« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

明日はエイプリルフール

 明日はエープリルフール。嘘をついていい日、というよりジョークを楽しむ日らしい。
ウチは、今年こそ旦那をあっと驚かせてやる!と思いながら、大したことも思いつかないまま一日が終わっちゃう。 

 聞くところによると、海外の新聞では、毎年恒例『4月バカスペシャル、大々的に大真面目に嘘』の記事があるらしい。日本でも、東京新聞やFM横浜なども、恒例嘘つき記事を報道してるそう。一年に一度、そんな嘘記事を超真面目に?考えてる大の大人デスク、ぷぷっ。それにこんなのまで見つけました。みんな準備してるんですな、ウケるためには。

 さて、2年前のオークランド、CBD(中央商業地区)のど真ん中、白昼の出来事。
前の会社で、4月1日の午後から事務所機能を一部移転することとなり、それに間に合わすため、会社の男性二人(共に日本人)が車を路肩に停め、オフィス用品を運び入れてた時。

 前から歩いてきた真面目そうなサラリーマンKIWI男性が目に留まったそう。
普通にジャケットを着、そしてYシャツ(←これ、もう言わない?)、ネクタイ姿。革靴になぜか目に付くソックス。でも・・・何かが違う?

 なんと彼、下半身トランクス姿!ず、ズボン穿いてない~~!

2人とも目が離せず、手を止め、彼を見つめてたらしい。で、次の瞬間目が合い、
「見た?!」
「見た!!」。

 そこからは仕事中の日本人(特に1人は上司)。入っていった先を追いかけることはなかったそうだけど、是非驚かせた人の反応、見届けてもらいたかったもんだ。

しかし、そんな格好でも捕まらないものだね、NZ。エープリルフールだから?
ま、まさか・・・本当にズボン忘れてたりして。

Banner_01_63 4月バカは明日。今日はいっちょ大真面目なクリック応援をお願いします。
尚、明日は「ニュージーランド絵日記」のゆうさんの大企画 on エープリルフール(笑)、『オークランドブロガーの会』に参加。出席の皆様、どうぞよろしくお願いしま~す。
でも、なんせブログ初心者なSATO、ちょっと緊張気味・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

公務員な猫

 日本で猫飼ってた私。
犬も好きだけど、こんなに猫好きだったなんて、飼ってみて気付いた。
 で、こっちに来た時、猫禁断症状の私を救ってくれたのは・・・。

_020 図書館で飼われているにお勤めの公務員。
彼の名前はベンジャミン。

←駐車場の車の、ボンネットの上で束の間の休憩中。起こしちゃってごめんね。


図書館の裏の駐車場や芝生の上で、一般市民に遊んでもらってたり貢献してたり、図書館内のオフィスで、同館職員に甘えてたりとの とのコミュニケーションを図っていたり、時には図書館内をうろうろマーキングの見回りしてたり、と正に公務員の鑑。
コピー機の上でドッカリ座って暖を取っていたりの定期点検も彼の仕事
 しょっちゅう何処かに引っかけでもして、無くすのか、彼は、公務員の身だしなみ、おしゃれも忘れず、首輪も定期的に替える

 働き者の彼、館外、時間外活動も怠らない。
ご近所のお宅 にえさをねだりに行ったりを見回ったり鳥を追っかけたり害鳥駆除に励んだり落ちている鶏モモの骨をかじってみたりゴミの始末にも協力したり、と八面六臂の活躍ぶり。たまに、館外活動に精を出しすぎて、うっかり帰社時間に間に合わず、自動ドアの前で、『ちぇ~っ!』と言わんばかりに、ミャ~、と鳴いて(泣いて)たりもするけど(笑)。

 ソト猫には、写真のように鑑札が付いている場合もあり、名前、飼い主、連絡先がやはり猫にも書いてある。で、彼の場合、
「ベンジャミン、○○図書館、TEL:○○-△△△」
って、本当に一人前に図書館の猫。聞けば(ハイ、直接職員さんに聞きました)、職員が『ベンジャミン基金』として寄付をし、それからえさや獣医費用を出したりしてるらしい。もちろん、外に出すための飼い主の責任、去勢も済み。昼間は出入り自由、職員の帰宅時には外に出す生活らしい。

 こっちの人達、本当にペットを家族や仲間の一員として迎えてるみたいで、見てても気持ちがいい。

Banner_01_64 ←今日はなんと!『チキチキ照れるぜ、結婚記念日』な我が家・・・忘れてた。えへへ。ってことで、本日は縁起もん、熱いクリックシャワーの大サービスをお待ちしてま~す。
あ、そうそう。ベンジャミン、ちゃんと横断歩道渡るのよ、奥さん知ってた?いや、マジマジ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

近所の公園

   今日はめっちゃくちゃいい天気!
待望の布団も干したし、シーツも洗ったし(所帯くさ!)、ちょっとお散歩。

_091_1 車でちょっとの距離のこの公園、湖のほとりにあり、近所の学校が体育の授業でよく使うそう。
←今日は、近所の男子校がスクールバスでカヤックの練習に来てました。_095_1

→その横では大人がウィンドサーフィンレッスン中。
_092
←公園はこんな感じ。
 さすがに平日の昼間、ベンチでお昼食べてたカップルと、犬の散歩が一組、後は上の写真の皆々様だけでした。

  _088_093
たまに、こっちの公園で見かける、→このようなもの、何だか分かりますか?

_090_1 ←答えはこれ。公共の電気BBQ台です。
シーズンオフのせいか、それとも今年の7月にNZのコインが新しくなるからか、今は調整中のようでした。50セント玉で動きます(動いてました)。
公共のもの、上の鉄板もまるで今すぐにでもBBQできるほど、きっちりきれいに磨かれてました。

NZは、多くの公衆トイレも、きれいにされてるのが嬉しいです。
トイレの写真は、さすがに撮らなかったですが・・・(笑)。

Banner_01_60 ←以上、NZの公園事情を、SATOがレポート致しました。
天気がよくってきれいだな、行ってみたいな、と思う方も、SATOよ、お前ばっかり遊んでて!と思う方も、クリッククリック。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ごほうびもろた~!

 昨日、嫌々の台風一過と思ってたら、やっぱり降りやがった。それも土砂降り。また昨夜も嵐。どうやらしばらく居座りそうな予感。湿気で部屋中30%増しな重さ。私の身体もどうやら湿気吸っちゃったのかしら?30%増、大変重い(笑)。
あぁぁぁぁ~、羽布団が重い。ぽっかぽかのふっかふかに干しちゃいたい!

 そんな中、旦那が嬉しそうに帰ってきた。
「じゃじゃ~ん!学校でこんなん貰った~!」
子供か、アンタは?手には白ワインが1本。
「アンタ、どうしてハイスクールでそんなもん貰ってくるの?」
って聞いたら、
「職員会議で週に一回、”先週一番頑張ったと思う人”って投票があってさ、俺、今週の一番だった!これは商品。」
だとさ。あくまでも、生徒からの投票ではなく、先生=大の大人同士。ぷぷぅっ!よく小学校の学級会で、そんな投票あったような記憶・・・。
ほのぼのしてるんだけど商品は白ワイン、その辺だけは大人(笑)。
でもKIWIの大人は、仕事に対してもこういう楽しみ方を知ってるみたいね。

Banner_01_57 先週頑張った(らしい)うちの旦那に愛のクリックをお願いしますぅ~(さとう珠緒風、けっ。)。
さて問題です。一年間で一体何本『頑張った賞』のワインが溜まるでしょうか?
実は2人でワインを開けても、1本飲みきれない我が家の2人(おかしいなぁ、外では私飲むんだけどね)。
正解者は、我が家の溜まったワイン消費?にご招待。ただし、我が家までの交通費は含まず、よ。そこんとこ4649(古)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

NZと停電

 さて、ここで問題です(って突然・・・)。
ここオークランドでは、世界的に大ニュースになった停電事件があったそうです。
では、停電の期間はどのくらいだったでしょう?

 なんと!1998年2月22日と、結構最近、CBD(=中央商業地区)が約6週間にも渡り機能不全に陥ったそう!理由がまたおかしい。『オークランド中心地で の電力消費が予想以上に多くなり、老朽化した送電ケーブルがパンクしたことが原因』だったそうだけど、もうこんなとこすごくNZ。大都会のど真ん中が真夏に停電?!復旧に約2ヶ月?!思うに、工事の人達が暑くてビーチに行ってたんじゃないか(笑)?
 生憎その後、オフィスビルには自家発電が付いたそうで、SATOが勤務してた時には、
「停電じゃぁ仕事になんないよな、PCも使えないし。帰ってビーチでも行くか?」
ということも無かったけど。ああ、その頃CBDで会社員していたかった(笑)。

 オフィス街でも2ヶ月電気が止まる国。一般家庭の停電なんてしょっちゅう。それも晴れでも嵐でもおかまいなし。で、隣りの電気付いてるのに、ウチだけ付いてない、なんてのも少なくないし、ウチから向こう1ブロックだけ停電、ってこともあるみたい。電気会社に連絡しても、
「え?停電?どこよ、そんな話聞いてない。」←いや、だから報告してるんだけど・・・。
と、また”しろやぎさんからお手紙着いた”、と化すのよね。羊ってお手紙食べるっけ?

 週末、雲行き怪しいな、と思ってたら台風が接近の昨日。台風なのかただの暴風雨なのかの違いが、この辺の海辺じゃ天気図無しでは分からないけど、偏頭痛も疼いてきたし(※頭痛持ちな私、天気悪いと頭痛いです)、低気圧接近、荒れ模様には間違いなさそう・・・。
 ああ、しかし嫌な記憶が・・・。

 去年10月。まだ寒い頃、停電が3日間も復旧せず、給湯器のお湯が温まらない、という事件発生した我が家。でもおっかしいでしょ?だってテレビも冷蔵庫も問題無いのに、お湯が出ないの。どうやらここNZの多くの家庭では、給湯器用と一般の電気との配線が別々、っていう変わった造りだそう(by 電力会社)。そんな造り変よ?!で、その時は温水器用の配線だけが、この辺り一帯で3日間も止まったのよ、奥さん!3日間よ?!ネパールとかなら分かるけど、先進国よね、ここ? もうみんなが風呂入れない、若しくは水風呂。でも冬の終りよ。ウチなんて何回電力会社に電話したか・・・。でもノラリクラリの返答ばかり。おまけに電話に出る人出る人がもう本当にみんな『え?そんな話知らないよ。』とぶっこく!
「もうアナタんちはお湯が出るんでしょうね、どうせ?!ウチは出ませんの。おまけにニュースでもやってたわ、ご覧になってないのかしら!ぷんぷん!え?知らないですって?お宅の会社のことに、そんな無責任な対応してたらぶっ殺すわよ!」(失礼)
と、叫びこそしなかったけど、これがまかり通る国、NZ。さすがのSATOも連日の水風呂には参った。

そんなトラウマに苛まれ、昨夜は嵐の中、余計にあまり眠れず。
ウトウトしながらも、今朝、旦那が出勤前に、
「ギャ~~!み、水だぁ~~~!!」
という悲鳴も無くシャワーを済ました様子を聞きながら、ほぉ~っと安心した私。今日は、超嫌々な感じの台風一過。日は差したものの、いつもなら町の屋根の向こうにはっきり見える海も島も、霞の中。良かった、停電は免れたようだわ。

Banner_01_56 ←ウチのクリックは自家発電ですので、もしもの時にもクリック可。是非一度お試しを!
別にね、停電はしょうがないと思うのよ、アタクシ。問題はその後、ノラリクラリと修理も延びれば対応もとろい。とっとと直しな!ってんだぁ、べらんめぇ!!
暢気は住みやすいが、緊急時だけは勘弁して欲しい。はて?KIWIは文句・苦情を言わない人種なのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

納豆バトル

 旦那は、20年来の菜食主義にとっとと別れを告げ、ありがたいことに結構何でも食べてくれます。肉・魚・野菜、興味もあり、糠漬け、梅干、塩辛やら干物やらもチャレンジ。でも正直、気に入ると私の食い扶持がなくなるから困る(笑)んですが・・・。

 でも、どうしても嫌だ!と絶対食べようとしないのが納豆
「嫌!あの臭い、糸引いてるあたり、やっぱり嫌だ。一口だけ昔無理やり食べさせられたけど、嫌だった。」
というので、納豆もちゃんと食べてみれば意外とイケるかもしれないよ、他の日本食もそうだし、と言ったら、
「よし!そこまで言うならアンタがどんな方法でもいいから、俺に納豆を食べさせてみてよ。嘘は言わないから、もし”おいしい”と言わせたら一ヶ月間毎日トイレ掃除をしてやるよ!」
と、ある日断言をされました。かと言って、納豆オムレツにしてみたり、巻いてみたり納豆汁にしてみたり、いろいろ作ってみても、
「いやぁ~、今日はそういう気分じゃないから・・・。」
と、勝負(?)自体を避ける。卑怯者め!逃げる気か?!
※別に無理に食べさせようなんて思わないんですが、望むなら受けて立とう!と言う訳でして・・・。

 とある日。そんなことは全く知らない友人Sちゃんから荷物が届き、こんなものが入ってました。その名も(見た目も)『手巻きなっとう』。
フリーズドライの納豆はピリッと辛子も効いていて葱の風味もしっかり。それを海苔で巻いているんだけど、口に入れると、段々水分含んで少しネバッとしたりもする、不思議な感触。美味い!
と、ひとりほくそえんで(笑)食べているところに旦那帰宅。
生来のいやしん坊が顔を出し、来るなり、
「それ何?」
はい、食べさせました、本人の希望でしたから。すると、思いもかけぬ言葉。
美味い!マジ美味い!!これ何?」
あら?アナタ今、”美味い”、っておっしゃったかしら?本当に?もう一度聞く。
「うん、美味い!で、これなんで出来てるの?」
にっこり微笑む(=ニヤリ?)SATO。
「じゃ、一ヶ月間トイレ掃除、今日からよろしく。約束でしょ?」
その後、トイレ掃除なんて最初の数日やっただけな旦那。
こら!まだ25日ほど貸しがあるぞ!今後大いに励むがよい。

Banner_01_55 ←日本人同士でも好みの違いはありますが、こんな下らないバトルを展開してるのはウチだけ?でも、面白い(笑)ので、他にこっちでも簡単に手に入りそうなもので、「こんなものはどう?彼、食べないのかしら?」というご意見・ご希望お待ちしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

カツオとカメの相関関係

 ウチのカツオ、いや旦那が、何か変なものでも食べたのか、もしくは何か憑いたのか、先日急に
「俺は日本語勉強するぞぉ~!」
と言い出しました。いえね、もう1000000・・・・回も言い出しては、そのたび挫折してるのですが、
「今度は本気!絶対!マジマジ!」
と、言い張ります。こないだおはぎを持ってったお宅(ご主人はKIWIだけど日本語の先生、もちろんペラッペラ)にお邪魔したことが刺激になったのかも?何がきっかけでもいい、”今年、いや毎年の抱負”に一歩近づいた、とシメシメ・・・(笑)。

 と、思いきや、重い尻があがらない様子。ったくもう・・・。テキストもウチにあるし、端くれ、とはいえ元先生もウチにある(笑)のに。
「ねぇ、こないだ言ってたけど、いつ日本語勉強するのぉ?」
と聞けば、疲れただの、仕事が忙しかっただの、眠いだの、毎日言い訳・・・。カツオなはずが中身はカメよ、カメ。
「アンタがやるっていうから、人が手伝うつもりでずっと前から準備してるのに、やらないなら最初から期待させるな!もう二度と口に出すなぁ~!」
と、申しましたところ(=怒ったら、ですな)、慌てて(ぷぷっ)ひらがな・カタカナから始めてました。

「私は、日本語で書かれたテキストを、時間をかけてでも日本語で読んで書いて考えて、の方が身に付くと思うから、まずはもう一度ひらがな・カタカナの練習したら?それなら自分で毎日5分でも出来るでしょ?で、自分が文法をやりたい、勉強したい、時間も気力もある!って時になったら声かけて。手伝うよ。」
と、言いました。そりゃね、かなと文法、同時進行の方が早いだろうけど、なんせカメ。だから自主性に任せることにしました。それからしばらくし・・・。

で、昨日。
「どんなテキスト使うの?字多い?」
って聞くので、すわっ!本格的に勉強する気になったのか?!とイラストだらけのテキスト出したら、
「ううん、今日は勉強しないよ。ただね、かなが読めるか読んでみたいだけ。あ、読める読める。」
と、きっぱり。単語の意味もさっぱり分からないけど、読んでる様子。嬉しそう、でも辞書をも引かないし、意味わかってないけど。辞書引こうよ、おい。教師でしょ?調べろって生徒に言うでしょ?

はぁ~~~・・・。
カツオな彼は、こういう時だけマイペースなカメ。絶対に、だんだん教室にも来なくなるタイプなんだよな。そのうちまた冬眠しちゃうかなぁ。

Banner_01_53 そんなうちのカメ旦那に日本語応援、叱咤激励クリックを!!
日本語雑誌や周りに転がってるカナだけをつっかえつっかえ読んでるけど、←の文も「・・・ヤニガッテルカナダケンデル」となってしまい、さっぱり何のことやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪しろやぎさんから~

NZ生活における交渉事は、いつもこんな感じ。
♪しろやぎさんからお手紙着いた、くろやぎさんたら読まずに食べた♪

 こんなこと起きてます、我が家。でもこれはほんの一例に過ぎないの・・・。

 今住んでいる家、雨どいが詰まっているのかどこか外れているのか、雨が多く降ると水がボタボタ落ちてきたり、たまにコケの塊がボトッと落っこってきたりする。だから、また冬が来て雨降り続く前に修理してもらいたい、と旦那が大家に掛け合ったのはクリスマス休暇の頃。
→1月過ぎ、大家から連絡があり、『修理します。近いうちに業者を回しますね。』とのこと。
→やっと2月半ば、『業者手配済み。彼らから、”いつが都合がいいか”って、そっちに直接電話が入ると思うからよろしく。』
→3月あたま、業者から電話。『○○番地の△△さんちね?間違いないわよね。今日は確認。また電話します。』・・・おいおい、何のための電話じゃ?
→先週末、業者より留守電。『工事担当者、いつ行ったらいいか相談したいので電話下さい。』週明けにかけたら担当者不在。『他の人では分からないから、またかけて』、といわれる。
→そして昨日。もう一度同じような留守電。早速折り返し電話。
私:「○○番地の△△だけど、雨どいの件で折り返し電話しました。で、いつ来られる?」
担当オペレーター:「え~っと・・・。金額とか知りたい?必要?」
私:「いや、それは大家さんちに直接でしょ?ウチは工事だけのはず。で、いつ来られる?」
オ:「そうよねぇ~。あのね、大家さんちからの連絡待ちでね、電話かかってこないのよ。お宅にはハシゴ、ある?」
私:「ない。そっちから持ってくるんじゃないの?で、いつ?」
オ:「大家さんからの連絡無いからねぇ、もう一回かけてみようかしら?あ、そうだ!お宅から大家さんに電話したら?その方が早くない?」
私:「何を?こっちは電話したから、お宅が修理に来てくれるんじゃないの?だって留守電にも”都合教えてください”って入ってたし。で、ウチは早いうちがいいけど、いつ来るの?」
オ:「大家さんからの電話が来ないのよ・・・。しょうがないわね、もう一回かけてみて、また後日連絡するわ。ありがと。バイ!」

・・・・♪し~かたがないのでお~手紙か~いた、さっきの手紙のご用事なぁに?♪
もう3月も終り。この調子じゃ今年の冬も修理は期待できないな、雨どい・・・。

Banner_01_52 ←スローフードならぬ、スローワークとの果てしない交渉を味わってみたい人もクリック!冗談じゃねぇぜ、けっ!と言う人も是非クリック!
少しずつ冬の準備が進むNZ、こないだは、「煙突掃除いかがですがぁ?」と言う電話はありました。もちろん「あのぉ~、ウチ煙突ないんですけど・・・。」と、お返事しておきましたが。
まだ半袖やノースリーブ着てるんだけど、早くから準備始めないと、なんせこんな調子の”しろやぎさん”の国だから・・・ね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

アナタ in 英語

『ねぇ、ダーリン?』、『なんだいハニー?』
日本語で、こう書いてみると、まるで三流声優の吹き替え(”なんだい?”って言われてもねぇ)?!のようなセリフに変身する不思議な言葉達・・・。この二つが日本で特に有名なのは、やっぱりはるか昔の『奥さまは魔女』からの刷り込みかしら?  
”奥さまの名前はサマンサ、旦那様の名前はダーリン・・・。”  懐かすぃ~。

 外国人と結婚した、というと、友人から「お宅のダーリンは元気?」と連絡を貰うのだけど、よく考えたら彼をそう呼んだ覚えがない私。何かをねだる時ぐらいは(笑)、と思ってもNZじゃ別に欲しい物もないし、買ってくれそうな収入でもない(涙)。⇒だからダーリンなんて呼んでやらない、って訳じゃないのだけど。
 では相棒とその身内。さすがにそういう文化で育った人の口からは種類も豊富。
ダーリン、ラブ(応用にマイラブあり)、マイディア、スウィートハート、ハニー、スウィーティー、ドール、ベイビーなどなど、出るわ出るわ、この家族。国や人によっては男女間限定もあるのだろうけど、この家族では結構いろいろ出る、夫婦、親子間から孫にいたるまで。
 しかし!皆さん!これはのろけでもなんでもなくやはり育った環境によるもの(断言)!その上で、『使う人は使う。使わない人は使わない(私のは”使えない”)。』だと思う。
私は、「オラ、そんなこっ恥ずかし~こと言えねぇ」、ってのが正直なところ。名前で呼んじゃうもんね、ずぅ~っと。

 でも、不思議とこの国では、街中でいとも簡単にこんな呼びかけされます!
 例えば初めて入ったカフェで。
タトゥー入ったコワモテでマッチョなお兄さん。コーヒーを頼もうと待っていると、
「Hi、ラブ!今日は何にする?」
ん?ラブ?何となく違和感。ラブと言われても・・・、それにこの店初めてだし。
 例えばFerry内の売店のおばあちゃん店員さん。
マイダーリン、フェリーチケット往復ね?$9よ。」
マイダーリン?やっぱり変。お尻の辺りがもぞもぞする感じ。
 用事があってかけた電話(相手は面識ない女性)でも、しばらく保留にされた後。
スウィーティ、待たせたわね。」
スウィーティ?!私、アナタの顔も知らないわよ?!

旦那に↑の話をしたら、大笑いしながら、
「うん、そういえばKIWI使うね、特にお客さん相手。英国圏の習慣なのかな、わかんないけど?アンタ、言われて落ち着かないでしょ。」
ハイ、ご名答。もぞもぞしちゃう。NZ独自かどうかはまだ調査が必要(笑)だけど、やっぱり見も知らない人に『ハイ、ダーリン!』、と呼びかけられるのは・・・ねぇ?

Banner_01_50 ←いつもクリックありがとうございます。励みになります。
お買い物に行っても、「Have a nice day, LOVE!」と送り出されるこの不思議な国、一度来て試してみませんか?そう、そこのダーリン、是非あなたも! 
(by New Zealand観光協会、なんちゃって。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

家政夫?は見た!

 最近、また暑いのよね、オークランド。一時期涼しくなって、お決まりの風邪もちゃんと引いたはずなのに夏が戻ってきたかのような暑さ。と言っても一番暑い昼間でも25℃にもなりゃしないけど。

 ※WBC日本優勝にすっかり水を差すような記事です、今日は。ごめんなさい。

 先日デジカメの写真の整理をしてました。すると、見覚えのない写真発見。
ぬぉ~~!!いつの間に?!
_071 ←※(残念ながら)クリックで拡大します。

私の幸せな、”ダラダラ、正に猫3匹生活”を旦那に激写されてました。
それも夕暮れ、フラッシュさえ焚かず忍び寄ってくるとは、卑怯者め!
「だって、あまりにも気持ち良さそうだったから、猫たちが・・・。」
と、言い訳がましい(笑)。私の日頃の行いに対する仕返し、もしくは内部告発と見た(笑)!

 しかし、人の足元にわざわざ寄ってきて寝てる猫たち・・・。
毎日ダラダラしておる私のことを親猫と見まごうておる、とでも申すのか(時代違うし)!?
おのれ、卑怯者の旦那め!覚えておるがよい!←反省の色全くなし。

Banner_01_49 ←こんな私に、大沢親分のような『喝!クリック』をお願いします!
最近よく昔の仕事仲間の夢を見ます。そろそろ仕事を探すがいい、というお告げか?それとも心の焦りか(多分後者)? でも毎日暑いのよねぇ・・・(やっぱり反省なし)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祝、WBC世界一

 深夜12時を迎えたNZ。
昨日のブログをおはぎにしたけど、やっぱりこれ書いて寝なきゃね。

 WBC優勝おめでとう、日本代表!
 WBC始まってから、試合の放送時間が昼間だったこともあって、すっかり引きこもってテレビに釘付けだった私。でも、おかげで日本代表だけでなく、多くの試合を見られたことに感謝。この期間、ぷ~太郎専業主婦でよかった・・・(笑)。

ESPNの放送 in NZは、優勝チームのインタビューもメダル授与も何も見られなかったけど、王さんの胴上げ見られただけで幸せな気分。NHKも、ゲームの様子は固定画像で見られないけど、でもシャンパンかけの様子を映してくれてありがとう。

いや~、にわか愛国心でしたが、楽しませて頂きました。本当にありがとう。

教訓。人間、崖っぷちに立ったら怖いもんなし。準決勝への勝ち上がりが決まってから、まるで別のチームのように見えました(って、試合見てなかったけど)。

 この幸運を、9回目の角番で、負けが混んで苦しい状況にあり、引退が目前か?と言われてる大関魁皇にも、通り過ぎかけてる幸運の女神、戻ってきてあげて欲しいです。
一番の贔屓は白鵬関ですが・・・。

Banner_01_48 ←縁起もんだよ、今晩のクリックは~!さぁさ、寄った寄った、早いもんがちだよぉ~!
お気づきですね?明日から5日間は、相撲に釘付けになります。子供の頃から結構好きでして。マニアック?いや~、NHKしか日本語チャンネル無いもんですから、選択の余地が無い、ともいいますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

あんこだぜ!

 気分はとっても”アンコ”でした(笑)。

 どうしても、どうしてもアンコが食べたい!先日から(冬眠準備モードの)身体からの訴えを無視することは出来ず、でも非常用に、と友人が餅と共に送ってきてくれた粒あん缶の気分じゃない。おはぎよ、おはぎが食べたいのよ、SATOは!
「お彼岸だし、おはぎだったら作ればいいじゃないの、アタクシ?」
と、まるで口調だけはおはぎの鉄人、そして気分は『素敵な奥さん』。しかし本当のところは、『初めてのおつかい』、ならぬ、『初めてのおはぎ作り』。

 昔子供の頃に、母がおはぎ作るの見てたじゃないの?と一念発起、テキトーにチャレンジあるのみ!成せば成る、もし成さねば・・・旦那をだまして「これが日本の伝統よ。」と食わすことにしよう(嘘)。子供の頃の記憶をいかに再現できるか?さあ、人間の限界にチャレンジ(これも嘘)!

一応確認に、と実家に電話。すると、
「分量?いつも適当だしなぁ・・・。やったら何とかなるわよ?どうせ暇でしょ?あっはっは。」
と、いつものように適当な癖に一言トゲを忘れず。母よ、娘のテキトーと口の悪さ(これも)は、あなた譲りに違いない(笑)。

 こわごわ小豆を炊くことしばし。いい香りがしてきた。で、これからどうだっけ?濾すんだ_083_3っけ・・・?ええい、面倒、ミキサーかけちゃえ!これで食物繊維た~っぷりだもんね、と豆を一気に潰して、でも念のためもう一度裏ごし。でも手抜きな私、ザルで濾したので(ハイ、裏ごしもあります、実は・・・)結果、大して違いなし(笑)。ここで古典的豆絞り手ぬぐい登場(写真)!もらい物とは言え、これがNZのウチにあったのに驚いたけど(笑)。日本にもあったっけ?はるか昔の記憶を引っ張り出して、 見よう見まねで絞ってみる。こんなんでよかったっけ?(こればっかだわ)そして、水気を切ったさらしあんに砂糖を投入!塩少々で味を決めて、練り上げることしばし。

 ゼェ~、ハァ~・・・。ここまで何とかたどり着いたぜ。アンコの味はよし!と自画自賛、いや、自己満足?で、もち米混ぜて炊いたご飯を丸めて、また豆絞りを取り出し、アンコを練りつける(なんかこの表現、汚そう・・・。捏ねつける?貼り付ける?なんていえば良いんでしょ?)とにかく、だんだん形になってきた!

 お待たせしました。では、おはぎさんにご登場頂きましょう!_082_1
おはぎさ~ん、どうぞぉ~!と、こんな感じになりました。初めてにしては、ところどころアンコ剥げてたり、布目が目立ったりしてるけど、味はイケる!NZでお茶処でもやろっかしらん?

と、でもここまで二日がかり。そんなにかかるもの?不慣れなだけ?(絶対後者)初めてだったのもあって、一生懸命作っちゃったら、出来た頃には脱力、見るのも嫌になりかけ・・・(笑)。やっぱりお茶処の経営は無理・・・。
で、結局、ご近所の日本人とそのご主人にお裾分け。貰ってくれて大感謝、置いといても、もち米硬くなっちゃうしね。

Banner_01_46 ←お彼岸の中日。お墓参りに行かれる方も、自宅で野球観戦の方も、ポチッとよろしくね。
こっちも午後2時から始まってる試合。ESPNでは、カレッジバスケットボールのために40分も遅れて放送!海外で、「ESPNのバカ~!」とお怒りの方もクリックしてみません?
さぁ、私も今からテレビに釘付けになるとしようっと。頑張れニッポン!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

WBC日本代表との再会

 私ぃ、とうとう日本代表と再会できましたぁ~!もちろんNZのテレビで、だけど。

 最初の1次リーグ、東京からの日本対韓国戦の放送を見たっきりで、日本戦、全て待ちぼうけだった私。、代わりに南米同士の熱い戦いを放送しちゃってたNZのESPNチャンネルのおかげでキューバの勝ち上がりまでしっかり観戦させて頂いた。

 で、昨日の準決勝。嗚呼、こんな日に限って外出の用がある旦那と私。ここはNZ、ESPNの放送時間はあてにならないけど、とりあえずビデオをセットして出かけました。

 夕方帰宅。もう終わった、と思ってたので開口一番、「どっち勝った?」
先に帰ってた旦那から、「雨で中断中。8回表6-0、日本勝ってる。」
ぬぉ~!勝ってるですってぇ?!みんなぁ、私の帰りを待っててくれたのねぇ?!と、ビール片手にテレビにかじりつき、オヤジ化する私(笑)。

~~~中略。試合内容、結果はもう書く必要ないから。~~~

多分、多くの人が昨日はそうであったように、私もWBCのニュースをネットサーフィンしてみました。
 今回決勝であたるキューバは、国際大会37回連続の決勝進出、そして3度に渡るオリンピックの金メダルを誇る国。でも米国からの経済制裁のため、開催直前まで参加が危ぶまれていたらしい。特にブッシュ大統領が賞金なんてやるもんか!と、大反対。そしてカストロ議長が、『もし優勝しても、賞金は全て寄付してくれるわい!』(と、子供の喧嘩みたいなことは言わないけど)と決断したことで(渋々)米国も参加を認めたらしい。やっぱり世界大会は、政治と隣接・・・、と残念に思う。でも賞金はもらえないけど、国の意地と名誉をかけた決勝進出。
 対する日本は、前髪しかない、という幸運の女神が、通り過ぎちゃった・・・、と思っていたらどうやら舞い戻ってきた感。でもその女神の前髪を、もう一度チーム一丸となってガッチリ掴んで離さなかった、今回の意地と団結力。
 いい試合になりそう。楽しみ。

 一人歩きしていた、例のイチロー発言。対チームではなく、自分の責任、と感じただろうなぁ、なんて想像してたのは、私だけではなかったみたい。
昨日の放送でも前半では、ESPNのアナウンサーが数度引用していたけど、彼が打ち、走り、守るに従って、無くなっていった。それは最後には日本チームの賛美に変わって行ったから、今回の放送では、前回のような不快感は全くなかった。あの審判も、もうごひいきがいない分(笑)、おとなしかったようだし。明日はいるのかな、ヤツ?

 私、明日は用事も入れてないもんね。テレビにかじり付いて(笑)見るわよぉ~!
明日は祝日の日本。昼間は街、ガラガラだろうね(笑)。電器屋のテレビ売り場は混んでるに違いない。

Banner_01_44 ←野球好きな人も、嫌いな人も、ちょいとクリックしてみません?
ところで、昨日のESPNのアナウンサーは、フェアなコメントが多く、聞いてて気持ちよかった。王監督を、「OHサン」と、さん付けで呼んでました。さすが世界の王。ネットを見る限りでは、試合後の韓国の金寅植監督のコメントも冷静。韓国の朴賛浩選手からの、「決勝は日本に勝って欲しい。友達いるし。」というエールも素敵。フェアなスポーツマンシップ万歳。
さあ明日決勝!頑張れニッポン!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

NZに本格的な秋の到来。

 今朝、秋の訪れと共に目覚め。
と言っても天候の変化ではなく、夏時間が終わった話。

 夏時間(Daylight Saving)が昨日で終り、今日からはまたStandard時間。ちなみに、日本との時差は夏時間中は4時間、今日からは3時間(こっちの方が早い)。
NZの夏時間は、10月第1日曜の午前2時⇒午前3時になることに始まり、3月第3日曜の午前3時⇒午前2時になることで終わるそう
要は、10月は朝起きたら1時間早いので、時計を早めて、3月は、逆に寝る前に時計を1時間遅らせてから寝てね、ってことらしい。よく考えれば分かる(ような気がするんだけど)なんせ数字が嫌いな我が家の二人・・・。毎年、旦那からは
「ってことは、時計何時にして寝るんだ?」
と聞かれ、私の頼りは、時刻の調整が自動設定になっているPCと、日本との時差。
「え~と、日本との時差が3時間に戻るんだから(これから考えないと分からない私)、遅らすんじゃない?」
そんなアホ2人。書いてても情けない。

 昔、よく出かけてたアメリカにはやはりDaylight Savingありました。アジアは無いわよね。旦那曰く、南アにも無かったらしい。オーストラリアでは、州によって夏時間の採用があったり無かったり・・・って、国内移動なんて面倒くさそう(※クィーンズランド州はなし)。

 日本でも、エコロジーのために新たに夏時間を取り入れよう、なんて試みが始まっているようだけど、正直、日本では難しいだろうな、などと思う私。だって、NZについて言えば、KIWIは、ただでさえ残業も滅多にせず、終業と共に帰宅する日常で、特に夏時間などとなると、まだ明るいうちにカフェやパブは人だかり、ホームパーティではお外でBBQ、仕事を終わって海でひと泳ぎ、などと余暇を楽しむことを知ってるけれど、日本人はきっと、明るくても暗くても残業するし、ねぇ?なかなか仕事うっちゃって帰れないわよねぇ、と、NZの夏時間の真っ最中、パブで既に出来上がったKIWIを横目に、残業を終え帰路についていた私は思うのよ。

ところで、
「夏時間?日本にも昔あったよね?」
と、私に!問いかけたのは戦前生まれの母。その頃、母まだ独身だったんじゃないの?娘3人共まだ生まれてないし(笑)!
日本でも進駐軍の施政下にあった1948 年~1951年の間は夏時間が実施されていた。

Banner_01_42今日もクリック、ありがとうございます。
ここで疑問。何故時間の調整は、夜中の2時とか3時に行われるんだろう?12時とかの方が分かりやすい、と思うのだけどビミョーに3時なのはなぜ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

SUSHI in AKL

 NZで初めて訳も分からず仕事を探そう、と思った時、まず頭に浮かんだのが日本食。手当たり次第、と回ってみた数年前、でも今ほど日本食レストランも多くなく、”SUSHI”ってのをあてに回ってみたら、メニューの多くがハングルだったので驚きました。今でもオークランドの寿司屋の多くは日本人以外の経営です。でね・・・、好みの問題もあるんだろうけど、全体的に酢が効いてない。多分韓国海苔巻き(キムパブ)に近いです。
 最近の日本食ブームも相成って、寿司スタンド(っていうのかしら?)や寿司ショップには、KIWIも行列する。しかし、多くのKIWIにとってSUSHI=海苔巻き。ファーストフードのような扱いなのかな?原点に返れば、江戸時代、握りの立ち食いは正にファーストフードなんだろうね。

「ねぇ、こないだ本で読んだんだけど、日本ではSASHIMI FISHが上にのってるのもSUSHIっていうって本当?」
と、聞かれたことがある私。そうよ、今の日本ではそれが寿司の主流なのよ~~!と、訴えたいのだけど、街のスーパーの魚からではKIWIが刺身を食べるとは思えない。
_055 で、人の誕生日パーティーにこんなん作ってみました。

「SUSHIバースデーケーキよ~!」
ラップを敷いたケーキ型に、飾りのレモンスライスとスモークサーモン、青じそを敷き詰め、いりゴマを混ぜた寿司飯、そしておまけに(彼らは全く気付かなかったが)とろろ昆布をのせて、また寿司飯。要は押し寿司のケーキバージョン。
「これは何?」 寿司よん。
「どうやって食べるの?」 寿司だからそのまま。醤油つける?切ったげるから待ってて。
「何で出来てるの?」・・・だからぁ~、寿司よ(この辺がもう限界、笑)。スモークサーモン巻は食べるじゃん。ちょっと変形。
「チーズケーキかと思った。」・・・いや、それは違う。どう見たらそう(笑)?
と、色んなコメントが飛び交う中、一口大に切り分けたらもうあっという間にはなくなる大反響。っていうか、珍しがられたのは確かだけど、美味しかったんだろうか・・・?

Banner_01_41 ←いつもクリックありがとうございます。励みになります。
私からのイブンカ提供もありかな、と、こういう機会も楽しみになってきました。そんな中、当のBirthday Boyから嬉しい?一言。「初めてご飯と酢の美味しい分量のSUSHIを食べた気がする。」
くぅ~、嬉しいこというぢゃないか?おばちゃん作った甲斐があったってぇもんだ、こんにゃろちくしょ~め~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

フラット探しにはご用心

 この間、真夜中に私の携帯が鳴りました。出てみると、知人Kさん。
「来週末引っ越すで、話が付いてるフラット(アパート)のオーナーが、『お前は今から1時間以内に出ていきやがれ!』って怒鳴ってるんです!彼酔っててもう話にならないし・・・。どうにかできないですかねぇ?私、出て行かなきゃいけないんですか、こういう場合・・・?」
ベッドに入ったばかりの旦那を起こし、聞いてみる。
「通常、退去の連絡は2週間位前だと思うよ。レント(家賃)は来週分も払ってるの?出てく必要は無くても、酔ったそんなおっさんところにいる方が危なくない?」
で、聞けば毎週月曜日払いだから、今週末まで=その晩までの分しか払っていない、とのこと。
「まずは危険だから出た方が良いよ。じゃ、迎えにいくか?」
こういう時にはとても頼りになる、普段は世話焼きな旦那(笑)。きっと私が1人で行ったところで、『全くアジア人は!』と、差別発言されるだけがオチ。旦那と車に乗り込みました。

 30分後到着。荷物を積み込む彼女。オーナー(NZ人)と対面する私と旦那。
「彼女の何が気に入らないんだ、って?僕のことが嫌いらしくて、僕とはコミュニケーション取ろうとしないんだ。そんなに嫌なら、ってだけの話。こういうことは早く終わらせた方が良いからね、お互い。」
と、まるで木っ端で鼻をかむ、とはこのこと。無茶だろうが違法だろうが真夜中だろうがお構いなし。
しまいには、ウチの旦那に「どうせ南ア人でしょ、あんた。」と暴言まで吐きやがった。こういう始末の悪い酔っ払いの差別主義者は余計に手に負えない。

一先ず荷物を車に載せ、我が家へ向けて出発。帰りの道すがら、彼女に様子を聞くと、
・ オーナーは今までホームステイを請け負っていた。今回プライベートな空間を望む彼女とはフラット、で了承。
・ 契約書もBOND(保証金)もないまま入居。しかしNZでは、店子を取るためには所得税の関係で本来登録が必要なはずだけど、契約書を書かせないところをみると、多分それをしてないのでは?
・ オーナーは毎晩のようにワインを飲み、酔っ払う。店子を巻き込み、付き合わせて飲んでいたか、と思えば、『僕は君が気に入った』などと発言するようになり、彼女は気味が悪くなり、敬遠。
・ ある日、洗濯物のシーツを干したまま仕事に行った彼女は、夜、取り込まれたシーツで既にベッドメーキングをされていることに気づき、彼が部屋に入った事を確認。『僕は君のためを思ってしてあげたのに、何が気に入らないんだ?!』と逆切れ。
・ 最初は、時間も合ったので、同居のホームステイの生徒と共に食事を数日したが、その後仕事の関係や時間帯の相違もあり、食事の誘いを断ったところ、部屋のドアを執拗にノック、『僕の知ってる君はそんな人じゃなかったのに、変わった!』と、豹変。
・ 何を言っても聞いてもらえず、『俺の家だ!何が文句があるんだ?!』となる。
・ 酔っては、『君は優しかったのに』とか、『酒に付き合え』と言われ、断るとまた騒ぐ。

等ということが、彼女が引っ越してたった1ヶ月の間に起き、今回に至る

 要は、ただのサビシイおっさんが、日本人の女の子に目を付けたものの、相手にしてもらえなくて、それなら!と嫌がらせに追い出しにかかった、としか思えないこの一件。
Kさん、自分で何とかできないか、と毎日格闘を続けています。でも警察も弁護士も、そして簡易裁判に持ち込めるか、の手続き等、あれこれ調べてますが、やはり『契約書のない契約』に、各機関、どうにもならないみたい。そして、確かに違法、とは言え、登録無しに違法にフラッティングをさせてる例が多いことをお役所も警察も知っていても、そんな店子を守ってくれる機関はなにもない、とのこと。その上、万が一裁判に持ち込んだとしても、かかる費用の方が取る金額より少ない上に、その内容を証明できなきゃねぇ・・・、とどこも苦い返事。
警察からは、『いい勉強になったんじゃない?』と、慰めとも放置ともつかないことを言われた、諦めるにも腹が立って諦めきれない、と憤懣やる方ない彼女。

 まだ彼女の戦いは続くものの、次のフラットは、契約書もBONDもある事を確認の上で、先日契約を交わし、少し安心した上で転居を済またようです。

Banner_01_15 ←そんなKさんを応援してくださる方々の熱いクリックをお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

家族の単位

 初級の日本語クラスでは、教わってる方も教えてる方も、必ずと言っていいほど混乱を来たす課がありました。
『家族』について。

 この課は、『わたし』から見た、両親、兄弟姉妹などの家族の呼び方を習い、質問の『何人』、答えの『1人・2人・・・』と、数え方の復習。併せて、日本の『ウチ・ソト』のあり方も同時に習う課。つまり、自分の『おとうさん・おかあさん』、でもよその人には『父・母』と言い、そして『私の主人・家内』vsヨソのうちの『ご主人・奥さん』と、呼び分けも習う、あくまでも初級のクラス。だからテキストもシンプルに、家族は、親・兄弟・配偶者までのごく簡単な家系図が載ってる。

 問題は、学習者が多国籍で年齢の幅も広い、ということ。

・ 敬虔なカトリックの多い国では、時に兄弟めっちゃ多いので、『家族は兄と、兄と、姉と姉と、、妹と・・・』と、兄弟の羅列が果てしないこともあり。
・ 特に西洋人から、『僕の本当のお父さんと、え~と・・・。ステップファーザー(養父)はなんて呼ぶの?』という質問等もあり、時に父なり母なりの重複もあり得る。
・ 日本にいる家族を数える人、自分の国にいる家族を数える人、さらに子供の家族や孫まで数えてしまう人あり。
・ で、分かってる人が教えてあげようとすると、また文化が違うため人数分かんなくなっちゃったり。
学習者がさまざまに試みるものの、結果人数不明なこと多し。翌週復習すると、また混乱し、数が変わってしまったり・・・。

などと、国によって家族の単位って随分違うものだな、とつくづく感じた授業。特に、初級のクラスなので、『日本の家族単位は?』という深いところまで追求も出来ず、みんな各々の答えを返してきたものでした。

で、その後、NZに来て、なんだか(笑)結婚することとなる私。

結婚、と決まった翌日。
我が家は朝も早くから時差もへったくれも関係なく、電話が鳴り響きつづけ・・・。
『Welcome to our family!!』の雨あられ。
これがまた、南アに住んでるおばさんの誰やらだの、カナダにいるおじさんのなんちゃらだの、イギリスにいる兄弟のなんたらのかんたらだの、アメリカにいるなんちゃらのかんちゃらのほにゃららのふにゃららだの、どこやらにいる誰やらの親戚の子供のなんちゃらだの、・・・。覚えられないし、全く覚えてない!!日本なら、従妹のはとこの親戚の孫、ってなくらいでも、『家族』呼ばわりだろうか?遠い親戚、とは言うかもしれないけど・・・。
絶対一生顔も見ないような親戚、家族、という人から電話が鳴り響き、『まさかゴッドファーザーのような一族?』と、しばらく悩みました(笑)。

Banner_01_40 ←今日もクリックありがとうございます。励みになります。
その後?そんなに電話が鳴り捲った日はたった一日だけ。それ以降は全く静か、近所の身内と友人からの電話だけです。あまりにもごく稀にしか電話がならないので、電話ちゃん(笑)が仕事を忘れてしまうんじゃないか、とか電話代払ってないんじゃないか時に不安になるくらい。
もしやあの『電話大家族作戦!』は、一日限定のドッキリ・・・?『家族』も一日だけ?サクラだった・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

ヒトも自然の一部のようだわ

 NZは、世界7位の肥満国らしい。ちなみに輝かしい第1位はアメリカ。

私を含め、知ってる日本人で、『NZに来てから痩せてしまって・・・』と、言う人をまず聞いたことがない。過労でやつれた、もしくはNZの食べ物が何一つ好きじゃない!という人くらいだろうか・・・。かく言う私も、仕事をしていた時は、顔はやつれていたものの、残業をしてるとつい、口寂しくなる、というより、腹が減るから、引き出しの中にいつも何かしらの非常食が入っていたもんなぁ・・・。いくら糖分は脳の栄養、疲れた時にはもってこい!とは言え、動いてない分、そりゃ太って当然だったわ、と思うあの頃。
 おかげで?仕事を辞めてから数キロ痩せました。

しかし、なぜこっちで太るのか・・・?
1、食べ物が高カロリーだから
2、空気が美味しいから
3、(店で出される)食べ物の量も半端なく多いから
4、NZはお気楽な分、周りの目を気にすることも少なくなるから
5、周りが大きい分、目の錯覚が起きるから
6、特にオークランドは坂道が多いものの、車やバスの移動も多く、運動不足になりがちだから
7、高い建物も少ないため、階段の上り下りが殆どないから
8、脂肪の燃焼が、(年齢のせいで)鈍ってきたから
9、その他

さあ、どれでしょう?

私に関して言えば、答えは・・・2以外全部!(2との因果関係は不明。)
9、その他でまず浮かぶのは、ローライズのパンツの悪影響!全然気にもしてなかったのに、ふと普通のパンツを穿こうとすると、『あら、閉まらない?何かしら、この辺のお肉余ってる・・・?』と、なる。お腹も冷えて、一石二鳥?脂肪が、内臓を守らなきゃ!と必死に稼動しるみたい。そして、エアコンのない生活をしていると、これに磨きがかかる。身体が動物に戻ったのか(笑)、秋ねぇ、と思った先週くらいから食欲が倍増してきた!!SATO、ピィ~ンチ!冬眠の準備の熊だわ私、これじゃ。

・・・ってことは?私、痩せたと思ってたのはただの夏ヤセだったの?錯覚?気のせい?

Banner_01_39 運動不足の皆様、楽しく一緒にクリック運動を!はい、クリッククリック(笑)!
はぁ~、もう深刻よ、奥さん。困っちゃうわねぇ。まずはお腹冷やさないように腹巻して寝ようかなぁ・・・。って、運動しろよ、私!
 ところで、今日もNZでは今、日本戦が観られません(T_T)。ネット速報では今のところ勝ってるよう!頑張れニッポン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

カツオな旦那

 と言っても磯野さんちではありません。

 なんか一緒にいると、たまに見てる身を息苦しくさせるウチの旦那・・・(笑)。何故?
ってんで気が付いた(今頃かよ?遅いよ、私!)。
動き回ってなきゃ気がすまない旦那。ダラダラ好きな私からすれば、そう、まるで止まったら死んでしまう回遊魚カツオのよう・・・。

 朝、目覚めたら即、頭が覚めてなくても動ける上に、寝ぼけながらでもジョギングに出かけられる旦那と、目覚めから当分はダラダラボォ~、としなきゃ仕事にも行けない超低血圧の私。仕事から帰ってきたら、雨が降ろうが槍が降ろうが、雷鳴ってようが、台風だろうがジョギングに出かける彼。日本にいた時は、雪が積もっても出かけてたそう。アホ?別に修行僧って訳じゃないのわよね?(笑)
※さすがに旦那、最近仕事が忙しくなったので、朝のジョギングは無くなったものの、以前は5時から暗闇の中寝ぼけて走って、木の枝に激突!おでこから血ぃ出して帰ってきたりもしてました。かと言って走るの早い訳ではなく、むしろ遅い・・・。

 多くのKIWIがそうであるように、お天気良くなったら太陽の下にでなきゃ!と、落ち着いて部屋にいられない旦那と、おウチで猫と一緒にまったりするのが大好きな私。
 
 カフェ好き。『地元経済の発展』のためか(笑)、貧乏な癖にカフェに日参するカフェバカ貧乏な旦那。それも店の外の席で、やはりお天道様の下、FLAT WHITEを飲まなきゃ気がすまない彼。ウチで作ってみようよ、美味しいかもよ?と、とマキネッタ(直火式のエスプレッソメーカー)を購入、日々これ研究を重ねる(笑)私。これは私の方が貧乏性なだけ(笑)?
 
 仕事をしてた時には、休みにゆっくり寝過ごす幸せ!を感じながら、午前中は例え起きてても(起きてます、一応)ベッドでゴロゴロしてたい私と、休みでもとっとと起きる。で、起きたらすぐまたジョギングに行き、その後カフェへ。で、天気がよければビーチ、雨が降っても、じっとしてられない旦那。

 あああ~~~っっっ!!書いてるだけで息苦しくなってきた!!性分とは言え、なんてじっとしてられないんだろう!?チョコマカチョコマカ・・・。

 あ!磯野カツオもじっとしてられない・・・。もしかして、カツオ繋がり?丸坊主なのも一緒だけど・・・。

Banner_01_36 ←今日もクリックありがとうございます。
人生、これほど正反対なのは、本当、イブンカですよ、全く。はぁ~。え?ただ私が怠け者なだけ?う~ん、そうともいう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ああ悔しい、WBC。

 今日13日、日本時間の朝6時から行われた、WBC(ワールドベースボールクラシック)。
何が悔しい!って、そりゃ8回表の『疑惑の判定』だと思う、放送を見た人には。

 SATO in NZは悔しいのがちょっと違う。
その疑惑のプレイ自体が見られないのが悔しいぃぃぃ~~~!!!

 昨夜見た番組表は全く時間も予定も狂いなく、クリケットを放送してました。ちなみにウチのSKY SPORTS(NZのケーブルスポーツ局)は、3チャンネルあるのだけど、クリケット中継以外には、スペインサッカーリーグ(録画)、イタリアサッカーリーグ(録画)、テニス(録画)、自動車レース(録画)、競馬(これは生)などを嫌がらせのように昼間に放送してたわ。
どうせ録画じゃねぇかよ?そんなら野球のライブを流すがいい!SATO様(何様?)がこんなに待ち焦がれてるのをご存知?実況やってるのは知っててよ?!と腹立つ腹立つ。(何様?)
でも14:00~17:00、そして17:00~20:00まで野球WBCを放送(チーム名はなし)、と書いてあったので、待っててあげたわ、おとなしく・・・。

 そして、じゃじゃじゃじゃーん!
待ちに待った14時。どらどら、SATO様(だから、何様?)が8回の疑惑の判定とやらを見てやろうじゃないの?!と、意気込んだのも束の間。
あら?プエルトリコ対ドミニカ戦の放送なの?

 まだまだ野球放送あるわ!今度こそ観るざますわよ!
と思ったら、次は韓国対メキシコ戦。で20時までが終わってしまった・・・。私の一日を返してちょうだい、SKY SPORTSのバカバカバカぁ~!!
って言っても、私が好きで見てただけですって?ハイハイそうですよ、すいませんねぇ。

 両試合関係者様には申し訳ございませんが、どちらの試合もテキトーに流し見?させて頂きましたことをここにご報告いたします(笑)。
尚、両試合の間に、他の試合の勝敗は?とか、ダイジェストでもあるか、などと、上記の2試合以外の時間を見てたのですが、疑惑のシーンは一切なし。
そして頼みのNHKは、いつものように『放送権の関係』、と、画像がない後ろで、抗議の王監督のコメントだけが・・・。やっぱり野球見られない運命なのね、アタシ・・・。

 ちなみに、日米戦が気になって、仕事場でネットを見てた旦那曰く(仕事中にそんなもん読むな、こら!)、Yahoo USA HPのスポーツ記事(Linkは英語)には、アメリカの記者ですら、『(主審が判定を覆した後)再度テレビに映った映像では、Nishiokaの離塁が早かったようには見えなかったが、王監督の抗議は通らなかった。』と、記事にしてたそう。

 大体、野球でもソフトボールでも、主審の判定がいとも簡単に覆ることなんて、ありえないわさ!!間違ったこと言っちゃっても知らん顔して通すのが主審、そう思ってたわさ(これは間違いかもしれないけど)。ああぁぁ~~、やっぱりありえない!

アメリカよ!そこまでして勝ちたいか?!って、言っても、所詮ありえないのは選手ではなく、審判なんだけどね・・・。
そんでもって、NZのケーブルテレビよ、そんなにも私に野球を見せたくないのか(まだ言うか?何様、私?)

Banner_01_38 ←はいはい、今日は大サービスの3つ目だよぉ~!クリックも早いもんがちだよぉ~!
どんどん押しちゃってねぇ~!っつうか、昨夜の記事があと3分早かったら・・・(涙)。
そして、これはどうしても今日!書きたかったのです、yahoo USAの記事が消されてしまう前に・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母よ、あんたって人は・・・(笑)

 先日、よく外国人に間違えられる、と書いたばかりのSATOです。

はい、確かに良く間違えられます。例えば・・・。
 NZに初めて来た時は、宿の掃除のオバちゃんに、『タイから?え、日本?うっそよぉ~!アンタの顔は、タイよ、タイ!』、と疑われたり、日本語教えてた時は、フィリピンの学習者に、『先生みたいな顔、よくマレーシアにいるよ。』と言われたり、日本で、新しい会社に入った時に、真剣に私をアジア人のハーフだと思った先輩に『で、あなた、ご両親はナニ人?』と聞かれたり。最近では、オークランドの韓国料理屋で、店の都合でマレーシア人のオバちゃんと相席し、食事が終り、先に席を立って帰ろうとしたら、同じお店の人に、『友達はトイレに行ったよ。待ってなくていいのか?』と、ご丁寧に呼び止められたり、携帯電話買いに行ったら、中国人の店員にも『マレーシア人でしょ?え?Youは日本人の顔じゃないよ~(断言!)。』と言われたり・・・。と、数え始めればきりがない。

 思い返せば十数年前、初めて行ったタイ(まだ日焼けもしてないうちに)・・・。
町の人にもお店でもタクシーの運転手にも、はたまた道を尋ねた警察にもタイ語で話しかけられ、『なんで分かんないのさ?』と言う顔をされた時に、既に気付いておくべきだったのかも知れません・・・。おかげで、というべきか、これまで旅行中の貧乏臭い服装(普段は違うのよ!旅行中限定!、笑)も功を奏してか、危ない目に遭った覚えはありませんが。(比較的多いのは、タイとマレーシア、のようです・・・。)

 でも、上には上のこの事件。ネット上では、既にニュースは削除されてしまったようですが。

日本人を旅券不携帯で逮捕=外見「外国人」と誤認-埼玉県警(2月28日)

 埼玉県警、日本の女性(28)を外国人と間違え、質問したけど『日本人です。』しか言わず、身分証明も持ってないのを理由に、逮捕し、14時間拘留した、というこのニュース。在日外国人、身分証明の携帯は義務かもしれないけど、だからって逮捕できるの・・・?
ご家族、ご本人には不謹慎で申し訳ないのですが、これ驚きました。

 しかし警察、お粗末この上ない。この人は誤認だったけど、普段こうしてアジア人を不当逮捕してるんだろうか・・・?(海外滞在中の日本人でも)多くの国で外国人には身分証の携帯義務はあるだろうけど、国内の日本人にはその義務はないよね?ないよね?でも間違えられたらどうするの?と、不安になってしまった・・・。

 これ、先日実家に電話をした際、母より聞いたニュースでした。
「ちょっと、ニュース見た?警察に誤って逮捕されちゃった、ていうこんなんあったけど、アンタはそっちで大丈夫でしょうね?○○(姉)と、”あのコ大丈夫かなぁ?”って心配してるんだけど・・・。」
・・・母は真剣!なようだ。
 心配してくれてありがとう。娘はおかげでどこの国でも未だに警察の世話にはならずに、マットーに人生を歩んでるよ。おまけにオークランドはアジア人イッパイ溢れてるから、私、ありがたいことに人ごみに紛れられてるしね(でも私、悪いことしてる訳ではない、決して!)。
 すると、彼女、
「ま、もし捕まったとしても、アンタのことだから日本語でも英語でも、どうせ黙ってるようなことはないでしょ?まくし立てて、余計に逮捕されないようにね(笑)。あ~っはっは!」

 この心配、どこまで本気か冗談か、分からなくなってきたけど、さすがに母。娘の態度への理解度は高いようだわ。

 しかし、なぜ3姉妹で私だけなの~?そこを教えてちょうだいってば、母!

Banner_01_25 ←いつもクリックありがとうございます。励みになります。
・・・NZで、突然、『身分証明の提出』を警察求められたなし、の私。状況はさまざまでしょうが、突然身分証明の提示を求められること、海外ではよくあるんでしょうか?旦那は、日本で酔っ払ってフラフラ自転車こいでて(笑)、警察に”盗んだ疑惑”をかけられ、止められたことあり、だそう。それは行いの問題。
 NZ、スーパーのレジでの身分証明提示は普通。というのも、未成年者に酒・タバコを売ってしまうと店が罰金を取られるので、その点はシビア。ってことは、私が若く見られる、ってことかしらぁ~!うふっ。
って、あまりしょっちゅうだと、私年相応にも全く見られないのか?と、腹が立ちます、正直。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼 WBC!!

 いくら楽しみにしてても、所詮ここはNZ。

明日の朝のWBC(ワールドベースボールクラシック)2次リーグ初戦、日本対アメリカ。
試合開始は日本時間午前6時だそう。こないだ1次リーグの試合を東京からESPN(アメリカのケーブルスポーツ専門局)生中継、という思わぬ喜びがあったから、2次リーグ in アナハイム、日米戦だもの、生放送よ、間違いないわ!と、番組表みたら・・・。

 NZのスポーツチャンネルは、『インターナショナルクリケット』の生放送だぁぁぁ~~~!!?
クリケットなんて、一日6時間×5日間もかかって試合してるじゃないかぁ!!
ましてや2時間ごとにモーニングティー、ランチ、アフタヌーンティーの休憩なんぞ挟んでさ!とっとと終われ、とっとと!大体、休みながらスポーツするな、こら!

もしくは、NZスポーツチャンネルサンよ、みんなが休んでる間に野球放送入れんかい、もうぅぅ~~~~(涙)!! 

ということで、日本vsアメリカ戦、結果が出た後の録画放送。
生放送の予定はないみたい・・・。早起きして観なきゃ!って思ってたのに(って、NZの朝10時からだったか、多分起きてる、と思う。多分・・・エヘへッ。)。

ごめんね、日本チーム。今回は声援、送れないみたい(って遠すぎ!)。
悲しいけど、(にわかファン)SATOはここから陰ながら応援してるよ・・・。

Banner_01_37 ケッ、クリケットなんてさっぱり分からん、べらんめぇ、とおっしゃる方、そしてクリケットは優雅でおされざます、オホホホッ、とおっしゃる方のクリックもお待ちしてます。私は、もちろん前者です。余計嫌いになった、これで・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

食品クレーム NZ編

 ここNZ、主に食品を扱うPAM’Sと言う会社がある。日本では、う~ん・・・、全国ネットで言えばJUSCO AEONグループのe-price食品版みたいなものかな?ちょっとお手ごろ価格の庶民派ブランド。

 昨夜のニュースで、
『PAM’Sが、小麦粉に金属片が入っていた、とのリコールを発表。返金を承るそうです。』
と、流れていた。でもよく聞くと、
『未開封だけが返金対象です。開封済みのものは、使う際には自身で充分な注意をして下さい。』
っていう案内だったみたい。いいのか、そんだけで?これ、国営テレビ局の夕方のニュースでの出来事。ここでもまた、NZ十八番の自己責任、開封済みで金属片見つけた人は、”注意しろ”って言ったのに、しなかった方が悪いってこと?
まぁ、後で入れる悪人(?)も無きにしも非ず。判断難しいからしょうがないのか。
 日本だったら、やれその商品、流通分の何十万個が一斉回収だの、安全管理がなっちょらんだの、会社の信用問題だの、その後株価に影響だの、って大問題になるんだろうなぁ・・・。きっとKIWIのことだから、わざわざ持ってって返金願う人なんて、大していやしないんだろうなぁ、なんて考えながら、ふと思い出した、とある日のスーパーでの事件!

 バニラエッセンスを買いに行った私。
で、大きなビンと小さいのと、どっちにしようかな、なんてあれこれ見てると、あら?ビンの底に何かある・・・?
よく見ると、それはホチキスの芯、っつうか針っつうか(どっちで呼びます?私は芯派。関係ないけど)が、コの字型にビンの底に寝そべってる。
うっそ~!と思い、周りを見回しても店員はいない。レジまで持ってこうか、それとも見ぬ振り?どうしようか、と悩んでたら棚出しの商品をカートに積んだバイトの男の子発見。ここで、オバチャン心(笑)がメキメキつくしみたいに顔を出す(笑)。
「すみません。ちょっと見てこれ、危ないでしょ。こんなの入ってるわよ。下げたら?」
「ん?え?あ~・・・。」
全くやる気のかけらも見られない返事。でも一応手に取り、OKって言ったわよね、頼んだわよアンタ、と、自分の買ってそこから去ろう、としてふと振り返ると・・・・。

こら、バイト~!!面倒だからと棚に戻すな、ホチキス入りのそのビンを!!

どうせこんな国よ、NZ。だから金属片小麦粉をみつけて報告した人は、絶対NZ人じゃない気がするわよ(笑)。

Banner_01_33 ←こんなケース、絶対クレームするわよ、という人はクリック、クレーム面倒って人も、面倒でもここは一つ、クリック願いますよ、奥さん。
しかし、朱に交わればなんとやら。PAM’Sの小麦粉、庶民のウチにもあったけど、面倒なので持ってかない私・・・ダメ主婦?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

育った環境の違い

 結婚に限らず、人と生活すると言うのは、文化・習慣の違い、時には言語(方言含む)の違いがあって当然のこと。日本人同士の結婚でさえ、その家、地方の習慣のイブンカには戸惑うものです。
※名古屋の結婚式は、全国的に有名ですよね、派手で。特に娘を持つと親御さんは大変なようです・・・。
所詮他人同士、イブンカ同士。それを理解せずに、自分の見解を押し付けてしまえば、喧嘩、衝突は避けて通れないものに。かく言う我が家も時に、小さな日本vs南ア・NZ戦(笑)を繰り返していますが・・・。

 何がどうなったのか、NZに住む、という選択をして、その後、南ア出身の旦那と結婚することに。まずは、アフリカ出身、と言うだけで、『アフリカ人?じゃ黒い?』と聞かれること未だに多し。私も実はアフリカ大陸に50余の国があるなんて、知らなかった。おまけに、相手の国に関して何を知ってるか、というと、なんにも・・・。方向音痴(笑)で、地理に疎い私は、世界史の授業で習った人種差別政策『アパルトヘイト』と、南ア最南端の『喜望峰』という名前を聞いたことあるだけ。あ、『世界・ふしぎ発見』で、花が綺麗、ってのは見た(笑)。その程度。
 彼にしても、日本に住んだことがある、とは言え、ベジタリアンでヒッキー(笑)だったし、住んでた場所も田舎だったし、面倒、と名古屋国際センターの利用もしなかったらしいし、多くの日本人・在日外国人と交わる機会もそんなになかったよう。テレビは、日本語が分からないので、主として眺めるための箱。ひたすら本と英字新聞からの情報と、若干名が若干の英語を話す職場の人達から、『独自の日本像』を作り上げたみたい。

 人種差別政策アパルトヘイト聞けば聞くほど、複雑・・・。
 一握りの白人地域と、大多数の有色人種の居住区が分かれており、白人地域に侵入した黒人即逮捕された、とは聞いたことがあるものの、その居住区間を行き来するためには、国内用のパスポートが必要、とまでは教科書には載ってなかった。旦那の古いパスポートには、顔写真と、ID番号としての生年月日、性別、そして肌の色・人種を示す人種番号。たった数桁の番号で人の人生が決められていた国。
 そんな中で育った旦那は、有難いことに、『国の政策だから、今自分達ではどうにも変えられないけれど、選ぶと選ばざるとに拘わらず、その国で生まれた人を、肌の色や民族で差別はするべきでない。』と言い切る彼の父の影響が強かったようで、南アで教師をしていた時にも仕事の後、教育をまともに受けられない黒人地域の子供たちに、ボランティア教員として通っていたらしい。たまにはいいことやるじゃないか、旦那。
しかし、こんなことも。
「国は、日本人だけはアジア人の中でも、唯一白人地域に住んでいい、って決めてた。当時のあの国に、住んでる日本人は殆どいなかったけどね。」
いくら私日本人でも、そんな逆差別、全然嬉しくないやい。アパルトヘイトのバカ!

 そんな南アの政策のために、国民はとても国際的に孤立してた、そんな中で育った旦那、というのが今日のテーマ。※でもここから先は、大した内容じゃないです。

 1980年代初め、日本でも洋楽PV(プロモーションビデオ)をあちこちで見かけるようになり、特に、SONYの提供で一躍有名になったあのMTV。名古屋では夜中に放送だったので、よく夜更かししてまで見たものだったわぁ~(同じ頃の、アナタも知ってるはず!)。
 が!旦那は、MTVを見たことがない!おまけに、『チキチキマシーン猛レース(古すぎる)』も、『奥様は魔女』も『陽気なルーシー』も、古い日本ですっかりお馴染みのテレビ番組の数々(私は再放送組よ、笑)を、旦那は知らない!『奥様は魔女』のリメイクを、ニコール・キッドマン主演で映画化、の話は彼にとっては新鮮ものだったみたい。
ただ英国連邦だったから、アメリカ文化を知らない、と言う理由ではなく、アメリカが、アパルトヘイトを理由に一切の国交を断っていたため、物も情報も全く入ってこなかったそう。マイケル・ジャクソンの『スリラー』のPVを見たのはNZ移民後、と言うから驚き。マイケル・ジャクソン、その頃もう顔変わってるじゃん(笑)。だから音楽の話をしても、全く趣味が合わない(断言)!

 それを聞いて以降、ウチの喧嘩には、こんな内容も加わることになりました。
「何よ、アンタなんて子供の頃テレビなかった癖に!」
「あ~、どうせ南アは1975年が初テレビさ、フン!俺んちは1年遅れで買ったんだよ。」
「私なんてさ、小さい頃からカラーテレビ、見られたもんねぇ。いいでしょ?」
「お前、ラジオの良さを知らんな?いいぞぉ~、ラジオドラマ。よく聞いたなぁ、家族で・・・。」
「MTV見てた方がよっぽど面白かったわよん、ラジオなんかより。や~い、MTV見たことないヤツ。」

・・・なんて会話。失礼しました。やっぱり私、所詮おちゃらけですな。

Banner_01_31 ←今日もクリック、ありがとうございます。
ちなみに、1994年アパルトヘイト解放の初の黒人政権誕生後も、国にも人々にも大きな傷を残したまま。解放後、国外に移民する白人は後を絶たず、旦那曰く、同級生の6割以上が南アから移民した、とのこと。
先日一時帰国した義両親からは、「友人の家の塀が2mはるかに超えて更にたかくなり、塀の上に割れガラスや釘が埋められてる。家の四方八方に防犯カメラがあって、それでも犯罪は起き続けてる。」と、以前にも増して生々しい現状を教えてくれました。他国に比べれば、日本やNZは平和過ぎなのかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

なんと?!南アが?!

 先日、まさか観られるとは全く期待してなかったWBC(ワールドベースボールクラシック)の放送にいい気になって、にわか野球ファン。これも20日決勝(米時間)までの短期限定だけど・・・。
 思ったとおりNHKでは、『放送権の都合』と、このWBCも映像は無し、ニュースは声と音だけ。つまらん。ケーブル付いてて良かった。

 で、16カ国の参加、と眺めてみると・・・。うん?何か野球と不釣合いな名前が・・・。
おいおい、南アがいるぞぉ~?!
 英国圏、クリケットとラグビーだけじゃないのか?!

おまけに、ヨミウリオンラインのWBCチーム概要には、南アったら名前すら載せてもらってないし(笑)。
 オーストラリアも勇気ある行動(笑)だと思ったけど、南アったら無謀ではなくて?!

 ここで南ア出身の旦那に聞いてみた。
「南アの野球?うん、英国圏の中でも盛んだと思うよ、うちは。子供の頃、日曜日とかよく親父と近所の球場に観にいったもんだよ。外野席とか無いだけどね。ホームランのボール、よく駐車場の車に当たってたなぁ~・・・(遠い目)。」
って、それ草野球じゃなくて?球場ってか、広場って言わない、それ?
ましてや、旦那よ、アンタの子供の頃って、いつの話よ?!

※当時の南アの野球は、上記のようにフェンスがなかったので、今、野球放送を見てても、『エンタイトル2ベース(ワンバウンドでフェンスを越えた場合、2塁までいける)』なんて、聞いたことない、あり得ないといいます。
『塁を回ってホームに着いたら得点。打ったら走る。』の基本は承知でも、他の詳しいルールは知らないそう。。一度、「やりたい!」と言うのでソフトボールの試合に参加した時は、ルールを知らないので、見てる方がドキドキしました。
私がルール知らなくてラグビー観てるのと、大して違いなし。ま、ラグビーは痛いので(笑)参加はしませんが、ハイ。

 新聞のHPもネットも調べてみたけど、南ア関連大した情報は見つからず。やっぱり。
記者さんもお疲れ様です。
 唯一、「南アは、アテネ五輪でオランダに一勝したことがある」現在完了形の、経験、を思い出しました、”~したことがある”、笑)。
・・・え?公式にはそれだけ?オランダも勇気あるチームのうちの一つってこと、じゃあ?
予選Bリーグ(米国、カナダ、メキシコ、南ア)のダントツUNDER DOG(=負け犬。転じて弱そうで、まず勝てそうも無い人、チーム)は間違いなし。

 と思ってたら、あら大変!
7日、予選Bリーグの試合結果を見てびっくり!南アったら、多くのメジャーリーグ選手を抱えるカナダ相手に、8回裏までリードしてたそう(ま、9回表逆転負けだけど)、それも8-11!ホームランは無く、ヒットで得点を稼ぐ、という理想的な展開よ、それも!観客数の少なさ(5829人)も草野球的?

 彼らが善戦したことに、『とても喜ぶ』よりむしろ『めっちゃくちゃ驚いてた!』のは、当の南ア出身旦那だったけど。 

 結論:『怖いものなし』の草野球パワー、恐るべし。

こっちのスポーツチャンネルも、連日ESPN(スポーツ専門ケーブル局)の野球を流すようだわ、夜中か昼間・・・。生放送だから夜中とかもしょうがないのか。どの試合を見ようか迷ってしまう・・・。

 はぁ~、しばらく私は寝不足間違いなしだな、こりゃ・・・。

Banner_01_29 今日もクリック、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

NZ洗濯物事情 その2

 つい先々週まで暑かったのに、急に朝晩のみならず、昼間でさえ肌寒くなってきました。
これから秋、そして冬。雨多くなるんだよなぁ・・・。
 そうなると、洗濯が問題。干したまま出かけようものなら、いつ降り出すか、気が気でならない季節。幸いにも、我が家には乾燥機が付いているものの、電気代もバカにならないし、木綿のものはすぐ縮んでしまうし。困ったものです。

で、室内干しも売ってます。うちにも一応あります。ちゃんと広げて置いてある。
_059 一般的なのがこんな感じのもの。写真小さいけどご覧いただけますか?
あちこちにタオルやらTシャツやら掛けられて、場所はとるけど便利な代物。吊るすタイプの日本式とは随分違う。そう言えば、物を”吊るす”ってあまり無いのか、ウチも、フックとかそんなにない気がする。

でも我が家では、最近使えなくなりました、これ。なぜなら・・・。

_060_1_057_1  こんな感じで、猫を干してる 猫達が遊んでるからです。
物が干してあってももちろんお構いなし、その上をノシノシ、よじ登る。時には、ミャーと、自慢げに雄たけびまで。
 そう、これままるで猫のジャングルジム。
時には右のように(右にシマシマ、左に黒がいます)2匹が戦いの場として、運動不足解消に利用されています・・・。

※以前、わざわざペットショップで、CAT TOWERを買ったにも拘わらず、見向きも触りも登りもせず、無視!
で、代わりにこれで遊んでいるため、人にあげてしまった過去あり。さすが猫。

もう一個置くべき?そしたら2匹が、”ワーイワーイ、遊ぶトコ増えた!”でチャンチャン、だろうな・・・。これ結構かさばるし、やっぱり乾燥機しかないか?
雨が多い分、緑は濃くなって景色は綺麗だけど、住むにはやっぱり嫌だわ、NZの冬。

Banner_01_28 ←猫好きの方、クリックすると、今もれなくこの猫たちが付いてきます(笑)!
猫嫌いな方は、「え~い、この猫ヤロ~め!」と、怒りのクリックを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

私は誰?

 まだ日本にいた時、ある日の日本語教室でのお話 。

名古屋にある日本語教室に通ってました、いえ、習いに、ではなく教えに(今でも遊びに行くと学習者と間違えられる)。
その時は中級のクラスを教えてた私。秋も深まったある日、余りにいい天気が続くので、
「来週は、お弁当持って外に紅葉を見に行きましょう!○駅に10時に集合。」
ってことになりました。

で、当日。日本人は私とアシスタントをして下さっていたTさんの2人、そしてSATOクラスの学習者数人が集合。各自お弁当やお菓子、飲み物持って集合。でも如何せん人数が少なく、おまけに途中から仕事で抜けていく人もでて、お弁当が余りそう。

 ふと見ると、A県の名前入り半被の団体さんが横にいる。
「あの~、すみません。私達お弁当持ってきたのですが、人数の割りに多すぎて食べきれないので、もし良かったら召し上がりませんか?」
と、それはもう丁寧に、(危ない昨今、毒入ってないか、と疑われても困るし)お勧めしました。

「いや~、悪いねぇ。」とおじさんおばさん、手に手に韓国海苔巻きや、サンドイッチ、おにぎりなどを食べ始め、学習者の人達と雑談とあいなりました。いいぞいいぞ、これはいいチャンス・・・、彼らの練習になるわい、と横で見ていると、1人のおじさんが、
「ところで、みなさん何の集まり?」
と聞くので、かくかくしかじかで日本語の勉強のクラスなんです、と私が応えると、そのおじさん、おもむろにTさんに向かって、
「あんたも大変だねぇ、これだけに日本人1人じゃあねぇ。」

 もし、そこの人?今、日本語で話したわよね、私と?おまけにさっき出来る限りの笑みを湛えてお弁当をお勧めした私をナニ人だとお思い?と~っても流暢な日本語だったと思いませんこと?生まれてこのかた、ずっと学習中の日本語、まだ不充分なのかしら?

製造元の母よ、なぜ家族で私だけこんな目に遭う?アナタは何か隠しているのか(笑)?

Banner_01_26  ←こんな可哀想な私に、今日もポチっとクリックよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

気をつけよう、その一言が・・・。

 野球、好きですか?スポーツ観戦は?
私は、日本のプロ野球自体には興味はないのですが、試合観戦は好きです、球場の雰囲気とか熱気とか。こっちでは、代わりにラグビーを観に行ってます、たまにね。
 野球のテレビ観戦は、というと、BSで放送するMLB(メジャーリーグ)を観てました。実は、オハイオ州のCLEAVELAND INDIANS(チャーリー・シーンの若い頃に、その名も『メジャーリーグ』と言う映画で、実在の名前のまま激弱チームとして出てたチーム)のファン、というマニアでして(笑)。当時、日本人選手がいなかったので、ゴジラ松井のいるヤンキースや、イチローのいるマリナースと戦わない限り放送されなかったのですが、その稀さが余計楽しみで・・・。

 今年は、WBC=ワールドベースボールクラシックが開催の年。世界16カ国の代表が、しのぎを削る、正に『文字通りのワールドシリーズ』。どうせこれも縁がない、と思ってました、特に、『野球なんてメリケンのやるもの!』と言わんばかりのNZでは。
 ところが、やってたんです、昨夜。”アジアリーグ一位決定戦 日本vs韓国、東京からの生中継!”。なんとNZで観る野球!それも国際大会が観られる!英語の解説による東京ドームからの実況中継。日本選手の顔ぶれ、日本の球場の広告。ちょっと不思議・・・。でもオリンピックもサッカーW杯も観られない私としては、にわか愛国心のようなものが少し顔を出したりして。ってな訳で、昨夜10:00~1:20まで観ちゃいました、どうせ今無職ですしね(笑)。

 と、応援した甲斐もなく、嫌な予感のした8回表。逆転ホームラン打たれて、そのまま負けちゃいましたけど・・・。

 ま、ゲーム内容はともかくとして、実況アナウンサーと解説者が”イチロー発言”とやらを、テロップまで流し執拗に繰り返してました。さて、なんのことやら?初耳だわ。
英語で何度も繰り返した文章をまるまる覚えてはいないのだけど、その内容は、 

 ”ただ”今日の試合に勝つ”だけではなくて、(台湾も韓国も)
  日本にはこの先30年くらい勝てないことを見せ付けたい。”

と、解釈してしまうような文章。旦那も、『WOW!そんな挑発的なこと、本当にイチローが言ったのか?』と、驚いてた。そして、アナウンサーはと言うと、
『(テロップ出して)こんな発言をされた韓国はアグレッシブに攻めて当然!』、
『(韓国の投球が内角ギリギリどころか、真っ直ぐイチローに!の、デッドボールに対し)あの発言に対する韓国からの報復ですよ、これは。ま~、彼はわざとぶつけられてもしょうがないですが。』
『(最終回9回裏2アウト、バッター イチローのシーン)ご覧下さい!韓国リードの中、9回裏、最後のチャンスに、皮肉にもあの発言のイチローが打席に入ります。・・・そして打ち上げました~!3アウト、試合終了!(ここでまたテロップ)』

 でも、このテロップの内容、K-1やボクシング選手の、挑発や煽りのセリフならともかく、日本人の野球選手のセリフとしては何だか不自然、腑に落ちない・・・。おまけに最近露出が増えたとは言え、あれだけ普段マスコミ嫌いのイチローって、特にインタビューにはそんなに喋らないのに。
 余りにもイチローバッシングが続き、韓国側の肩を持つアナウンサーに気分すら悪くなってきて、一体イチローは何を言ったのだ?と調べてみると・・・。

  “30年は日本に手は出せないな”という感じで勝ちたい-。
    (日本のニュースより引用)。

と、言ったとか言わないとか。

 別にイチローファンではないですが(同郷ですけどね)、この二つの文にはとても大きな隔たりがある気がするのです・・・。いかがでしょう?
下のを聞いたら、私なら、『勝ちたい。そしてどうせ勝つなら、”いやぁ~、やっぱり日本にはまだかなわないや!”と、思われるくらいの、強い勝ち方をしたいな。』と、解釈します、そう私なら。それほど誤解を招く発言か?と悩んでしまう。そういう英語には訳さない。
 更に調べてみると、去年末にも同様に、マリナースのチームメイトに対するイチロー発言を新聞に載せたことに対し、米各マスコミからバッシングが起き、球団追放騒ぎ?にまで発展。その後、報道した新聞社が、”誤訳であった”、と詫びたとか。今や大物だからこそ、注目度も高く、その分バッシングもやむを得ない、と言うのかしら?
 もちろん、イチローの本音の部分は分からないのですが・・・。

 それにしても、日本語同士でも、うっかり口をついて出た言葉が、意味や語調の取られ方次第で、全く意図しなくても、言葉だけが独り歩きしてしまう場合もあるイブンカ同士。殊更ライバル、もしくは憎い相手なら尚のこと。
 野球を見ながら言葉の本当の怖さを思い知った夜でした。

 話は戻って野球、WBC。この先明日からB、C、D組のそれぞれリーグが開催された上、各リーグの勝者2チームずつでのトーナメント戦へ、と展開されていくそう。
 今後、こんなバッシングには、是非野球内容で応えてもらいたい。まだまだチャンスのある日本、にわか愛国心ではありますが、検討を祈りたいです。
 頑張れニッポン代表!負けるなイチロー!頼んだよ、王監督!

Banner_01_23 ←日本チームを応援するSATOへの応援クリック(笑)をお願いします!
しかし・・・。野球解説者もアナウンサーも、スポーツマンシップに則った、公平なコメントを願いたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

タマゴ オンパレード

 金曜日、旦那が学校から30個ものタマゴを持って帰ってきた。聞けば、同僚の農場で安く買えるから、と頼んだという。その割にはあまり新鮮そうな顔をしていないタマゴたち。
「手打ちパスタ、作ればいいかな、と思って。」
と、彼。誰が?私?っていうか、パスタってそんなに卵使うっけ?30個=$6、普段半ダースの6個を$2、1ダースを$4くらいで買っているので、確かにすこしは安い。しかし、うちは頭数2人、普段はそんなにタマゴ食べない派。おまけに今、そんなうちには珍しく冷蔵庫には12個のタマゴ。計42個。げぇぇぇ~!そんなに?!
これから数日、頭を悩ますのかぁ。せめてもの救いは、少し涼しくなってきたことかな・・・。

 で、その晩は、スパニッシュオムレツにてPhoto_1じゃがいも3個と併せてタマゴを ▲5個消費。でも当の旦那は外食(ずるいぞ、こら!)。出来たオムレツ、半分食べて残りを居合わせた友人に無理やり(笑)手伝ってもらい完食。他には・・・?大口の消費方法を考えた結果、半熟卵をだしに漬けておくことにした。ゆで卵を▲8個。う~ん、いい感じの大口消費。
ちなみに、作り方は、というと・・・
半熟卵(沸騰してから4分がベスト!)を先に作り、煮立たせてから冷ましておいたあわせ調味料 <だし 400cc、醤油 大さじ5、砂糖 大さじ1強、みりん 大さじ3、酒 大さじ1、塩 小さじ1>とジップロックに入れて半日~一晩置くだけ。写真では分かり辛いけど、黄身にまでだしがしみていい感じ。麺の上でもいいけど、このままでも充分美味しい。
金曜日で▲13個なり。いいぞいいぞ、この調子。

 さて土曜日。旦那が朝から珍しくネットを見てる。と、手打ちパスタのメニュー検索。
「あら?作ったことある、って言ってなかったっけ?」
「うん。20年ぐらい前にね。これ、2回目。」
・・・。もし初回パスタと同時に子供が産まれたら、もう無事成人式を迎えてる、ってこと?その割には大変な自信の下、手打ちパスタ!と宣言なさったわよね?
「今日作るよ!で、トマトソースも作るでしょ?それが夕食、OK?」
私の夕食の計画、春巻きはあっさりタマゴ大作戦のために変更、旦那の自称『フィットチーネ アラビアータ』に。はいはい、タマゴが傷んでしまう前にね。▲5個消費なり。
_054_1
七転八倒四苦八苦の結果、夕飯に登場することになったパスタは、こんな仕上がりに。
はぁ~、写真が小さくてよかった(笑)。よく見ると、切り損なって末広がりになっためでたそうなパスタが沢山紛れてます。
 トマトソースとカレーで毎日生きていける、と豪語していた彼のトマトソースは確かに美味しい。で、肝心の”20年ぶり2度目”(久し振りの甲子園出場みたいですね、この表現)のパスタは、というと、ちょっとしたうどんの厚みときしめんの幅の麺、イカリングを思い出すたくましい歯ごたえと、どの太さ、どんな形が現れるか分からない楽しさ(笑)を持ち合わせたパスタでした(笑)。
 懲りない調子に乗った、出来上がりに嬉しそうな旦那は、
「今度はニョッキ作ろっかな?それともラビオリにする?」
と、申しております。はい、皆様もうご推測かと思いますが、ニョッキは15年ぶり2度目、ラビオリは初めて。おまけに前回のニョッキは失敗して、鍋でひとかたまりになった、とのおまけ話付き。
果敢にチャレンジする旦那。そして私は実験台!はぁ~、気が重くなってきた・・・。_052

さて、余すところ24個(うんざり)、ずらり並べても冷蔵庫にも入りきらない産みたてはでないタマゴ達。どうやっつけたら良いのでしょう?目玉焼き?オムレツ?チーズケーキ?シュークリーム?カスタードクリーム?ムース?問題は2人暮らしなのよね。
オークランドの名主婦シェフ(言いにくいですね、これ)YUKAさんにご相談願いたところ、別の味付けの煮卵を教わりました。これも美味しそう・・・。Yukaさんのは、写真が美味しそうだからなぁ・・・。私の『アンパン写真大作戦?』とはちょっと違う・・・。
 大口消費の煮卵週間、とでもいこうかな?と言う訳で、今後のタマゴ消費大作戦をご期待下さい。
これが片付いたらしばらくタマゴはうんざり、もう見たくない・・・。

Banner_01_15 ←地味にレシピも増やしていこう、と思います。クリック応援お願いいたします。
ところで、旦那のパスタのレシピは・・・、いらないですよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

NZ貯金事情

 唐突ですが、皆さん貯金はありますか?
「少しでもいいから貯金しなさいよ。」
と、1人暮らしだった上に旅好きだった私は、母に口酸っぱく言われて育ちました。
で今・・・?はっはっは、NZは私のような者の国、と言えましょう!

先日こんな記事を見つけました。
http://nzdaisuki.com/news/news.php?id=2300
要は、『皆の衆よ。働いてるなら貯金しようよ、”オハジメ”のお金は国が$1000あげるからさぁ。』と言うもの。日本で言う、財形貯蓄のようなものを国が奨励し、続けたら年間ボーナスまでくれる法案を議会に提出というもの。日本人ならみんな飛びつきそう。

 国がどうしてここまでしなきゃいけないか。どうやらNZ人は貯金が苦手のよう。貯蓄高の平均は、主要先進国の中で最低レベル。「もしも死ぬ日が分かっていたら、前日までに全部使うだろう」と言うジョークもあるそう。同じ英国連邦のイギリス、オーストラリアなどはどうなんだろう、と悩んでしまった。

 NZ歴が私より長い旦那曰く、
「うん、何年かごとに政府がこういう対策出すけど、Kiwiは、”個人の自由じゃないか?!”っていつもポシャってくみたいだよ。」
かく言う旦那に貯金を聞いてみた。
「俺?当然だぜぃ!毎月”退職後用”、って天引きされてるもんね(自信満々)!」
 おお、ブルータス、お前もか?
・・・それって、日本で言う年金の積み立てであり、貯金じゃないじゃん!それも退職後?それまでどうすんの?宵越しの銭は持たねぇ!なんて言う江戸っ子じゃあるまいし、今の世ン中じゃぁ通用しないぜ、べらんめぇ。

 嗚呼、漁師町で生まれても、育ったのは田んぼのど真ん中の私は日本人?
貯金がない、と聞いて落ち着いてぷー太郎専業主婦してらんないぢゃないのよ。
だって私・・・、あ゛あ゛~、親不孝な私。すまん、母!一番の江戸っ子は私かも?!

Banner_01_15 ←こんなおバカな私達に、叱咤のクリックをお願いします。今後の反省の糧とさせて頂きます故・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

NZ洗濯物事情

 ※今日のテーマ。「垣根越しの近所のオバちゃん奥様どうしの死語だらけの会話」

「SATOさ~ん、雨降ってきたわよ~!」
「あら嫌だ!奥さんありがと~。さぁさ、洗濯物早く取り込まなくっちゃねぇ♪」

な~んてやり取り、もう日本じゃ少なくなったってったって、まあ無くなりゃぁしないでしょね。だってそ~いうの日本のいいとこよ。転勤族の多いマンションとかなら別だろうけど。
 『一日に四季がある』ってNZじゃぁいうらしいけどアナタ、にわか雨とか通り雨、天気雨(=狐の嫁入りのことよ。知らないって?これも死語なの?あらヤダ、じゃ天気雨も死語ってこと?がび~ん・・・。)は日常チャメシゴト。でも誰も慌てない慌てない、一休み一休み、って一休さんじゃなしねぇ。ゴメンゴメン、話それたわね。どこまで話したっけ?あ、そうそう、なんでかっていうとね・・・。
「あ、雨降ってきた。まぁそのうち止むでしょ。止んだらどうせいつかは乾くだろうし。」
ってなもんで、みんな晴れてくるまでってか乾くまで平気で干してるわしいのよぉ、何日も。うっかり取り込み忘れ、じゃないのよ、わざと。そう、前に聞いた、NZ英語よ、正にShe'll be right,mate!こんな感じよ。モウマンタイ。
 最初見た時、そ~りゃもうぶったまげたわよ。がちょ~ん、よ。だって雨降ったらもう、諦めたみたく何日も放ったらかして、触りもしないのよ。放置。そっれがね~、奥さん、隣りだけではなく、結構多いのよ、近所。旦那は、それはKIWIの特徴だ、なんて言うけど。そうよ、干しちゃったらそのまま。それにしたって、この辺、ただでさえお天気コロコロ変わってオチオチ安心しちゃいられないのに、特に冬場のオークランドってほら、雪こそ降らないものの、毎日曇りか雨、時々嵐じゃない?でも干してあるの。本当よ、ホント。マジマジ。信じられないって?じゃ冬場になったら写真撮ってアップするわ、証拠として(笑)。でも近所の物干し撮って回ってたら怪しまれるって?・・・だわね。それはソーテー外、ってね。こりゃ新しいでしょ?あら、別の意味で禁句・・・確かに。

え?ウチ?そ~りゃもうウチ、ガイジンだもの、この国じゃ。乾燥機?もっちあるわよ。おいくら万円したか、って?ウチのじゃないわよぉ~、付いてたの、ここ。ラッキー。旦那はね、よっぽど文明の利器が嬉しいのか、ま、要は不精モンなんだろうけど、何でもかんでも乾燥機かけちゃうのよ。おかげで私のTシャツなんてちんちくりんのツンツルテンに縮んじゃってさぁ、もう!
え?あら、違うわよ、私が太った訳じゃないわよ、嫌~ねぇ。乾燥機のせいよ、か・ん・そ・う・き!え?家事手伝ってくれる旦那で羨ましい、って?そりゃもう、最初の教育かしらねぇ。
でもね、シーツなんかはやっぱりお日様の匂いが良くない?だから私は、外に干すのよ、フフッ。昨日も洗濯の山、やっつけてさ、干しといたわよ。で、大口のシーツやらなんやらも洗ったもんだから、ま、中には生乾きなのもあったから、半分取り込んで残りは一晩置いちゃったのね、外に。明日には乾くでしょ、って思ってさ。だって晴れてたんだもん。そ~れがね、明け方、雨の音で目が覚めたわよ、ザーザー降ってんの。もうびっくり、アチャ~、って感じよ。でもね・・・。なるほど、そういう時はShe'll be right, って思っちゃうものね、意外に・・・。諦めてそれからすっかり爆睡しちゃったわ、これでKIWIの仲間入りかしら?
その後?ちゃんと洗いなおしたってばぁ、朝起きてから。旦那は、何で洗いなおすんだ?って聞いてたけどね、ほら、あの人私よりKIWI歴長いから。こんなんでNZ歴計るようになっちゃあ、おしまいよねぇ。

 あらやだ、うち電話鳴ってる?いかなきゃいかなきゃ。 じゃ、奥さん長話しちゃったわね。教えてくれてありがとね!はいは~い、今出ますよぉ~ん!
  (ここで奥さんおばちゃんのヘップサンダルの音が遠ざかる)

「・・・雨止んじゃったじゃないのよ・・・。」(By 隣りの奥さん)

※ご覧のブログは、登場人物、背景等、あくまでもフィクションです。あくまでも!

Banner_01_15 ちょっと奥さん、「恵まれないSATOサンにご協力を」ってこないだ回覧板で回ってたけど、これポチッとすると何か良い事あるの?え?私にも?あら、じゃあやってみよっかしら?ねね、奥さんもやってみない?そ、一緒に。お願い、やってみましょうよぉ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

♪明日は楽しいひな祭り~

_050  子供の頃からキャラ物に全く興味が無く、キティラーの気もない私に、去年、何を血迷ったか(笑)、母が突然送ってきてくれたお雛さま。台座にはお菓子入り。そしてキティちゃんが似合わない私・・・ぷぷっ、だわよ。折角なので、お菓子は去年のうちに食べ、人形だけ今年も飾ってみた。
 3人姉妹の一番下。自分のお雛さまに一時憧れた(ほんの一時だけです。基本はガッチャマンファン、笑)子供の頃。これ、初めての自分のお雛さまだわ、そういえば。送ってくれたことすら、彼女のことだから忘れちゃってるだろうけど、ありがと、母。
 でも台座の下のお菓子、今年はもう無いし、涼しくなってきたからお菓子でも焼こう♪。私もLOHASな生活に仲間入りだわん。
 質問です。LOHASって結局なんのこと?検索して正式名称?は分かったものの、説明が抽象的でわかんない私。詳細ご存知な人おいでですか?ナチュラルではダメなの?違う?う~む。
自信持って”私はLOHAS!”ってな方からのお返事、お待ちしてます。


 さて現場のキッチンからの中継です。
さあさ、なんぞ作りましょ、と思ったところに旦那からのリクエスト。_049
ちゃら~ん!知る人ぞ知る、ROSE LAND'Sのコーンフレーククッキー!
 ※説明しよう。ROSE LAND'Sとは、オークランドから南に車で2時間半、土蛍で有名なワイトモ鍾乳洞から少し丘を上がったところにある、BBQレストランなのよ。BBQは、お肉か魚かを選べるわよ。で、他のメニューはバイキング。デザートもね。そう、これはそこで出るデザートの一品。私の内輪にもお客さんにもファン多し。

こんな小さい写真じゃよく分からない?写し方もこれじゃアンパンと一緒で芸無し?確かに・・・。じゃ、お雛さま特別~、パフパフ!レシピも付けちゃうわよ、今日は!

<材料>
薄力粉 175g、砂糖 125g、バター 125g、ベーキングパウダー 小匙1、刻んだドライフルーツ 1/2カップ、卵 1個、コーンフレーク(出来ればプレーン、砂糖無し)適量

<作り方>
1、 小麦粉とベーキングパウダーは合わせて混ぜておく。オーブンを180℃に暖める。 
2、 柔らかくしたバターをクリーム状になるまで練って、砂糖を少しずつ加え、更に練る。
3、 2に割りほぐした卵を少しずつ加えながら、更に練り混ぜる。
    ※一気に入れると、卵とバター、分離しやすいわよ、奥さん!ここテストに出ま~す。
4、 1とドライフルーツを3に加え、さっくりしっかり混ぜる。
5、 スプーン1杯位の量を丸め、軽く砕いたコーンフレークの衣を付けるように転がす。
6、 やや間を開けながら(膨らむからね)天板に並べ、オーブンで15分~20分様子を見ながら焼く。
    ※丸いまま置いてOKですわよん。バターが溶けて適度に平べったくなってくれます。

 『テキト~』がモットーの私のレシピ、コツさえ押さえれば細かいこと気にしな~い、いや、気に出来な~い(正しくはこっち。でも今んとこ大きな失敗無し)。焼いてる間にバターのいい香りがオーブンから漂ってくる。焦げてはなさそうよ・・・(笑)。焼き上がりはこんがりきつね色。表面のコーンフレークが、何となくハリネズミみたいで可愛い。お試しあれ。

 お雛さまにNZのレシピ?大丈夫、キティちゃんはロンドン生まれだもの。プロフィールにもほら、『得意なこと:クッキー作り』・・・むむっ、ライバル出現だわ!
 
 今日本にいる友人「き」さんマダムSSATOベーカリー、食べたくなったら送るわよん。
って、NZでは日本人好みの美味しいのが食べられないからやむを得ず菓子作り始めたのに、「き」さんは日本にいるんだったわ。いいなぁ・・・。あれこれ美味しいもの食べられる・・・。
「き」さん!あなたが戻ってくるまでに、マダムSのパン屋は新製品開発しておくわ、見ててごらん~!


Banner_01_15 ←突然ですが、お知らせです!
ぼちぼちと書いてきたのですが、ブログ開始から一ヶ月が過ぎたのを機に、もっと多くの人に読んでもらえればいいな、とこちらに登録してみました。よろしくお願いします。
ポチっとクリックして下されば、そのうちお礼にクッキー持って伺います。待っててね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

安全神話~国それぞれ~

 日本は、最近どうやら安心して一人歩きがしにくい街、となってきたようですね。ネットの新聞記事等を眺めていても、悲しい事件が次々社会欄を埋めているのを見るようになりました。地域ぐるみで防犯を、という運動、正に日本的だな、とほっとします。
日本語を教えていた時に、外国人学習者からよく耳にしたのは、
『日本は安全!酔って夜中に歩いていてもホールドアップにも遭わないし、襲われたりもまずしない。大体外国人を見ると日本人が避けるからだけどね。』
なるほど。そういう理由だったか・・・。確かに街中酔っ払ってる西洋人の方が強そうだ。でも、逆に、日本人が安心して夜、街を歩けなくなっているのは確かなんでしょうね。

 ところでここNZ。安全と言えば安全、でも危険と言えば危険、全く自分次第、自己責任。個人主義な西洋ならではなのかもしれません。でも、やはり地域によって、『より危険!』と言うエリアはあります。
幸い、ウチは比較的安全なエリア。深夜ともなれば、まず車すらいない。時たま、スポーツバーでラグビー見て興奮した若者達が、まるでドップラー効果のように(笑)、大声を上げながら車で走り去るくらい。そんな若者が、意外と旦那の学校の生徒だったり(16歳から車、18歳から飲酒OK)しますが。
 この場所に住んで4年目、安心で安全。車上狙いも、空き巣も泥棒にも遭ってない。
同じオークランド市の知人でも、場所によって、3度も車上荒らしに遭った人、朝方7時頃、街のど真ん中で引ったくりに遭った、車ごと盗まれた人なんかもいます。まさにエリア次第なのでしょう。

 旦那は南ア出身。凶悪犯罪発生率世界第一位の国出身。
旦那曰く、癖だそうで、いくらNZとは言え関係なく、寝る前に何回もガチャガチャ確認。でも窓は半分開いてたり、車の鍵をかけ忘れたり、というちょっと本末転倒だけど(笑)。でも、何も起きた事は幸いにありません。

 以前、仕事で旅行保険をかじってました。申請にこんな件が・・・。
「NZは安全で、その上この辺り安全な地域って聞いてたから、ドミトリー(多人数用の共同寝室、寄宿舎みたいなの)に鍵かけずに住んでたら、部屋のもの根こそぎ持っていかれました・・・。安全、って言ってたのにぃ~・・・。」
と言う、学生さん2名。
 外からの侵入に対しては安全な地域であっても、この国多国籍国家。特にドミトリーもきっと多国籍。一緒に暮らしてる=安心、という考えはいかんよ、チミたち(とは言いませんでした)。我が身を守るのは自分。こっちの警察、あてにならないんだから。

 高い勉強になっただろうけど、保険かけてて良かったね、学生さん。

 ※外務省 海外安全ホームページで国別の危険情報、検索できます。
   
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

Banner_01_15 ←突然ですが、お知らせです!(本当に突然でごめんなさい。)
ブログ開始から一ヶ月が過ぎたのを機に、こちらに登録してみました。
目標は上位!ではなく、あくまでももっと多くの人に読んでもらえればいいな、と思っています。
ポチっとクリックして頂ければ、それが私の野望、ささやかな望みへの一歩。よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »