« NZ洗濯物事情 その2 | トップページ | 育った環境の違い »

2006年3月 9日 (木)

なんと?!南アが?!

 先日、まさか観られるとは全く期待してなかったWBC(ワールドベースボールクラシック)の放送にいい気になって、にわか野球ファン。これも20日決勝(米時間)までの短期限定だけど・・・。
 思ったとおりNHKでは、『放送権の都合』と、このWBCも映像は無し、ニュースは声と音だけ。つまらん。ケーブル付いてて良かった。

 で、16カ国の参加、と眺めてみると・・・。うん?何か野球と不釣合いな名前が・・・。
おいおい、南アがいるぞぉ~?!
 英国圏、クリケットとラグビーだけじゃないのか?!

おまけに、ヨミウリオンラインのWBCチーム概要には、南アったら名前すら載せてもらってないし(笑)。
 オーストラリアも勇気ある行動(笑)だと思ったけど、南アったら無謀ではなくて?!

 ここで南ア出身の旦那に聞いてみた。
「南アの野球?うん、英国圏の中でも盛んだと思うよ、うちは。子供の頃、日曜日とかよく親父と近所の球場に観にいったもんだよ。外野席とか無いだけどね。ホームランのボール、よく駐車場の車に当たってたなぁ~・・・(遠い目)。」
って、それ草野球じゃなくて?球場ってか、広場って言わない、それ?
ましてや、旦那よ、アンタの子供の頃って、いつの話よ?!

※当時の南アの野球は、上記のようにフェンスがなかったので、今、野球放送を見てても、『エンタイトル2ベース(ワンバウンドでフェンスを越えた場合、2塁までいける)』なんて、聞いたことない、あり得ないといいます。
『塁を回ってホームに着いたら得点。打ったら走る。』の基本は承知でも、他の詳しいルールは知らないそう。。一度、「やりたい!」と言うのでソフトボールの試合に参加した時は、ルールを知らないので、見てる方がドキドキしました。
私がルール知らなくてラグビー観てるのと、大して違いなし。ま、ラグビーは痛いので(笑)参加はしませんが、ハイ。

 新聞のHPもネットも調べてみたけど、南ア関連大した情報は見つからず。やっぱり。
記者さんもお疲れ様です。
 唯一、「南アは、アテネ五輪でオランダに一勝したことがある」現在完了形の、経験、を思い出しました、”~したことがある”、笑)。
・・・え?公式にはそれだけ?オランダも勇気あるチームのうちの一つってこと、じゃあ?
予選Bリーグ(米国、カナダ、メキシコ、南ア)のダントツUNDER DOG(=負け犬。転じて弱そうで、まず勝てそうも無い人、チーム)は間違いなし。

 と思ってたら、あら大変!
7日、予選Bリーグの試合結果を見てびっくり!南アったら、多くのメジャーリーグ選手を抱えるカナダ相手に、8回裏までリードしてたそう(ま、9回表逆転負けだけど)、それも8-11!ホームランは無く、ヒットで得点を稼ぐ、という理想的な展開よ、それも!観客数の少なさ(5829人)も草野球的?

 彼らが善戦したことに、『とても喜ぶ』よりむしろ『めっちゃくちゃ驚いてた!』のは、当の南ア出身旦那だったけど。 

 結論:『怖いものなし』の草野球パワー、恐るべし。

こっちのスポーツチャンネルも、連日ESPN(スポーツ専門ケーブル局)の野球を流すようだわ、夜中か昼間・・・。生放送だから夜中とかもしょうがないのか。どの試合を見ようか迷ってしまう・・・。

 はぁ~、しばらく私は寝不足間違いなしだな、こりゃ・・・。

Banner_01_29 今日もクリック、ありがとうございます。

|

« NZ洗濯物事情 その2 | トップページ | 育った環境の違い »

コメント

先日のイチローの発言、こちらの週刊誌にも取り上げられていました。
今のイチローは、心・技・体とも駄目なのだそうですが、とくに「心」が最悪なのだそうです。試合前に、対戦相手にあんな言葉を聞かせるようでは、闘志を湧かせるだけで、一利もないとか書かれていました。当日も、たいしたボールも投げない投手なのにかろうじて足で稼いだヒット一本、守っては彼の得意とするレーザービームも大きくそれていたそうです。
ところで、優勝候補のアメリカがカナダに一方的な試合をされて負けたそうですね。そのカナダによい試合をした南アはもしかすると、決勝進出かもしれないそうです。縁もゆかりもない私ですが陰ながら応援しています。

投稿: トマ | 2006年3月10日 (金) 14時04分

>トマさん、
南ア、こちらの時間で今朝、対アメリカ戦を放送してましたが、折角応援頂いたのに、最初の勢いはなんのその、対戦ごとに尻すぼまりに本来の姿が出てきたのか(笑)なんと0-17でコールド負け。当のカナダも、最終的に予選落ち、と大荒れのリーグB組だったようです。でも、さすがに鳴り物入りのUnder Dog、負けてはならぬ!と送り込まれたアメリカの刺客(笑)、”ロケット”ロジャー・クレメンスに全く手が出てなくても、たった5回でコールド負けしても、選手みんなが笑顔で楽しそうだったのが印象的でした。今頃、『いや~、面白かったね。いい経験したね。』なんて、MLBの球場でお土産買ってるかもね、って旦那と話をしてたところです。
 日本選手も、”楽しんで”野球が出来たら、”楽しめた”という荒川選手の金メダルのような強さを発揮できるかも、と思うのですが・・・。個人ではなく、チーム仕事。難しいですかね?
とにかくあさって朝からの2次リーグ、また応援したいと思います!

投稿: SATO | 2006年3月11日 (土) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/961171

この記事へのトラックバック一覧です: なんと?!南アが?!:

« NZ洗濯物事情 その2 | トップページ | 育った環境の違い »