« こんな日もあるぜ、NZ。 | トップページ | 釣り~ヒト編~ »

2006年7月25日 (火)

ズバリそうでしょ~♪

 車で走っていた昨日。たまたま近所の学校の下校時間と重なってしまい、ちぇっ、と独り言ちながら、スクールバスや、迎えの車で渋滞する道路に身をゆだね、道行く生徒を眺めてた。近所だけに、しょっちゅう見る光景。

 2000人近く通っているハイスクール、そしてそれと隣接しているインターメディエットと呼ばれる、日本で言えば小学校高学年に当たる生徒が通う学校。一時にぞろぞろ出てくる生徒達は圧巻。それを眺めながら、特に昨日書いた人種差別の記事のこともあり、
「下校時間も、やっぱ同じ民族で固まること多いんだなぁ・・・。」
などと、ぼんやり考えてた私。(←運転中はぼんやり禁止。よい子は真似しないでね。)

 で、そこに、あるひと固まりの学生集団発見。ん?

それは・・・。
 見るからに『オタク度200%(笑)』の男子生徒の固まり。日本でも、アキバで見かけそう。英語で言うと、『GEEK』が一番近いのか?いや、やっぱり『OTAKU』だな、あれ。宅八郎は21世紀、世界の魁だったのか・・・。知らない人はお母さんに聞いてね。

そこで私は、ある考えに到達したのでありますっ!

『オタクに国境はない!!』 

だってね、奥さん。
その団体、ものすごく多国籍だったのよっ♪インド系、アジア系、白人系、中東系・・・。ひと固まりが本当に楽しそうに語りながら歩いてる。ぷぷっ。

 ウチの旦那はプラモデル好き。わたし的には、彼も充分オタクの域。たまに買い物のついで、などと言っては連れてかれる羽目になる可哀想な私。訴えっぞ!
プラモデル屋の客は、本当に多国籍。みんな嬉しそうに、店のオヤジも、その辺にいる客も混ざっちゃってワイワイガヤガヤ、そして嬉しそうに帰っていく。

 隣町のアーケード街にこっそり潜むTVゲーム屋(?)の、その奥では、学校帰りに毎日『秘密結社』のように集まるオタク達。彼等はトレーディングカード(←っていうの、あれ?)マニア。これも超多国籍!レンタルビデオ屋と間違えちゃった私、怖かったわよっ。トレーディングカードってよく知らないけど・・・替えっこはそんなに楽しいの?

 そして先日。あの!NHKの朝のニュースで、日本の特撮モノを見るのに飽き足らず、自作の特撮作品を作り上げ、ネット上で公開しているというフランス人の話を取り上げてた。その名も、『銃士戦隊 フランスファイブ』。直球、ひねりなし。このサイトにも、多国籍オタクが集まるのか、フランス語のほか、英語、日本語訳ページが、それぞれマニアファンの力によって立ち上げられてるみたいです。

「みんなで日本の作品を見ながら、たまにはフランスが舞台になってもいいだろう、と冗談を言っているうちに、それじゃあ自分たちで作ってみよう。」
と思ったことがきっかけだそう。『日本の特撮戦隊モノ』コレクションの鍛錬のおかげか、この監督、ものすごく日本語が流暢、というオチまで付いてたNHKのニュース。真面目に放送してるNHKがまたおかしいけど・・・。
この監督のこの入れ込みは、まさしくオタクのスペシャリストだよな。ましてや、日本びいきのフランス人って、モレシャンさん以来(笑)?

こないだDVDを買いに行ったお店のお兄ちゃんも、私が日本人だと分かると、ジブリを熱く語り始め・・・。日本のアニメは、世界に羽ばたいてるのを実感はするけどさ・・・。私、見てないし。

で、ふと思ったの・・・。

 人種差別根絶をテーマに掲げたはずが、逆に皮肉な結果で幕を閉じたW杯2006。FIFAが最初にするべきだったのは、選手にまずオタク養成イメージトレーニングでもさせることだったのかしら・・・?

Banner_01_117 ←オタクな人も、オタクでない人も、オタク特訓中な人も、オタクってなに?って人も、ハイ仲良くクリック、クリック!
アニメ、J-ホラー、コミック、フィギュア、プラモデルetc.etc.・・・。いまやOTAKU、AKIBAは、スシ、フジヤマ並みの知名度か?国際オタク大学なるものまであるそう。やっぱりオタクは人種差別を超えるのか?!ああ、でも神様ごめんなさい!私にはやっぱり無理っ!

|

« こんな日もあるぜ、NZ。 | トップページ | 釣り~ヒト編~ »

コメント

 日本のアニメとフィギュアの技術は群を抜いているそうですね。
 もともと手先が器用と言われる日本人の中でも、さらに細部まで
こだわり抜く『職人芸』な人達の集まりだもの。
 去年「萌え」市場が巨大市場に・・・ってニュース見た時は、
ましゃか?萌えって、あのオタク市場?と頭の中で「?」マークが
踊ったが、日本の侘び寂風流な観光にプラス細かい職人芸が光る
オタクの聖地での作品会で日本経済が潤うのであればいいか。。。
な。。。なぁ(-.-;??
 オタクは国境を超える!SATOさんたら、なんと素晴らしい言葉。
 これで世界平和が見えてきた・・・かも?

投稿: momonga | 2006年7月25日 (火) 11時12分

そう言えば、友人kiwi君もジブリ好きでした(注:otakuではない)
ガイコクジンに受ける「何か」があるのか、万国共通の「何か」があるのか?? うーん、私も熱くは語れない。 オタクとは無縁な人生を歩んでまいりましたので・・・。
けど、何故かあまり「偏見」は持ち合わせておりません。
人は人、好きな方々でお好きにどーぞ!けど、私はそちら側にはなれません。あしからず(^^:って感じ。

仲間意識が良い形で表れているのが「OTAKU」
悪い形で出てしまっているのが「差別」なんでしょうかね??

投稿: take | 2006年7月25日 (火) 13時47分

Wikipediaのおたくの項にかなり気合の入った説明が...
趣味に没頭する人...
マニアってってなんでも突き詰めればオタクなんでは?!

そうやって好きなものを介してお互いの気持ちが通じ合えば、いざこざは無くなる...と思いたいけど、サッカーの場合共通の好きなものでももめてるのネエ...う~む。

投稿: hiyochan | 2006年7月25日 (火) 14時34分

とりあえずジブリ大好きで
漫画大好きなので
何気にオタク?オタクですか!?D!?
いや、そんなはずはない!?
わかりません・・・
まぁ、オーストラリアのオタクを普通に受け流すぐらいの知識はあり!
ハイスクールの連中におそらくアジアンなので足踏まれましたよ
笑顔で踏み返しましたけどね

投稿: D | 2006年7月25日 (火) 15時30分

フランスファイブ、ゴレンジャーのパクリ?(笑)。
それにしてもこういうのって何故に紅一点なの?
ガッチャマン、それとも009以来のお約束なのかしら・・・。

日本のオタクの方々って、もうちょっとこざっぱりした格好
出来ないのかしら、とちょっと思います。
それから、どーして日本のアニメっていうとジブリなのぉ?
私も1つも見たことない・・・。
カリオストロの城で『こんなのルパンじゃな~い』と思ったのが
大きいかも(その時宮崎氏の事など知らなかったけど)。

投稿: こたつ猫 | 2006年7月25日 (火) 17時23分

「人種差別」
海外に憧れるパープリンな私としては、知っているつもりでも、結構衝撃的内容でした。
日本国内に居たって、いい年した大人が中学生レベルのイジメしてたりするんだもの、
海外で、人種が違うとなると、やはり自分だけではどうしようも出来ない事も多々あるんですよね。
あぁ、でも怒鳴り返せたSATOさんステキ。
私なら・・・どうするだろう。チビルかなぁ??(笑)

投稿: keiko | 2006年7月26日 (水) 11時47分

宅八郎とググってみたら、Wikipediaで、「現在ホスト」とありました。ホストって?あれが・・・。そっちの方がショックだったりする。

>momongaさま、
未だに私、「萌え~」素人です、使い方分かりません。ネイティブ発音?の萌え~を聞いたことがありません・・・。21世紀についてけてませんか?

>takeさま、
なぜジブリなんでしょね?確かに絵のきれいなのは分かる。
旦那も『千と千尋・・・』をみてて、魔除けのような紙の御札に竜が追撃?されてるのも、特にエンガチョも、八百万の神々も分かってないだろに、面白そうに見てるのよ。逆に洋物のハウルとかより、トトロの方が面白いって。時代は昭和?懐かしい、はあっても面白いぃ~?

>hiyochanさま、
どうにも私の中では、オタク=代表 宅八郎のイメージが離れません・・・。あれがみんなでサッカーは・・・しないな。出来ない。

>Dさま、
>何気にオタク?オタクですか!?D!?
・・・それはどうかなぁ~。そんなこと言えないや(ニヤリ)。
>ハイスクールの連中におそらくアジアンなので足踏まれましたよ
>笑顔で踏み返しましたけどね
こ~ゆ~、自分と違うから攻撃する、って理由が気に入らんのよ、オバちゃんは。ク○ガキめ。
ブリスベンはお前さんに任せたよ。しっかり戦っておくれ(By おかん)。

>こたつ猫さま、
あ、友達みぃ~っけ。5人組の戦隊モノ=ゴレンジャー、ガッチャマン。世代一緒かも・・・ふっふっふ。
ルパンはやっぱり初代が最高です。
♪あし~もとにぃ~ からみぃ~つく~・・・♪
その頃、ワルサーP38って何?だったけど。さ、さ、再放送で見たのよよ。オリジナルなんかじゃないわよ。

>keikoさま、
ねぇ。暢気なNZで、日本人でさえこれですから、『外務省からの危険地域』とされてしまっている国々の、宗教・肌の色が違う、ってことで戦禍を蒙っている罪もない人々。
今、私に出来ることは、『私は、差別しないようにしよう。』ってことくらい・・・微力どころかそれ以下。でもNZのガキは別かな(笑)。
keikoさん、あとひと頑張りですね!

投稿: SATO | 2006年7月26日 (水) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2783392

この記事へのトラックバック一覧です: ズバリそうでしょ~♪:

« こんな日もあるぜ、NZ。 | トップページ | 釣り~ヒト編~ »