« フラット探しにはご用心 | トップページ | NZに本格的な秋の到来。 »

2006年3月18日 (土)

SUSHI in AKL

 NZで初めて訳も分からず仕事を探そう、と思った時、まず頭に浮かんだのが日本食。手当たり次第、と回ってみた数年前、でも今ほど日本食レストランも多くなく、”SUSHI”ってのをあてに回ってみたら、メニューの多くがハングルだったので驚きました。今でもオークランドの寿司屋の多くは日本人以外の経営です。でね・・・、好みの問題もあるんだろうけど、全体的に酢が効いてない。多分韓国海苔巻き(キムパブ)に近いです。
 最近の日本食ブームも相成って、寿司スタンド(っていうのかしら?)や寿司ショップには、KIWIも行列する。しかし、多くのKIWIにとってSUSHI=海苔巻き。ファーストフードのような扱いなのかな?原点に返れば、江戸時代、握りの立ち食いは正にファーストフードなんだろうね。

「ねぇ、こないだ本で読んだんだけど、日本ではSASHIMI FISHが上にのってるのもSUSHIっていうって本当?」
と、聞かれたことがある私。そうよ、今の日本ではそれが寿司の主流なのよ~~!と、訴えたいのだけど、街のスーパーの魚からではKIWIが刺身を食べるとは思えない。
_055 で、人の誕生日パーティーにこんなん作ってみました。

「SUSHIバースデーケーキよ~!」
ラップを敷いたケーキ型に、飾りのレモンスライスとスモークサーモン、青じそを敷き詰め、いりゴマを混ぜた寿司飯、そしておまけに(彼らは全く気付かなかったが)とろろ昆布をのせて、また寿司飯。要は押し寿司のケーキバージョン。
「これは何?」 寿司よん。
「どうやって食べるの?」 寿司だからそのまま。醤油つける?切ったげるから待ってて。
「何で出来てるの?」・・・だからぁ~、寿司よ(この辺がもう限界、笑)。スモークサーモン巻は食べるじゃん。ちょっと変形。
「チーズケーキかと思った。」・・・いや、それは違う。どう見たらそう(笑)?
と、色んなコメントが飛び交う中、一口大に切り分けたらもうあっという間にはなくなる大反響。っていうか、珍しがられたのは確かだけど、美味しかったんだろうか・・・?

Banner_01_41 ←いつもクリックありがとうございます。励みになります。
私からのイブンカ提供もありかな、と、こういう機会も楽しみになってきました。そんな中、当のBirthday Boyから嬉しい?一言。「初めてご飯と酢の美味しい分量のSUSHIを食べた気がする。」
くぅ~、嬉しいこというぢゃないか?おばちゃん作った甲斐があったってぇもんだ、こんにゃろちくしょ~め~!

|

« フラット探しにはご用心 | トップページ | NZに本格的な秋の到来。 »

コメント

おいしそ〜う。毎日、肉ばかり食べているという息子に食べさせてやりたいで〜す。7月頃息子を尋ねてNZに行けることになりました。CHCで合流して南島に行きます。帰りにAKLに寄れるかどうかわかりません。一週間しかおれないので。忙しく動き回る日本人の典型的な海外旅行になりそうです。
このケーキ寿司、いろいろなバージョンに応用できそうですね。アイデア、使わせてください。

投稿: トマ | 2006年3月18日 (土) 14時21分

>トマさん、
きっと息子さんにでも作れます(断言!)。
ご飯さえ炊けば、後は寿司酢(粉末でも可。こっちのスーパーにもあり)を混ぜて、例えばどんぶりを型にしてもドーム型の可愛いのが出来る、と思います。スモークサーモンはこっちで入手可ですし、す○太郎の散らし寿司の上に、簡単にサラダとか錦糸玉子とか盛り付けちゃってもいいですよね。パーティーでは大うけ間違いなしです、と息子さんにも伝授しちゃってください(笑)。
7月、ようこそNZへ!ですね。交通の便が日本に比べて格段に不便ですが、きっと忘れられないような風景に出会えると思いますよ。

投稿: SATO | 2006年3月19日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/951842

この記事へのトラックバック一覧です: SUSHI in AKL:

« フラット探しにはご用心 | トップページ | NZに本格的な秋の到来。 »