« ズバリそうでしょ~♪ | トップページ | 書くべし!書くべし! »

2006年7月26日 (水)

釣り~ヒト編~

 今日は、まずNZ一汚い、と国民が嘆いている海の様子からどうぞ。

 現場のSATOさぁ~ん?

Photo_81 嫌味?

はい、現場の様子です。

海面なんてキラキラ。おまけに今日はすんばらしい晴れ!
でも近寄ってみたら意外とさ、ホレ・・・水汚かったりするかもよ。

ってんで、じゃカメラさん寄って寄ってぇ~。

Photo_82 底見えてます

人口の急増をしてるNZ、特にオークランド。通勤用のフェリーも、輸送用のタンカーなんかも行きかう、オークランド、ワイテマタ湾。でも水は透き通ってます。
地元民に言わせれば、この海、『以前と比べると、汚くて汚くて、もう・・・(嘆)。』だそう。一体いつの時代と比べてるのかしらん。太古?

 近所のフェリー埠頭。夏ともなると、フェリーが行きかう真横に(自称)太公望達が大集合!この辺りでは、サヨリやアジ、たまに鯛とかシマアジも普通に釣れるらしい。『サヨリ、アジなんて魚の餌だね!』という罰当たりなKIWIは、まず見かけませんが、マオリ、日本人、中国人等ががひしめき合ってます。
繰り返しますが、この釣り場はフェリー埠頭ですっ!
 おまけにこの辺、超遠浅の癖に、潮に乗ってかペンギン泳いでたり(目撃者=アタクシ他、数名)や、イルカが迷い込んだり、と、動物までが恐ろしいほど暢気・・・。あ、それは釣りませんよ(笑)。 

そして、釣り船なんぞに乗せてもらって、ちょっと沖まで出ると、

Photo_83
↑優勝力士祝勝サイズ?

 ド素人A(=旦那)でもこんなの釣れます。ま、もちろん船はプロが漁場まで連れてってくれますが。

一応、自然に優しいNZ、海、川とも釣りに関しての各種規定があります。魚の種類によっては、決まったサイズ未満は海に返さなきゃいけなかったり、1日最大何匹釣ったらおしまいにしなきゃいけなかったり。で、上の写真の日は、MAX一杯釣れたらしく、我が家は鯛だらけ・・・。2人しかいないので、新鮮なうちに友人呼びまくり。鯛ぱーちーを開催。
味をしめた(笑)友人達からスクールホリデー近くになると、
「旦那、今度は鯛釣り行かないの?」
と、連絡貰ったりしますが・・・。ねぇ。
亭主元気でなんとやら。誰か、引きずり出してやってくれ。頼む。

 で、過去の栄光が忘れられない旦那。近場での運試し、且つ暇つぶし。←え?これを趣味って言うの?元が体温高い系バ○なので、季節問わずお天気のいい休みはフラフラと釣り竿持ってポイントへ。
※満潮干潮情報は、ネットのみならず、地元電話帳にまで表記あり。へぇへぇへぇ。

え?その後の収穫?

「当たりはあるんだよ。でもさ、小さかったし、可哀想だから返してきた。ホント、当たりはあるんだよ。釣れたんだよ。でもね・・・。」
と、毎度いい続ける旦那を、心無い人(=妻)は『オサカナ幼稚園』と命名。魚のために、そして人々のために、餌付けに励んで、魚を育てて差しあげるがいいわ。お~っほっほ。

Banner_01_53 ←釣り好きな人も、魚は食うのみ、と言う人も、釣るならネコがいいわ(←過去ログ「釣り~ネコ編~」)、って人もみんなでクリック!そして、鯛釣りをしたくなった方は、「おいでませ、NZへ。」by 観光局。
『逃がした魚は大きい』と言うのは、ことわざだけではなく、釣り人の常套句であると判明。食っちまった魚、逃がした魚のサイズ表現がだんだん大きくなる旦那を、気の毒そうに優しく見守っております。ぷぷっ。

以上、マイクスタジオに戻しま~す。

|

« ズバリそうでしょ~♪ | トップページ | 書くべし!書くべし! »

コメント

鯛でかっ!
うらやましいですね~、是非一回釣ってみたい...
&食べたい。
でもその前にミルフォードトラックのトレッキングをしてみたい...。

投稿: hiyochan | 2006年7月26日 (水) 14時36分

おっ!めちゃくちゃ美味しそうな鯛じゃあーりませんか(チャーリー浜でヨロシク♪)
やっぱ、鯛茶漬け?刺身?残ったところはアラ炊き?
奥さん、今夜は鯛尽くしね!!
と、喜ぶのは日本人だけですか?kiwiは鯛食べないのかしら?

しかし、十分綺麗な海です。
我々からすれば、うらやましい事の一つですよね。海の綺麗さ、空の美しさって。(美しい!だなんて書いててテレる 恥)
これがダメなら日本の海を観た日にゃー「oh, my god!」ですか??

投稿: take | 2006年7月26日 (水) 14時55分

奥さん、オサカナ幼稚園をあなどってはいけません!
近い将来成長して恩返しに釣られてくれるんですよ。
そんな立派な鯛のためなら、信じて待つ価値ありそう。
きっと。たぶん。いや、どうかな・・・

投稿: えみ | 2006年7月26日 (水) 17時38分

ハイ スタジオです。satoさんリポートありがとうございました。
やはり、この透明度では現場ではなさそうですね。
容疑者の心理からいっても、一見して見通せる場所に遺棄はしないでしょうね。

ええ、そりゃそうです。
悪事の後始末に、清らかな場所は相応しくないですからね。
京浜運河 綾瀬川 名古屋港などが選びやすい場所ですね。
脅し言葉でも「四万十川に流してやる、とか 柿田湧水に沈めたる」とは言いませんよね。

・・・・アレ?アレ? ヘッ? 違う?・・・
・・・マア ごめんなさい

投稿: Futa-bar | 2006年7月26日 (水) 17時48分

ひょ~。海はきれいだし鯛はデカイし。
でも私アジのほうが好きだわ(ビンボー性なのか?)。
なんでKIWIは釣らないんでしょう。もったいない。

そういえば昨日松山に米国人2人引き連れて出張に行ったダンナ。
夕食はめっちゃ高い刺身を出す店に案内したのに、なんとベジタリアンで
ほとんど食べなかったらしい。で、1人で食べるわけにもいかず
コンビニで「四万十川のノリのおにぎり」買って帰ったそうな。
そーゆーことは事前にちゃんと調べとけよ、って思いました。

投稿: こたつ猫 | 2006年7月26日 (水) 17時55分

鯛が大きすぎ!
魚拓とかとりたくなりますね
飾りもしませんけど

鯛か・・・酒蒸しかな?
それが1番おいしいかな~?
刺身かな~?
鯛飯もいいかも!
夢が広がる一品なんですがブリスベンまで持ってきてくれませんかね?(By 生き別れ息子)

投稿: D | 2006年7月26日 (水) 19時10分

いつも楽しく読ませて頂いています。『オサカナ幼稚園』ですか。。。うちの旦那も『Kindergarden Teacher』というありがた~い“不”名誉な異名を付けられながらも、めげずにせっせと赤ちゃん鯛たちにごはんをあげています。「この子達はあなたに育てられても、その恩も忘れ、食べごろになると、どこの馬の骨ともわからぬ人にそそのかされて釣られてしまうのね。」と、釣りをする彼の背中を見ながら涙する私です。
それにしても、日本では結婚式などで出る「尾頭付きの鯛」にぴったりのサイズが、ここNZではアンダーサイズ。友人に「それ、まだ小学生だよ。」と言われリリース。そんな友人が数メートル隣で「大きいの」を釣ったりして。。。何が違うの?うちの旦那と!

投稿: NORI | 2006年7月27日 (木) 08時53分

>hiyochanさま、
ミルフォードトレッキングですか。期間短くって、やりそこなった私。でも南島はサンドフライが大変でした・・・。
海の上ならサンドフライもいないだろ。ってか、食べるだけでいいです(笑)。

>takeさま、
え~っと、当日の鯛だらけメニューは、鯛めし、塩焼き、お刺身、鯛のアクアパッツァ、カブト汁、あら炊、骨せんべい、etc..食べ尽くしましたぜ。キウィは、適当にサクだけとって、あと捨てます。罰当たりモンがぁ~~!!

>えみさま、
恩返し?恩返し?竜宮城に行けるかしら?
でも鯛は、舞い踊ってただけだわね・・・。びみょ~。

>Futa-barさま、
スタジオ?スタジオ?!現場から緊急ですっ!
名古屋港、大阪湾のみならず、え~っと、こんなに『まるっとお見通しだぁ~!』な海に、スーツケース入りの死体が浮かんでいた、とのことです(←事実。過去記事ですが、http://nzdaisuki.com/news/news.php?id=2360)

しっかり自国で処理して頂きたいものだわ、ふんとに。迷惑な。
以上、SATOがお送りしました。

>こたつ猫さま、
私も青魚らぶ。貧乏性より、ビンボーかも?NZでまだ缶詰or釣り餌以外のイワシを見つけてません!ああ、イワシ食いたい・・・。

ベジタリアンは、同行するには申告してほしいわよね。日本で接待用にベジってだったら、前もって精進だろが予約できただろに・・・。そのうまい刺身、NZまでチルドで送ってっ!

>Dさま、
オーブンに入らない、もっとでかい鯛もあったのだ、実は。写真を忘れたのだ。当日のメニューは、↑を見て、涎をたらしておくれ。
でね、息子よ。是非お前にも食べさせてやりたいと思ったのだけど、検疫で止められたよ・・・(涙)。なので・・・取りにいらっしゃい。あ、日本語手伝ってってよ、その代わり。(おかん)

>NORIさま、
ようこそいらっしゃいました。コメントありがとうございます。
どうやら、NORIさんのご主人は、ウチの旦那とはkindergarden teacher仲間になれそうですね。さぞ、社会貢献に役立ってるかと思います・・・(涙)。
>数メートル隣で「大きいの」を釣ったりして。。。
>何が違うの?うちの旦那と!
私もつくづく感じました。なので最近は一緒に行くのをやめました、不憫で・・・(笑)。

投稿: SATO | 2006年7月27日 (木) 18時33分

sandfry / 刺蝿ってブヨみたいなものなんでしょうか?
初めて聞きましたわ。うう、痒そう。
そういえば、父がベネズエラでプリプリとかいう虫に食われまくって帰ってきたときのを見てぞっとした覚えが...
あんな感じだったら嫌だわあ。

投稿: hiyochan | 2006年7月27日 (木) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2806407

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り~ヒト編~:

« ズバリそうでしょ~♪ | トップページ | 書くべし!書くべし! »