« ”PLEASE” | トップページ | 顔の英語 »

2006年4月25日 (火)

どうぶつばんざい

 今日は祝日のNZ。っつうか無職の私とスクールホリデー中の旦那は、今日も休み。
で、ダラダラボケ~ッと朝っぱらから編み物なんてしてたら、あら電話が鳴ってる。

 電話の主は、犬好きだけど、実は隠れ猫好き(←隠れてない?)の近所のゆうさん
(←犬ブログ『羊の国のラブラドール』
え、慌ててる?どしたの?

なにぃ~?!捨て猫発見?!3匹もですとぉ~?
猫好きだけど、隠れ犬好き(←犬好き。友人宅でガウガウされてもへっき。怠け者な私、猫の怠けっぷりが同類なだけ)の私としては、彼女んちのクロエちゃん(女の子)に子猫が寄ってきた、って聞いただけでメロメロ(笑)。なんか胸の奥のほうがザワザワして、辛い。どうするどうする?

でも生憎今日は祝日、近所の獣医も開いてない。SPCA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals、=動物虐待 防止協会)に聞いてみるけど、
「引き取りになんていけないわよ。連れてきてくれたらいいけど・・・。じゃ~ね。」
と、対応も休日モード。連れてくにも遠いんだよね、あそこ・・・。
ペットショップに念のため聞いてみた結果、
「捨て猫ぉ~?ボランティア?知らないね。」
と、案の定邪険にされる。
『血統書無くたって、雑種だって、捨て猫だって、生きてんのよぉ、バカ~~!』と思いながら電話を切る。
そうだ!困った時はネット頼み。

おおぉぉ!ボランティア団体、キャットレスキューオークランド?!すばらすぃ~。
怪しい団体とかじゃないわよね?と、まずは電話をしてみると・・・。まともそうな(失礼)女の人の声、そして対応。『すぐ折り返す』、との返事。その旨ゆうさんに伝え、まずは子猫救助に向かおうとしたその時!!
「子猫3匹よね?3匹のおうちも探したよ。もう捕獲した?ケージ持って連れに行くわ。」
NZに来て初めて聞く行動の速さに感動。今まで全て待たされ続けたのに・・・。なんだ、やればできる(人たちもいる)んじゃん、NZったらぁ~。

 現場到着(←事件のつもりなSATO)。
現場はグラウンド裏。近所の犬の散歩コース。暗くなったら人通りもなくなるような干潟の、マングローブの木が少し開けたところに子猫3匹を発見。少しでも濡れないようにか、子猫たちは海水で湿った厚紙の上で丸くなって、私達をじっと見てる。ああ、また胸がザワザワ・・・。
でも見つけて歩み寄った途端、マングローブの茂みや岩の隙間に逃げ込む手のひらサイズの子猫たち。おびえてる・・・。無理もないよね、と捨てたバカヤローを恨んでみる。

そこにたまたま通りがかった、ビーグル散歩中の5人家族。
「あんたたちの猫?逃げたの?」
「違うの。捨て猫助け出してんの、猫レスキューの人たちが来てくれるんだ。」
「そっか、どれどれ・・・。」
と、軽々とマングローブの茂みへ歩み入り、手伝ってくれた彼ら。咬まれたり引っかかれたりしながらも、ベキベキと木の枝を折り(←これはいいのか?)、果敢に踏み入ってくれたお母さんと娘さん、そして岩をどけて最後の1匹を捕まえてくれたお父さん。本当にありがとう。

_310←ゲンコツ1つ半ほどと小さいながらも、生きるために必死の抵抗を試みたのはこの3匹。箱の中で猫レスキューの到着を待つ間にパチリ!ごめんね、起こして・・・。
おかげでアタシ達みんな、血まみれ(大げさ)の休日となったのよ。
その分、幸せになりなさいよ、っつたくもう(笑)!_311

→『捨て猫=ダンボール』ってのは刷り込みなのかしら?
ケージに入れられた子猫たちは、ちょっと汚い(笑)、ってくらいで、もう捨て猫の顔じゃない・・・。安心したのかな。元気でよかったよ。3匹一緒のおウチだって、よかったね。これでぐっすり寝られるね。
連れに来てくれた人達もいい人でした。ありがと、みんな。そしてお手柄クロエちゃん。

 見送って、ゆうさんも私も、ちょっと淋しかったりして・・・。いや、ウチら飼えない飼えない、これ以上。

 干潟に潮が満ちたのは、この2時間ほど後。本当に間に合ってよかった。
喉が渇いても、塩水だったもんね。お腹もペコペコだっただろね。雨降りそうだったしね、今日。そんなことをクロエちゃんに相談してたのかな。

Banner_01_87 →いつもクリックありがとうございます。とても励みになってます。
今度会ったら、クロエちゃんにお手柄のちゅ~っ!をするのよ、と思ってる私。え?食べ物の方が嬉しい?

犬好き・猫好きっていうけど、結局「動物好き」なんだな、と今日つくづく思いました。ね、ムツゴローさん?

|

« ”PLEASE” | トップページ | 顔の英語 »

コメント

リンクありがとうございました!私の方からもぜひリンクさせてください。

猫ちゃん、危機一髪でしたね。
キャットレスキューのサイトは前から知っていて、NZに住むようになったら猫飼いたいと思っていつもチェックしてるんです。
実際には旅行も多いし飼えないかも知れないんですが。。。。
本当によかったです。

投稿: ひつじ | 2006年4月26日 (水) 13時48分

>ひつじさん、
犬はきっとSPCAが飛んできてくれるんですよね。でも猫は、放っておかれるのか・・・。なんて思った途端の超迅速な彼らの行動に、ここはNZか?と疑ったほど(笑)。
でも本当に助かってよかったです、子猫。
猫お好きですか?もし飼えない時はうちに2匹いますので、AKLまで出てきた際に是非お立ち寄りくださいね。

投稿: SATO | 2006年4月26日 (水) 21時23分

SATOさん、こんばんは~♪(//▽//)御礼が遅くなりました。リンクいただいてありがとうございました。こちらからもぜひリンクさせてくださいね♪
パソ、メンテナンスが終わってやっと帰ってきたばかりなので、明日にでもアップさせていただきます。
パソも私の腰もちょっとガタが(苦笑)一週間ぶりにまたネットできてやれやれです。

にゃんちゃんズご無事で本当によかった~vvv皆様の愛ですね~。潮が満ちてくる前で本当によかった。
いまうちでも3匹が引っ付いてもごもごになって寝ております。和みます。(^ ^)
実際に一緒に暮らしだすと毛埃の掃除とか猫トイレの手入れとか旅行に出かけにくいとか何かと手がかかりますが、小さな命が安心してねむっているというのは可愛いものですね。(^ ^)もう家族です。小さなニャンチャンたちも暖かいおうちで可愛がられて幸せに暮らせますように。

投稿: ティー | 2006年4月28日 (金) 03時21分

>ティーさん、
お帰りなさい。←ってのは変ですね。
PCはともかく、腰は大事になさってね。私のオツムもメンテに出したい、いやできればアップグレードを・・・(笑)。

猫たち、本当によかったです。大変な抵抗だったけど、車に載せたら「次はどうなるんだろ?」って思ったのか、し~~ん・・・。不貞寝したのもいたりして(笑)。←ダンボールの写真、右端は、もう全然こっち向いてくれなかったんです。で、ケージに入って初めて顔みました。
元気で大きくなってくれるでしょう、過去は忘れて。っていうより、猫の記憶はどこまであるのかしら?

投稿: SATO | 2006年4月28日 (金) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/1536321

この記事へのトラックバック一覧です: どうぶつばんざい:

« ”PLEASE” | トップページ | 顔の英語 »