« 落胆の日本語クラスvol.5 | トップページ | 不良ガイジンの作り方 »

2006年6月21日 (水)

一番長い日・短い日

 点けっぱなしのNHKから、『今日は夏至。』と聞こえてくる。

最低気温1℃の、今朝のオークランド。
でも私の中では6月=夏至、がデフォルト。併せて言えば、7月の私の誕生日は、夏。これもデフォルト。クソ寒い中(NZでは一番寒い頃)で誕生日、ってのは、昔の刷り込みが濃い分、多分一生ピンと来ないままなんだろなぁ~。

ところで、夏至 冬至
先述の通り、デフォルトセッティングが夏な私は、ちぇっ、日本じゃそろそろウナギが出回るんだろな(←奥さ~ん、今年の土用丑の日は7月23日と8月4日ですってよ)、ああ、真空冷凍パックのじゃなくて、美味い焼きたての鰻を食べたいものだわ・・・などと、卑しいことが頭を巡って止まないのだけど、しかし、こちらは冬。しょうがない、かぼちゃにしとくか・・・。

「冬至にかぼちゃを食べると、中風にならない。」←そこ、古臭いって笑わない
と、中風のなんたるかも知らないまま、
「ふ~ん、なんだかいいのだな。それなら・・・。」
と、子供心に食べて(食べさせられて)きたけど、中風=脳卒中や脳梗塞のことだったのか、と、今初めて知る。夏に収穫したかぼちゃは保存が利くから、冬までとっておいて、冬のビタミン・カロテンの補給のために食したそうな。へぇへぇへぇ・・・。

ああ、インターネットって素晴らしいわ~。

冬至、英語で何とか言ったわよね・・・。なんつったっけ?
と、旦那に聞いてみると、

「ん?Shortest Dayでしょ?」
と、来たもんだ。そのまんまじゃないのよ、それ。あたしゃそんなの聞いたことないわよ。またエゲレス連邦弁なんじゃないの?!確かに一番短い日だろけど、他にあるじゃないのさ?ほれほれ!何とか言うヤツ・・・。風情もへったくれもないね、だから英語って好きじゃないのだ(笑)。

で、手元のカレンダー(NZ&AUS用)を見ると、
「ん?Shortest Day?!」

うっそ・・・?じゃ、まさか夏至は?と12月を見る。
あ・・・、やっぱり・・・。

Longest Day・・・。」

じゃぁ何かい?さだまさしのあの歌、『親父の一番長い日』は、『冬至の親父密着レポート』ってことか?!などと、1人悪態をつきながら、手元の新和英中辞典を見る。

とうじ【冬至】
 the winter solstice

そうよ、これよ。私が思い出したかったのは・・・。
もちろん夏至は the summer solstice。そして、手持ちのどの辞書も同じ表記。多数決で我が家では、『the winter solstice』とさせて頂きます。パチパチパチ・・・。

そうそう、ああ良かった、奥歯に詰まってたものが取れた気分だわ!と思いながらふと気が付いた・・・。

私達が日本で昔習った英語って、こんな風に普段絶対使やしない難しい言葉とか、不要な言い回しが多いんだろね、気付いてないだけで・・・。

Banner_01_111 ←いつもクリックありがとうございます。大変励みになってます。
かぼちゃ、で思い出したのですが、NZ産のかぼちゃ、多く輸入されてますよね、日本に。ヤツ等(笑)、日本だけでなく韓国にも、と手広くやってるようですぜ・・・。こんなサイト(その名もNZかぼちゃ.com)を見つけましたよ、旦那(←誰だよ?)。

|

« 落胆の日本語クラスvol.5 | トップページ | 不良ガイジンの作り方 »

コメント

冬至にかぼちゃを食べると「風邪や中風に罹らない」
私この、「中風にならない」バージョン知りませんでした、が~ん。
ま、それはいいんですが。
NZかぼちゃって栗かぼちゃかしら???澱粉質で甘いやつ。
いえね、この間法事のあとの会食でひさびさに恵比寿かぼちゃを食べましてね、懐かしいなあ、と思ったもので。最近とんと見かけなくなったけど、煮物には崩れにくくて向いてるんですよね~。
私は両方とも好きなんですけども。
うなぎは、SATOさんの分まで食べときます。

Shortest Day ぶあっはっはっは、ああ、なるほどね。
親父の一番長い日、なんてずいぶんとまあ懐かしい曲を。「あかぃ~ランドセルぅ~、しょってか~しょわれてかぁ~♪」
つい反応しちゃうじゃないですか、ほほほ。
英語は、やっと連れに教えてもらう約束取り付けましたわっ。
連れ:「一日、一語。」って、おいおい。(^^;

投稿: hiyochan | 2006年6月21日 (水) 15時43分

私が知ってるのは冬至にかぼちゃ食べると風邪ひかない、
ってやつ。
関東と東海では違うんでしょうね。
お風呂に柚子も入れましょう!
NZなら冬至が近付いたからって柚子が値上がりしたりしませんよねぇ。

投稿: もなか | 2006年6月21日 (水) 15時50分

ああ、ゆず湯、贅沢なひびき。肩までしっかり浸かれるお風呂なら、ゆずが入ってなくてもいいんだけどなあ。うちのバスタブって長くて浅くて、浸かりにくいのよ。肩を温めようにも、頭までずぶっといきそうで、どっかにしがみついてないといけないから、とてもリラックスできなくて。
the winter solstice、調べたことなかったです。勉強になりました。春分・秋分は「なにこれ~ややこし」と思った記憶あるけど。
腰冷やさないように、あったかーくして、次の日本語クラスにむけて鋭気を養ってくださいな。

投稿: えみ | 2006年6月21日 (水) 17時18分

当地の名物は鰻です。
関東にお住まいでもご存知無い方がほとんど。
でもすごいですよ。
この狭い地域に200軒余の鰻屋。
一番近い店が歩いて二分。
次が五分。その次八分。一番の老舗が十五分。
年に一度、「うなぎ祭」なんてのも開催。
その割に認知度低し。
その昔、街道沿いの茶店が、荒川で採れた鰻を道いく人に供したのが始まりとか。
けど、始まりがその程度なのに、何で200軒までに増えるかなぁ?
ま、そこそこ美味しいからいいか。

染み付いた季節感、身体が納得するまで、どのくらいかかるんでしょう。
季節のめぐりは文化の基本ですものね。
柚子がなければ他の柑橘類で、肩までとっぷり浸かって温まってください。

投稿: Futa-bar | 2006年6月21日 (水) 17時53分

15日にいきなりグッバイとAOLに言われてコンピューターがシャットダウン。そしてようやくAOLから新しいモデムが届きさらに月々35ポンドから25ポンドへの値下げをゲット!文句言った者勝ち。復活です。これでまたSATOさんブログ訪問できます(^^)/
たまってた分を一気に読み、長く暗く寒かったロンドンの冬を思い出しました。
ところで、かぼちゃ、ここロンドンでは日本で売ってる緑のはほとんど見かけないんですよ。栗かぼちゃ、食べたぁい。
でも変わりといっちゃ~なんですが、バターナッツが結構甘くておいしいです。
食べ物の季節感がなくなってきたと言われてますが、まだまだ実感できますよね。やっぱり日本はいい!!
NZはどうですか?夏のBBQとかですかね。
あ、テレビから今日はロンゲストデイ!って聞こえてきます。。。
数日前の無印良品の話ですが、私はバナナバウムと酢イカと柿の種をチョコでコーティングしたのが大好き!食べ物ばっかですね(^^;)
でもMUJIはあっても食べ物は売ってない・・・残念。

投稿: Junko | 2006年6月21日 (水) 20時44分

とりあえず”かぼちゃは体にいいよ”っていうことですね!
煮物にでもして食べますか~
寒くなってきたので焼き芋とか食べたいんですが
オレンジさつまいもの焼き芋はどうも(号泣)

そういえば、Dの誕生日も7月のかに座なんですよ
…冬真っ盛りですね
そりゃあ、誕生日に”あぁあ・・・電気毛布?”とか頼みかけますね

投稿: D | 2006年6月22日 (木) 00時55分

電気座布団、日本では二束三文でうってるんですが...ニュージーにはないんですかね~、ドン◎ホーテとか・・・

投稿: hiyochan | 2006年6月22日 (木) 02時16分

>今年の土用丑の日は・・・


SATOさんて、本当にNZにいらっしゃるの?!(@ @;)


いつもすっごい!


日本の四季の移ろいに細やかなコメントがあって詳しいわ~~笑笑笑笑笑♪


素敵です♪

投稿: ティー | 2006年6月22日 (木) 02時33分

>hiyochanさま、
私は風邪引かないバージョンを知らなかったのです。おまけにもっと読むと、「冬至かぼちゃは金運がよくなる!」・・・まじぃ?もっと食べとくんだった、昔から・・・。遅いですよね。
そう、こっちのかぼちゃは栗かぼちゃ。所謂西洋かぼちゃ。子供の頃嫌々食べた(←昔から栗かぼちゃ好き、笑)黄色い日本かぼちゃ、もう姿も見ないですもんね。って、私、in NZでした(笑)。
さだまさしに、「赤いランドセル」のフレーズが即出てきたアナタ、もしやかなりのマニア(笑)?
ところで、英語レッスン開始ですか?ってか、連れさんはガイコクジン?いいなぁ~、きっとウチのより訛ってないんだろなぁ・・・。

ドン○にも、NZ出店を進めといてください、是非!

>もなかさま、
>関東と東海では違うんでしょうね。
のようですね。でも、↑かぼちゃ金運バージョン、ご存知でした(←しつこい)?
ゆず湯かぁ・・・。あ、もう妄想モードに入ってしまいそうです(笑)!

>えみさま、
そうよ、ウチの湯船もダメ。寝そべって入ってても足が向こうの端に届いてないし(笑)、かといって安心してゆったり入れるほどの温水量でもないし・・・。スリルとサスペンスの入浴(笑)。湯船欲しいねぇ・・・。とまた妄想。

>Futa-barさま、
>染み付いた季節感、身体が納得するまで、どのくらいかかるんで
>しょう。
身体は無理やり納得できても、頭では「やっぱり違う!」っていい続けそうです、私の場合。北米から一時ハワイに越した友人が、「住んでみると、暑けりゃいい、ってもんじゃなかった。今無性に紅葉が見たい!」って怒ってました(笑)。NZの四季もはっきりしませんしね、そのうち私も言ってるかも・・・。

ああ、どこでもドアがあったら、Futa-barさんち近所に出没鰻できるのに・・・。ドラえも~~ん!!

>Junkoさま、
祝復活!お帰りなさい(笑)。
南アのかぼちゃ、食べたことあります?ソフトボール大の濃い緑色の、繊維ばっかりのヤツ。こっちで最近手に入るようになったから、旦那が買ってきたのだけど、不思議な味でねぇ。甘くもなんともないの。で、繊維質。2度目は好んで食べませんな(宣言)。
そっちのMUJIの人に、この際お菓子無くてもいいから「NZに出店しようよぉ~。」と、耳元で囁いておいて下さい。

>Dさま、
芋やかぼちゃは、もう忘れるほど置いておくと、甘くなるよ~。でも忘れると芋から芽が出るけど・・・紙一重(笑)。
あら、かに座仲間?寒い誕生日なんてやっぱや~よねぇ!ってか、そっちどのくらい寒い?雨乞いするほど干からびてるそうだけど。こっちは、もう雨だらけでカビそうよん♪

>ティーさま、
ハイ、生憎在NZです・・・。
英語圏に住むなんて若い頃は思ってなかったのですが・・・。若い頃は、なぜか漢字圏中国に行く!って思ってました。中国語?もう全くダメですね、未だに。あ、だからか、住めないのは(笑)。

投稿: SATO | 2006年6月22日 (木) 11時44分

いや~、実は「書簡集」を中学の頃血迷って買いました。
ほほほ。
えっと、残念ながら連れは顔の濃い日本人(九州)なんです。
ただ、アメリカに3人ほど仕事で行っていたので、それなりにできるんですよ、英語が。
だから、訛ってますよ、結構。(^∇^;

投稿: hiyochan | 2006年6月22日 (木) 15時20分

金運バージョン>どうりで・・私はかぼちゃが嫌いです・・。
かぼちゃ好きな娘たちはどうか金運に恵まれますように・・。

投稿: もなか | 2006年6月22日 (木) 15時53分

あああ、3年と書こうとして3人と書いてしまいました。
ほほほほ。
かぼちゃ、大好きですが、わたくしに金運はありませんことよ~。

投稿: hiyochan | 2006年6月22日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2314970

この記事へのトラックバック一覧です: 一番長い日・短い日:

« 落胆の日本語クラスvol.5 | トップページ | 不良ガイジンの作り方 »