« ♪ど・お・に・も・止まらない♪ | トップページ | シフォンケーキだぜ、べいべ~! »

2006年5月 6日 (土)

くしゃみ3回・・・

 風邪を引いたようだわ。
そういや、なんか、咳してたわね、アタシ。(←って、先に気付けよ)
鼻がおかしいのも、『あれ?花粉飛んでんのかな?』なんて暢気に思ってたしね(←バカだわ、っつたく)

 実は、普段の毒舌(自己認識あり)からは皆さん想像がつかないほど、子供の頃から虚弱体質のアレルギー体質な私。
「ほら、例えば骨を折っちゃうと、折れたところを保護するために、周りの骨が丈夫になる、っていうじゃない?だからよ。体の弱いのを保護するために、口が達者になっちゃってさぁ・・・。」
と、いうと、皆さん、
「・・・(一瞬の沈黙の後)。あぁ~、なるほどねぇ(笑)。」
いや、ここ突っ込むところだから。↑を母にも言われたときは、また製造元の癖に!、とクレームを上げたい気分になったけど。
私にとって、”風邪”、というものは、①楽な日、と、②ひどくなった日、の選択肢しかないと思っている程、結構しょっちゅう引いてるね(←自慢してるバヤイじゃないけど)。

074d57a9092ea096991ec9d551225474NZで風邪を引いた、と言えば、
←まずこれ。絶対これ。パナドル。
薬局に行っても、GP(General Practitioner=日本でいうとこの、”町の診療所”みたいなものかしら?)に行っても、処方されるのはこれ、パナドル。
でもね、これスーパーでも買えたりする。そして、本来痛み止めではないかと思う・・・。
Panadol効用は、『頭痛、偏頭痛、肩こり、関節炎、リウマチ、筋肉痛、神経痛、歯痛、のどの痛み、生理痛、風邪の緩和、発熱症状』って書いてある。

えっ?それってバファリン?とお思いになった方。←正解(ワタシ的には)。
バファリン、って風邪薬じゃないよね?←これも正解。でもNZはこんな国。
ちなみに、手術の後にも、
「痛かったらパナドル飲んでね。あるでしょ、ウチに?」
と、言われるそう。いいのか、それで?!

※もう一つのNZ医療の特効薬 印籠は、ANTIBIOTIC(抗生物質)。
去年のある日、突然入院することになった旦那。病院は、
「まだ原因わかんないけど、抗生物質打ったら落ち着いたから。」
って・・・。原因不明でも印籠を出せばめでたしめでたし。それで落ち着くなよ、旦那も!

そんな話をしてたら、日本の友人Yちゃんからドッチャリ、『各症状に合わせて』と、風邪薬を送ってきてくれた。さすがYちゃん、2児の母。熱烈感謝よ、もう。
風邪の引き始め用、鼻風邪用、頭痛用、熱用、総合感冒薬、温冷シップ各種、他。
箱を開けたらそこには薬局があったわ、NZの薬局より種類が豊富な・・・。

箱の中身の数種類だけで(もちろん効用、日本語で書いてある)、どれ飲むべきか迷う私は、
Panadolを笑うものはPanadolに泣く』なのかしら?ああ、アタシったら使えない・・・。
 ただいま無難かつ着実に”総合感冒薬”を消費中・・・。

Banner_01_97 ←いつもクリックありがとうございます。大変励みになってます。
風邪を引いたし、おとなしくしてなきゃいけないし、幸い熱はないし。
『じゃ、ウチでじっとしててさ、ほら、”アタシの”ネコでも編みなよぉ~。』
と思った方、いますかぁ?いるでしょ(笑)?陽だまりで編み物・・・もうバアサンだわね、こりゃ。

|

« ♪ど・お・に・も・止まらない♪ | トップページ | シフォンケーキだぜ、べいべ~! »

コメント

いや、でもパナドールは効きます!奥さん、馬鹿にしちゃいけませんよっ。

風邪を引いてもほとんど薬を飲まない私ですが先日急激に「風邪をひいた」瞬間がありまして、30分後には関節やふしぶしが痛く、非常に体調が悪くなったんですね。

でもあいにく仕事に行かなくてはならず、家にあったパナドールを飲んで見たところ、みるみるうちに気分がよくなったんです。

薬が切れたころ、また症状が再発したんで風邪そのものを退治してくれたわけじゃないんですけど(笑)下手な日本の風邪薬より効きます。

お大事にしてくださいねー。

投稿: ひつじ | 2006年5月 6日 (土) 22時11分

どうぞ、お大事になさってください。
もし、手に入れば漢方薬の“葛根湯”もいいですよ。

拙blogにご訪問ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしく。

投稿: もなか姐さん | 2006年5月 7日 (日) 00時25分

う~ん。恐るべし「Panadole」しかし。
私も大概の体調不良は「バファリン」で直します。
ニュージーの「Panadole」万歳!日本の「バファリン」万歳!

それでも直らなかった今回の肩こり。
しっかり肩に注射打って来ましたぜ!

これで編み物に挑戦だ!ってまだしばらくは安静ですな。satoさんに対決する日は来るのかしら・・・・
このまま編み物熱がフェイドアウトしそうな自分が怖い。。

あっ、そうそう、satoさんのブログ、リンクさせてもらって良いですか?

投稿: ひさみん | 2006年5月 7日 (日) 01時46分

SATOさんも喘息持ちの由。
原因は何でしょう。
私の場合アスピリン喘息です。
うっかり風邪薬・解熱剤・痛み止めの類が飲めません。
とすると、医師からの処方は効き目のゆる~い漢方薬(強いのもあります)
痛みはとれず、熱は下がらず、治りは遅々として・・・。
おいそれと病気にはなれません。

投稿: Futa-bar | 2006年5月 7日 (日) 03時01分

皆さん、温かいお言葉、ありがとうございます。昨日は脳が溶け出てくるほど(笑)寝ました!おかげで随分楽になりました。
ほぉ~・・・、だわよ、奥さん。

>ひつじさん、
奥さん、日本に住みながらパナドルがウチにある、ってのはさすがKIWIのお宅ですな。
ささ、GW最終日。片付け、手伝いに行きたいくらいです、暇なので。

>もなか姐さんさん(←さん?さんさん?)、
葛根湯ゲットだぜ!です。で、飲み干しちゃいました。
ところで、葛根湯と言えば風邪の引き始め、と思っていたのですが、効能に『かぜ・肩こり・頭痛』とあり、ここにもパナドルの印籠(笑)?と思っちゃった。ちゃうちゃう、漢方漢方。

>ひさみんさん、
リンクありがとうございます。私なんてもう貼っちゃったもんねぇ←事後報告。すみません。不都合あれば教えてください。
んじゃ編み物対決だぁ!って、夏ですしね、そっち。冬まで待ってあげてもよくってよ。私が飽きてるだろけど、それまでに・・・。

>Futa-barさん、
昔、昔、小児喘息でした、そ言えば。
>医師からの処方は効き目のゆる~い
正にそれ、非ピリン系飲まされてました!
大人になってからは、さほどでも無い、と思っているのですが・・・。基本が強くないようです。
しかし私の↑の記事で、喘息?と見抜くFuta-barさん、只者じゃない、と見ました。おみそれしました(拝)!

投稿: SATO | 2006年5月 7日 (日) 10時36分

激励恐れ入ります~。
実は昨日もコーヒー飲んで本屋でガーデニングの本など何時間も立ち読みしまくりました(笑)。↑片付けできないのにガーデニングなぞ高度なことをやろうと思ってるところが現実逃避ですな。

パナドールは二日酔いのお供にもよろしいんでございますよ(笑)

投稿: ひつじ | 2006年5月 7日 (日) 12時27分

>ひつじさん、
二日酔いには、パナドルと大○胃酸、必須アイテムざます。
ってひつじさん。こんなとこで遊んでないで片付け片付け!ざますよ。これこれ!
しかし。引越しなのに現実逃避といえば・・・ああ、数年前の私を思い出します。

投稿: SATO | 2006年5月 7日 (日) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪ど・お・に・も・止まらない♪ | トップページ | シフォンケーキだぜ、べいべ~! »