« 我が家のネコの手 | トップページ | こんな日もあるぜ、NZ。 »

2006年7月23日 (日)

カモ~ん、べいべ!

 突然ですが、問題です。

Photo_77

答えは・・・。

ここでカモを食べてはいけない(←もちろんウソ)。

皇居前の、警視庁丸の内署カルガモ課?でもなく、通行車に対する『カモ横断注意!』の看板。この界隈、カモが住み着いてる池があり、地元のカモマニア心優しい人達により、毎日餌を貰ってるカモ達は、平然と地元民と共存している。
 看板出てても、やっぱり、奴らは道一杯に広がって、我が物顔で歩いてやがるので、車に撥ねられる『すっとこどっこいカモ』も、たまにいるんだけど、知らないうちに跡形もなく、なくなってる・・・。まさか清掃担当、そんなにソッコーで飛んでこないでしょ、特に夕方には・・・。近所の○○人宅(←お好きな文字を入れて下さい)の、今晩の食卓はカモか・・・?!と睨んでる私。

 そんなカモ達、地域新聞にも、『カモの数、史上最高に!(←数えてる人、いるのか?)一体どこまで増えるのか?』という、疑問が投げかけられてたわ。ま、疑問投げてもどこ吹く風のカモ。新聞読まないし。

 そういやぁ~しばらく見に行ってないわね、と、その増えっぷりが気になった私(←いらん世話)根っからの鳥嫌いの癖に(←何かの荒行?)、のこのこと出かけていきました。

 そして、そこでSATOが見たものは?!

Photo_78 あ・・・。

ねぇ、カモって渡り鳥・・・?だったかしらね~・・・(恥)。

いつもはね、もっといるのよ。人がこの池に近づいただけで、カモが寄ってたかってくるのよ(←経験者)。で、餌持ってない、って分かると、カモの癖に、
「ちぇっ!お~い、こいつ手ぶらだぜぇ~っ!!」(←推測)
って、なんだよ?とか、マジかよ?とか、が~が~言いながら、とっとと去ってく、実は、カモによるオヤジ狩りが横行する地域

コイツラはあこぎなカモよ~~っ(←なら行くなよ、私)

でもいないと淋しい(わがまま?)。見渡してみると、

Photo_79数種類いる。

本来の習性を忘れて、人に餌をたかって冬越えするカモ達・・・。
どよ?いいの?

まぁ、人も同じかもね(←しゃれではない)
水は低い方に、楽な方に流れていくのよ・・・。ねぇ、旦那。

Banner_01_117 ←いつもクリックありがとうございます。本当に励みになってます。
子供の頃にヒッチコックの『鳥』を見てしまって以来、鳥が苦手なSATO。なぜこんな、鳥天国NZにやってきたのか・・・。観光名所の島で、『正に鳥の楽園』があるのですが、見たいような、怖いような・・・行けてません。刷り込み、トラウマを治す方法、募集中!!・・・トホホ。

|

« 我が家のネコの手 | トップページ | こんな日もあるぜ、NZ。 »

コメント

すっご~い!(^ ^)『鴨横断注意』!!!

日本芋、鹿の絵の標識がありましたが・・鴨!

かわいい絵ですねvv

でも取りの口走って、結構ごっついからね=。つつかれたり引っ張られたりしたら、ちょい恐怖カモ?(6 <)

投稿: ティー | 2006年7月23日 (日) 17時33分

公園でランチを食べ始めると
大小さまざまな鳥に狙われるDです
こんにちわ
鴨は公園の管理者(市役所)が餌やってるので
ばかばかいますよ!
見たかったら是否オーストラリアへ!
冬超えするほど寒くないのがポイントでしょうね

投稿: D | 2006年7月23日 (日) 19時14分

お久しぶりです。先日、南島に行きました。ペンギン横断注意の看板がありましたよ。そのせいでは無いけど、事故ってしまいました。零下2度で雪が積もってました。車は全損、エンジンから煙が上り、幸い後続車が一台いて、通報してくれ、30分くらいして消防車、救急車、パトカーが来てくれました。ドアが内側から開かなかったので一時は死ぬと思いました。幸い、外からドアを開けてもらい、シートベルトとエアバッグのおかげもあって軽傷で済みました。NZって制限速度100km/hでも中央分離帯も、ガードレールもないんですね。落ちれば30mくらいの谷底というところでも道路横に柵はなく、街灯、照明の類いも全くありませんでした。

投稿: トマ | 2006年7月24日 (月) 03時08分

あ~そういう風にわらわら公園にいるハトはダメ。大嫌いっ。
キジバトはかわいいんですけどねぇ。

カモって多くは渡りをするみたいですが
留鳥としてずっとその地域で繁殖もする種類もあるそうです。

鳥嫌いを克服する方法ねぇ・・・。愛嬌あって可愛いんだけどな。
やっぱ猫になるしかないかと(全然解決になってないやんけ)。

投稿: こたつ猫 | 2006年7月24日 (月) 11時14分

>ティーさま、
はい、このカモども、人を怖がらない分、厚かましいので、とってもアグレッシブに餌をねだりますっ。怖かったカモ・・・。

>Dさま、
カモ、カモメはこの辺有り余ってて、輸出したいくらいだからAUSには行きませんっ(きっぱり)。だって、すっげぇでっかいフルーツバットいたもん、怖かったもん・・・(←シドニーだけど)。

>トマさま、
お久し振りです。お帰りなさい!!息子さんはお元気でしたか?
そろそろNZいらっしゃる頃だろなぁ、などと思ってました。
>NZって制限速度100km/hでも中央分離帯も、
>ガードレールもないんですね。
↑というより、『ここを100kmで走るのは間違ってるだろ?!』というような、無茶な坂道山道が沢山あります。そういうところは、やはりわが身が一番。トロトロ走ってしまう私・・・。

後続車いてくれてよかったですね。お怪我はもう大丈夫ですか?

>こたつ猫さま、
>愛嬌あって可愛いんだけどな。
そうそう、可愛いのよ、遠目ではね。
友人宅の文鳥が1羽、部屋で放し飼いになってるだけで、固まってた私。もう三つ子の魂なんとやら、かしら・・・。
>やっぱ猫になるしかないかと(全然解決になってないやんけ)
それって、アタ~ック!ってことですか。なるほど・・・。え?

投稿: SATO | 2006年7月24日 (月) 13時06分

あらやだ、
また乗り遅れちゃったわよ、奥様。
カモは平気だけど、カラスはあまり得意じゃないざます。
いたずらするし、人間の食べ物狩りするし。

ヒッチコック!
ハリーの災難The Trouble With Harry
が一番好きざます。
人間の滑稽さと怖さ、鳥とは違うテイストですけど。

投稿: hiyochan | 2006年7月24日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2767010

この記事へのトラックバック一覧です: カモ~ん、べいべ!:

« 我が家のネコの手 | トップページ | こんな日もあるぜ、NZ。 »