« ウチのピカソ1号 | トップページ | 先生の通信簿 »

2006年6月14日 (水)

待望の日本語クラスvol4

 全国3人(笑)の、ハンサムクリスのファン(私含む)の皆様、大変お待たせいたしました。学習者の人達にとっても2週間ぶりのレッスン。そしてヘザーとクリスティーンは、その前も休んでるから3週間ぶり。・・・旦那も結局復習なんてしてないし。う~ん、だいじょぶやろか?

※ SATO、昨日に比べて腰、かなり楽。歩き方もロボコップから、かなり人間に近づきました(笑)。おかげで今日は、PCの前に座って集中できそうですわ。皆様の暖かいコメント、ありがとうございました(涙)。

第4回のクラスは、6月12日。オークランド、いやニュージーランドの3分の1が停電に陥った、あの日の夜。そして、珍しいことに全然停電しなかったこの辺り・・・。電気、落ちてくれていいよ、2時間だけ。腰痛いから・・・。と思った時には落ちゃしない。ああ、人生ってそんなもん・・・。

 ウチのクラスのメンバー、再度復唱(?)復習。

『ハンサム』クリス、おちゃらけ『マイケルA』、『ヤツ』Sと『旦那』、『母』ヘザーと、小学生の娘『ジャズミン』、おっさん『マイケルB』と、近所の『クリスティーン』。そして、2回休みの60km遠方オヤジ『ヒュー』。

⇒どうやら『ヒュー』はもう来ないのかすぃら。今回も休み。ガソリン高いから?
そして、Sくんがいない・・・。正直、ホッとしかけたのも束の間、また15分遅れで到着。嗚呼、旦那よ。お前、先回、
「オレが彼の横に座って面倒見てあげるよ。」
って言った癖して、なぜいつもの場所に座って、授業を楽しむ気満々なのだ?!もう忘れたのか・・・。ほれ見れ。またハンサムクリスの隣りに座ったぢゃねぇか、ヤツ。

 初回は挨拶だったけど、その後、2回目は数字と値段、3回目は時間・分、と数字ばかりが立て続いた。まだ本当は入れなきゃいけないことあるのだけど、今回は気分を変えて・・・。

『○○はどこにありますか/ どこですか?』
にチャレンジ!ただし前回の復習をしてからですよ、いいですね~!

ってことで、まずは時間の復唱。
よじ、しちじ、くじは、特別だからね。数字とは読み方が変わるからね。ごふん、じゅっぷん、もちゃんと覚えましょ~!」
って先回言ったじゃん、マイケルB!まずは老眼鏡を変えないと、テキストのコピーの文字が読めやしない彼。それに先回、
「ヘザーとクリスティーンの分は、オレがテキストのコピー渡しとくよ。」
と、持って帰ったマイケルB。それを何故、この授業中に配る?渡してくれたんちゃうんか?

「ママの分も覚えてって、教えてあげるんだ。」
と、張り切ってたジャズミン。先回は元気が良かったのに、ママがいるとおとなしいのね。そしてママは・・・、ママは・・・。ジャズミン、本当にママに教えてあげた方がいいかもね、キミの助けが必要なようだ。

「オレは日本に行くんだ。だから頑張って覚えるんだ!」
と、人の注目が向いてないところでは口数が多い、シャイでおちゃらけな(←どっちやねん?笑)マイケルA。彼の悪い癖は、毎度毎度、日本語の文章を英語に置き換えること。例えば、『銀行はどこにありますか?』を、『bank is where there?』と、必ず置き換えては、「・・・ってこと、日本語だと?」
と、私に確認する。これで確実に覚えられるなら良いんだけど、たいてい混乱を来たして終わるんだよね・・・。だって、文章が少し長くなると、もうわかんなくなっちゃうんだもの。若いけど、頭が固いのか、ウチの旦那と同じことをするなんて・・・?!混乱した悪い例(SATOの旦那)があるから、その癖止めた方がいいよ、と、誰か教えてあげて下さい。

そして、ハンサムクリスの隣りに、いつものように座ったSくん。バドミントンのラケット片手に、どうやらアドレナリン絶好調(酒抜き)でやって来たようで、クリス相手にボソボソお喋り、そして1人で笑ってる。君は少なくとも静かにしててくれればよしとしよう。でもたまに振ってやらないと、と質問をすると、やっぱり返事は他の惑星から(涙)。せめて時計の長針は読めて欲しかったぞ・・・。

おちゃらけマイケルAの横にいつも座ってる、好対照?静かなハンサム君、クリス。彼は本当に勘が良く、メモを取るにももうローマ字で聞き取りながら書けてる様子。ひらがなも上手に書けてる彼には、今度、メモをかなで書くように勧めてみよう。しかし、クリスは偉いよ。Sくんの相手しながら、ちゃんと授業を聞いて、友人のマイケルAと冗談も言い合える。余裕だな、こりゃ。ほな、そのコツを友人マイケルAに教えてやってくれないか、チミ~。

旦那と、その横に座ったクリスティーンは、どうやら2人でタッグを組んで、分からないことを補い合ってるようだわ。よしよし・・・。でも質問を思いつくのはクリスティーン、旦那は声に出しての私に聞く係・・・。ダメじゃん、旦那。少しは頭を使いましょ。

そのクリスティーン。先回休んだとは思えないほどの冴えっぷりを発揮した今回。旦那が随分助けられたようですな、ありがとうございます。慣れてきたのかな、クラスにも、多分私にも・・・。

先回、数字ばかりだったので、今回は町並みの絵地図を持参。
ロールプレイングやペアワークをしながら、『銀行はどこですか?』、『今、駅の前にいます。』などなど、質問、答えをどんどん作っていく。

他にも、前/後ろ、上/下、中/外、隣り・そばなども説明。そして、日本語と英語の大きな違い、『います/あります』。マイケルBが、
「じゃ、死んだ人間は『います』か、『あります』か?」
と、もうとってもKIWIの言いそうなセリフを・・・。しまいには、クラスの結論が、
「足で突付いて動いたら『います』。動かなかったら『あります』でいいじゃん。」
いいのか、それで(笑)?ま、いっか、それで覚えられるのなら。

腰が痛いにもかかわらず、いつものように、いや、今回はいつも以上にアクションが入るところ。そりゃもう身振り手振りこみで説明してたら、ギクゥ~ッ!

脂汗かきながらの2時間授業は、いやマジで長かったです・・・(涙)。

Banner_01_50 ←いつもクリック、本当にありがとうございます。励みになってますっ!
気が付いたのですが、一番身近な授業のバロメーターは、帰りの車の中での旦那。先回はあんなにグッタリしてたのに、今回はよほど楽しかったのか、テンション高すぎ、帰りの車でも喋りっぱなし!うっさいのよ、あたしゃ腰痛いっつうの!!

|

« ウチのピカソ1号 | トップページ | 先生の通信簿 »

コメント

SATOさん


ご不調を押しての講座講義、お疲れ様でした♪(^ ^)


くるまって、腰が痛いとき、くるんですよね~。。。お大事に・・・


は~vvv(//▽///)♪もう4回目なんですね~vvvvv


なんかもうアメリカのホームドラマ(コメディー風味)拝見しているみたいで、登場人物の皆様にますます愛着(?)が~♪


だんな様もいいお味出していらっしゃいますね~。とってもチャーミングなのはSATOさんの愛のこもった観察眼から文章拝見するせいかしら?(6m<)


お幸せそう♪

リンクのご許可ありがとうございます。またご挨拶に伺います♪

おやすみなさ~~い。書いて頂いてありがとう♪お大事に。

投稿: ティー | 2006年6月15日 (木) 03時41分

とりあえず、その教室を傍から見に行きたいですね!
教える側には絶対に回れませんが
見て楽しみたい(主旨違っ)
死んだ人間は…幽霊、ゾンビ系だといますで
ただの死体はありますでいいのでは!?とか考えてみましたが
日本人なのにいまいち日本語分かってないです

鍼に電流まで流してくれたんですね
なんだかものすごい効きそうです
ちなみに、自分の鍼を刺された背中を写真とってもらったら
予想以上に微妙な図でした

投稿: D | 2006年6月15日 (木) 04時47分

こんばんは。

SATOさん、お言葉に甘えてリンクさせて頂きました。


ご紹介文等、不手際がございましたらご遠慮なくメールくださいませ。

(^▽^)おやすみなさ~~い♪

投稿: ティー | 2006年6月15日 (木) 05時41分

お待ちしておりましたー!!(><)
やっぱり、私達?の「クリス君」は、頭もよろしくて優しくて、それでいてジョークまでとばせる、ナイスなGuyなんですわねー!
うーん、早く「クリス写真」じゃなくて「クラス写真」アップしてくださいましー(危ない妄想?)
しかし「ヤツ」は何故にラケット持参?!向こうの惑星から「ラケットを持参せよ!」なる指示でもでたのかしら?

しかし、今回のクラスは旦那さん同様、とっても楽しく読ませていただきました!私もクラスに入ってSATO先生の生徒になりたいです!!
勿論、「ハンサム クリス君」のもう片方の隣で(^^:

投稿: take | 2006年6月15日 (木) 12時40分

お疲れ様です。SATOさま。
今回はとても順調だった様で(腰痛を除いて。)
人の数え方、ちょうどこの間連れと話題になりまして。
---
「人」の数え方もどんどん変わる 生きているあいだは一人 死んだら一体 骨壷に入ったら一口 位牌になったら一柱 墓に入れば一基 ...
---
なんて話をしてたんですよ。ただ、これも位牌も一基だとか一柱だとか言う記述もあるのでなんだかもうわけわからんです。
一柱なんて神様数える単位だってのは知ってましたけどね~。
日本語ってほんとに難しいです。

投稿: hiyochan | 2006年6月15日 (木) 13時59分

>ティーさま、
本当に味のある顔ぶれのクラスです。人に聞くと、こういうクラス、最後の方になるとドンドン出席人数減ってくるのが普通、といわれたのですが、幸いヒューさん以外欠けてないので、結束は固くなってきたよう。
旦那は・・・おまけです(笑)。

>Dさま、
只今若いアシスタント募集中!←なぜ”若い”限定(笑)?
是非遊びに来て下さい。バシバシ使うわよ~。

ありがたいことに、いつも行く鍼、ウチから徒歩2分。これなら腰が痛くても行けるのよん。我が家では、私が鍼に行くことを「to be a ヘジョッグ(ハリネズミ)」と読んでます。・・・1つ、ひねりが足りんなぁ。

>takeさま、
クリス君ファンクラブの奥様、何を隠そう、彼は・・・声がいい!わ~っはっは!ブログでは届けられません、これ。でも、いつも伸びかけのいがぐりみたいな丸坊主ですけどね。
あ、話逸れてきましたね(反省)。

>hiyochanさま、
そうなんですよね。日本語の数詞の多さ、自分でも到底全部覚えられません。
しかし、hiyochanさん、
>「人」の数え方もどんどん変わる 生きているあいだは一人 死
>んだら一体 骨壷に入ったら一口 位牌になったら一柱 墓に入
>れば一基 ...

この話にたどり着いた、流れがとても気になります(笑)。

投稿: SATO | 2006年6月16日 (金) 09時40分

奥様・・・独り占め?

投稿: take | 2006年6月16日 (金) 22時22分

>takeさま、
・・・あら、何のことかしら~?←シラを切ってみる(笑)。
早くNZいらっしゃいよ~、クラス終わっちゃうわよ。あと3回。

投稿: SATO | 2006年6月17日 (土) 00時21分

ぐすん。
だって、ドリームジャンボ当らなかったんだもん!(涙)

投稿: take | 2006年6月17日 (土) 00時42分

SATOさま
>この話にたどり着いた、流れがとても気になります(笑)。

それは、内緒です。ふふふ。

投稿: hiyochan | 2006年6月17日 (土) 03時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2216611

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の日本語クラスvol4:

« ウチのピカソ1号 | トップページ | 先生の通信簿 »