« トイレ考(お食事中の方、ご注意下さい) | トップページ | 『主食』 »

2006年2月 1日 (水)

TOMATOについて

 我が家で日常的に繰り広げられる会話を少し・・・。

 POTATOと書いてあれば、『ポティトゥ』、TOMATOであれば、『トメィトゥ』、と習った覚えがあるのは私だけではないはず。うちの姪でさえ中学校の時、『トゥメィトゥ~』と、教科書見ながらやってたもん。

 ある日NZで料理番組を見てて、うん?何かが違う、と思ったのよね。日本人には聞き慣れた響きというか、不自然じゃないというか。
「あ、『トマ~トゥ』なんて言ってるよ!!『トメ~ィトゥ』なのにね、おっかしいの。?ね、旦那。えっ?『トマ~トゥ』だって?なぜ?南アは、でしょ(もう信用してない、旦那の英語)?」
と、聞いてみたものの、
「だからアメリカ弁はいやだよな。『トメィトゥ』だって。気取ってやんの。」
とか言うのよ。

悔しいので聞いてみました(大人気ない)。
「じゃ、POTATOは?」
「『ポティトゥ』に決まってんじゃん(自信満々)。」
「おかしい!『POTATO=ポティトゥ』でしょ?じゃ、『TOMATO=トメィトゥ』でいいはずじゃん。どうして違うのよ?!」(と、半ばいちゃもん)
「昔からそういう決まりだから。」
「だからどうしてなの?そんなこというなら『ポタ~トゥ』でもいい訳でしょ?ちょっと英語の先生、わかんないっていう生徒にちゃんと説明してるの?」
(※ 解説しよう。こんなに発音が変とか、変な事ばかり言う、とか、と可哀そうにコケにされてる旦那は、なんと公立ハイスクールの先生なのだ。これでいいのか、学校教育?!)
「お前の質問が一番変!学校の誰よりもね!」

ね、おかしいでしょ?旦那が先生だ、ってことも含めてね。

ちなみに類似作として、『HERB』をなんと読む?と言うのもあります。
HERB・・・米語ではHを読まずに、『アーブ』と発音することが多く(ごめんね、発音記号が出てこない)、英語では『ハーブ』と、Hも発音します。昔、『アーブ』って何?とびっくりして辞書を引いて覚えました。今ではさっぱりつかわないけどぉ~。

|

« トイレ考(お食事中の方、ご注意下さい) | トップページ | 『主食』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34929/515413

この記事へのトラックバック一覧です: TOMATOについて:

« トイレ考(お食事中の方、ご注意下さい) | トップページ | 『主食』 »