« コロリンまどれーぬ | トップページ | NZお車事情 »

2006年8月 5日 (土)

南ア弁と温故知新?

 昨日マドレーヌのレシピを載せたはずなのに、なぜか『ダイエット関係』の見知らぬトラックバックが付いてて、『そんなもん作ってる暇に、お前もダイエットせんかぁ~?!』とのお叱り、忠告かしら・・・、と気になってるSATO。今回はそのまま放置しとくことにしました・・・。ふんっ、痩せるわよ、夏までには!きっと・・・。多分・・・。もしかしたら・・・。

 

 ウチの旦那。南ア出身のNZ在住。話せる日本語は、
「ア~、○○サン ゲンキデスカ?」
程度。で、日本人に声をかけては、逆に日本語で返されると、
「ゴメンナサイ、にほんごワカリマセン。」
と、自分から口をきいたくせに、わからない、とすぐ逃げる、という用法で、さっぱり上達の見込みなし。だったら最初から挑戦するな。ってな訳で、日本語は万年初級クラス。 

 しょうがないから我が家の会話は英語なのだが、南アの英語っつうのが分かりにくい。発音のみならず、語彙まで違う。習ったものとの違い以上に、聞いたことない言葉も多く、やっと随分慣れた、とは言え、やっぱり違う感は否めず・・・。

 昨日用事があって、旦那の家族&友人の集まりに行った。そう、南ア人だらけ。同じ英語のはずなのに、何かが違う空間。話の内容よりも言葉が気になっちゃって気になっちゃって・・・。

先日まで開催されてたオークランド映画祭に行った、という話が出れば、
「あそこのMOVIE HOUSEがさぁ~・・・。」
と、来た。ムービーハウス?!これはウチの旦那も使うので大笑いしてたところ。辞書で調べてみると、

映画館
a movie theater;〘英〙a cinema、
辞書にもないぞ。英国圏の英語ですらないのか?・・・南アの映画館は、個室?もしくは公民館の広間でも利用してるかのような響きすらする。

映画館には車で行っただの、という話は、

motorcar。」
と言う。モーターカー・・・。人力との区別化か?ってか、今やモーター以外で走る車を述べて頂きたい。

やれ、ウチのテレビをやっと買い換えたぞ、という話も、
Television Set」がどうした・・・。セットって、この時代、テレビは箱1つだけ、受信機別売りとかもしてないのにセットとはこれいかに。

家族が近々に引越しをする、と言えば、また新たな言葉が。

やれ、新しい家には、アレが入らないから貰ってくれ、これはどこに置く、という話をしてるみんな。入れてみないと分からないのは確かよね、引越しってのは・・・。

Supper Tableってのはまだ何とか分かる。ダイニングテーブルのことだろうな。

しかし!カボド・・・カボド・・・。カボド???
なんじゃそりゃ?とつづりを聞けば、
C・U・P・B・O・A・R・D
だと言う。え?カッブボード(戸棚・食器棚)がなぜ『カボド』?

ここで辞書を見ると、cup・board(文)とある。発音記号は表せないけど、どうやら『カバード』と言うのが近そう・・・。Pの発音はどこ行った?Pは?!カップじゃないのか?!だから英語は嫌いよ。

しかもこれ。100歩譲ってカップボードとして話を聞いてると、作り付けのクロゼットだろが、引き出しのタンスだろが、食品棚だろうが全部『カボド』呼ばわり。全く無節操(笑)極まりない。

そして、お気に入りのナンチャラ・・・。うん?バーズ?ヴァーズ?
VASE?花瓶?ヴァーズ?!
学生時代、これは『ヴェイズ』と習ったわよ?

じゃBaseは?これは『ベース』のままなの・・・。
え?なんでVaseは『ヴァーズ』なの?Vに変わっただけじゃなくて?

発音はつづりと全く関連なし。さっぱり分からん。

旦那だけか、と思ったらどうやら身内友人、それで問題なく通じてる、っつうか、彼等もそうやって喋ってる。あの集まりで変な英語を喋るのは私ってことか・・・。負けた気分がするのはなぜ?


なんだか『古臭い感』が抜けない南ア英語。移り住んだ人々が、独自に築いた文化が残ってるのかも。じゃ、同様にNZの英語も、本国英国からすれば随分違うんだろうな。

昔、日本から海外に移民した人達も、世界のあちこちで古いままの日本語を話してるんだろか?あら?ってことは私もそのうち・・・???なの?かしら・・・。やっぱり・・・?

Banner_01_117いつもクリックありがとうございます。皆さんのクリック、とても励みです。
どうしよう、江戸時代みたいな言葉になったら・・・。っていうより、新しい時代の言葉についていけないんだろな~。もう新しいテレビ番組にも、歌手(←カシュ?!)の名前にも付いていけてないし・・・。ってかもう読めませんっ!日本にいると読めるようになるのかしら・・・?じゃ~帰ろっかな・・・。え、ダメ?

|

« コロリンまどれーぬ | トップページ | NZお車事情 »

コメント

こんにちはぁ。春までに頑張ってDiet中でーす。
夏までって書いてあったんで「いや、夏だよ」と思ったら、NZでしたね(^^ゞ
私は日本の春までに頑張りまーす。
食器棚。懐かしいですねぇ。全く喋れない私ですが、授業で習いましたわ。
もー今と違って文法ありきの授業の頃、先生が自慢げに「カボド」と発音していたのを憶えとります。

私は、先日お隣の佐賀県に行って、未知の言語をたくさん聞いてきましたよ。
ほうげんって素晴らしい!

投稿: keiko | 2006年8月 5日 (土) 17時19分

なんていうか、どう考えても
訛りですよね?
こういう方言って英語が母国語じゃない身分に取っては
混乱の素ですよね?
”あれ?学校でこうならったんだけど!?”っていう奴が
オーストラリアにきて何個かちがったり
でも、よくよく聞いてみると”オーストラリア英語”では違うけど
アメリカ英語だと正しい表現だったり!

オーストラリアに住んでいるのでオーストラリア英語を身につけるべきなんでしょうが・・・
今まで習ったことを覆すのは難しいです
BOXをバァックスって発音するDより

投稿: D | 2006年8月 5日 (土) 18時05分

SATOさん

面白い。(^ ^)

英語苦手だったティー、専門的なことははっきりいってふ~ん・・なのですが、

なんかそういう場面でしっかとブログマスター眼(まなこ)になってチェックして、

あとで記事に仕上げてくださるSATOさんの、毎回新鮮な話題が、

毎日取っても楽しみです。イブンカ。面白いわ~♪(^ ^)

投稿: ティー | 2006年8月 5日 (土) 20時01分

ほんとにほんとに。
イブンカ空間ですね^^
勉強になりやす!(笑)

日本に住んでいながら
どっちが歌手名でどっちが曲名なのか
だんだんわからなくなってるわたしです(笑)

投稿: ふーたまま | 2006年8月 6日 (日) 01時42分

>keikoさま、
え?カボドって習ったんですか?九州の英語教育進んでますね・・・。
英語ってやっぱり話す人口が多い分、奥深すぎですよね~。

冬場に付いた脂肪を確認するたびに、ああ、生き物なんだな・・・と思ってしまいます。これ、落ちるんやろか?

>Dさま、
何年かNZで、風呂を「ボース(←ここth)」と発音するような南ア人と暮らすうちに、自分の話してた発音が分からなくなってきたわ。店でもつい、ベェーグ(bag)ちょうだい、と言えてる自分を誉めてあげたい・・・。

>ティーさま、
楽しんで頂ければ光栄ざます。こんなんでよければ、SATOの日常の四苦八苦を楽しんで下さいませ。
ホント、訛ってるんですよ・・・(笑)。

>ふーたままさま、
>日本に住んでいながら
>どっちが歌手名でどっちが曲名なのか
>だんだんわからなくなってるわたしです(笑
ネットのニュースで、誰じゃこりゃ?なんじゃこりゃ?と、こわごわ見てましたが、あら・・・日本でもそうなんですね?ありがとうございます。安心しました・・・(笑)。

投稿: SATO | 2006年8月 6日 (日) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2939392

この記事へのトラックバック一覧です: 南ア弁と温故知新?:

« コロリンまどれーぬ | トップページ | NZお車事情 »