年8月29日 (火) 16時11分

こんにちは。日本語教室レポートの大ファンであります。
SATOさんの奮闘にはいつもいつも関心しております。
でも、1つ疑問に思うことが。
SATOさんが「逆ギレ」と言っている事って、めちゃくちゃ正論じゃないですかー。
日本のその辺の教師なんて、「なんだとー」「親に聞けバーカ」「テメーふざけたこと言うんじゃねー」などのフレーズ飛びまくりです。
もっともっと「逆ギレ」て下さい。魂の交流を感じるのは私だけではないと思います。

投稿: 日本酒 | 2006年8月29日 (火) 16時25分

え?最近火曜日のコメント少ないですか?
そりはきっと・・・
・突っ込み所満載なのでどう突っ込んでいいかわからない
・記事を読んで飲んでいたコーヒーをPCに向かってふきだしてしまって修理に
・笑いすぎてアゴが外れて病院へ
・仕事中に読んでいて声を出して笑ってしまい上司に怒られた
のどれかに該当すると思われまする(ホントかよ?)

最近ご主人の面白発言がないので寂しいです。
NZの学校は予習復習しなくても怒られないんですか、せんせー?

投稿: こたつ猫 | 2006年8月29日 (火) 17時51分

生ピカソ君のご丁重なるご挨拶、いたみいります。
折も良し ここいらで皆々様の弥栄を願って、三本締めなど。

satoさんの「○○な日本語」シリーズ、毎週拝見していて思ったんですよ。
外国語を習うって何だろう、って。
まあね、人それぞれきっかけも目標も違って当たり前なのだけど、
例えばRAさんのように、日本語に爪の先ほどの引っかかりもなく始める人にとっては
平仮名が驚き。一音一字が驚き。
ね、その段階でイブンカ体験なわけでしょ。
私 それで良いんじゃないのかなって思うのね。
数式を解くお勉強と違うわけだから、入り口が百も千もあって当たり前だし、道筋も同じように沢山あるだろうし、途中で立ち止まったり振り返ったり。
教室で教わっている時は、単なる知識の点として取り入れたものが、
ボンヤリ窓の外を眺めていたら、点と点が繋がって線になったり。
線になったものが、もう一つ点と繋がって面になって、又幾つかの点を見つけて、気がついたら自立する形になっている。
それが早いか遅いかは、各々の能力にも努力にも左右されるだろうけれど、寄り道いっぱいしても良いじゃん。
寄り道の度に大小の点が増えていくんだし、点のままでも楽しければ。

自分の覚えの悪さに自分で呆れて、ちょっと詭弁を弄してみました。
でもね、ある日 点Aと点Bが繋がって「オッ、オッ、オーッ」というのは本当よ

投稿: Futa-bar | 2006年8月29日 (火) 19時24分

日本語教室編にコメントお休みすることがある私としては、
内容が濃すぎて突っ込みところが多すぎてどこに突っ込もうかと
思案中に1日経っちまう!ってとこです。
でも日本語って奥が深いんだな~ってつくづく感心。
ま、関西弁も奥が深くってよ。
今度『ボケとツッコミ』をレクチャーしましょうか?

投稿: ひさみん | 2006年8月29日 (火) 19時54分

なんていうか、そこにいなくてよかったな
と、なんとなく思いながら楽しみに読んでます
でも、屁理屈言うんですよね~D
そういう意地の悪い質問とかよく英語のネイティブの人に
英語について聞くので何もいえません

英語の単語もいまいちニュアンスが微妙なものが多いですしね!

いつか、夫の方がアシスタントとして自覚を持たれる日に期待します!?

投稿: D | 2006年8月29日 (火) 21時25分

>ふーたままさま、
ありがと~ございますぅ~。

>特に相手がとんでもない質問してくる人は大変・・・
ね~。特に同じこと3万回くらい繰り返してばかりだとねぇ・・・(笑)。特にこのクラスの濃さ(笑)を楽しんで頂きますわっ!

>hiyochanさま、
>事実は小説より奇なり、
確かにそうですな。
『事件は現場で起きてるんだっ!!』って感じ?←きっと違う。

普段の日本語に疑問を感じる分、英語も旦那に聞きまくり、嫌がられてます。英語教師の癖にっ(笑)!

>しばわんさま、
初めまして、しばわんさま。初コメント、本当にありがとうございます。
そう、主にクラスの翌日の火曜日、そして疲れると(笑)2回に分けて。はたまた週中にも、ふと思いついた疑問の日本語ネタなど、で展開してます。・・・あら?ってことはやっぱ毎日見てね、ってことかしらぁ~(笑)。ウソ。いつでもおっけ、訪問多謝です。

自分でも日本語を改めて観察する、いいきっかけになったらな、と思ってます。でもブログはメチャクチャだけどね(笑)。
またバシバシ突込み願いますっ!

>takeさま、
ありがとうございますですます・・・。
あら、奥様、週末山篭りかしらぁ~?無事ご帰還、歓迎ですわよ。

今回のクラスはお笑い系かしら?現場のようすはってぇと・・・『事件は現場で起きてるんだっ!!』だわ。

>日本酒さま、
熱いお言葉、ありがとうございますっ。
>もっともっと「逆ギレ」て下さい。
え、もっと切れていい?マジ?マジ?!わ~いっ!
熱血教師のマストアイテムとして、バット持ってこっかな。やっぱ竹刀(笑)?
・・・本当に切れたくもなっちゃいますよね、あれじゃ。
「邪魔すんな、聞け、オラ~!」(心の叫び)。
その分、火曜日の記事で発散させて頂く事にしますね。またお楽しみ下さいな。

>こたつ猫さま、
クラスで必死に髪振り乱してる(笑)ので、帰り道、んで帰ってからPCに向かってちょっと落ち着くと、腹がよじれそうなおかしな発言を思い出しちゃうんですよね。で、1人くすくす・・・。可笑しいでそ?その勢いのまま記事の下地を書きます(←初告白)。

今回のクラス、余りに可笑しい発言多すぎてねぇ、旦那が陰に隠れてるのよ。ってか、それよりまだ『オレはなんですか?』が直らない方が気になるのですが、私・・・。強情ジジイ(笑)!

え~っと、そりからこたつ猫くん。
NZのガッコはね、教科書が無くて、センセが教材を勝手に用意して生徒に手渡すので、予習というものは不可能なんだよ(by 旦那)。←変だよねぇ~、教科書ないなんて。

>Futa-barさま、
景気付けの三本締め、有難く拝受致しますです、ハイ。

語学ってのは興味がなくては上達しないと思うのです。興味の取っ掛かりは本当に人それぞれ。ただ、興味と上達は比例はせず・・・(例:ウチの旦那、苦笑)。

自分が生徒の頃ははるか記憶の彼方。
しかし以前いた日本語教室の授業風景などを思ってみると、例えばセンセに質問のある人は、授業中に妨げにはならないように、授業後センセを捕まえて聞いていたり、センセもセンセで、顔を見ながら質問時間を作ってみたり、などもあったように記憶します。あくまでも授業についての質問、そして自分が調べてみたことの確認、疑問についての質問。

今のクラスは、『私自身』を日本への興味の取っ掛かりにしてる感を否めないのです。
クラスでも日本人の知人友人がいる人、いない人があります。私が初日本人との接触、って方も少なくないだろうから、取っ掛かりってのも止むを得ないと思っています、むしろ嬉しいくらい。

でも皮肉にも旦那も含め・・・。『日本語』のクラスで、日本文化から日本の歴史まで、全てにわたりって日本についてを、自分では調べたことないけど、たまたま日本語クラスにいて、授業聞いてて、今浮いた疑問は今聞いてみたい。それが周りの授業の妨げになっちゃってても関係ない。自分が聞きたいから、そして、日本人なら知ってんじゃないの?答えられるんじゃないの?って感じのニュアンスで、それはいとも軽々と。そこが不思議でねぇ・・・。

このクラスが多国籍だから?って考えてもみたけど、日本にいた時の教室も多国籍。それだけではないような・・・。
それが掴めずにいます、あのクラスは。ここの性格によるのですかね?

・・・っと、おおぉ~、話が反れちまいました。失礼いたしました。

ところで、
>点Aと点Bが繋がって「オッ、オッ、オーッ」
ってなったら儲けモン!ほら、そっからは早いざますわよっ!!

>ひさみんさま、
>関西弁も奥が深くってよ。
>今度『ボケとツッコミ』をレクチャーしましょうか?
これは、血ではなくて?あと関西圏を漂う空気中の成分によるとか?初級最後にひとコマ用意しますんでヨロピクお願いするわぁ。

>Dさま、
>いつか、夫の方がアシスタントとして自覚を持たれる日に
>期待します!?
え?ウチの旦那?ぷぷぷぅ~~~っ!
来期も初級でしょ(断言)。で、きっとまた同じ質問するわよ、に$1000!!

投稿: SATO | 2006年8月30日 (水) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/3238119

この記事へのトラックバック一覧です: おぉ・・・な日本語Vol.5前半:

« 200回!御礼申し上げます! | トップページ | 日本語Vol.5後半~道尋ね編~ »