« 『仕事に生きがい』の参考例 | トップページ | 街路樹も収穫の秋?! »

2006年4月 4日 (火)

花束 イブンカ編

 花束ってのは嬉しいもんですな。←のっけからオヤジ入ってます。
”サヨナラ”、だったり、”おめでとう”、だったり、”ありがとう”、だったり、”お世話になりました”、だったり。そしてただ”何気なく”、でもいい。
花は、いつ誰から貰っても嬉しいものだと思ってました。
でも最近変わったな、むかつく時は花束貰ってもむかつくことに気付いたわ(笑)。

例えば。
 旦那が、両手に抱えきれないほどの花束を買って帰ってきた日。
「まぁ~、さすがに外国人のダーリン。なんてロマンチック?!」 ←ブッブー。大間違い。
だって花は、巨大な紫と白の小菊の束。そう、正に墓地の手前のお花屋さんで、墓前に、と売っているようなあの小菊、それも紫と白。そして何より、喧嘩の翌日!!
「オヌシも一度は日本にいた身。墓地の花を目にしたこともあろう。今回はそうと知っての狼藉か?嫌がらせだな?えぇい、そこへ直れ~!」
と、火に油を注いだことに間違いはない。

 以前の会社で、たまに宅配で花束が届いてました。送り主はほぼ男性、そして宛先は決まってそのパートナー(NZでは、主に恋人も夫婦もゲイ同士でも、相手は”パートナー”と呼びます)。
 そしてある日・・・。
SATOちゃん、来客よ~、と呼ばれて出て行くと、旦那が花束持って立ってた(今度は菊じゃないけど)!もうお気づきですね。これも喧嘩の翌日。
「何してんの、アンタ?」
と、声かけた途端、同僚T(KIWI、女性)が通過。で、旦那に向かって、
T:「あぁ~あ、もう・・・。昨日何したの、アンタ?SATO怒らせたんでしょ、どうせ。本当に男ってのは喧嘩しちゃぁ花送りゃぁ済む、と思ってんだよね、全く。それより、最初から花送る前に怒らせないようにすればいいのにねぇ、ったく・・・。」
と言って、怒涛のように(笑)ワッハッハと笑いながら去っていく彼女。そしてそれを見送りながら呆然としてる私と、苦笑いの旦那。本当に間が悪いったりゃ・・・。トホホ・・・。

もう花束いらないから、旦那。今度は代わりにおいしいものでも食べさせてくれ。
じゃ、今晩辺り喧嘩でも吹っかけるとするか(笑)?

Banner_01_66 ←今日もクリックありがとうございます。励みになります。
花束より、今は満開のソメイヨシノが見たいなぁ・・・。あ、酒とおいしい食べ物も外せない。

|

« 『仕事に生きがい』の参考例 | トップページ | 街路樹も収穫の秋?! »

コメント

先日は、どうも。
楽しかったですね~。
Satoさんともっと、お話したかったです。

やっぱり、菊はマズイですよね~。
私も旦那から、菊入りの花束貰ったことあるのですが、
菊が強烈過ぎてどう見ても仏様に飾るお花にしか見えませんでした....

それにしてもsatoさんの旦那様、会社にまで来てお花を
渡してくれるなんて、素敵~。

投稿: ブルブル | 2006年4月 4日 (火) 22時03分

>ブルブルさん、
ようこそ、いらっしゃいませ。
やっぱり菊はまずいっすよね。。。
でも、会社に登場はまずいですよ、こちとら仕事モードですしね。もし会社に菊持ってきた日にゃ、市中引き回しです(笑)。

投稿: SATO | 2006年4月 5日 (水) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/1267952

この記事へのトラックバック一覧です: 花束 イブンカ編:

« 『仕事に生きがい』の参考例 | トップページ | 街路樹も収穫の秋?! »