« NZ訛りだった彼・・・ | トップページ | 雨傘事件 »

2006年2月 6日 (月)

TAXIについて

 日本のタクシーは、なんだかんだ言っても結構親切だと思う。自動ドアだし、サービスも地域差、エリア差、個人差はあるだろうけど、私はあまりひどい目に遭ったことはない。強いて言えば、昔、京都駅で、
「金閣寺までお願いします。(友人達と観光途中でした)」、とタクシーを拾おうとしたら、
「はい、分かりました。どこで曲がるか言ってくださいね。地図はここにあるので。」
と、言われたことがあります。見るからに観光客だろ、私ら?とっとと降りました。

 NZのタクシー、私もたまに使います。街でも空港でも結構見かけます。
で、素朴な疑問。
日本は分かる。自動ドアが何のためらいも無く後ろに招き入れてくれるので。映画なんかでも、後ろよね?ジム・ジャームッシュという監督の、『ナイト・オン・プラネット』という映画(世界各地の同じ時間に、タクシーの中で起きてること、っていうオムニバスの映画です。)では、5箇所位が確か、全て客は後ろに乗ってた気がする。
でもね、NZ人、気のせいか区々なのよ、お客が好き好き戸を開けて乗り込んでます。助手席だったり後部座席だったり。運転手も、それでためらい疑問もも無く、何も言わないみたい。。これ普通なのかしら?NZだけですか?
 日本、世界、津々浦々の皆様のご意見募集中です。

 私は慣れもあり、とっとと後部ドアをガシッ!と開け、乗り込みます。旦那も後ろだというわ、ほら、超危険な南ア育ちだから(首都は、世界で一番危ない、と言われてるようよ)。

 NZ人の安全神話の一つなのかな。でも、神話になりつつあると思うのですが・・・。

 ちなみに、日本人の友人に聞いたところ、たった一人だけ前に乗り込み、運転手と歓談するのが好き、ってのがいました。

|

« NZ訛りだった彼・・・ | トップページ | 雨傘事件 »

コメント

はじめまして。
“ぽんた”と言います。よろしくお願いします。

現在、上海に留学中です。
上海でも、客が自分でタクシーのドアを開けて、乗り降りしますよ。トランクに荷物を積む時も、自分でトランクを開けて詰め込みます。パンパンに詰まったスーツケースなど、バカに重い荷物を積む時は、タクシーの運転手さんが大体手伝ってくれますね。
…トランクに荷物を積む時、逆に、日本では、タクシーの運転手さんは手伝ってくれなかったような気がします…。

投稿: ぽんた | 2006年2月 7日 (火) 00時18分

The world's fastest indianという映画の中で、アンソニー ホプキンス演じるインバカーゴのじいさんが1960年代に船でロスアンゼルスに着き、港でタクシーを拾い、ためらいなく前部席に乗り込むとドライバーに怒られる、というシーンがでてきます。この映画、タクシー以外にもニュージーランドとアメリカ合州国の文化の違いがよくでてきます。実話がベースになっていて、そのじいさんのオンボロ自作オートバイが作った世界最速の記録はいまだに破られていないそうです。
とてもいい映画です。元気をたくさんもらいました。よかったら見てください。

投稿: kiyo | 2006年2月 8日 (水) 15時12分

>ぽんたさん、
はじめまして。よろしくお願いします。
上海、前に乗ります?後ろ?
日本のタクシーの運転手さんって、本当にさまざまですね。私は幸い荷物は積んでもらえる事が多いようです。
横浜市のはずれに住んでいる友人宅から最寄の駅まで、とタクシーを呼んだところ、運転手は散々迷ってたどり着いた上、開口一番、
「駅までの道、教えて下さいね」
と言われました・・・。
「いや、私この家の者ではないのでタクシー呼んだんですよ。」
最終的に、運転手は本部に電話をかけ、『いき方教えてください!』って泣きついてました。妙な緊張、忘れられません。
>kiyoさん、
その映画、旦那が見に行くとは言ってましたがどうしたんだろう。行ったのかな(旦那の行動知らない私)?見てみようかな?
やっぱりNZは前が基本ですかね?田舎なんでしょうね。

投稿: SATO | 2006年2月11日 (土) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/525533

この記事へのトラックバック一覧です: TAXIについて:

« NZ訛りだった彼・・・ | トップページ | 雨傘事件 »