« 不良ガイジンの作り方 | トップページ | ○○を尋ねて三千里 »

2006年6月23日 (金)

アレルギー持ちの苦悩

 ブラジル対日本、4-1で終了。決勝T進出ならず。う~ん・・・。
4-0のNZよりはマシ、ってことで・・・ダメ? 私が悔しいは、『太りすぎだ』、『動けてない』と、散々酷評されてる『太っちょロナウド』に2ゴール上げられたことでしょうか?

 とにかく選手の皆様、そして4時起き応援の皆様、お疲れ様でした。

 後は・・・なにぃ!AUSが決勝残ったって~?!嗚呼、前の3得点が効いたか、ウチからの・・・。ま、いいんですけどね、野球同様、にわか愛国心なので・・・。次のスポーツ応援しまっす!

 さてそろそろ本題。『素晴らしい薬』繋がりで、きなこさんちにTB。

私、昔からアレルギー体質。母からの遺伝。
NZに来てから、ただでさえ不安定な体質に、未だかつて見たこともない植物・動物が多い上に、その固有植物を絶対保護してる国に来ちゃったので、たまに私の細胞が集団一揆を起こします。免疫が出来るまでには、多分残りの人生では足りないだろな。

 アレルギー人口が世界的にも多い、と言われるNZ。報告があるだけで6割を超えるそう。で専門医に行けば軽く数ヶ月待ちなので、手軽に近所のGP(=General Practitioner、ファミリードクター)に行くことになる。

 私の湿疹が出やすいのは顔、特に目の周りで、昔日本でも医者には通ってた(←多分ネコもアレルギーあるので)けど、日本の医者は優し~く、
「顔や目の周りなので、少し効き目は緩いですが、擦っても大丈夫なこの軟膏出しておきますねぇ~。」
と、言って優し~い薬を処方してくれてました。思えばこれもどうか、と・・・?

 じゃ、NZではどうか、ってぇと・・・。そんな注意は全くなし。思わず医者に、
「これは、うっかり目を擦っちゃったりしても安心?」
と聞いたら、
「擦んなきゃいいじゃん。」 キッパリ。

「日本じゃ、目の周りには少し効き目が弱くても擦っても安心、って処方してくれてたから、NZはどうなのかな、と思ったんだけど・・・。」
「弱いのが良いならそうするけど、効かないよ。アンタが擦らなきゃいい訳でしょ、嫌なら?」 ザックリ、斬り捨て御免!けんもほろろ。きぃ~、むかつく!

「じゃぁ~どうすんのよ。例えば寝てる時に擦っちゃったりもあり得るでしょ?!」←ムキになってきた(笑)。意味のない負けず嫌い。
「じゃ、塗らなきゃいいじゃん、寝る前に。That's all。」

・・・嗚呼、完敗。

悔しいことに、またその薬が効くんだ。一発で痒みが止まる。

市販のアレルギー用目薬も同様。市販の分際で真っ赤な充血、我慢できない目の痒み・腫れがたちどころに消え、3秒で素敵に爽やか、青っぽい白目に変身。一体ナニが入ってるんですかっ?!怖すぎますっ!!

NZ医療、医薬品に詳しい方、いらっさる?→こちらへどーぞ。

Banner_01_111 ←どんな軟膏より、アナタの1クリックが私の心に素早く浸透、たちまち痒みを止めてくれますっ。ああ!痒いわ。アレルギーが・・・アレルギーがぁ~・・・。ささ、アタシを助けると思って、ポチポチッと。

|

« 不良ガイジンの作り方 | トップページ | ○○を尋ねて三千里 »

コメント

あ~ら、奥様、アレルギー持ちなんですのね。

ワタシク、今までアレルギーという代物に無縁で過ごしてきましたけれど初めてピアスをしたときに『金属アレルギー』になりまして、腫れた耳タブに薬塗りながら“ああっ、これで私も大人の仲間入りね・・”と感慨深かった事を思いだしますわ。

今も18k以外は受け付けないセレブでハイソな耳タブですの。

耳タブ用にNZから薬送ってもらおうかしら。。。

投稿: ひさみん | 2006年6月23日 (金) 14時14分

娘がカンザスシティにホームステイした時、
ホストファミリーが前もって
「アレルギーの君の為に」と用意しておいてくれた薬。
クシュン一つで服用すると、二つ目は出ない。
これが誇張や嘘じゃないのね。
日本の薬じゃ有り得ない。何が違う?
その上「アレルギーめ等、このお方をどなたと心得る。控え居ろぉー」
とばかりのショッキングピンク。
そりゃ くしゃみ、咳、痒み、腫れなんて軟弱な病は、色だけでも降参さ。ね。

satoさん、今度四字熟語しりとりしようね。

投稿: Futa-bar | 2006年6月23日 (金) 15時35分

痒いブツブツが出るけど食べたい「さんま」「サバ」「あじの南蛮漬け」そう、私くし「碧の瞳」以外にも弱いものがあるんです。「青い魚」・・・。(ちなみに「青い瞳」には弱くなくてよ。奥様同様ちょっと怖い 汗)

食べなきゃいい = 擦らなきゃいい。塗らなきゃいい。
人間は欲望の塊だから、そんな簡単に「that's all」とはいかないのよ。 けど、そんなに効いちゃう薬だったらやっぱり奥様の完敗かも・・・。
NZ産「青い魚を食べた後のブツブツ和らげます」軟膏ってないのかしら?

投稿: take | 2006年6月23日 (金) 16時37分

NZがアレルギー持ち多いなんて、イメージに反していますね。驚きました。とっとと落ち着くといいですね。私は自分のアトピー体質を何とかしたくて、はりきゅうマッサージの資格を取り、あちこちのツボとって試行錯誤した結果、1日中薬飲んで塗っての生活から足を洗うことができました。でもやっぱこれ塗れば一発で効くっていう薬持ってると安心ですよねー(効きすぎも薄気味悪いけど)。顔の症状って、見られてしまうから辛さ倍増なのよーーーくわかります。治れ治れと、北半球から念を送ってますよー。

投稿: sakurazaka | 2006年6月23日 (金) 16時52分

アレルギー持ちでしたか。
私もです。ふふふ(T_T)
たまになんだかよくわからないものにかぶれますのよ、日本に居ても。
アレルゲンなんて星の数ほど有るから、大抵は特定不可能!
かかりつけの内科の先生に飲み薬のポララミン(の弱めの方)と非ステロイド系塗り薬もらってやり過ごすことがほとんど。
一回、かかりつけがお休みの日に発疹が出て駅前の皮膚科にうっかり飛び込んだら、信じられないくらい強いステロイド塗り薬処方されてしまったことがあります。しかも僕明日から休みだから、それ塗ってもだめだったら休み明けに来て(3連休)~と言われ。
しかも、薬の説明ろくにしやしない。(従姉妹薬剤師だから調べてもらい)
結局、次の日まで我慢してかかりつけに行きましたともさ。
ステロイドって、よく効くけど諸刃の剣なのよね。
目を擦るなって言われるアレルギー薬って言うと、ステロイドを思い浮かべるけど....

投稿: hiyochan | 2006年6月23日 (金) 17時20分

うちの長女もアレルギーでは苦労しましたが、漢方治療ですっかり治していただきました。
やっぱり、免疫力よねぇ。信じていなければ胡散臭いとしか思えないこともしました。
アレルゲンは色々あると思いますが、一番怖いのは化学物質です。
経験に基づく我が家の家訓『ダニより怖い化学物質、ダニじゃ死なない』です。

投稿: もなか | 2006年6月23日 (金) 22時48分

猫好きなのに猫アレルギーがあります!
家猫2匹いるんですが
どちらが来た時もすぐ後にぜんそく、肺炎
全部アレルギー性でした(笑)
でも、1度過ぎると大丈夫らしい?(克服?)

…Markの甥っ子が芝生とか自然アレルギーで
自然が大好きなのに森林浴とかに行くと目のしたが真っ黒に…
可哀想ですが可愛いです(どっちやねん!)

ところで、SATOさん
うちのブログにリンクさせていただいてもいいですか~!?

投稿: D | 2006年6月24日 (土) 04時22分

くすくすくす♪(^m^)


私、SATOさん好きだわ~vvv

大好き♪

お目目お大事に~♪

投稿: ティー | 2006年6月24日 (土) 14時58分

>ひさみんさま、
アタクシ、こう見えても(←どうよ?)デリケートざますのよぉ~、おっほっほ。タフなところは、口←これは弱い・強いの問題ではなくて『悪い』だけ。

>Futa-barさま、
去年、旦那が病院にかかった時にもらってきたイブプロフェンの錠剤、ショッキングピンク!でした。病も頭痛もまずは気から、それなら色で吹っ飛ばせ!って感じでしょうか・・・。
四字熟語、特訓します!

>takeさま、
NZの白人、あまり青魚食べないのよ。スーパーにはまず売ってないわよ。私はアジア人経営のお店で購入するわよん。しかし、いわしなんて・・・釣り餌コーナー!ああもったいない!ということで、青魚薬はなさそうなのよ、奥様。

>sakurazakaさま、
特に目の周りにアレルギーが出る私。以前日本でかかった医者に、
「いいじゃん、目の周りだけなんだから辛抱しなさいよ。もっと酷い人いるんだよ。」
と言われ、掴み掛かりそうになりました。人から金取んのにそのセリフはなんじゃ~~~っっ(笑)?!顔はねぇ~、ホント困ります。

>hiyochanさま、
ステロイドです。強いか弱いか、の違いで。だから余程痒い時以外は使わないようにしてるんですが、やはり冬場、乾燥が一番いかん!なので・・・子供の頃からおなじみの、ニベ○クリーム塗ったくってます(笑)。

>もなかさま、
私の知人の名(迷)言で、『例え数日掃除しなくても、人間埃じゃしなない。』というのがありました。年末大掃除の頃に思い出してみることにしています(笑)。アレルギー持ちには埃は結構堪えますけどね・・・。

>Dさま、
リンクおけーです。どぞどぞ。でもウチ年齢層高いですよ・・・。

>ティーさま、
笑って頂けて光栄です。私、面白いですか?おかしいな、至ってまじめなつもりなのに・・・(←結構本気、笑)。

投稿: SATO | 2006年6月25日 (日) 12時36分

つらいよね、アレルギー。どう、落ち着いてきました?
私には抗ヒスタミン剤の内服薬が合うようで、常備してます。軽度の場合は市販の花粉症用でまにあいます。それでも悪化する場合は、GPで市販よりも強めの薬を出してもらい、少しステロイドの入った塗り薬も使います。幸い毎日必要というほどではないし、早めに対処したほうが回復もスムーズなので(というか一度がまんして治そうとしてひどいめにあった)、一時的に使うぶんにはいいか、と思っています。

投稿: えみ | 2006年6月25日 (日) 20時36分

>えみさま、
ありがと。今はね痒いの止まったけどカッサカサよん。えみさんもアレルギーなのね。痒いのは我慢できないものね・・・。
そうそう、必殺技!は毎度使っちゃ効き目薄(笑)。お互い、冬場は痒いねぇ・・・。

投稿: SATO | 2006年6月27日 (火) 13時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/2340532

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー持ちの苦悩:

« 不良ガイジンの作り方 | トップページ | ○○を尋ねて三千里 »